最新の記事です。

2017年10月10日(火) 渋谷 CLUB QUATTRO
「WILKO JOHNSON Japan Tour 2017」
WILKO JOHNSON

今日は渋谷 CLUB QUATTROへ、Wilko Johnson「Japan Tour 2017」を観に行く。Wilko Johnsonが来日するのは、2014年以来だから三年ぶりになるのか。病魔に侵されながらも見事に克服し、元気にこうして来日してくれるだけで嬉しい。今夜は20時開演なので18時過ぎまで仕事して、地下鉄を乗り継いで渋谷駅へ。駅周辺でちょっとだけ時間調整して、19時35分過ぎに会場入り。開演10分前ぐらいにフロアへ入ると、既にたくさんの人で賑わっている。フロア後方のPAスペースが無くなって、フロアが以前より広くなっている。ひとまずフロア後方に居場所を見つけて、様子を窺うことにする。

予定時間ぴったり、20時ちょうどに開演。ステージ前に押し寄せる人波にまぎれて、ステージ正面5列目ぐらいまで進出。Drums:Dylan Howe、Bass:Norman Watt-Roy、Vocal&Guitar:Wilko Johnsonが、いつものようにスタンバイして、いつものように演奏を始める。これが大切、これがRock'n'Roll。演奏は軽快なナンバー「All Right」からスタートし、「If You Want Me, You've Got Me」「The More I Give」「Dr. Dupree」と、お馴染みのナンバーが立て続けに演奏されていく。Dylanのシンプルでタイトなドラムに、Normanのウネウネとした変則的なベースが絡みつき、その強力なリズムをWilkoのテレキャスがザクザクと切り裂いていく。「Going Back Home」からの「Roxette」で、ステージ前のモッシュピットは大騒ぎ。私もステージ下手の絶好のポジションへ、更に進出することに成功。

「Sneaking Suspicion」「Keep On Loving You」に続いて、「When I'm Gone」ではNormanのJazzyなベースに合わせてWilkoがシブいフレーズを聴かせる。このあたりのプレイを聴くと、いぶし銀のパブROCKバンドという雰囲気がプンプンする。その後、「Can You Please Crawl Out Your Window?」「Paradise」「Some Kind Of Hero」と、演奏はほぼノンストップで続いていく。Wilkoのマシンガンギターが何発も発射され、Normanは汗びっしょりになりながら黙々とベースを弾く。その様子を観ているだけで嬉しい。「Everybody's Carrying A Gun」では、NormanのベースソロとDylanのドラムソロが入る。ここでギターの弦が切れるというハプニングがありながらも、「Back In The Night」から「She Does It Right」と続けて演奏して本編は終了。アンコールは「Bye Bye Johnny」。このあたりは定番中の定番、いつも通りの展開という感じ。こうして21時20分ごろ、演奏はすべて終了。

【Setlists】
M01. All Right
M02. If You Want Me, You've Got Me
M03. The More I Give
M04. Dr. Dupree
M05. Going Back Home
M06. Roxette
M07. Sneaking Suspicion
M08. Keep On Loving You
M09. When I'm Gone
M10. Can You Please Crawl Out Your Window?
M11. Paradise
M12. Some Kind Of Hero
M13. Everybody's Carrying A Gun
M14. Back In The Night
M15. She Does It Right

Encore
EN1. Bye Bye Johnny