2017年

2017年 1月 2日(月) 新宿 LOFT
「毎年恒例!1月2日に新宿ロフトでやってやる! 仲野茂 生誕57周年!!」
ニューロティカ、ロリータ18号、木暮"shake"武彦バンド、宙也†幸也、三代目魚武濱田成夫、LTD EXHAUST U、PANTA、LTD EXHAUST

今日は新宿LOFTへ、「毎年恒例!1月2日に新宿ロフトでやってやる!仲野茂 生誕57周年!!」を観に行く。このところ数年、新年初ライブはこいつを観に行くことにしている。正月気分のままちょっとばかりのんびりとした感じで、シゲルの誕生日をお祝いする。なんとも言えないピースフルな雰囲気が、とっても気に入っているのだ。というわけでガラガラの電車に乗って新宿へ行き、開演時間15時の10分前に会場入り。例年通りとってもまったりとした雰囲気が漂っているフロア、ひとまずステージ上手へ。

予定通り、15時ちょうどに開演。“G.D.FLICKERS”のDEBUに呼び込まれて、本日の主役:シゲルがステージに登場。豹柄のジャンプスーツというスタイル、シャンパンで乾杯したあとはお約束通りフロアに向けて噴出。それを受けて、15時05分ごろから“ニューロティカ”の演奏が始まる。2017年、最初に観るライブが“ニューロティカ”というのは、なんとも幸先がイイ。いつものようにピエロのメイクをしたあっちゃん、元気ハツラツという感じで唄い出す。「...To be HARLEM」「カ・ブ・キ・モ・ノ」「チョイスで会おうぜ」など、新旧織り交ぜてのセットリスト。あっちゃんはオレと同い年・・・。そんなあっちゃんが唄っている姿を観ていたら、胸が熱くなった。明るく楽しいパンクロックのはずなのに、何故だか涙があふれてきた。好きなモノに真摯に取り組んでいく姿勢、すっごく思うところがあった。最後に「50の夜」を唄って、30分ほどで演奏は終了。

続いて15時55分ごろ、“ロリータ18号”がステージに登場。ガードフェンスがちょうど空いていたので、かぶりつきで堪能。いつものように「あけまして、おめ〜!」という掛け声から演奏はスタート。“RAMONES”のカバー「ROCKAWAY BEACH」から始まり、小気味の良いパンクナンバーが続く。「聞こえるか、ガキども」「スパーラー」といったお馴染みのナンバーばかりなんだけど、「あきらめるな」とか「強くなれ」とか、その歌詞を聴いているうちに思わずグッと来てしまった。最後はマサヨがプラカードを持って登場し、「「YES, PUNK ROCK」call with me!!!」を合唱して終了。こちらも30分ほどの演奏時間、だけど満足度はマックス。

16時35分からは、“木暮"shake"武彦バンド”の演奏。Drums:小林高夫、Bass:岡本雅彦、Guitar:クモン、Guitar:木暮"shake"武彦、Vocal:仲野 茂という豪華なメンツで、Rockのスタンダードナンバーを演奏していく。Neil Youngの「Like A Hurricane」、“村八分”の「水たまり」、シゲルとシャケが住んでいる上九一色村の風景を唄った「ホタル」。昨年とまったく同じセットリストだけど、シャケの演奏をこの距離で見られるだけで最高。ラストは「Knockin' on Heaven's Door」。大好きなこの曲だけど、シゲルが唄う歌詞がまたイイ。「だけど明日、死ぬかもしれないんだぜ・・・」というところ、深く感じるところがあった。25分にも満たない演奏時間、だけど心に残るものは大きかった。

そして17時05分過ぎから、“宙也†幸也”のステージが始まる。リズム隊抜きの“アレルギー”、Vocal:宙也とGuitar:内藤幸也とのユニット。一曲目は「帰れない二人」。清志郎と陽水が共作した曲、昨年と同じオープニング。幸也はアコースティックギターのみでの演奏だけど、色とりどりの音色を奏でる。宙也は少し演劇じみたステージング、その唄声に思わず惹き付けられる。昨年も披露された“THE ANIMALS”の「朝日の当たる家」に続いて、“JAGATARA”のカバーで「タンゴ」。これもまた驚いたけど、とっても良かった。宙也の世界を充分に堪能できた40分間であった。

