関東地方

群馬
1987年11月、会社のグループ旅行で老神温泉へ。会社に入って初めてでした。女性が多いグループだったのもあって、温泉・宴会、みんな楽しかったです。

1989年10月、会社のグループ旅行で伊香保温泉へ。当時はシステム1グループというところに 居たんだけど、みんな気さくな人ばかりで楽しかったのを覚えています。

1992年3月、仲間内で赤岩温泉へ。ひなびた旅館って感じがGOODでした。ちょっと雪まじりだったのもまた良し。

2000年8月18日(金)〜19日(土)、高崎・前橋へ。高崎までは、新幹線で50分。ちょうどお盆休みだったのでとっても混んでいましたが、これくらいの距離ならまぁ我慢できます。高崎から信越本線に乗り継ぐ。安中駅前には、DANGERのジャケットに載っている東邦亜鉛安中製錬場がそびえ立ち、独特の雰囲気をかもし出していた。すごい存在感に圧倒されます。さて、目的地は、磯部温泉という「温泉マーク」発祥の地。長寿館というひなびた(失礼!)旅館で、昼間から温泉三昧。気持ちよかった〜っ。高崎では、中古レコード屋も覗いてみました。前橋に行った目的は、CHABOのソロ・ライブを観ること。ライブレポートは、別コーナーに掲載してます。街としては、何もない印象でしたね。中古レコード屋「WITH」には 行ってみましたが。一応、繁華街もあったけど、なんかあやしかったなぁ。早々にホテルに帰ってしまいました。

2015年10月16日(金)〜17日(土)、山下達郎「PERFORMANCE 2015-2016」を観るため前橋へ。あいかわらずのチケット争奪戦の結果、どうにか確保出来た今日のチケット。前橋は遠いような近いような微妙な距離だけど、せっかくなので旅行気分を満喫することにする。東京駅から12時過ぎの新幹線に乗り込み、弁当を食べているうちにあっという間に高崎駅着。ここでちょっと寄り道することにして、信越本線に乗り換えて安中駅へと向かう。駅前から見える風景、それは“どくとる梅津バンド”のアルバム「DANGER」の歌詞カードの写真にある風景。東邦亜鉛 安中製錬所・・・。山のふもとにべったりと張り付いている、巨大な煙突やパイプのかたまり。なんとも言えないその様子を眺めながら、どんどん建物に近づいて写真を撮る。30分ほどで電車の時間になってしまい、高崎駅へ戻ってから両毛線で目的地の前橋駅へ。前橋は2000年にCHABOのライブを観に来たのだけれど、もうすっかり忘れてしまっているな。駅前にはほとんど何もなく、道を歩けば誰も居なくて、とっても心細い気持ちになる。歩いて10分ほどで、今夜泊まる「アパホテル 前橋駅北」に到着。時間は15時半過ぎ。ちょっと疲れたので、部屋でひと休みする。17時前に再び出かける。会場のベイシア文化ホールは、歩いて15分ほどの距離。その道すがらも誰にも会わなくて、思わずチケットの日付と会場を見直してしまった。17時過ぎに会場に到着。しっかりと開場待ちの列が出来ていて、ちょっと安心した。ライブは18時35分ごろから21時45分ごろまで。終演後、どこかで食事をしようと、繁華街らしき場所をブラブラする。ところが客引きがウヨウヨしていて、なんだかとっても物騒な雰囲気。こじんまりとした居酒屋もあるにはあるけど、ちょっと怖くて入ることが出来ない。チェーン店ではあるけれど、「大庄水産」が一番入りやすかったのでそこに落ち着く。刺身や焼き物をつまみに、ビールと日本酒を飲む。なかなか美味しい。隣に座った男性に話しかけられ、しばらく二人で話をしながら飲む。なんでも新潟から東京へ出張した帰りに、ここで途中下車して泊まっていくのだそうだ。そんな感じで2時間以上居座ってしまい、24時半過ぎにおひらき。シメに担担麺を食べて、ホテルへ戻ったのはけっきょく1時半ごろ。

17日、7時半に起床。窓の外は雨。せっかくなのでどこかへ行きたいところだけど、行きたい場所は特にナシ。9時半にはチェックアウトして、10時01分の両毛線で高崎駅へ。10時42分発の新幹線に乗って、50分ほどで東京へと戻ってきた。

