九州地方

福岡
1987年3月、卒業旅行へ。博多ラーメンのうまさに脱帽。

1997年11月、新日本プロレス福岡ドーム大会を観に行った。福岡ドームについては、プロレス雑感を見てもらいたい。
中州の街もエキサイティングで楽しかった。ふぐを食べに行ったら、やく○風のおっさんが店の人に因縁つけて暴れてるし、飲みにいけば、客引きがうようよいるし・・・。面白いところだ。ラーメンもうまいよね。

2001年10月16日(火)、山口ツアーの帰りに、下関から電車で小倉へ。
空港行きバスの時間まで1時間もないし、雨も本格的に降り出すしで、いまいちだったんだけど、メゲずにぷらぷらしてみる。なんか思ってたよりも、栄えているんだね。モノレールも走ってるし。一応、遠くから小倉城を見ることは出来ました。

2007年11月13日(火)〜14日(水)、山陽・福岡ツアー。
下関から関門トンネル人道を通り、エレベーターをのぼると、そこは門司の港街。門司港駅に向かって、のんびり歩く。「ブルーウィングもじ」という“はね橋”がちょうど開くところだったので、その様子を観察する。11時も過ぎてお腹も空いてきたので、地ビールとともに門司港名物の“焼きカレー”を食べる。たまに家でも作って食べるけど、やはり本物は違いますな。
門司港駅から12時38分の電車に乗り、佐賀の吉野ヶ里公園へ。1時間ほど見て廻って、16時9分の電車で17時前に博多へ到着。博多駅から歩いて中洲へ向かい、今夜泊まる「冷泉閣ホテル川端」にチェックイン。ちょっと休憩してから、19時過ぎに夜の街へ繰り出す。中洲といえば屋台と思ったんだけど、食べ物が焼鳥やおでんになってしまうのでやめておく。それで、ふと見つけた「酒一番」という飲み屋に入ってみる。最初はちょっと選択ミスかな?と思ったんだけど、モツ鍋にイカ刺に明太子と、どれもこれも旨くて大満足。日本酒の熱燗を飲みながら、すっかり満喫した。
21時前に店を出て、あたりを探索。しばらくブラブラしたあと、屋台でラーメンを食べることにした。「一竜」という店が人気みたいなので、列に並んでラーメンにありつく。豚骨だけど意外にあっさりとしていて、ちょっと物足りない感じ。だから帰りがけに、通りすがりのラーメン屋でもう一杯。こちらも同じくあっさりとした味付けで、これが博多ラーメンなのかな? さすがにお腹いっぱいになってしまい、24時半ごろホテルに戻る。

14日、今日は久しぶりに、のんびりと9時40分にチェックアウト。しばらくブラブラしてお腹も空いたので、「かじ本店」という店に入る。いかの姿造りにするか、ふくにするかで悩んだ挙句、ふくを食べることにした。ふく刺身にふく唐揚、ふくちりに雑炊と、ひれ酒を飲みながら堪能。1時間半かけて、たっぷりと楽しませてもらった。それから腹ごなしも兼ねて、中洲から天神、親富孝通りをブラブラ。ライブハウス「照和」にも行ってみたけど、なんだか普通のサ店になってた。親富孝通りも昼間だからか、あまりこれといったモノは無し。
飛行機の時間もあるので、14時半には中洲川端から地下鉄に乗り福岡空港へ。繁華街から10分程度で空港に行けるなんて、とっても便利だよな。全般的に博多はいろいろなものが一箇所に集中している印象がある。イベント会場とか球場とかベイエリアとか、全部歩いて行けそうだもんな。そんなことを思いつつ、15時40分発のJAL362便に乗り込む。機内では爆睡しようと思っていたのに、機体につけられたカメラで外が見えるというのが面白くて、ずっとその画像に見入ってしまった。空から見た日本なんて、なかなか見れないもんね。17時10分に羽田空港に着き、調布行きのリムジンに乗って帰る。首都高速から見える夜景が綺麗だったけど、渋滞を避けるため途中で一般道へ。バスから見る銀座や新橋、虎ノ門あたり風景というのは、なんとも言えず不思議な感じがした。というわけで、これにて今回の旅は終了。充実した四泊五日の旅であった。

