最新の記事です。

2016年12月10日(土) 恵比寿 LIQUIDROOM
「続々・ニューエスト・モデル結成30周年記念ツアー 〜年末ソウルフラワー祭 2016」
ソウル・フラワー・ユニオン

今日は恵比寿 LIQUIDROOMへ、“ソウル・フラワー・ユニオン”のライブを観に行く。「続々・ニューエスト・モデル結成30周年記念ツアー 〜年末ソウルフラワー祭 2016」と題された今回のツアー、本日が初日だけど、やはり“ニューエスト・モデル”のナンバーがたくさん披露されるのだろうか? そんな期待に胸を躍らせつつ、久しぶりの恵比寿へ山手線に乗って向かう。18時開場だけれども、開場時間には行かずに18時40分ごろ会場入り。以前から欲しかった“ニューエスト・モデル”のTシャツをゲットしてからフロアへ。スペースにはまだ余裕があったので、するりするりとすり抜けてステージ下手二列目を確保。

予定より遅れて、19時10分ごろ演奏がスタート。ステージ上手から、Keyboards:奥野真哉、Guitar:高木 克、Drums:伊藤孝喜、Vocal&Guitar:中川 敬、Chorus:リクルマイ、Bass:阿部光一郎という並び。オープニングは、「偉大なる社会」からの「雑種天国」。それから「乳母車と棺桶」「DISCO ARMED PEACE」「こたつ内紛争」「DAYS」「SOUL DYNAMITE」と、ツアータイトル通り“ニューエスト・モデル”のナンバーが次々に披露されていく。「“ソウル・フラワー・ユニオン”とか“ニューエスト・モデル”とか、垣根が面倒くさい。来年もこの感じでやってくぜ」という嬉しい言葉が、中川の口から早くも飛び出す。リクルマイがヴォーカルをとる曲や「陽炎のくに、鉛のうた」「うたは自由をめざす!」といった“ソウル・フラワー・ユニオン”のナンバーを交えてライブは続いていく。

中川が三線を弾きながら「満月の夕」を唄うと、フロアの雰囲気がガラリと変わる。「この曲はやるたびに景色が変わる」という奥野の言葉が、ずっしりと重く感じられた。ライブ後半も“ソウル・フラワー・ユニオン”の「地下鉄道の少年」「極東戦線異状なし!?」、リクルマイが唄うNina Simoneのカバー「MISSISSIPPI GODDAM」、“ニューエスト・モデル”の「青春の翳り」「ソウルサバイバーの逆襲」「ひかりの怪物」と、バリエーションに富んだ怒涛のセットリストに、思わずノリまくり踊りまくる。そして本日のハイライトは、何と言っても「ソウル・フラワー・クリーク」。ものすごくグルーヴィーな演奏に、リクルマイのヴォーカルが最高にマッチしてる。そのまま「秋田音頭」「海行かば、山行かば、踊るかばね」へなだれ込んで、本編は終了。

アンコールは、ちょっとへヴィーなアレンジの「UNDER THE CLOUDS」。一曲だけで終了かと思いきや、そのままダブルアンコールに突入。「FEELING FUCKIN’ AROUND」が始まると同時に、お客さんがステージへ押し寄せる。その光景を横から見ていたら、思わず楽しくなって笑ってしまった。こうして大盛りあがりの中、21時45分過ぎにライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. 偉大なる社会
M02. 雑種天国
M03. 乳母車と棺桶
M04. (Instrumental)
M05. ラヴィエベル〜人生は素晴らしい!
M06. DISCO ARMED PEACE
M07. こたつ内紛争
M08. DAYS
M09. SOUL DYNAMITE
M10. REVOLUTION ROCK [vo. リクルマイ]
M11. 陽炎のくに、鉛のうた
M12. うたは自由をめざす!
M13. THE TEARS OF A CLOWN [vo. リクルマイ]
M14. 満月の夕
M15. 地下鉄道の少年

M16. 青春の翳り
M17. ソウルサバイバーの逆襲
M18. MISSISSIPPI GODDAM [vo. リクルマイ]
M19. 極東戦線異状なし!?
M20. ひかりの怪物
M21. ソウル・フラワー・クリーク
M22. 秋田音頭
M23. 海行かば、山行かば、踊るかばね

アンコール1
EN1. UNDER THE CLOUDS

アンコール2
EN2. FEELING FUCKIN’ AROUND