2017年3月26日(日)〜27日(月)、今日明日は山下達郎「PERFORMANCE 2017」を観るため、前橋へ遠征。山下達郎「PERFORMANCE 2017」、18日の市川から始まって今夜の前橋が三日目。毎回素晴らしいライブを見せてくれる達郎、今回はどんな内容になるのか楽しみ。東京から前橋までは、新幹線と在来線を乗り継いで1時間ちょっとの旅。13時50分過ぎに前橋駅へ到着して、あいにくの雨模様の中をしばらく散策。前回来た時も思ったのだけれど、前橋は街中が閑散としていてとっても寂しい。そんな中、中古盤屋「WITH」はしっかりと営業していて、何人かお客さんもいる。発掘作業は早々に切り上げ、今夜泊まる「カントリーホテル前橋」へチェックイン。これといったエグみは無いけど、壁に貼られた☆マークが気になる。しばらく部屋で休憩したあと、16時前に再び出かける。降ったりやんだりの空模様の中、20分ほどで今夜の会場「ベイシア文化ホール」に到着。ライブは18時から21時10分過ぎまで。ライブ終了後、前橋の夜の街へと繰り出す。だけどちょっとおっかない雰囲気なので、前回と同じく「大庄水産」へとすべり込む。よくあるチェーン店だけど、料理がなかなか美味しくて意外とイイんだよな。カウンターの隣に座った人が達郎ファンだと判明して、しばらく話をしながら呑みかわす。この店に来るといつも必ず出会いがあるなぁ〜。なんだかおもしろい。けっきょく24時ごろまで居座ってしまい、前橋飯店でシメて1時半ごろホテルに戻る。

27日、いつも通り6時30分に起床。例によって、意味もなく早起きな旅の朝。ベッドでウダウダしながら今日の予定を考えるも、場所が前橋なだけに特に思いつかず。天気もあまり良くないので、10時05分の両毛線に乗り込み高崎駅へ。そして、10時34分発の新幹線に乗って東京へと戻る。せっかくなので八重洲地下街の「北海道バル 海」で食事をしてから帰宅。

栃木
1976年8月、小学生のとき、日光に修学旅行へ。小学生の修学旅行といえば日光というのが定番ですね。華厳の滝、見ざる言わざる聞かざる、いろは坂・・・。また行ってみたいなあ。

2000年11月18日(土)、忌野清志郎マジカデ・ミル・スター・ツアーを追っかけて宇都宮へ。新幹線でわずか50分ということで、ほとんど通勤圏内という感じですね。宇都宮といえば、餃子。味噌汁仕立ての水餃子とか焼き餃子とか、みんなとてもおいしかった。でも、餃子屋は市内に点々としているようで、思ったほど目立たなかった。翌日は日光へ行く予定だったんだけど、体調があまり良くなかったので、泣く泣く直帰しました。ん〜残念・・・。

2005年5月5日(木)、ピンク・レディーのコンサートを観に宇都宮へ。新宿から大宮へ出て、11時42分の新幹線で宇都宮に着いたのは12時過ぎ。宇都宮といえば、餃子・・・。連休真っ只中の昼飯どき、どこの店も満員なのでは?と心配していたが、新幹線のホームから見えた「宇都宮餃子館」がたまたま空いていたので、直行することにした。こじんまりとした店、餃子三種盛りとビールを注文する。う〜ん、やっぱり美味しい・・・でも18個はけっこうなボリュームで、途中からちょっとしんどかった。お腹もいっぱいになったので、ブラブラ歩いて会場の宇都宮市文化会館を目指す。東武宇都宮駅を経由して行ったのだが、かなりの距離。けっきょく1時間弱かかった。それでも開場時間には余裕で間に合ったものの、14時開場の予定がかなり遅れて、けっきょく20分ごろ開場。昼の部は14時40分から始まり、16時50分に終了。夜の部までの間、会場周辺をブラブラ。東武宇都宮線の南宇都宮駅に行ってみたけど、見事に何も無し。そんな事をしているうちにあっという間に開演時間が近づき、再度会場内へ。夜の部は18時半ちょうどに開演し、20時50分に終了。外へ出ると臨時バスが止まっていたので、すかさずそれに乗り込む。21時過ぎに出発し、21時15分には駅に到着。21時35分の新幹線に乗れそうだったのだが一本やり過ごすことにして、せっかくなので餃子を食べることにした。またもや「宇都宮餃子館」なんだけど、昼は西口1号店で今度は西口2号店。今度はさっきより広い感じの作りで、のんびりと食べることが出来た。18個の餃子をたいらげて、21時59分の新幹線に乗り込む。自由席なんか連休のUターンラッシュで座れないかと思っていたら、意外とガラガラで余裕で座ることが出来た。そのため大宮乗り換えはやめて、東京まで行くことに・・・。23時8分に東京駅に到着し、それから電車の遅れに憤慨しつつも0時過ぎに帰宅。