2010年5月15日(土)〜17日(月)、今日から二泊三日の福岡ツアー。お目当ては、CHABOのライブと清志郎の個展。なんとも贅沢な取り合わせの三日間、どうなることでしょうか?
11時30分羽田空港発の飛行機に乗って、2時間弱の空の旅。機内でのお楽しみと言えば、「オーディオプログラム」と呼ばれる機内配信音楽。これまでは座席のポケットに必ず入っていたヘッドフォンがなくなっていて、「ご希望のお客様に提供いたします」だと・・・ なるほどね。音楽人の私は、自前のヘッドフォンをすかさず突っ込んだのは言うまでもナイ。「Music Flash」というチャンネルで、清志郎の「Baby#1」がかかっていた。う〜ん、今回の旅にピッタリ。なんだかとっても幸先いいスタートだな。あとは「オールナイトニッポンClassics」というチャンネルに滝 良子さんが出ていたのが嬉しかった。「全日空ミュージックスカイホリデー」だったっけ、“そらまめさん”懐かしい〜♪ そんなことをしているうちに、13時15分ごろ福岡空港に到着。
福岡空港は街の中にドカンとあって、なんだか変な感じ。でも、そこからすぐに地下鉄で繁華街に出られるというのはとっても便利。10分ほどで天神に到着。まずは腹ごしらえということで、天神ビルの地下へ。「肉そば屋 喰海」という店で、“肉そば”なるものを食す。“新感覚のつけ麺”ということらしいが、麺の上にのった肉と麺とのバランスが絶妙でGood! たれはピリ辛だけど、無料で置いてある生卵を入れるとこれがまた美味。何の気なしに入った店だけど、かなりポイント高かったな。
お腹もイッパイになったところで、福岡PARCOへ。8階の“parco factory”へ「個展 忌野清志郎の世界」を観に行く。けっきょく1時間半近く居て、15時45分に会場をあとにする。それから歩いて、今回泊まる「冷泉閣ホテル川端」へ16時ごろチェックイン。前回も泊まったホテルだけど、安いわりにキレイで便利なので非常によろし。しばらく休憩してから、今夜のライブ会場の「Gate's 7」へ。CHABOのライブは18時過ぎから21時過ぎまで。会場をあとにして、夜の中洲をブラブラ。お腹が空いたので、前に入ったことのある「酒一番」という店へ。ホントに普通の飲み屋という感じだけど、もつ鍋や明太子を手軽に楽しむことが出来てイイ。1時間半ぐらい満喫してから、中洲といえば屋台でラーメンということで川端を散策。“鰻釣り”なんて出店が出てたり、流しのSax吹きが居たりして、なんだかとっても面白い。よくわからないので、誘われるまま「伸龍」という屋台へ。ビールを飲みながらラーメンを食べる。美味しかったけど、勘定がちょっと不透明だったのが残念。24時半ごろホテルに戻り、少し飲み直してからいつの間にか就寝。

