中国地方

鳥取
2000年3月10日(金)、後輩と連れ立って旅行。 鳥取空港から、まずは鳥取砂丘へ行く。でっかいなあ!というのが第一印象。風紋も美しく見えて、なんかすごく感動しました。 けっこうけわしい丘のようになっていたので、かなり疲れましたが・・・。その夜は、三朝温泉でゆったりとする。 夕食には、松葉ガニがいっぱい出てきて、本当に満足でした。

島根
2000年3月11日(土)、鳥取より島根へ。宍道湖を遊覧船でまわった。 天気があまり良くなかったので、いまいちでした。夜は松江温泉につかり、メチャメチャうまいしゃぶしゃぶにありつき、 これまた大満足でした。おかみさんがやたらフレンドリーな人で、 有名人がいっぱいくるだのなんだの、いろんな話を聞かせてくれました。

翌日は、日御碕へ。日本海が、やたらとキレイに見えました。 刺し身もうまいし、サイコー! その夜は、出雲大社のそばに泊り(ここが何もない街でしたね)、 翌日 出雲大社へ参拝して、出雲空港から帰ってきました。


岡山
1982年3月、高校の修学旅行で行ったような気がする。
正確には覚えていないが、自由行動の日の街並みが、倉敷とかそんな感じだった。

1998年10月、会社の出張の帰りに、瀬戸大橋に連れていってもらった。倉敷へも寄った。野郎ばかりで・・・。トホホである。

2010年3月7日(日)〜8日(月)、岡山・松山ツアー。7日、東京駅10時30分発の新幹線のぞみに乗り込み、弁当を食べながら岡山駅へ13時56分に到着。あいにくの小雨模様の中、駅からホテルを目指してブラブラと歩いていく。路面電車がガタゴト走る風情あふれる街並み。どこか懐かしい昭和の香りを感じる。岡山の繁華街といえば表町と聞いていたけど、それほどのにぎわいは見られない。1時間ほどブラついたあと、今夜泊まる「ホテルレポーゼ岡山」に15時ごろチェックイン。普通のビジネスホテルといった印象。良心的な価格で朝食付というのがうれしい。しばらく休憩したあと、16時少し前に外出。「MO:GLA」というライブハウスでCHABOのライブ。ライブは17時10分から20時05分過ぎまで。20時10分ごろ会場をあとにして、食事をしようとブラブラ街を散策する。日曜日ということもあってか、繁華街とおぼしきところも閑散としている。仕方なく岡山駅まで戻って、駅ビル地下の「八閣」という店に入る。お刺身と穴子などの焼物を注文。大きなしゃもじに乗って料理が出てくるのは瀬戸内ならでは。店員の気さくなおばちゃんと隣に座った母娘と、ワイワイ話をしながら飲み喰いする。いつも思うことだけれども、瀬戸内の人はとってもフレンドリーな感じがしてイイな。22時に閉店だというので店を出て、駅前のうどん屋でしめて23時前にホテルへ戻る。しばらく部屋で飲み直ししているうちに、いつのまにか沈没。

8日、8時に起床して、2階のラウンジで朝食。旅による活性化なのか、やけに食欲がある。9時15分にチェックアウトして、街をブラブラと歩きながら10時過ぎに岡山城へ。岡山城は戦火によって焼失してしまったため、現在は鉄筋コンクリート造り。外観は全く旧来通りに復元されているそうだが、綺麗な内装やエレベーターはちょっと興醒め。そのあと隣接する岡山後楽園へ。岡山後楽園は日本三名園のひとつ、特別名勝なのだそうだ。とてつもなく広い芝生やさまざまな樹木に心癒される。綺麗に咲きほこる梅の花に春を感じる。11時を過ぎたので、再び街を散策。昨日のライブで早川が言っていた「GROOVIN'」やたまたま見つけたシブい「KING BISCUIT Records」など、中古盤屋をあれこれ探検。岡山駅13時35分発のしおかぜに乗って、次の目的地の松山へと向かう。