2013年3月31日(日)、足利市民会館へ森高千里「LIVE ザ・NEW SEASON! 〜DO MY BEST in 足利〜」を観に行く。森高千里は今年でデビュー25周年。それを記念しての15年ぶりのライブツアー、しかも「渡良瀬橋」のある足利からスタートということで、二日間公演のうち二日目に行くことにしたのだ。千代田線で北千住駅まで行き、13時02分発のりょうもう17号に乗って1時間ほどで足利市駅に到着。とっても驚いたことに、車中で大学時代の後輩Sにバッタリと遭遇。ここで出会うということは、もちろん目的は同じ・・・。同じく後輩のYと現地集合するのだそうだ。“旅は道連れ”という言葉のままに、そのままいっしょに行動することにする。Yとの待ち合わせには30分以上の時間があるので、ひとまず渡良瀬橋へ行ってみる。駅を降りると、すぐ前に流れているのは渡良瀬川。川沿いに少し歩くと渡良瀬橋が見えてくる。何の変哲もない鉄橋だけど、桜の花と菜の花に彩られたその光景はどこか風情がある。橋を渡ってJR足利駅に向かう途中、「渡良瀬橋」の歌碑を発見。まわりは森高ファンと思しき人でイッパイ。いっしょになって記念撮影する。待ち合わせ時間になったので、JR足利駅で後輩Yと合流。そのまま歩いて、足利市民会館へと向かう。道すがら街を見て廻るが、驚くほどに人がいない。店はけっこうあるのだが、どこも閉まっていてちょっと不安になる。ほどなくして会場に到着。開演時間の16時には、まだちょっと時間がある。しばらく時間をツブしてから、会場入り。ライブは19時05分過ぎから18時40分過ぎまで。行きはよいよい・・・ではないけれど、足利はやっぱり遠いのである。19時38分発のりょうもう48号に乗って、北千住駅に到着したのは20時41分。それから千代田線で代々木公園駅へ。「天下一」で食事をして、22時半ごろ帰宅。

2013年8月30日(金)〜31日(土)、「夏だっ!餃子だっ!達郎だっ!」ツアーと題して、一泊二日の宇都宮への旅。30日は早めに出発してお昼は餃子・・・と思っていたのに、家を出るのが13時近くになってしまった。東京駅13時40分発の新幹線やまびこ63号に乗り込み、宇都宮駅へと向かう。それほど混んでいないと思って自由席にしたのだけれど、座席は意外とビッシリ埋まっていた。旅行気分に浸る間もなく、あっという間の14時29分に宇都宮駅へ到着。駅前の餃子屋さんに惹かれるところもあったけど、ここは我慢して東武宇都宮駅方面へ歩き出す。日差しがジリジリと暑い・・・。背中に背負ったリュックが暑さをさらに倍増させる。大通りやオリオン通り、ユニオン通りを散策。「BACKBEAT」という中古楽器屋を覘く。宇都宮は三度目になるけれど、あまり街並みを覚えていない。それでもところどころにひょっこりと、記憶の断片が顔をのぞかせる。16時になったので、今夜泊まる「東横イン東武宇都宮駅西口」へチェックイン。4,980円という値段の割に、なかなかイイ感じの部屋で満足。ライブ開始まで時間があるので、しばらく部屋でくつろぐ。17時過ぎに出かける。どうやって会場へ行くか迷ったけど、けっきょく歩いていくことにした。少し歩いたところで雨がポツポツと降り出し、そのうち本降りになってきた。20分ちょっとかけて会場に到着。ライブは18時30分から21時40分過ぎまで。ライブ終了後はタクシーに乗ってJR宇都宮駅まで出て、ちょっと遅めの食事をとることにした。タクシーの運転手さんが達郎ファンで、いろいろな話が出来たのが嬉しかった。タクシー代は2,060円。値段そのものよりも、その距離を歩いた自分にビックリ。せっかくなので名物の餃子を食べようと、駅前に立ち並ぶ餃子屋の中から「宇都宮餃子館 餃子村本店」をセレクト。ビールと12種餃子食べ比べを注文。にんにく、チーズ、しそ、エビなど、いろいろな味が楽しめたのは良かったけど、種類がちょっと多すぎて、途中からどれがどの味なのかよくわからなくなった。23時にラストオーダーと言われたので、レモンハイと健太餃子を追加注文。合計18個の餃子をたいらげて、大満足で23時半ごろ店を出る。それからブラブラと歩いて、24時ごろホテルに戻ってきた。部屋で軽く飲み直そうとしたけど、疲れていたのかいつの間にか沈没。