16日朝、意味もなく7時に起床。意味もなくウダウダしているうちに10時になる。ホテルを出て、今日もまた福岡PARCOへ「個展 忌野清志郎の世界」を観に行く。けっきょく今日は1時間半以上居座ってしまった・・・。12時を過ぎてお腹も空いたので、天神界隈をブラブラしてお店を探す。そうこうするうちに「照和」の前にたどりつく。以前来たことあるけど中に入ったことはナイので、この機会に中に入ってみる。地下へ続く階段を下りていくと、ちょっとレトロな雰囲気のお店が。。。ドアを開けて中に入ると、ステージにはドラムとアンプに白いアップライトピアノ。ステージそばの席に座り、メンタイチャーハンとビールを注文。BGMは長渕 剛。壁に書かれたサインや写真を眺めながら、ひとときを過ごす。お土産にバッジとポストカードを購入して、店をあとにする。そのあとタワレコとかを覘いたりしてから、15時ごろいったんホテルに戻る。
しばらく休憩してから、今夜のライブ会場の「Gate's 7」へ。CHABOのライブは17時過ぎから20時05分ごろまで。会場をあとにして、夜の中洲をブラブラ。日曜日ということもあり、昨日ほど街はにぎわっていない。お休みの店も多くて、どこに行こうかちょっと迷ってしまった。上川端商店街で見つけた「やぶれ居酒屋 まさかど」という店に入ってみる。もつ鍋は二人前からというので断念して、胡麻さばや地鶏の南蛮揚げを食べる。あまり食べたことのない味で、とっても美味しかった。焼酎も進むっちゅーの! シメはもちろんラーメン。「はかたや」という店で290円也。安くて旨くてゴキゲン。今日はちょっと早目、23時前にホテルへ戻る。

17日、福岡ツアーも今日で最終日。7時過ぎに起きて、9時半にホテルを出発。今日もまた福岡PARCOへ「個展 忌野清志郎の世界」を観に行く。オープンの10時と同時に会場に入り、いろいろな思いがこみ上げてくるのをグッとこらえながら、2時間ほどで会場をあとにする。飛行機まであまり時間がないので、取り急ぎ昼食をとれる店を探す。「串かっちゃん」という店に入り、焼ラーメンにおにぎりと鳥の唐揚のセットを注文。ビールを飲みながら食べる焼ラーメンは、焼ビーフンみたいな感じでとっても美味しかった。それから地下鉄に乗って福岡空港へ。14時ちょうどの飛行機に乗り込む。「オーディオプログラム」は往路と同じだったので、試しに「キッズソング・ヒットパレード」を聴いてみる。「キッズソング」と侮るなかれ、ほとんどRockな曲ばかりでビックリする。1時間半ほどで羽田空港に到着。ボーディングブリッジでなく、タラップを降りることに。タラップを降りるなんて、最近あまりナイよなー。BeatlesやKISSが来日したときのように、ピースサインをしながらタラップを降りたくなったけど、ここはグッと我慢した。帰りは調布までリムジンバス。夕方の渋滞に加えて、中央高速の工事渋滞。1時間ちょっとで着くところが、2時間半もかかってしまった。けっきょく19時過ぎに帰宅。二泊三日の福岡ツアーは、こうして幕を閉じた。