広島
1982年3月、高校の修学旅行で行った。原爆ドーム・宮島くらいしか印象に残ってない。

1998年10月、会社の出張で福山へ行った。食べ物がやはり美味しかった。

2001年10月13日(土)、山口へ行く途中で立ち寄る。シートに1個テレビがついてる豪華なANA-777型に乗り、広島空港へ降り立つ。そのまま最寄の白市という駅へ。そこから山陽本線で宮島へ直行しようとしたのだが、広島駅が途中にあるのに気づく。時間も時間だし、カキでも食っていくかと思って、広島駅で途中下車。駅周辺をぶらぶらするが、あまりぱっとしないので、駅ビルを覗く。お好み焼きもいいけど、やはりここはカキ。カキフライを注文。塩をつけて食べるんだって。馬鹿ウマ。店を出て、路面電車で原爆ドームへ。10分ほどで到着。やはりこの時期だし、何とも言えない気持ちになってしまった。NO MORE HIROSHIMA! あまり長居はせずに、再度路面電車に乗り、宮島を目指す。の〜んびりと、街中、海沿いを走って、1時間ほどで宮島口という駅に着く。そこから、連絡船に乗り(とはいえ、乗っていたのは10分)、宮島へ渡る。いきなり放し飼いの鹿がいっぱいいて、びっくりする。海岸沿いをぶらぶら歩いて、厳島神社へ。朱塗りの廊下がとてもキレイ。なんとなく昔来た記憶が甦ってきた。そのあと、千畳閣でしんみり。ロープウェーにでも乗ろうかとも思ったけど、時間も時間だし、駅まで登るのもタイヘンそうなので断念。桟橋へ戻る途中で、焼きガキを食べる。めちゃめちゃうまかった。そして宮島駅から山陽本線に乗り、今日泊まる山口県の岩国へ。


2003年10月17日(金)〜19日(日)、2泊3日で広島へ。CHABOのライブが中心の旅。頑張って早起きして、9時50分発ののぞみに乗り込む。それから約4時間、13時48分に広島駅へ到着。やっぱ長かったな〜。飛行機で行くか迷ったんだけど、空港までのアクセスを考えるとどっちもどっちなんだよな。お腹も空いたので、前にも行ったことのある駅ビルでお好み焼きを食べる。イカとかエビとか、牡蠣まで入った広島風お好み焼き、とってもおいしかった。腹ごなしに中古盤屋を巡りながら、繁華街に向かってぶらぶらと歩く。あれこれ巡って、時計を見ると16時半。ホテルへチェックインに行く途中、今日のライブ会場「LIVE Cafe Jive」へ寄ってみた。そしたら、もう既に一人並んでいた。なかなか気合入ってるなぁ〜。ひとまずホテルへチェックイン。部屋は8階。なかなか設備が整っていて、いい感じだ。しばらくひと休みした後、17時半にはホテルを出て、再びライブ会場へ。ライブは19時10分開演で22時30分終了。会場を出て、ブラブラと飲み屋を探す。繁華街のド真ん中。なかなか賑わっていて、どっちがどっちだかわからなくなる。たまたまたどり着いた「サラリーマン居酒屋 まつむら」という店に入ってみる。カウンターに座ると、いけすにナマコやらシャコやら、いろいろいて面白い。お刺身と焼き牡蠣、シャコの刺身などを食べる。美味しかった。しかも安かった・・・。そろそろ日付も変わりそうな時間になっていたが、かまわず飲み直し。締めは「みんみん」という店で、広島名物つけ麺を食べた。ちょっと辛すぎだったな。2時半頃ホテルに戻り、ソッコーで寝る。