18時からは、三代目魚武濱田成夫のステージ。自分の詩集をめくりながら朗読し、終わるとそれをフロアへ投げ込むというパフォーマンス。「オレ!オレ!」という感じが正直言って苦手だったけれど、今夜のステージは感じるところあった。「自分のやりたいことがあったんちゃうの? 俺は諦める装置を池に捨ててきた」とか、「いつか幸せになりたいでなく、今日中に幸せになったると言うべきや」とか、ストレートで真摯な言葉がバンバンと投げつけられてくる。ROCKのコール&レスポンスよろしく、詩の一部をお客さんに言わせたりしているうちに、フロアの空気を完全に自分のものにしているところがスゴイ。最後はギター一本をバックにシゲルと「風鈴」を唄って、40分を超えるステージは終了。

そして19時過ぎから、いよいよ“LTD EXHAUST U”の演奏が始まる。メンバーは、Drums:茂木左、Bass:西田代洋海、Guitar:越川和磨、Guitar:丸山康太、Vocal:仲野 茂。全員がナッパ服を着込んで、“アナーキー”のナンバーを次から次へと演奏していく。「READY STEADY GO」「心の銃」「あぶらむし」、初期のナンバーがやっぱり最高。途中で“村八分”の「水たまり」をインストで演奏し、「東京 イズ バーニング」へとなだれ込む。今夜もまた、レコードに収録されたのままの歌詞。もちろんブザー音は入っていないけど。個人的にナマでは初めて聴いたかもしれない「ジョニー・B・グッド」から「ノット・サティスファイド」へと続いて、大盛りあがりのうちに30分のステージは終了。

【LTD EXHAUST U:セットリスト】
M01. READY STEADY GO
M02. 心の銃
M03. あぶらむし
M04. 水たまり
M05. 東京 イズ バーニング
M06. ジョニー・B・グッド
M07. ノット・サティスファイド

19時35分からはPANTAのステージ。アコースティックギターを抱えて、PANTAはひとりで弾き語る。「鉄橋の下で」から始まり、Bob Dylanのカバー、そして「クリスタル・ナハト」からのナンバー。「2017年はヨーロッパにとって激動の年となる」と言い、その結果を憂いている様子。ルックスはすっかり変わってしまったけれど、さすがはPANTA、なにひとつブレていない。「七月のムスターファ」を唄ったあと、最後はシゲルのリクエストだという「さよなら世界婦人よ」。PANTAの唄って、やっぱりイイわ・・・。メロディーがとっても美しい。こうして30分ちょっとで、PANTAのステージは終了。

そしていよいよ本日のトリ、“LTD EXHAUST”の演奏が20時25分ごろからスタート。こちらは、Drums:坂詰克彦、Bass:よーかい、Guitar:越川和磨、Guitar:佐々木亮介、Vocal:仲野 茂というメンツ。どういう使い分けなのか?は、正直なところわからない。こちらも全員がナッパ服を着て、“アナーキー”のナンバーを演奏していく。「叫んでやるぜ」から始まり「アナーキー」「3・3・3」「缶詰」、より初期のナンバーが中心の選曲。更に「団地のオバサン」「屋根の下の犬」「ホワイト・ライオット」と畳みかけ、「TとUの差を見せてやるぜ!」と言って本日二度目の「ノット・サティスファイド」。“アナーキー”、やっぱり最高だ! これぞまさに初期衝動。最後は出演者全員がステージに登場して、「コミック雑誌なんかいらない」をセッション。結局すべてが終了したのは21時ちょうど。6時間に渡る長時間のライブだったけど、テンポの良い進行だったのでまったく長さを感じさせなかった。2017年もこの調子で、出来る限りライブへ行きたいと改めて誓ったのであった。

【LTD EXHAUST:セットリスト】
M01. 叫んでやるぜ
M02. アナーキー
M03. 3・3・3
M04. 缶詰
M05. 団地のオバサン
M06. 屋根の下の犬
M07. ホワイト・ライオット
M08. ノット・サティスファイド