2011年5月21日(土)〜22日(日)、福岡サンパレスへ“THE ROOSTERZ”の「FOUR PIECES LIVE AGAIN」を観に行く。なぁーんていつもの調子で言ってますが、なんてったって福岡ですよ、福岡・・・。土日だけで行くのはちょっともったいないけど、あの“THE ROOSTERZ”最終形が復活するのであれば、これはやはり観ておかないと・・・ ということで、いくつかの重なった予定を調整していざ福岡へ。羽田空港11時30分発JAL313便に乗って、福岡空港に到着したのは13時30分ごろ。予定より15分ほど遅れての到着だけど、まぁこれぐらいは仕方ないか。。。そのまま地下鉄に乗って天神へ行き、とりあえず昼食をとることにする。天神ビルの「喰海」で去年食べた肉そばが美味しかったので、もう一度食べようかと思ったのだけど、同じフロアにある「居酒屋 朝次郎」のチキン南蛮揚げに惹かれてそちらを選択。チキン南蛮揚げはどちらかと言えば宮崎名物なのかもしれないけど、福岡で食べても旨い。お腹いっぱいになったところで、ブラブラと歩いて今夜泊まる「アメニティホテルin博多」へ。既に15時をまわっていたので、そのままチェックイン。なかなかのグレードに大満足。1時間ほど休憩してから外へ出ると、道路が濡れている。今夜はどうやら雨の模様。
15分ほど歩いて、ライブ会場の福岡サンパレスに到着。15時からロビーで「HALL OF MENTAI ROCK U(トークショー&パネル展)」、そして18時40分から20時25分過ぎまでライブ。外はあいにくの雨・・・その中を中洲まで戻って飲み屋を探す。いきつけの「酒一番」にしようと思ったけど、ちょっと変えて「中洲大衆 さかな市場」という店をチョイス。店名からわかるように、かんぱち刺身やうまづら煮魚など魚料理がなかなか旨い。お酒も福岡の地酒「杜の蔵」「庭のうぐいす」に芋焼酎「さつま木挽」と、どれも美味しくてゴキゲン。「ロケみつ」で早希ちゃんが苦労して釣ってた「アラカブ」がメニューにあったので注文したら、品切れだったのはちょっと残念だったな。。。たっぷり2時間ほど楽しんでから、ブラブラと川端の屋台街へ。思っていたほど混んでなくて、ふと目についた「山ちゃん」でとんこつラーメンを食べる。うーん、やっぱり本場の味は違うなぁ〜。こってりとしてウマい。雨があがって心地よい風が吹く。こんなふうにのんびりと夜風にあたるなんて久しぶり。東京では放射能が気になって、なかなかこんな気分にならないもんな。ちょっぴり感傷にひたりつつ夜の街をさまよい、けっきょくホテルに戻ったのは1時半ごろ。部屋でしばらく飲み直しているうちに、いつの間にか沈没。

22日、朝、意味もなく7時45分に目覚める。旅に出ると不思議なことに、どんなに夜更かししても早い時間に目が覚める。やっぱり神経が覚醒しているからなのかな・・・? 外はあいにくの雨・・・うーん、どうしたものかとウダウダ考える。10時にチェックアウトして、あたりをブラブラ。12時ごろ地下鉄に乗って大濠公園駅へ。お目当ては、早希ちゃんが「ロケみつ」で行ってた「らるきぃ」というお店。駅から少し歩くと、なにやら人だかり・・・ それが「らるきぃ」に入るための行列。並ぶのが嫌いな性分なのでどうしようかと思ったけど、意を決して列に並ぶ。並んでいたのは15人ぐらいだったか、30分ほどで店に入ることが出来た。注文はもちろん“ペペたま”。いっしょにビールを・・・と思ったけど、メニューに無いので断念。しばらく待って“ペペたま”にありつく。ペペロンチーノに卵とにんにくがまぶしてあるという感じ。あっという間に完食して、13時20分ごろ店を出る。せっかくなので近所の大濠公園へ。名前のとおり、大きな濠がいい感じ。ビールを飲みながらしばらくまったりとして、地下鉄で福岡空港へ。15時15分発のANA258に乗って、羽田空港へと戻る。空港からはリムジンで調布へ。渋滞に巻き込まれることもなく、1時間半で調布に到着。調布で晩ごはんを食べてから、20時ごろ帰宅。

2013年1月13日(日)〜15日(火)、三連休を利用して旅行。長崎から2時間ほどかけて到着。かもめはシートが黒のレザー張りで、なんともクールな雰囲気がイカしていた。定刻どおり、14時14分に博多駅に到着。いつもは飛行機で来るので、博多駅は久しぶり。雨はすっかりやんでいたので、歩いて今夜の宿「冷泉閣ホテル川端」へ。すっかりお馴染みとなったこのホテル、ほどよい雰囲気がなんとも落ち着く。しばらく部屋で休憩したあと、本日のライブ会場「Gate's7」へ。会場のある「Gate's」は7階建てのビル。前回来たときはどのフロアも閑散としていて、ツブれるんじゃないか?と思っていたけど、「ドンキホーテ」や「JRA」が入ってすっかり復活していた。ライブは18時過ぎから20時40分ごろまで。ライブ終了後、「竹乃屋」という居酒屋で飲む。22時半にはおひらきになったので、「酒一番」で飲みなおす。この店も博多ではすっかりお馴染み、寂れた雰囲気がなんともイカしている。いい加減酔っぱらってきたので、シメにラーメンを食べてから24時半ごろホテルに戻る。