広島2日目。尾道へ行こうと7時に目覚ましをかけたが、眠いのと二日酔いとで断念。そのままウダウダ過ごす。11時頃ようやくホテルを出て、あたりをブラブラ。そろそろ12時になろうかという時間だったけど、全然お腹も空いてないので、そのまま市内観光することにした。薬研堀(やげんぼり)通りをひたすら北上して行き、縮景園へ。昨日も思ったのだが、広島の街は意外と狭い。地図で見るとずいぶん離れているように見えるのだが、実際歩いてみると近いのだ。そんなわけで、縮景園にもあっという間に到着。ビルとかが立ち並ぶ中に、ぽっかりと心静まる庭園があって、なんか不思議な感じ。大きな池を中心に、うっそうとした緑が生い茂り、風情漂う建物がぽつんぽつんと建っていた。あぁ〜イ・ヤ・サ・レ・ル・・・。それから、少し歩いて広島城へ。どこを見ても天守閣が見当たらないので、ただの城址公園かと思いきや、うっそうとした木々の中に隠れていた。外から見るとかなり古めかしい感じなのだが、中は近代的でちょっと意外な感じ。しばらく城内を見て廻り、広島球場の脇を抜けて紙屋町界隈へ。このへんは電気街なのか、秋葉原みたいな雰囲気。既に14時過ぎだったので、大山のぶ代ご推薦という「うずしお」というお好み焼き屋へ。昨日に続いてだけど、美味しいものは美味しい。今日は牡蠣は入ってなかったけど。残念なことに、ほんのちょっとだけ時期が早かったみたいなんだよね。お腹がいっぱいになった後は、平和記念公園へ。ちょうど天気も良かったので、ベンチでしばらく居眠り。そんなことをしているうちに陽も傾いてきたので、平和記念資料館へ入ってみた。なんとも、原爆の悲惨さが心を締め付ける。でも、目を背けてはいけない問題なんだろうなぁ。16時半にいったんホテルへ戻り、17時半になっていそいそと「LIVE Cafe Jive」へ。ライブは19時10分開演、22時40分終了。とっても盛りだくさんなライブだった。さて、晩メシはどうするかな? 意味もなく迷ってしまった昨日の反省をふまえて、今日は昼間のうちにピックアップしておいた「魚菜家」へ行ってみた。落ち着いたムードで、なかなか良い。カウンターに座って、刺身や牡蠣フライを食べ、日本酒を飲む。既に0時になろうとしていたがそのまま飲み続け、締めにねぎラーメンを食べて、3時半頃ホテルへ戻る。

広島3日目。とっても眠い・・・。でも頑張って7時におきて、8時半にはチェックアウト。広島駅から9時11分のこだまに乗り込み、山陽本線を乗り継いで尾道へ。尾道には10時頃着いたんだけど、駅前でおばちゃんがガイドマップを配っていた。それを見ながら、てくてくと歩き出す。天気は快晴。思ったほど観光地化してなくて、なかなかいい街だ。狭い路地、そして坂道。歩いているうちに、ちょっと汗ばむ。持光寺、光明寺、宝土寺をまわり、志賀直哉旧居へ。館長さんが話し掛けてきて、いろいろなことを教えてくれた。なんかとっても、おしゃべり好きな感じだった。文学記念室、天寧寺を廻り、御袖天満宮に到着。ここには、大林宣彦の映画「転校生」で有名になった石段がある。しばらく石段を眺めながら、涼しげな風に吹かれる。尾道へ来てから、そろそろ1時間半になろうとしている。予定では、尾道大橋のほうまで歩こうかと思っていたんだけれど、帰りの時間もあるのでちょっと無理かな。西國寺まで行って、引き返すことにした。そしてロープウェイに乗って、千光寺山の山頂へ。さすがに日曜の昼ということもあり、けっこうな人出。でも、の〜んびりとした景色が、心を和ませる。文学のこみちを通って山を下り、千光寺に到着。なんかちょっと不思議な空間だった。天寧寺の三重塔を眺めながら更に坂を下り、さびれた商店街を抜けて海へ出てみた。時間はもう13時近い。このまま観光を続けるか、食事にするか迷ったが、海沿いに寿司屋が並んでるのを見たら我慢できなかった。「絲魚」という店に入り、ビールとおいしい刺身や小魚料理をつまむ。電車の時間まではまだ少しあるので、海沿いを歩いていると、渡船乗り場が・・・。いつ来るのかな?チケットとかどうするのかな?と思ってみていると、来た船にそのまま乗って、お金は係りの人に払うというシステムのようだ。そう、それほど日常の中に溶け込んでいるっていうことなんだろうなぁ。ここはいっちょ乗ってみるしかない!と、自動車やら自転車やらといっしょに船に乗り込む。ほどなくして向島に到着。60円だった。さて、着いたはいいが、何もない。ひたすら普通の道があるだけ。仕方なく川沿いを歩いていると、少し奥まったところにまた渡船乗り場があった。そこで、地元の女子高生だろうか?ポツンと座って船を待っている姿が、なんか映画のワンシーンみたいだった。更に歩いていこうと思ったが、何もなさそうなので船に乗った。今度は自動車は乗れない船のようで、座るところもついていた。船の中で係りの人がお金を集めに来た。今度は、ちょっと高くて100円。そのまま、「しまなみ海道を自転車で渡るといい」などと話しこんでるうちに、尾道駅前に到着。朝は気がつかなかったけど、駅前はショッピングセンターなどもあって、けっこう栄えていた。ちょっとブラブラして、14時39分の電車に乗り、三原へ。そこからバスで広島空港へ行こうと思って時刻表を見ると、なんと当分来ないではないか! ネットで調べたのと全然違ってて、飛行機には絶対間に合わない。前に通ったことのある白市まで行って、そこからバスに乗ろうかとも思ったけど、ちょっと時間が心配。仕方なく、タクシーで行くことにした。タクシーの運転手さんに聞くと、利用者が少ないので空港行きバスの本数が減ったのだそうだ。そんな話をしながら、30分くらいタクシーに揺られる。運転手さんは、ずっとしゃべりっ放し。こっちの人は話好きなのかなぁ〜と、思ったりもした。ちょっと散財だったけど、どうにか出発1時間前くらいに空港に着き、16時35分の飛行機に乗って羽田へ。そのまま調布行きのリムジンに乗って、20時前には家に帰ってまいりました。