2017年 1月 6日(金) 四谷 Outbreak!
「アルケミーレコード ノイズ新年会 畑中階段CD発売記念ライブ」
畑中階段

今日は四谷 Outbreak!へ、「アルケミーレコード ノイズ新年会 畑中階段CD発売記念ライブ」を観に行く。畑中葉子と非常階段が奇跡の合体を成し遂げた“畑中階段”、そのアルバム発売記念ライブだ。定時で仕事を切り上げて、電車を乗り継いで四谷駅に到着したのは18時過ぎ。少し時間調整してから、会場のOutbreak!へ。まだ開場前、お客さんは誰もいない。10分ほど待って、予定通り18時30分に開場。整理番号は関係なく、そのまま一番に入場。今夜はスタンディングなので、ステージ下手のガードフェンス前を確保。時間が経つに連れてお客さんが増えていき、フロアはほど良い感じで埋まる。

予定より少し遅れて、19時05分ごろスタート。まずは“ミステリー・ガールズ・プロジェクト”のステージ。7人の女子がキラッキラの衣装を着て、カラオケをバックに唄い踊る。。。これって地下アイドル? これだけは避けてきたのに、とうとう観てしまったわ。思ったよりハードな雰囲気で、思ったより唄も踊りもうまいのね。そこはちょっと感心・・・。馴染めないなりに楽しかったし。35分ほどのステージは、19時40分ごろ終了。

セットチェンジをはさんで19時55分ごろ、畑中葉子がひとりステージに登場。まずはカラオケをバックに、「後から前から(新録音)」を唄う。オリジナルアレンジとは雰囲気もノリも全然違うので、ちょっとばかり違和感を感じる。そしてDrums:森 信行、Bass:伊藤健太、Keyboars:冨田 謙、Guitar:中森泰弘が加わり、「ロミオ&ジュリエット'79」を皮切りにしてバンドセットが始まる。黒のトップスに赤いスカートの葉子さん、「お正月から仕事が出来るなんて嬉しい」と満面の笑顔。このあと“畑中階段”が控えているため、アルバム「GET BACK YOKO!!」の曲と懐かしい曲が中心。「テキーラ」「あなたに負けたの」「虹色の湖」「夏の日の想い出」、どの曲も葉子さんっぽい。アップテンポの曲もバラードも、すべて自分のものにして唄いこなしているところはさすが。「メタモルフォーゼ」に続いて、オリジナルアレンジの「後から前から」。うん、やっぱりこっちのほうがイイなぁ〜。身体が曲にバッチリと反応する感じ。オリジナルの中で一番好きだという「左手で愛して」を唄って、約45分の演奏は終了。

【畑中葉子:セットリスト】
M01. 後から前から(新録音)
M02. ロミオ&ジュリエット'79
M03. テキーラ
M04. あなたに負けたの
M05. 虹色の湖
M06. 夏の日の想い出
M07. メタモルフォーゼ
M08. 後から前から
M09. 左手で愛して

そして21時になろうとする頃、いよいよ“畑中階段”のステージが始まる。まずはJOJO広重、T.美川、ナスカ・カー・ナカヤの三人がノイズの洪水でフロアを埋め尽くしたあと、「畑中葉子!」というJOJOさんの掛け声とともに、アルバムジャケットそのままの衣装の葉子さんが登場。ノイズをバックに「非常のライセンス」。うーん、なんだか思っていたより聴きやすい。葉子さんとノイズの相性がイイのかなぁ〜? 葉子さんの唄がまったくノイズに負けていない。「花がたみ」では、その中で唄われている“気がふれた女郎”を思わせるような迫真の唄。「八月の濡れた砂」はミディアムテンポの曲に、ノイズがうまいこと織り込まれている。そんな演奏の合間に入るMCは、なんともほのぼのとしていて思わず心なごむ。葉子さんとJOJOさんは「“畑中階段”で夏フェスや紅白に出る」と宣言。実現するといいな。最後に“The Runaways”のカバー「Cherry Bomb」を唄って、本編は終了。アンコールは「もっと動いて」。ノイズで破壊されながらも、新しく生まれ変わった唄。35分という短い時間だったけれど、大満足のステージであった。

【畑中階段:セットリスト】
M01. Noise [非常階段]
M02. 非常のライセンス
M03. 花がたみ
M04. 八月の濡れた砂
M05. Cherry Bomb
アンコール
EN1. もっと動いて

2017年 1月 7日(土) 六本木 Billboard LIVE TOKYO
「カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ 発売記念ライブ」
有頂天

