四国地方

香川
1998年11月に、一人旅。高松市街をぶらぶら。
のんびりしているところと、エキサイティングなところとが入り混じった不思議な街。ふと立ち寄った飲み屋の人に親切にされて、話しをしておいしいものを食べて、とってもハッピーでした。
瀬戸大橋にも行ってみたが、何もないところでとっても寒く、そこそこに引き返してきてしまった。帰りに乗ったバスが、オンボロでデコボコ道をひた走って、なんだかおかしかった。

徳島
1998年11月に、一人旅。鳴門でうず潮を見る。なんか海中からも見れるとかいう船で、見てはみたけどちっとも良くわからなかった。やっぱりデッキの上から見る方が、面白かったです。讃岐うどんも、もちろんチェックしました。大歩危・小歩危で川下りをしたりもした。情緒があって絶景で、なかなか良かった。かずら橋は、いまにも落ちてしまいそうでめちゃくちゃ恐かった。


高知
1998年11月に、一人旅。高知といえば、かつお。
桂浜で土佐闘犬を見てかつおを食べ、市街でかつおの叩きをお土産に注文し、夜はぶらりと入った飲み屋でかつおの叩きを食べ。それ以外でも、「どろめ」とか「さえずり」とか、変わった旨いものがたくさんあって、とても満足。お酒も、司牡丹船中八策というのが、とてもおいしかったです。四国の人はのんびりしているけれど、とてもひとがいいなあと感じました。
車を借り、徳島へ向けてドライブもしました。室戸岬にある最御崎寺は荘厳な雰囲気で、息を飲みました。展望台や灯台もひっそりとしていて、あまり観光地化されていなくて、気に入りました。また、竹ヶ島というところでは、海中観光船ブルーマリンというのに乗りました。要は海中が見れる船なんだけど、貸し切り状態でガイドさんと二人きりという、何ともいえない経験をしました。

愛媛
1998年11月に一人旅、松山市街をぶらぶら。松山城とかにも行ったけど、ちょっと寒くてあんまりのんびり出来なかった。しかし、道後温泉はレトロな感じでとっても良かった。もちろん温泉も気持ちよかったし・・・。それにジャコ天・道後ビールもまた、とっても美味しかった。

2010年3月8日(月)〜10日(水)、岡山・松山ツアー。
8日、岡山駅13時35分発のしおかぜに乗って、次の目的地の松山へと向かう。瀬戸内海を電車で渡るというのが、なんとも言えない旅の醍醐味。思わずi-podの選曲を、中村雅俊の「海を抱きしめて」にしてみる。16時16分に松山駅に到着。ここもまた路面電車が走る情緒あふれる街並み。ふと見つけた「more music」なる中古盤屋を覘きつつ、松山市街をブラブラと歩く。松山市駅を経由して、銀天街と大街道という歩行者専用道路を散策。ちょっと迷いつつも、今日明日泊まる「チェックイン松山」に18時ごろチェックイン。
歩き疲れたのでしばらく休憩したあと、食事をしようと20時ごろ外出。ホテル周辺は繁華街になっていてとても賑わっているんだけど、クラブ街といった風情でなかなか入れそうな店がみつからない。そうするうちにようやく見つけた「まつだ」という店に入ってみる。主人が漁師をしていて、その日釣った魚を食べさせてくれるということらしい。“はぎ”という魚の薄造りをすすめられて食べてみる・・・ ウマイ! 隣に座っていたカップルに話しかけられ、日本酒を御馳走になる。なんとも言えない心遣いにとっても感謝。すっかり満足して22時前に店を出る。ちょっと飲み過ぎたような感もあるため、23時過ぎにおとなしくホテルに戻る。このホテルは道後温泉からひいている大浴場があるので、のんびりと入浴。無色透明のサラサラしたお湯。だけどとっても気持ちよかった。部屋でちょっと飲み直しをして、24時過ぎに就寝。