14日、8時に起床。今日は旅行最終日。14時過ぎの飛行機で帰る予定なので、それまで何をしようかと思案する。考えがまとまらないうちに10時になってしまい、チェックアウトしてひとまず歩きだす。中州からキャナルシティに向かって歩いていると、雨が降り出してきた。雨は降ったりやんだりで、その合間を縫うようにして天神あたりまで繰り出す。そうこうしているうちに12時近くになったので、天神の地下「海幸」という店で鯛茶漬けを食べる。歯ごたえのいい鯛の刺身にちょっと甘いたれをかけ、お茶漬けにして食べるのがサイコー! そして14時20分の飛行機に乗るため、地下鉄に乗って福岡空港へ。空港は異常に混んでいて何事か?と思ったけど、人と人との合間を縫ってチェックイン。ところが機械からは、「搭乗手続き停止中」との紙切れが出力されてきた。なんでも羽田空港が大雪のため、飛行機がフライト出来るかわからないとのこと。だからこんなに混雑しているのか!と、ここで初めてコトの重大さに気がつく。それからはスマホ片手に情報収集しながら、コトの成り行きをじっと見守る。JALは早々に欠航を決めていたけれど、私が搭乗する予定のANAはなかなか結論を出してくれない。けっきょく15時近くになって、全便欠航のアナウンスが空港内に響き渡る。うーん、どうしよう・・・。新幹線で帰るという手段もあるけど、とんでもなく混雑しているだろうな。というわけで本日帰京するのはあきらめて、さきほどチェックアウトしたばかりの「冷泉閣ホテル川端」へ15時過ぎに再びチェックインする。なんという予想外の展開、これは前代未聞の大ハプニングだ。
せっかく博多残留が決定したので、「Gate's7」でCHABOのライブを観ることにする。福岡ライブは昨日今日の2days、帰京するから今夜はあきらめていたのだけれど、こうして思いがけず観ることが出来るなんて、ロックの神様の思し召しとしか言いようがない。17時半ごろ会場に到着して、当日券を購入して入場。ライブは18時過ぎから20時50分ごろまで。ライブ終了後、ひとまず博多駅まで行って明日の新幹線のチケットを押さえる。5時間の旅はかなりハードだろうけど、明日も飛行機はあまり当てに出来ないからな。このままずっと帰れないんじゃないか?なんて不安もあったけど、これでどうにか帰る目途がついた。すっかり気を取り直して中州川端まで戻り、「中洲大衆 さかな市場」で飲み出す。この店に来るのは二回目だったかな? 魚料理が美味しくてゴキゲンだ。刺身と唐揚などをつまみながら、ビールと日本酒を満喫する。23時過ぎにおひらきにして、今夜もまたラーメンでシメてからホテルへと戻る。

15日、6時45分に起床して、8時にはチェックアウト。外は驚くほどの快晴。こんな日に帰るなんて皮肉なものだ。地下鉄で博多駅まで行き、お土産や弁当などを買っているうちに出発の時間。9時ちょうど発ののぞみに乗って、延々5時間の長旅。スマホをいじったり、弁当を食べたり、居眠りしたり・・・ いやぁ〜長い!長い! 14時13分、ようやく東京駅に到着。あたりは一面の銀世界になっている。東京に帰って来たら銀世界というのは、なんだかとっても不思議な感覚。平日の街を中央線でくぐり抜けて、15時過ぎにようやく家に帰る。予期せぬ出来事に見舞われたツアーは、こうして幕を閉じた。