今日は六本木 Billboard LIVE TOKYOへ、有頂天「ニューアルバム「カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ」発売記念ライブ」を観に行く。“有頂天”がビルボードで演るというのもかなりビックリだけど、今回は2枚組のニューアルバム「カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ」発売記念として、1枚目の収録曲を1stステージ、2枚目の収録曲を2ndステージで演奏するという。どう考えてもこれは両方観るしかない!というわけで、迷わず発売日に予約した。六本木の東京ミッドタウンと言えばイルミネーションが楽しみなんだけど、クリスマスが終わってしまったので、ミッドタウンガーデンにはスケートリンクが出来ている。そんな感じで寄り道しながら、1stステージを観るために17時40分ごろ会場入り。今回の席は、メンバーズシート19a。ステージ下手寄りだけど、ベストポジション。

開演予定時間の18時を少し過ぎたころ開演。まずはDrums:ジン、Bass:クボ・ブリュ、Keyboards:シウ、Guitar:コウがステージに登場。セッティングが終わると、髪の毛をトロージャンに仕上げたVocal:ケラが加わって唄い出す。1stステージは「LIVE KAFKA'S ROCK」ということで、1枚目「KAFKA'S ROCK」から「ラッキーさん」「100年」。それから「MEANING OF LOVE」「でっかち」と、お馴染みのナンバーを矢継ぎ早に叩き込む。ニューアルバムのナンバーとお馴染みのナンバーが、まったく同じテンションで繰り広げられる。ケラは「僕たちのことは気にしないで、座ってゆっくりとお楽しみください」とコメント。“有頂天”を座って観るという珍しいシチュエーション、こうなったらとことん楽しまないと。そして「KAFKA'S ROCK」から、「墓石と黴菌」「知恵の輪プレゼント」「知恵の輪ブレイクアウト」。アルバムの収録順に演奏するのかと思いきや、今回のライブ用にまったく変えてきている。

「今年はアルバムは出ないと思いますよ。今年は来年出るのを楽しみにする年」とケラは言い、「SHOOT UP」「BYE-BYE」というメジャー時代のナンバーを続けて披露。このへんの曲を、ライブで座って聴くのは初めてかもしれない・・・。だけど各メンバーの演奏がとってもよく見えるので、これはこれでゴキゲンだ。ギター、ベース、ドラム、キーボード、それぞれに正確で上手いんだなと改めて実感。「KAFKA'S ROCK」のナンバー「城」に続いて、「NIETZSCHE'S POP」から「懐かしさの行方」も。「今日は2ndステージがあるのであまりしゃべれない」とケラは言いつつ、「Webマガジンは字数制限がないから、なんでも垂れ流しで困る」とチクリと釘を刺す。ここでゲストのPercussion:BOBOとSax:ハラナツコが加わって、「カフカズ・ディック」と「心の旅」。ココのくだりが1stステージのハイライト。カッチリとした演奏に、思わず圧倒される。ゲストの二人は退場して「ホワイトソング」を演奏したあと、ケラは何やらメンバーに耳打ち。なんでも一曲目の「ラッキーさん」の同期がズレてしまったため、もう一回やるとのこと。確かになんかヘンな感じがしたもんな・・・。ちゃんと聴けて良かった。クボ・ブリュのセリフがフィーチャーされた「monkey's report」で本編は終了。

アンコール、まずは「NIETZSCHE'S POP」から「幽霊たち」を演奏。「椅子があったほうが良い人は、あったほうが良いと言ってください」とケラは言い、「一時的な再結成と思っている人がいますが、少なくとも30年はやります」と力強く宣言。メンバー紹介をはさみ、最後に「HAPPY SLEEP」を演奏して、1stステージは19時25分過ぎに終了。

【1stステージ:セットリスト】
M01. ラッキーさん
M02. 100年
M03. MEANING OF LOVE
M04. でっかち
M05. 墓石と黴菌
M06. 知恵の輪プレゼント
M07. 知恵の輪ブレイクアウト
M08. SHOOT UP
M09. BYE-BYE
M10. 城
M11. 懐かしさの行方
M12. カフカズ・ディック
M13. 心の旅
M14. ホワイトソング
M15. ラッキーさん
M16. monkey's report(ある学会報告)

アンコール
EN1. 幽霊たち
EN2. HAPPY SLEEP

2ndステージが始まる21時までは、余裕があるようで無いような中途半端な時間。どこかへ行く時間はないので、ミッドタウンガーデンを眺めたりして時間をツブす。そして20時40分ごろ、再び会場入り。今回の席は、メンバーズシート19c。何のことはない、1stステージのときの隣の席。やや正面寄りになって観やすいかな?