31日、7時過ぎに起床。旅の朝は、意味もなく早く目覚める。テレビを観ながらゆっくりと支度して、10時にチェックアウト。外はうだるような暑さ・・・ だけどせっかくなのであたりをブラブラする。ちょっと歩いて宇都宮城址公園へ。城址ということもあり、お濠と城壁と櫓があるだけ。内装もかなり手が加わえられていて、ちょっといまいちかな。おまけに城壁の上はものすごい暑さ。直射日光が、これでもか!と直撃してくる。だけど木陰に入って休んでいると、吹く風はなかなか心地よくていい気持ち。それからまたオリオン通りを散策したあと、宇都宮餃子の食べ歩きスタート。まずは「酔香亭」という店に入る。本格的な中華料理店という雰囲気。こんがりと焼けた餃子が、なんとも言えず美味しかった。30分ほどで「酔香亭」を出て、すぐに近所の「味一番」という店へ。200円という安さだったけど、味はなかなか良くって得した気分。ここまでで生ビール1杯、地ビール1本、餃子10個。もうちょっと行けそうな気もしたけど、食べ歩きはここでストップ。そのままブラブラとJR宇都宮駅まで戻り、13時31分発の新幹線やまびこに乗り込む。自由席はけっこう混んでいたけど、無事に座ることが出来た。あっという間に東京駅に到着し、そのまま真っすぐ帰宅。

茨城
1985年8月、つくば博でバイト。早見優のコンサートの準備・場内整理などをやった。アンプとか運んだりして なかなか重労働だった。空いてる時間にあちこち見て回ったけど、あんまり印象に残ってない。あれ? いったいどんな博覧会だったんだっけ?

千葉
母方の田舎が市川にあって、たびたび行きました。子供の頃はめちゃくちゃ遠い気がしたけど、 東京からわりと近いんですよね。先輩の引越しの手伝いで行った事もあったなあ。

高校のとき、館山で合宿をした。4kmの遠泳があって、当時水泳があまり得意でなかった私は、かなり苦しんだ。でも、なんとか泳ぎきることが出来て、嬉しかったなぁ。

あと、犬吠埼に旅行に行った思い出もある。あの時は、木更津からフェリーで帰ったのかな。

埼玉
西武球場へコンサートをよく見に行ったものだ。ピンクレディーとか、RCサクセションとか。 なんかのんびりした感じが良かったなあ。最近ドームになったそうだが、あののんびり感は 残っているのだろうか?