2015年11月21日(土)〜23日(月)、三連休を利用して麗蘭「GOOD TIMES ROLL」を観に行く。羽田空港へは大江戸線で大門駅まで行き、そこから都営浅草線に乗り換えて京浜急行に直通。これまでは山手線の品川駅で乗り換えていたけど、こちらのほうが乗り換えが簡単だ。12時15分発のJAL便に乗り込み、14時10分には福岡空港に到着。飛行機に乗るのは久しぶりだったけど、なかなか快適な空の旅だった。福岡空港からは、地下鉄に乗って10分ほどで中洲川端。この便利さは他にナイ。そこから天神方面に歩いて、天神ビル地下街の「喰海」でかなり遅めのランチ。この店の肉そばはかなりお気に入り。ピリ辛のつけ汁がとっても旨い。それから親富孝通りへと歩いて行き、「JUKE RECORDS」を訪ねる。博多ロックシーンの中心と言える憧れの店、やっぱりメンタイロックのレコードが充実。あれこれ目移りしながらも、“THE MODS”のアルバムがお手頃価格だったので二枚購入。せっかくなので近所にある「JUKE JOINT」「DRUM Be-1」「DRUM LOGOS」を見て廻る。続いて福岡PARCOの「TOWER RECORDS」へ。予約しておいた鮎川さんのTシャツとバッジを購入。もうもらえないと思っていた特典のポスターまで付いてきて、やっぱりココで買って良かった。既に16時半になろうとしていたので、今夜泊まるホテルへと向かう。実は今回「ホテルニューガイアイン中洲東」をネットから予約していたのだけれど、いろいろと制約が多くていまいちなので、たまたま目についた「西鉄イン福岡」に電話してみたのだ。二泊するのに部屋が日替わりになってしまうけれど、なんとか予約することが出来た。結果、大正解! ロケーションは最高だし、ダブル仕様の部屋は広くてゴキゲン。17時半過ぎにホテルを出て、今夜のライブ会場「Gate's 7」へ。実に二年半ぶりの来場。あいかわらず微妙な雰囲気のビル、その7階が「Gate's 7」。ライブは19時過ぎから21時25分ごろまで。ライブ終了後はもちろん打ち上げ。以前入ったことのある「中洲大衆さかな市場」という店へ。土曜日だからかけっこう混んでいたけれど、カウンター席は空いていたのでラッキー。名物のごまざばやもつ鍋をつまみながら、ビールと酎ハイ、そしてここはやっぱり焼酎でしょ。けっこう長時間居座ってしまって、23時半ごろおひらきにする。それから川端の屋台やら、親富孝通りやら、天神の屋台やら(ここにあるとは知らなかった)、あちこちをブラブラと見て廻って腹ごなし。「一竜」という店でラーメンを食べてホテルへ戻る。時間は既に1時半、部屋で呑みなおそうと思ったけど、あっという間に寝落ち。