予定通り、21時ちょうどに開演。メンバーがステージに登場して、まずは「NIETZSCHE'S POP」から「幽霊たち」「懐かしさの行方」。ミディアムテンポのナンバーが続くという“有頂天”にしては珍しいオープニング。これが2017年、最新型の“有頂天”ということか? こういう“有頂天”も悪くない。そして始まったのは「ベジタブル」。2017年の今、この曲をこうして座って聴けるのは不思議。「まだ誰にも言ってませんが、オリコンのインディーズチャートで“The Willard”に勝ちました」と、1stステージで話した事を再び話すケラ・・・。このあたりのひねくれ方がまさにケラっぽい。ここで「2090年のクーデターテープ」「君はGANなのだ」と、お馴染みのナンバーを続けて二曲。「君はGANなのだ」・・・こうして改めて聴いてみても、ものすごい歌詞。1980年代当時はそれほど思わなかったけど、“有頂天”の音楽はRockやBluesからほど遠い位置にある。深い情感や想いは一切込めず、サラッと笑い飛ばして唄ってしまう感覚・・・。そこが最大の魅力。考えてみれは、人生もそういうもの。どっぷりと自分の感情に浸って悩んだり悲しんだりする事もあるけど、サラリとかわして笑い飛ばしてしまう事も時には必要だったりする。なんもかんも忘れてしまえというのとはちょっと違う、向き合った上で笑い飛ばしてしまう事なのだ。それを有頂天、ケラさんから学んだ。な〜んて事を思いつつ、ステージ上の“有頂天”を観る。

ここでケラはひとまず退場して、コウのヴォーカルで「Not Departure」。“有頂天”のライブではお馴染みのコウが唄うコーナー、そういえば1stステージでは無かったな。コウはピックを客席に何度も投げ入れる。そのうちのひとつは明らかに俺を狙ってくれたけど、ライトの加減で見失ってしまい、うまいことキャッチする事が出来かなったので残念。ケラが再びステージに登場して「ロコモーション」を唄ったあと、「KAFKA'S ROCK」から「100年」「墓石と黴菌」。「墓石と黴菌」はものすごく“有頂天”っぽいナンバー。これがこの時代の新曲というのがスゴイね。ここでジンは何故だか突然、「さっきごめんなさい」とポツリと言う・・・。「何のこと? ステージで突然ごめんなさいと言われると怖い」と、ドキマギするケラが笑える。オートチューンを駆使して「箱」を唄ったあと、再結成後のナンバー「猫が歌う希望の歌」。「コレカラノヒト」に続いては、「アローン・アゲイン」「べにくじら」「オードリー・ヘプバーン泥棒」。今回アルバム曲だけでは尺が足りないので他の曲を演るとは思っていたけれど、これほどまでにキラーチューンを繰り出してくるとは思っていなかった。なんだか得した気分。最後にPercussion:BOBOとSax:ハラナツコをゲストに迎え、「ニーチェズ・ムーン」を演奏して本編は終了。

アンコール、「今日は2ステがキツいかと思ったけど、3ステでも出来ちゃう」とケラ。“有頂天”の×フラッグが壁に掲げられているのを観て、「あっちに○があればウルトラクイズだ」とコウ。それで爆笑するお客さんたち・・・みんなやっぱりそういう世代なんだなぁ〜。そしてPercussion:BOBOとSax:ハラナツコと共に、「カフカズ・ディック」を演奏。ものすごいスリリングな演奏、パーカッションとサックスがギリギリと食い込んでくる。最後は「愛のまるやけ」。曲が始まるとともに、ステージ後の暗幕が開いて六本木の夜景が現れる。この曲はライブで何度も聴いてきたけど、今日の演奏がイチバン良かったかもしれない。メンバー紹介のあと、「“有頂天”です!」と力強く叫ぶケラに、なんだかすごくジーンときた。こうして21時35分、本日のライブはすべて終了。1st・2ndともに、大満足のライブであった。