あと、長瀞へも何回か行った記憶が・・・。ううん、あんまり印象ないなあ。埼玉も東京からすぐだし、気がついたら埼玉だったなんてところもあるから、ほとんど地元って感じだなあ。

東京
そりゃあもう、自分が住んでる街ですから。もうずっとここに住んでいる。なんだかんだ言っても、 東京を離れることはできないだろうなあ。新宿とか好きだもの。下町もいいし、多摩方面もいいし・・・。このスペースでは語り尽くせないから、ぜひ別の機会に・・・。

神奈川
横浜・川崎・小田原・鎌倉・逗子・江ノ島・箱根・御殿場・・・。海といえば、この辺。山といえば、この辺。温泉といえば、この辺。近くて便利だし、けっこうよく行ってます。

山梨
1985年5月、清里高原へ大学の友達、野郎ばっかりでドライブしたのはかなり印象に残っている。河口湖・山中湖・富士山・石和あたりは、気軽に行ける感じでしょっちゅう行ってます。

2011年9月7日(水)〜8日(木)、石和温泉へのんびりと温泉旅行。せっかくの夏休みなので温泉でも行ってまったりするか!ということで、泊まりで出かけることにした。ネットで調べて箱根にするか石和にするか迷った挙句、交通の便を考えて石和温泉にした。立川駅から特急電車で約1時間、石和温泉はちょっと懐かしい時間が流れている。駅前の土産屋にいきなり飛び込み、今夜飲むための地酒を購入。それからブラブラと歩くこと10分、今夜泊まる「石和温泉郷 旅館深雪温泉」に到着。案内された部屋は、畳の香りがとっても気持ちイイ。
しばらく休んで、さっそく温泉へ。ここの温泉は「完熟の湯」といい、自墳自家源泉の100%かけ流しなのだそうだ。36.0℃のお湯と50.8℃のお湯とがうまい具合にミックスされ、ちょうどいい湯加減になっている。露天風呂と内風呂とそれぞれほど良い広さで、なかなかゴキゲンな造りだ。オフシーズンの平日なのに、けっこうたくさんお客さんがいたのはビックリしたけど、それでもゆったりのんびり出来たので良かった。1時間ほど満喫して、18時30分ごろから夕食。部屋でまったりとしながら、美味しい料理に舌鼓を打つ。もぅサイコー! ビールもお酒も自然と進んでしまった。お腹いっぱいになったところで、再び温泉へ・・・ やっぱりこれがイイんだよね。19時で男女交替となっていて、さっきとは違う浴場へ。ちょっとこじんまりした感じだけど、誰も居なかったのでのんびりと満喫。部屋に戻って再びチビチビやりながら、いつの間にか沈没。

8日(木)は、朝6時30分に起床。旅に出ると、意味もなく目覚めがよくなる。しばらくウダウダしてから、朝風呂へ。朝のさわやかな空気の中、入る温泉もまた格別。なんだかんだで1時間ほど満喫したあと、朝食となる。美味しい料理を満喫して部屋に戻る。旅に出ると、朝食のご飯をおかわりしてしまうのも不思議だ。最後にもう一回温泉に入ろうかとも思ったけど、そのままウダウダして過ごす。10時にチェックアウト、とっても素晴らしい旅館で大満足。それからしばらくあたりをブラブラ・・・ 山梨だけにブドウ畑が目につく。駅に着くとちょうど電車の来る時間だったので、急いで切符を買って10時37分発の特急に乗り込む。

2015年5月28日(木)〜29日(金)、甲府SUNDAYへ仲井戸"CHABO"麗市+早川岳晴のライブを観に行く。甲府までは意外と近いけれども、19時30分の開演時間に間に合うためには早めに仕事を終わらせたい。本当は16時には帰りたかったけど、会議があるのでけっきょく16時半ごろまで仕事。急いで電車に飛び乗り、なんとか17時30分新宿駅発のあずさ27号に乗ることが出来た。甲府駅到着は19時14分。発車時間が遅れたので、実際にはもうちょっと遅いかな。駅前でタクシーを拾って会場へと向かう。およそ10分の道のりで、19時30分ちょうどに到着。どうやらまだ開演していない模様。受付で訊いたら、時間が押しているとの事でラッキー。ここは普段はアウトドアショップということで、フロアはフラットな造り。だけど椅子の高さが段々になっていて、後の方からでも意外とよく見える。知ってる顔を見つけて一緒に観ることに。最後列だけど座って観ることが出来た。ライブは19時35分ごろから22時過ぎまで。ライブ終了後、甲府駅までの道をブラブラと歩き出す。途中のコンビニでビールを買って、ライブの余韻を楽しみながら。だけど途中にタクシー会社があったので、そこでタクシーを拾って甲府駅に戻る。今夜泊まる「甲府ターミナルホテル」にチェックインしてから、夜の街に繰り出す。既に23時近いので、駅前の飲み屋はほとんど終わってしまっている。少し歩いたところに「かすがもーる」という繁華街があり、「友四郎」という飲み屋に入る。なかなかイイ雰囲気の店。甲府名物の“鶏モツ煮”などを食べながら、美味しいお酒を飲む。1時間ほどで閉店時間になってしまい、「火の車」という店でラーメンを食べてからホテルに戻る。