22日、7時に起床して、2時間ほど部屋でウダウダ。こういう時間、けっこう好きだったりする。なんか贅沢な感じがする。それはさておき泊まる部屋が日替わりなので、いったん荷物を片付けてフロントに預ける。9時過ぎにホテルを出発して、天神へと向かう。今日は福岡ダイエーホークスの優勝パレードがあるらしい。開始まではまだまだ時間があるというのに、たくさんの人が道端に座って待っている。天神にある西鉄福岡駅から電車に乗り込み、途中で一回乗り換えて30分ほどで大宰府駅に到着。目指すは大宰府天満宮。まだ10時だというのに、参道はたくさんの人で溢れかえっている。梅が名物なのかなぁ〜? 「梅ヶ枝餅」なるものが、いたるところで売られていた。参拝して御朱印を頂き、「銘酒展」で地酒を試飲して、なんだかすごく満喫してしまった。1時間ほどで再び電車に乗り込み、ふと思い立って久留米へ行ってみることにする。久留米といえば、もちろん松田聖子ですね(聖子ちゃん風に)。というわけで、聖子ちゃんが学生時代に通っていたという久留米駅ビルの「くるめ甘太郎」へ。時間が時間なのでちょっと待たされたけど、無事に店内へ潜入。名物の太郎めんを食べる。いくつか選べる中、とんこつスープにちゃんぽん麺をチョイス。あんかけがかかってアツアツで美味かった。それから聖子ちゃんゆかりの地を巡る・・・なんてことも考えたけど、ちょっとやり過ぎかと思い留まる。その代わりと言ってはなんだけど、駅から少し歩いた寺町という界隈を散策。たくさんのお寺が並んでいる街並み、なんだかとってもほっこりした気分になった。13時22分の電車に乗り、30分ほどかけて再び天神の街へと戻る。そして「照和」へ。言わずと知れた福岡伝説のライブスポット。個人的には二度目の来店だけど、やっぱり特別の想いが駆け巡る。ステージはどうやら当時とは違うらしいけど、この空間に甲斐よしひろも長渕 剛も居たわけだ。そんなことを思いながら、ぼんやりと小一時間過ごしてしまった。15時ごろ店を出て、いったんホテルへ戻るためブラブラと歩く。以前からアクロス福岡の階段上の植栽が気になっていたのだけれど、そこに入れることを発見。鬱蒼とした樹々を縫うように階段を登っていくのだが、けっきょく14階分の階段を登るハメになった。だけど屋上はとっても気持ちが良くて、海まで見渡せるゴキゲンなシチュエーションだった。そんなこんなで、けっきょく15時半過ぎにホテルへ戻る。16時半過ぎにホテルを出て、今夜のライブ会場「Gate's 7」へ。ライブは19時過ぎから20時25分ごろまで。ライブ終了後、友達と呑む。大阪から来た友達と福岡で呑む不思議・・・。偶然見つけた「楠」という店、この店がとんでもなく大当たり。刺身が異常に美味しくて、ついついビールと焼酎が進んでしまった。23時ごろまで呑んで、友達とはそこでお別れ。けっこうお腹イッパイだったけど、ここはやはりラーメンでシメておきたい。ということで「奉天」という店で中華そば。とんこつじゃないところがミソ。今夜は早めで24時過ぎにホテルへ戻ったけど、そのままソッコーで寝落ち。

23日、6時半に起床。窓からちょうど朝日が見えたので、夜から朝に変わる瞬間を満喫。8時45分にチェックアウトして、地下鉄に乗って福岡空港へ。しばらく送迎ロビーに出て楽しんでから、10時05分発のANA便に乗り込む。機内での楽しみは音楽。偶然やっていた斉藤和義の番組を聴いて過ごす。11時45分に羽田空港着。あっという間の快適なフライトだった。リムジンバスで帰ろうかと思ったけど、1230円はちょっと高いので電車で帰る。お昼ご飯を食べていなかったので、初台「ビストロガブリ」で打ち上げをしてから帰宅。

佐賀
2007年11月13日(火)、山陽・福岡ツアー。
門司港駅から12時38分の電車に乗り、あれこれ乗り継ぎ14時16分に吉野ヶ里公園へ到着。ここは“S・A・G・A”佐賀、個人的には初制覇の県。佐賀県をようやく制覇できて感無量。。。駅からちょっと歩いて、吉野ヶ里歴史公園へ。弥生時代の遺跡なんだけど、とにかくだだっ広い。ひたすら歩き回って、かなりクタビレました。。。でも、なかなか良かったけどね。1時間ほど見て廻って、16時9分の電車で17時前に博多へ。