【2ndステージ:セットリスト】
M01. 幽霊たち
M02. 懐かしさの行方
M03. ベジタブル
M04. 2090年のクーデターテープ
M05. 君はGANなのだ
M06. Not Departure
M07. ロコモーション
M08. 100年
M09. 墓石と黴菌
M10. 箱(永劫回帰)
M11. 猫が歌う希望の歌
M12. コレカラノヒト
M13. アローン・アゲイン
M14. べにくじら
M15. オードリー・ヘプバーン泥棒
M16. ニーチェズ・ムーン

アンコール
EN1. カフカズ・ディック
EN2. 愛のまるやけ

2017年 1月30日(月) 東京国際フォーラム
「JAPAN TOUR 2017」
JEFF BECK

今日は東京国際フォーラムへ、JEFF BECKのライブを観に行く。ベック先生のライブを前回観たのは、2015年9月だからちょっと久しぶり。今回のツアーは仙台から始まって、岩手、東京、大阪、福岡、広島、名古屋と続いていく。ツアー前半のフィナーレを飾る東京2days、今日がその初日となる。定時ダッシュで有楽町へ。開場時間の18時前に会場へ着いたけど、しばらくあたりをブラブラ。18時40分ごろ会場入り。今日の席は、1階32列54番。残念ながら、ステージはちょっと遠い。お客さんは会社帰りのリーマンばかりで、ちょっとばかり異様な雰囲気。他人の事は言えないけど。

予定より少し遅れて、19時05分ごろ開演。Drums:Jonathan Joseph 、Bass:Rhonda Smith、Guitar:Carmen Vandenberg、そしてGuitar:Jeff Beckがスタンバイ。演奏が始まると、客席後方からVocal:Rosie Bonesが登場。拡声器を使って「The Revolution Will Be Televised」を唄いながら、客席を練り歩く。ライブはニューアルバム「LOUD HAILER」からの曲と、お馴染みのインスト・ナンバーを交えた構成。中盤にはVocal:Jimmy Hallが登場して、「A Change Is Gonna Come」等のソウルフルなナンバーも。ベック先生のサウンドの多様性が、見事に表現されているようなライブだ。

ベック先生は白のストラトとテレキャス、それと四角ばった謎のギター(?)を使用。あいかわらずクリーンなギターサウンドは、「いかにも!」といった印象。だけど音が若干ひずみ過ぎのような気もした。もっとクリアなイメージなんだけどな。そしてライブ終盤には、「Beck's Bolero」「Blue Wind」「Superstition」が飛び出す。新曲もイイんだけど、定番曲っていうのはやっぱりイイものだ。アンコールは二回。「Goodbye Pork Pie Hat」「Brush With The Blues」、そして“The Beatles”の「A Day In The Life」をカバーしてひとまず終了。セカンドアンコールは、Rosie BonesとJimmy Hallのツインヴォーカルで「Going Down」。まさに大団円という展開で、ライブは20時50分ごろ終了。

【Setlists】
M01. The Revolution Will Be Televised
M02. Freeway Jam
M03. Lonnie On The Move
M04. Live In The Dark
M05. The Ballad Of The Jersey Wives
M06. You Know You Know
M07. Morning Dew
M08. A Change Is Gonna Come
M09. Big Block
M10. Cause We've Ended As Lovers
M11. O.I.L. (Can't Get Enough Of That Sticky)
M12. Thugs Club
M13. Scared For The Children
M14. Beck's Bolero
M15. Blue Wind
M16. Little Brown Bird
M17. Superstition
M18. Right Now

Encore1
EN1. Goodbye Pork Pie Hat
EN2. Brush With The Blues
EN3. A Day In The Life

Encore2
EN4. Going Down

2017年 2月 7日(火) 荻窪 ROOSTER North Side
「チェロとコントラバス 情熱の低音二重奏」
佐藤研二&早川岳晴

今日は荻窪 ROOSTER North Sideへ、佐藤研二&早川岳晴「チェロとコントラバス 情熱の低音二重奏」を観に行く。佐藤研二は元“マルコシアス・バンプ”のベーシスト、そのサトケンが“ベースGOD”早川さんとデュオ、しかもチェロを弾くというのだから、いったいどんなライブになるのか?まったく想像がつかない。荻窪へ行くのは何年ぶり? ほとんど記憶に無いというか、まったく印象が無い。せっかくなのでしばらく駅前あたりをブラブラしてから、北口からちょっと離れた会場へ。19時20分ごろ会場入り。ステージ上手、壁際のテーブル席に座る。スペースに余裕があって、すごく好きな雰囲気。ビールとソーセージの盛り合わせをオーダー。なんだかとっても居心地がいい。