2007年11月10日(土)〜11日(日)、山陽・福岡ツアー。今日から待ちに待ったフリーバケーション、久しぶりに土日を含む九日間連続で取得。というわけで、さっそく三泊四日の予定で広島〜山口へと旅に出る。9時50分ののぞみに乗って広島に着いたのは13時49分、広島はさすがに遠い。さっそく駅ビルの「おいまつ」というお店でお好み焼きを食べる。いわゆる広島焼きというヤツ、あまり食べる機会がないからね。これまた広島名物の牡蠣がトッピングされてて、とても美味しくいただく。それから路面電車に沿って薬研掘へ向かい、今夜泊まる「ホテル パオ」にチェックイン。1時間ほど休憩して、今夜“麗と蘭”のライブが行われる「LIVE Cafe Jive」へ。ライブは18時から20時30分過ぎまで。お腹も空いたのでしばらく飲み屋を探し、けっきょく以前行ったことのある「まつむら」という店に入る。かつおのタタキとかカキフライを食べたんだけど、ちょっといまいちだったかな? なんとなく不完全燃焼だったので、「せいいち」という店で出雲そばを食べながら飲み直し。まだ旅は始まったばかりなので、22時半には切り上げてホテルに戻る。

翌日、いつもだとチェックアウトはギリギリまで粘るんだけど、今日は8時半にチェックアウト。路面電車にガタゴト揺られて、1時間ほどで宮島口に到着。船に乗って宮島へと渡り、たくさんの鹿があたりを徘徊する中を厳島神社へ。日曜日なのでとっても混んでたけど、あいかわらず美しく厳かな雰囲気に大満足。そのあと千畳閣でまったりとして、商店街で早目の昼食をとることに。さんざん迷ってから「いな忠」という店に入り、焼き牡蠣と生牡蠣、あなごめしを食べる。どれもとっても美味しくて、これはもう大満足。11時半には再び船に乗って宮島口に戻り、JR山陽本線で広島へと戻る。それから再び路面電車に乗って、12時半過ぎに原爆ドームへ。今日の“麗と蘭”のライブは14時開場なので、あまりゆっくりは出来ない。川のほとりでやっていたアマチュアバンドの演奏を聴きつつも、13時半には会場へと向かう。ライブは15時から17時30分過ぎまで。まだ18時前だから飲み屋もやってないだろうと、しばらくPARCOの「TOWER RECORDS」を探検。18時も過ぎたのであたりをブラブラしていると、あいにく雨が降ってきた。「人情がんこ屋台」という店が目についたので、ひとまずそこに入ってみる。むかし流行った“屋台村”みたいな感じで4つの屋台があったんだけど、時間が早いからか営業していたのは「田舎料理かず」という店だけ。ホタルイカと牡蠣バターを頼んで、ビールと焼酎を飲むも、なんだかいまいち。。。だから30分ほどで切り上げて、お好み焼きでも食べようと「へんくつや」という店へ。そばスペシャルというのを頼んで、ビールとともに満喫。やっぱり本場のお好み焼きは旨いねぇ〜。19時半過ぎには店を出て、歩いて広島駅へと向かう。明日の予定に備えて、今夜泊まるのは新山口。20時34分発のひかりに乗って出発。