長崎
1987年3月、卒業旅行へ。グラバー園・大浦天主堂は、異国情緒たっぷりでした。平和公園・原爆公園は、戦争の事についていろいろと考えさせられました。

2013年1月12日(土)〜13日(日)、三連休を利用して旅行。メインはCHABOのライブだけれど、久しぶりに訪れる長崎の街も楽しみ。11時発の飛行機に乗り込み、長崎空港に到着したのは13時過ぎ。それからバスに乗って、約1時間ほどかけて長崎駅前に到着。長崎駅前は閑散としていて、ちょっぴり寂しい雰囲気。お腹が空いたので、「金龍」というラーメン屋で早速ちゃんぽんを食べる。なんてことのないラーメン屋だけど、ちゃんぽんの味は最高に美味い。腹ごなしを兼ねて、ホテルまでブラブラと歩いて行く。長崎港、大波止、観光通り、思案橋・・・ なんとも言えない風情がある。映画「不確かなメロディー」で、清志郎が煙草をくゆらせていた場所を発見。清志郎がいまにもひょっこりと顔を覗かせそうな、不思議な感覚にとらわれる。15時45分ごろ、今日泊まる「ビクトリア・イン長崎」にチェックイン。とっても豪華な造りのうえ部屋もダブルでビックリしたけど、これで5,500円は安過ぎる。しばらく部屋で休憩したあと、本日のライブ会場「オハナカフェ」へ。ライブは18時から20時50分過ぎまで。ライブが終わってから、思案橋あたりを散策して「五人百姓」という店で飲む。長崎といえば・・・ということで、尾長クロ・しめ鯖・みずいかの刺身、それから鯨カツに長崎ハトシなるものを注文。どれも甲乙つけ難く美味しい。1時間半ほど満喫したあと、「三八ラーメン」で再びちゃんぽんを食べる。同じちゃんぽんでも、店によって微妙に味が違うのがおもしろいな。さすがにお腹がイッパイになり、24時前にはホテルに戻っていつの間にか就寝。

13日、7時に起床して、8時半にはホテルをチェックアウトする。思案橋あたりの裏道をしばらく散策したあと、路面電車に乗ってグラバー園へと向かう。9時半ごろ石橋電停に到着し、第2ゲートから園内へと入っていく。修学旅行の学生がちょっとうざかったけど、のんびりとあれこれ見て回る。ウォーカー住宅、オルト住宅、リンガー住宅、グラバー住宅、ノスタルジックな雰囲気が素敵。若干雨がパラつき始めたところで、なんとかすべて見て回ることが出来た。それから大浦天主堂へ移動。以前訪れたときの記憶とは、ちょっぴり違った印象。だけど神秘的に輝くステンドグラスの綺麗さは、あのときの記憶のままだった。10時45分ごろ海岸沿いの道をブラブラ歩きだすと、雨がとうとう本降りになってきた。仕方がないので路面電車に乗り込み、長崎駅前まで移動。12時20分発の電車まで時間があるので、バスターミナルの食堂でトルコライスを食べる。寂れた雰囲気でどうなることかと思ったけれど、料理は意外と美味しくて大満足。時間になったところでかもめ22号に乗り込み、2時間ほどかけて博多へと移動。

熊本
1987年3月、卒業旅行へ。阿蘇の山並みをドライブ。気分爽快でした。

1997年11月、新日本プロレス福岡ドーム大会を観に行った帰りに立ち寄る。
水前寺公園なんかも行ったけど、食べ物がうまかった印象が強い。 馬刺しや鳥刺し、馬にぎりずし、辛子レンコンなど、たらふく食べた。別府へ向けて、阿蘇の山並みをドライブ。少し天気が悪かったけど、 きれいな虹も見ることができました。

大分
1987年3月、卒業旅行へ。別府地獄巡りをしました。

1997年11月、新日本プロレス福岡ドーム大会を観に行った帰りに立ち寄る。
別府といえば、温泉。気持ちいいよね。地獄巡りもくまなく廻り、満喫しました。


宮崎
1987年3月、卒業旅行へ。都井岬・日南海岸・霧島・綾川渓谷を、延々とドライブ。南国という感じがしましたね。

鹿児島
1987年3月、卒業旅行へ。薩摩半島の長崎鼻・沖秋目島・野間岬・高崎鼻をドライブして廻る。

沖縄
ここは、最後に行きたいですな。