9日、8時に起床。あいにく外は雨が降っている。どうしようかとホテルでウダウダしているうちに既に10時。こうなったら温泉でまったり過ごそうと、路面電車に乗って道後温泉へ。道後温泉にはいくつか入湯できるところがあるけど、ここはやっぱり道後温泉本館でしょう。“霊の湯二階席”というコースを選択。“霊の湯”と“神の湯”の両方に入れるお得なコース。のんびり休憩をとりながら、それぞれの風情を満喫。どちらもとってもイイ雰囲気。帰り際に天皇が利用したという神殿の観覧も出来て、なんだか得した気分。時間は既に13時近く。お腹も空いたので「伊予のご馳走おいでん家」という店に入る。ひょっとすると前に来たかも? それはともかく“三津の朝市ごちそう膳”と道後地ビールを注文。料理は美味しかったけど、お客さんがギャルばかりでなんかヘンな雰囲気。早々に店を出る。雨がやんできたので、そのまま歩いて道後公園へ。展望台から見る景色は格別。
再び路面電車に乗り込み、大街道へ戻る。それからロープウェイに乗って松山城に向かう。板張りの急な階段を昇って天守閣の頂上へ。そこから見える景色は天下獲った気分。むかしの武士が城を建てることにこだわった気持ちが、なんだかわかるような気がした。わたしは決して城マニアではないけれど、昔のままの造りであるところがやっぱりイイ。松山は「坂の上の雲」というドラマの舞台になっているようで記念館とかあったけど、ドラマを見たことないのでスルー。せっかくなのでちょっと遠回りになるけど、赤十字病院前駅から路面電車で大街道駅まで戻って16時20分ごろホテルに帰る。
しばらく休憩したあと、17時半ごろ再び外出。「SALONKITTY」でCHABOのライブ。ライブは19時ちょっと過ぎから21時55分過ぎまで。22時ごろ会場をあとにして、今日もまた夜の街へと繰り出す。またもや店選びに苦労しながらも、「居酒屋 酒八」という店に入ってみる。そろそろラストオーダーということだったけど、とりあえず飲むことにした。品切れが多くて残念だったけど、活ほご刺身とアナゴ照り焼きを注文。それを食べながら、ビールと「栄光 美山錦おりがらみ」という日本酒を飲む。にごり酒のような甘酸っぱい味わいが、なかなかイケてる。短い時間しか居られなかったけど、店員さんの気遣いも嬉しくって良かった。23時をまわったけどまだまだ飲み足りずに、「炉ばた焼 松山」という店へ。ここもまた大当たり! じゃこ天と貝柱を食べながら、ビールと日本酒を飲む。店員さんとあれこれ話をしながら、ついつい長居をしてしまい気がつくと深夜1時。シメに何故か“久留米とんこつラーメン”を食べて、ホテルに戻る。まだ温泉もやっていたので、貸し切り状態で入浴。部屋に戻ってすぐダウン。

10日、8時に起床、外は雨が降っている。どうしようかなぁ〜と思いつつ、ひとまず風呂に入ってのんびり。10時にチェックアウトして外に出ると、雨ばかりかものすごい風が吹いている。雨だけならまだしも、この風ではどこへ行ってもタイヘンだろうな。。。あれこれ考えながら、大街道と銀天街を歩いて松山市駅へ。傘をさすのもツラいほどの強風。そこへちょうど松山空港行きのリムジンバスが・・・。仕方がナイからこれで帰ることを決心して、そそくさとバスに乗り込む。予定では16時30分発の飛行機に乗るはずだったけど、11時50分発に変更。空港でお土産を買い、じゃこ天とビールで乾杯して一路羽田へ。天候不順でちょっと遅れたけど、13時20分に羽田に到着。調布駅行きリムジンバスの出発まで時間があったので、展望台へ寄ってみる。信じられないほどの快晴、展望台は初めてだったけど、なかなか気持ちよかった。13時50分発のリムジンバスに乗って、調布に着いたのは15時ちょっと前。予定外の幕切れだったけど、とっても充実した旅だった。