2016年11月18日(金)〜19日(土)、今日と明日は友達といっしょに一泊二日の広島ツアー。品川駅7時17分発の新幹線に乗り込み、ビールを呑みながら揺られること4時間、広島駅に到着。山陽本線に乗り換えて宮島口駅へ、そこからフェリーに乗って宮島へ上陸。とりあえず昼食にしようと店を探す。なんとなく良さげな「中屋玉仙堂」という店に決定。あなご重とビールを注文。店の雰囲気はいまひとつだけど、あなご重はふっくらとして美味しい。楽しみにしていた牡蠣が食べられなかったので、「木島商店」という店で焼牡蠣を食べる。すっかり満足して厳島神社へ。ここへ来るのは9年ぶり。あいかわらず厳かでイイ雰囲気。それから海を見ながらボォ〜っとしたり、牡蠣どて焼きを食べたりして宮島を満喫。再びフェリーで宮島口へ戻り、そこから路面電車に揺られて市内へ。八丁堀から今夜泊まるホテルへと向かう。胡子大祭があるため、街には出店がたくさん出ている。今夜の宿は広島東急REIホテル。ものすごくグレードが高くてゴキゲン。部屋でしばらく仮眠をとって、18時過ぎに出かける。ホテルの前の平和通りは、イルミネーションで華やかに彩られている。しばらく街を散策したあと、「瀬戸物語 玉家」という店で呑み始める。刺身、酢がき、牡蠣の土手鍋、小ふぐの唐揚げを食べながら、飲み放題120分を満喫。広島は食べものが美味しいなぁ〜。海の幸の宝庫という感じだ。腹ごなしにイルミネーションを見て廻ってから、「かき忠HOUSE」という店で二次会。この店は魚屋が経営しているらしく、刺身やかき天ぷらを堪能する。それから薬研堀の「八昌」というお好み焼き屋で、広島焼きを食べてシメ。買い出ししてホテルで部屋呑みと思いきや、あっという間に寝落ち。

19日(土)、広島ツアー二日目の朝。7時過ぎには起床。それからウダウダと過ごして、11時ごろチェックアウト。まずは腹ごしらえということで、お好み村へと繰り出す。ビルの2階から4階までたくさんのお好み焼き屋がある中、「ロン」という店をチョイス。とっても美味しい広島焼きを食べながら、ビールと酎ハイをグビグビ。腹ごなしを兼ねてブラブラと歩いて、広島平和記念公園へ。修学旅行生とカチあってしまい、平和記念資料館は混んでいていまいち。だけど雨があがってスッキリと晴れた空の下、のんびりと過ごす時間はとても贅沢。こんな平和な日々がいつまでも続いて欲しい・・・。そんな想いを抱きながら過ごす。雁木タクシーという船に乗って、川を10分間クルーズしたのも気持ちよかった。それから再び歩いて広島城へ。友達は歩きたくないと文句を言い出し、ちょっとギクシャク。だけど天守閣から見る紅葉がとってもキレイで、やっぱり来て良かったなぁ〜と思った。すでに16時をまわって帰りの新幹線の時間が気になり出したので、タクシーで広島駅へと移動。広島のラストを飾るのは、やはり旨いモノ。駅ビルの「波平キッチン」という店で呑み喰いする。広島名産の“がんす”という揚げかまぼこ、プリップリの新鮮な刺身・・・もう言うことナシ。出来ればもう一軒お好み焼き屋をハシゴなんて思ったけど、さすがにそれは断念。駅の売店であなご寿司やカキ大将などを買い込み、あとは新幹線に乗るだけ。そして広島駅18時35分発ののぞみに乗り込み、あれこれ呑み喰いしながら東京へと戻る。品川駅には22時26分着。いろいろとあったけど、とっても楽しかった。

山口
1982年3月、高校の修学旅行で行った。秋吉台・秋芳洞が、かなり印象に残っている。ああいう自然の神秘みたいなもの、好きなんだなあ。

2001年10月13日(土)〜16日(火)、山口横断ツアー。13日は、広島県の宮島駅から山陽本線に乗り、岩国へ到着。岩国ビジネスホテル&スパというところにチェックイン。そのまま、ひと眠り。お腹もすいたので、夜の町に繰り出す。予想していたよりも栄えていて、飲み屋とかスナックとかそれなりに充実してた。刺身とか焼きガキとか、焼き魚とか、みんなうまかった。お酒も、山口の紫苑(しおん)や五橋というのが、めちゃめちゃうまかった。店の主人と、隣で飲んでいた単身赴任の男性(もともと府中に住んでいるそうで)と、楽しく話しながら過ごしました。ホテルへ戻り、ホテルにあるラジウム温泉につかる。あ〜気持ちいい。

