最新の記事です。

2015年11月29日(日)
ミル・マスカラス「サイン会」水道橋 DEPO MART

今日はプロレスショップ「DEPO MART」で、ミル・マスカラスのサイン会。13時開始だけれど、最初はマスク購入者対象の「2ショット撮影会」なので時間にはまだ余裕がある。というわけで「SAPANA」というエスニック料理屋で、インドカレーのセットを食べる。13時半ごろ「DEPO MART」に到着。既に「2ショット撮影会」は始まっていて、店の外には行列。前回より心なしか人数が少ないような感じがするのは気のせいだろうか? 13時45分ごろいよいよ「サイン会」が始まり、ほどなくして自分の順番になる。写真と色紙を購入して、マスカラスにサインを入れて頂く。まさに夢のような瞬間・・・。サインを書き終わったあと、立ち上がって握手をしてくれた。14時には「サイン会」は終了し、店の前でしばらく出待ちをする。30分ほどしてマスカラスは店の外に出てきて、ポーズをとったりコメントしたりのサービス。こうしてマスカラスは、颯爽と迎えの車に乗り込んで去って行った。

2015年12月1日(火)
東京愚連隊興業「TOKYO DREAM 2015」後楽園ホール

今日は定時に仕事を切り上げ、後楽園ホールでプロレス観戦。定時ダッシュで行けば、水道橋駅には18時前に到着。クリスマスイルミネーションで彩られた東京ドームシティをしばし写真に収める。18時15分、後楽園ホール前で後輩と落ち合い、そのまま会場入り。今日の席は、リングサイド南側ろ列11番。前から二列目の南側ド真ん中。これ以上ない最高のポジション。NOSAWAさんに感謝しなくちゃ。隣に座った岡山から来た女性も加えて、ビール片手に楽しく観戦。

予定通り、18時45分開始。まずはNOSAWA論外、武藤敬司、ハヤブサによる3WAYトークショー。ところが武藤が事故渋滞のためまだ来ておらず、論外とハヤブサ二人だけでトークが始まる。メキシコで初めて出会った時の話から、お互いのプロレス感までいろいろな話が繰り広げられる。20分が経過して終了を告げるゴングが鳴ったところで、ようやく武藤が姿を現わす。武藤は一気に話を自分のペースに持っていき、5分の延長戦を見事に飾ってみせた。

そしていよいよ試合が始まる。第1試合は、アレクサンダー大塚&鈴木秀樹&甲斐拓也 vs 川村 亮&橋本友彦&那須晃太郎の6人タッグマッチ。アレクは久しぶりに見るけど、身体がひとまわり大きくなったような気がする。もちろん青コーナーから入場。試合はアレクと橋本が中心となって進めていく感じ。二人の肉弾戦は迫力満点で楽しめる。それに比べて他の四人はちょっと存在感が薄かったか? もうちょっとバチバチを期待していたのに。だけど最後は鈴木がニーリフトからのダブルアーム・スープレックスで、那須からフォールを奪う。

第2試合は、百田光雄&力の親子タッグに菊タロー&“ハリウッド”ストーカー市川が挑むタイトルマッチ。市川はあいかわらずの弱さで、百田親子の猛攻を受けて早くもフラフラ・・・。それをカバーしてなんとか流れを変えようと奮闘する菊タローの姿が印象的だった。それでも最後は菊タローが力をバックドロップで投げて3カウント。これぞ奇跡の瞬間。菊タロー&市川が、まさかのタッグチャンピオンとなったのであった。

第3試合は、FUJITA vs 真田聖也のシングルマッチ。安定した試合運びを見せるFUJITAに、元気あふれる真田が激しくぶつかっていく。真田はパンプアップされた大胸筋をムキムキするパフォーマンス、ちょっとナルシスティックな感じがするけど、鍛え込まれた身体は確かにカッコいい。試合が両社の意地と意地、技と技とがぶつかり合う形でかなりスイング。最後はタイガースープレックスからのラウンディングボディプレスで、真田がFUJITAから金星を奪う。

第4試合は、鈴木みのる&村上和成 vs 高山善廣&宮武 俊のタッグマッチ。鈴木、村上、高山という怖〜い三人に囲まれて、キャリアの浅い宮武はいささか分が悪い。宮武をほとんど無視する形で、鈴木&村上と高山が激しいバトルを繰り広げる。そしてひとたび攻撃の矛先が宮武に向けられると、半端ないぐらいにメッタメタのボッコボコに・・・。半殺しの目にあいグロッキーの宮武をスリーパーに捉えた鈴木は、そこから宮武のタイツを引っ張ってTバック状態にしてからゴッチ式パイルドライバーでピンフォール。試合後は鈴木と村上もバチバチの張り手合戦となり、その怖さを充分に見せつけていた。