ほぼ予定通り、20時過ぎに開演。今宵は低音二重奏ということで、思い切り低い声で紹介する店員さんが笑える。ステージ上手にコントラバスを構える早川さん、ステージ下手にチェロを構えるサトケンさん。サトケンさんは「客席をもう少し明るくして欲しい」とリクエスト。あ、そういう感じか。演奏は、Roland Kirkの「Volunteered Salvery」からスタート。いきなりドJAZZのインストナンバーに内心ちょっとばかりたじろいだけれど、弓弾きと指弾きを使い分ける二人のプレイにグイグイと惹き込まれていく。ヘッド部分の弦を弾いたり、ボディをパーカッションのように叩いたり、チェロとコントラバスから出ているとは思えないような音が曲にアクセントをつける。

本日のライブは、1ステージ50分の2ステージ制。サトケンさんが進行する形で、早川さんがそれに突っ込みを入れていく。饒舌で面白いトークのサトケンさんに対して、ボソボソと喋る早川さんもまた面白い。インストナンバー中心のセットリストの中、早川さんは「You Gotta Move」を唄う。唄が短いので後半は日本語で、「Yahoo!の翻訳ページで直訳したままで唄います」と早川さん。サトケンさんはJohn Lennonの「カモと一緒に」を唄う。何のことかと思いきや、「Come Together」なのね。演奏された曲の中で一番印象に残ったのは、第2部本編ラストのJohn Dowland「今こそ別れ」。本来はバロックの弦楽四重奏の曲を、チェロとコントラバスだけで完璧に表現。なんとも言えない素敵で物哀しい旋律に、思わずグッと来てしまった。アンコールは、ベーシスト二人が揃えばということで「Spoonful」。低音好きにはたまらない、とっても素晴らしいライブだった。22時20分ごろ終了。

ライブ終了後、サトケンさんが私の席にやって来てくれたので、しばらく話をする。と言うより、サトケンさんがいろいろな話をしてくれて、ちょっとしたインタビューという感じ。サトケンさんは30歳からチェロを始めたとか、ベースのアルバムを11枚出しているとか、それぞれのアルバムの録音方法を事細かくとか・・・いやぁ〜勉強になりました。最後に早川さんとちょっとだけお話をして、店をあとにする。

【セットリスト】
第1部
M01. Volunteered Salvery
M02. (タイトル未定)
M03. Jump Street
M04. You Gotta Move
第2部
M05. Come Together
M06. 卵の殻
M07. Blue Pepper
M08. ホトトギス
M09. Now, Oh Now I Needs Must Part (今こそ別れ)

アンコール
EN1. Spoonful

2017年 2月17日(金) 代官山・晴れたら空に豆まいて
「金子さんと三宅くん」
三宅伸治、金子マリ

代官山・晴れたら空に豆まいてへ、「金子さんと三宅くん」を観に行く。金子マリと三宅伸治のジョイントライブ、ありそうで無かった組み合わせに心が躍る。しかも伸ちゃんはインフルエンザからの復活ライブ。無事に復活出来てなにより。開場時間の18時半に合わせて会場へ。本日はなんと整理番号1番という神番。当然ながら最前列のマリちゃん前に陣取る。期待していた畳席でないのが残念。ほど良い感じでフロアが埋まり、開演時間が近づくに連れて期待感はどんどん高まる。

開演予定時間19時30分を少し過ぎたころ開演。SE「星に願いを」が流れる中、マリちゃんと伸ちゃんがステージに登場。ステージ上手の椅子に伸ちゃんが座り、下手にマリちゃんがスタンバイ。オープニングの曲が始まる。マリちゃんは喉の調子を気にして、何度かやり直し。なんとなく所在なさげなマリちゃん、ちょっと心配になってしまったけど、それは全くの杞憂。演奏が進むに連れて、マリちゃん本来の温かみのあるクッキリとした輪郭の唄声が響き渡る。マリちゃんと伸ちゃんは出会って30年ぐらいになるけど、二人で共演するのは今日が初めてとの事。だけどさすがに息はピッタリで、マリちゃんの唄を伸ちゃんがしっかりとギターでサポートしている感じ。そんな様子を見ているだけで、なんだかとっても幸せな気分になってしまった。