14日は、バスで錦帯橋へ。ほどなくして着いたそこは、かなりなごやかな風景で、とっても良かった。橋を渡って、河原でのんびりして、あたりをぷらぷらと散歩した。シロヘビも見たし。そのあと、岩国国際観光ホテル5階にある錦帯橋温泉に入る。貸切状態で、とってもゴキゲン。無色で味の無い温泉。気持ちよかった。再び岩国へ戻り、山陽本線に乗って1時間ほど揺られて、名前がいいので「光」という駅で降りる。駅からすぐそばの、虹ヶ浜海水浴場へ行く。ここがまたいいトコ。きれいな水、きれいな砂浜(ちょっと砂金まじりで)、ほとんどプライベートビーチって感じで。1時間以上、の〜んびりと過ごしました。それから、またもや山陽本線に乗り、小郡へ。ん? な、なんと何も無い! 新幹線の到着駅だから、もっと栄えてると思ったんだけどね〜。ホント、何も無い。飲み屋も、駅前に少しと、あとはホテルの中にあるくらいで・・・。ちょっと歩いてみたら、ポツンとビルがあって、その中にスナックとかが固まってたみたいけど。でも、日曜日だから当然やってないし・・・。とりあえず、ホテル石田屋へチェックイン。のそのそと街へ出て、駅と反対側に向かって歩いてみる。真っ暗い道の向こうに、なにやらあやしい看板が・・・。と思ったら、「海鮮長州」の文字が。少し迷ったが、その店に入る。なかなかにいい感じ。刺身の盛り合わせと、生カキと、ふくの唐揚げを頼む。刺身が超大盛でびっくり! と思ったら、間違いだった。でも来てしまったので、ひたすら食べる。3〜4人前はあったんじゃないかな〜? おいしかったけど、ちょっとひいた。ふくの唐揚げは、めちゃめちゃうまい! 鳥と勘違いしたかと思うくらい、プリプリしてた。しばらくして、店のひとが話し掛けてくるんだけど、ちょっと話し方がたどたどしくて、少し困る。でも、BGMの懐かしの歌謡曲といけすの「はたはた」をサカナに、けっこう楽しく飲めた。それはともかく、頼んでない料理も、くじらのたつた揚げとかあれこれ出てきて、かなり満腹。


15日は、バスに乗って、この旅のハイライト、秋芳洞へ。か〜なり真っ暗で、神秘的な感じ。思わず圧倒される風景。百枚皿とか黄金柱とか、めちゃめちゃいいよね。1時間ほど見たあと、エレベーターを使って、展望台へ向かう。かなりいい天気で、暑いくらい。夏みかんソフトを食べながらブラつく。な〜んだか、すごいでっかい自然の中で、自分がちっぽけに思えてしまった。そのまま秋吉台のバス停から、萩へ向かおうと思ったんだけど、どう考えても時間がなさそうなので断念。100円を払い、再び秋吉洞を通って、もとのバス停へ。下関行きのバスに乗る。乗っている途中で、行きたいと思っていたマリン温泉パークを通ったので、そこで途中下車する。関門海峡に面した露天風呂で、なかなかゴキゲン。1時間ほどのんびりして、再びバスに乗る。壇ノ浦とか、関門橋とかを通って、下関に到着。下関ステーションホテルにチェックイン。さっそく、ふく料理屋を探す。「和や」という店に決めた。おいしかった。でも、コースを頼んだもんだから、ふく皮・白子豆腐・刺身はいいんだけど、ふくちり・ふく雑炊まで出てきた。熱いのと、無意味におなかいっぱいになるのとで、いまいち。でも、白焼きも頼んだった。お酒も十分飲んだしね。


16日は、あいにくの曇り空。海峡メッセに行ってみるが、特になんてことなかった。おまけに雨がパラパラと降り出す。しかたないので、駅で「ふくめし」とお土産を買って、小倉へ。行こうとしたんだけど、せっかくだから駅でさっそく「ふくめし」を食べる。めちゃめちゃうまい。カンドー。これでどうにか、ふくが完了したという感じ。そのあと、電車に乗り、九州の小倉へ向かう。