第5試合は、MAZADA vs 望月成晃の東京世界ヘビー級選手権試合。望月は久しぶりに見るけど、あいかわらずバチバチとしたファイトスタイルが気持ちいい。お客さんから「モッチー!」という掛け声がかかり、会場人気は本日イチバンという感じ。対するMAZADAは、重たいラリアットや投げ技で望月を攻め込んでいく。それを一瞬の隙をついて丸め込み、望月が新チャンピオンの座に着いた。

休憩時間をはさんで、いよいよメインイベントが始まる。まずは青コーナーからNOSAWA論外、CIMA、カズ・ハヤシ、藤原喜明が入場。見るからに華のある論外、CIMA、カズに加えて、藤原組長が加わった豪華なメンツ。だけど赤コーナーから登場するのは、それに輪をかけたオールスターキャスト。船木誠勝はあいかわらずのカッコ良さ、ザ・グレート・カブキはヌンチャクを振り回して毒霧を噴射。ドリー・ファンクJr.が「スピニング・トー・ホールド」に乗って入場して、お客さんから大歓声を浴びる。そして最後はミル・マスカラス。レインボーカラーのマントで「スカイ・ハイ」が流れる中を入場。それだけでもうたまらない。子供の頃に憧れたレスラーが、すぐ目の前でファイトしているのだ。試合はレジェンドたちが、それぞれの得意技を披露しながら進んでいく。カブキは鋭いアッパーカットを繰り出し、ドリーはエルボー・スマッシュをいくつも叩き込む。マスカラスはコークスクリュー・シザースに、フライング・クロスチョップを繰り出していく。組長の頭突きやアキレス腱固めも飛び出し、もうかなりお腹イッパイな感じ。それを巧みに活かして試合を運んでいった船木、論外、CIMA、カズもさすがだ。ドリーは怒りに任せて鞭をふりかざし、伝家の宝刀スピニング・トー・ホールドを決める。最後はマスカラスがコーナーポスト最上段からのダイビング・ボディアタックを論外に決めて3カウント。

試合後、ドリーがマイクを持って挨拶。ひと通り話し終えて「スピニング・トー・ホールド」がかかると、会場にはこれでおしまい的な空気が流れて、プライド高いマスカラスは少々ムッとした模様。気を取り直したマスカラスは、マイクを持って挨拶。試合中に着ていたTシャツを脱いで客席へ投げ入れる。今日はリングのまわりにお客さんが集まることはなく、比較的おとなしい雰囲気でレジェンドを見送る。リングに残ったのは、論外、CIMA、カズの三人。誰が締めるかでひと悶着あったけど、そこはやっぱり主催の論外が挨拶して締める。こうして今夜の試合は、21時45分ごろすべて終了。

火曜日ではあるけれど、せっかくなので駅前の「やるき茶屋」で呑んでいく。いつものように他愛のない会話を繰り広げながら、ビールと日本酒を呑む。けっきょく23時半ごろまで呑んで、神保町から都営新宿線に乗って帰宅。

【対戦カード/試合結果】

<NOSAWA論外20周年記念 スペシャル3WAYトークショー 20分1本勝負>
NOSAWA論外 × 武藤敬司 × ハヤブサ

<第1試合:ワクチンファイト提供試合〜WAR GAMES〜 20分1本勝負>
アレクサンダー大塚、○鈴木秀樹、甲斐拓也
(11分40秒 ダブルアーム・スープレックス→片エビ固め)
川村 亮、橋本友彦、●那須晃太郎

<第2試合:東京インターコンチネンタルタッグ選手権 60分1本勝負>
[王者組]百田光雄、●力
(9分08秒 バックドロップ→片エビ固め)
[挑戦者組]○菊タロー、“ハリウッド”ストーカー市川
※第3代王者組が初防衛に失敗。挑戦者組が第4代王者組となる。

<第3試合:FULLTHROTTLE 30分1本勝負>
●FUJITA
(14分00秒 ラウンディングボディプレス→片エビ固め)
○真田聖也

<第4試合:スペシャルタッグマッチ 45分1本勝負>
○鈴木みのる、村上和成
(16分13秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)
高山善廣、●宮武 俊

<第5試合:東京世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
[王 者]●MAZADA
(9分25秒 スモールパッケージホールド)
[挑戦者]○望月成晃
※第4代王者が3度目の防衛に失敗。挑戦者が第5代王者となる。

<第6試合:TOKYO DREAM2015〜NOSAWA論外20周年記念試合〜 時間無制限1本勝負>
○ミル・マスカラス、ドリー・ファンクJr.、ザ・グレート・カブキ、船木誠勝
(16分30秒 ダイビング・ボディーアタック→体固め)
●NOSAWA論外、藤原喜明、CIMA、カズ・ハヤシ