29日、6時ごろ起床。例によって無意味に早起きな旅の朝。今日は午後出社にしたから、それまでどうしようかと考える。早めに電車に乗って帰るのか? 甲府の街をちょっと楽しんで帰るのか? 9時10分発の電車に乗ることにして、少しばかり甲府の街を歩いてみることにした。駅からほど近くのところにある舞鶴城公園へ。ここは甲府城だった場所。お城自体は無かったけれど、当時の面影があちこちに感じられていい雰囲気だった。電車の時間が迫って来たので、40分ほどで切り上げて甲府駅へ戻る。そして9時10分甲府駅発のスーパーあずさ6号に乗って帰京。

2016年4月16日(金)〜17日(土)、今週末はCHABO三昧。「旅に出る二人」ツアーを追いかけて、オイラも旅に出る。12時ちょうどの〜スーパーあずさ15号でぇ〜♪などと口ずさみつつ、新宿から甲府を目指す。ビールを呑みながら弁当をパクついているうちに、あっという間に甲府駅に到着。駅を降りてブラブラと歩き出したら、友達夫妻に遭遇。せっかくなので甲府駅周辺で唯一(?)の観光スポット、舞鶴城公園へ連れ立って行く。甲府城の跡地。天守台から見ると、お城のど真ん中を中央線が走っているのがわかる。30分ちょっとで観光は終了。二人とはいったんお別れして、街の中心へと向かう。かすがモールを中心に、オリオン通り、銀座通りといった商店街・呑み屋街が広がる。メインの通りをちょっと曲がると、かなりディープなエリアがあちこちに。じっくりと呑み倒してみたいような気がするけど、一見さんにはちょっと厳しいか? そんなことをしているうちに15時を回ったので、今夜泊まる「甲府ワシントンホテルプラザ」へチェックイン。なかなか大きい建物に圧倒されていると、部屋の窓から今夜のライブ会場「桜座」が正面に見える。ちょっとした運命を感じながら、開場時間までひと休みする。開場時間の17時が近づいてきたので再びホテルを出発し、あっという間に会場へ到着。ライブは18時から20時50分まで。ライブ終了後、友達と打ち上げをしようとお店を探す。「甲州居酒屋」という店を見つけて入ってみると、これが大正解! おばあちゃん家の茶の間のような個室に通されて、じっくりとくつろぎながら呑む。甲府名物の鶏モツ煮や馬刺し、そしてワインと言えば「赤玉パンチ」。ちょっとしたブームになってしまい、みんなで何杯もおかわりする。そろそろ閉店だと言うので、24時半ごろひとまずおひらき。旅先は帰る時間を気にしないで良いからイイから、そのまま二次会に突入。繁華街の男っぽいお姉さんに聞き込みした「成屋」というラーメン屋、これがまた大当り。美味しいラーメンをすすりながら、再度ビールで喉を潤す。1時半ごろ本当におひらき。しかしまぁ〜ホントに楽しい夜だった。ホテルに戻って呑みなおそうとしたけど、あっという間に寝落ち。。。

17日、6時ごろ起床。例によって、意味もなく早起きな旅の朝。テレビをつけると、14日に起きた熊本地震の被害状況が映し出されている。見ているだけでツライ・・・でも、これが現実。避けては通れない。ブルーな気持ちになりながらも、自分は自分の現実を生きるしかない。本日の目的地・長野へ行くため、9時半過ぎにホテルを出発する。雨が降る中を甲府駅へと辿り着き、電車の時間まで駅の中をウロウロ。そして10時17分発のあずさ7号に乗車、松本駅へと向かう。東京では既に散ってしまった桜が線路際にたくさん咲いていて、とっても綺麗だった。塩尻駅で乗り換えるべきか迷ったけど、駅前のローカルぶりにビビって松本駅まで行く。