2007年11月11日(日)〜13日(火)、山陽・福岡ツアー。明日の予定に備えて、今夜泊まるのは新山口。20時34分発のひかりに乗って、30分ほどで到着。いつから駅名が変わったのか忘れたけど、地名で言えば小郡になるのかな。あいかわらず何もないうえに、雨も激しく降り出してくるしで、ちょっと心細くなる。とにかくどこも行くところがないので、今夜泊まる「アルファーワン小郡」に21時40分チェックイン。明日は早起きなので、しばらく部屋飲みしてから眠りにつく。

12日、6時半には起床して、軽い朝食をとったあと7時半にはチェックアウト。駅から7時50分発のバスに乗って、萩へと向かう。通勤時間帯ということもあり、サラリーマンの皆さんでけっこう混雑。おまけに朝の渋滞に巻き込まれて、バスは全然進まない。それでも街を抜けるころには車内も空いて道も空いて、快適なドライブ。9時半過ぎに、目的地の萩バスセンターに到着。いきなり雷が鳴り出して、なにやら怪しい雲ゆき。。。城下町に入り、木戸孝允旧宅に着くころにはどしゃ降りの雨。団体客といっしょになり、雰囲気ブチ壊しで先が思いやられる。それでも天気も混雑もなんとか持ち直して、城下町をあれこれ巡る。青木周弼旧宅、円政寺、旧久保田屋、菊屋家住宅を見てから、萩博物館を抜けて、旧益田家物見矢倉、旧繁沢家長屋門、旧周布家長屋門を見て廻る。それぞれ歴史を感じさせる建物で、今こうして見ている自分が不思議に思えてきた。歩いているうちに菊ヶ浜海水浴場に出たので、しばらく日本海を眺めるも、あまりの強風に断念。そのまま萩城跡へ行ってみたが、単なる石垣のある公園という感じでいまいち。雨も降り出したので、“まぁーるバス”という循環バスに乗って松陰神社へと向かう。12時10分に到着して、松陰神社、松下村塾、伊藤博文旧宅、伊藤博文別邸を見て廻る。それから歩いて、東萩駅へ13時過ぎに到着。ここからバスに乗って秋吉台へ行くんだけど、お腹が空いたので何か食料を調達しようとあたりを徘徊。食堂はいくつかあるけどそんな時間はなく、やっと見つけたコンビニはつぶれてる。。。仕方なく土産物屋で、焼きフグの真空パックを買って昼食代わりにする。13時35分発のバスに乗り込み、1時間ほどで秋吉台に到着。まずは展望台にのぼってみたけど、風が強いうえに雨までパラつき出したのであきらめる。そして、エレベーター口から秋芳洞へと入る。平日だというのに、団体客が多くて閉口。でも、やっぱり自然の神秘というか、素晴らしい自然の造形には感動するしかない。1時間ほどで見終わり、16時発のバスに乗って2時間かけて下関へ。さっそく今夜泊まる「グリーンホテル下関」へチェックインする。少し休憩してから、ここはやっぱり“ふく”を食べようと、以前にも行ったことのある「和や」という店へ。ふく刺身とふく唐揚、それにふく白焼きを食べながら、ひれ酒を堪能する。あぁ〜もう明日帰るのかぁ・・・と考えていたら、なんだか勿体ない気がしてきた。せっかくここまで来たんだから、もう一日日程を延ばして九州を楽しみたいなと。。。ということで明日の予定を変更して、携帯からホテルの予約とかを行う。そんなことをしながら2時間ほど店にねばったあと、下関の街をブラブラ。見覚えのある店もところどころにあり、そこそこに賑わっているという感じ。豚骨ラーメンの独特のにおいに誘われて、思わずラーメン屋に飛び込む。すっかり満腹になって、23時前にホテルに戻る。


13日、今日も早目の9時15分にチェックアウト。バスに10分ほど揺られて、御裳川というところへ。ここから関門トンネル人道を通って、九州へ渡ることが出来るのだ。エレベーターで地下におりて、そこからひたすらトンネルを歩く。入場料とか無いので、ウォーキングをする人とかが目につく。全長780メートルということだけど、景色も何も無いのでけっこう長く感じた。エレベーターをのぼると、そこは門司の港街。福岡へ突入だ。