今夜のライブは二部構成。第1部の前半は、マリちゃんスタンダードという感じの選曲。「うた」に続いて「WHAT A WONDERFUL WORLD」、マリちゃんのハートフルな唄声に聴き惚れる。続いて石やんの思い出話を交えつつ、石やんがマリちゃんのために書いたという「真夜中の歌姫」。そして「アフリカの月」。この曲もすっかりスタンダード・ナンバーとなるつつあるな。それからRCのナンバーから「セラピー」「エンジェル」。この曲をマリちゃんヴォーカルで聴けるとは・・・。第1部の後半は、なんとタイマーズ特集。「土木作業員のブルース」「税」「イモ」、これには大盛りあがり。マリちゃんはノリノリで唄いまくり、伸ちゃんはギターでザクザクとリズムを刻む。「タイマーズのテーマ」で盛大なフィナーレを迎え、第1部は50分ほどで終了。

20分ほどの休憩をはさんで、20時45分ごろ第2部が始まる。第2部は清志郎ナンバー中心。「カモナ・ベイベー」「高齢化社会」「恩赦」と、意外なところを突いてくる。MCも清志郎の話が中心となり、「40歳のときに「高齢化社会」という曲を書いていたのがスゴイ」とか、「恩赦オンマイマインド〜♪ってすごい歌詞だよね」とか、マリちゃんならではのツッコミ。中でも清志郎が伸ちゃんの結婚式で仲人をしたとき、いろいろな出し物の練習で忙しくて、仲人の席に全然居なかったという話には爆笑。とても清志郎らしい感じがして、伸ちゃんもニッコリ。「SOSO」をしっとりと唄いあげたあと、いよいよぶっ飛ばしタイムに突入。伸ちゃん定番の「たたえる歌」から、RCナンバーで「ドカドカうるさいR&Rバンド」「ミッドナイト・ブルー」。お客さんは総立ちになって大盛りあがり。もう言う事ナシのサイコーの流れ。最後に「何もなかった日」をみんなで唄って、第2部の本編は終了。

アンコールに突入して、一曲目は「彼女の笑顔」。この曲は清志郎の作品だけれど、マリちゃんが確実に唄い継いで行ってくれてるような気がする。そして最後は「I LIKE YOU」。ちょっとだけスローテンポなのが、今夜の二人にピッタリとはまっている。演奏が終了するやいなや、流れてきたのは清志郎が唄う「雪どけ」。これはもぅ〜反則! 今夜確実に来ていたであろうあの人への想いが、一気に頂点へと昇り詰める。曲が終わるまで立ち上がる事が出来ず、その場でじっと固まり続けていた。こうして21時55分過ぎ、ライブはすべて終了。

【セットリスト】
第1部
M01. うた
M02. WHAT A WONDERFUL WORLD
M03. 真夜中の歌姫
M04. アフリカの月
M05. セラピー
M06. エンジェル
M07. 土木作業員のブルース
M08. 税
M09. イモ〜タイマーズのテーマ
第2部
M10. カモナ・ベイベー
M11. 高齢化社会
M12. 恩赦
M13. SOSO
M14. たたえる歌
M15. ドカドカうるさいR&Rバンド
M16. ミッドナイト・ブルー
M17. 何もなかった日

アンコール
EN1. 彼女の笑顔
EN2. I LIKE YOU

2017年 2月19日(土) 渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
「JAPAN TOUR」
Bay City Rollers starring Les McKeown and Alan Longmuir

今日は渋谷 PLEASURE PLEASUREへ、“BAY CITY ROLLERS”のライブを観に行く。“BAY CITY ROLLERS”と言っても、レスリー・マッコーエンとアラン・ロングミュアーのみだけど。それでも昨年の来日に続いて、二人そろって日本に来てくれるとなれば観ておきたい。今回の来日は、大阪・名古屋・東京と三箇所を巡るツアー。本日の東京はその最終日。14時からと18時からの昼夜二回公演、私は夜公演に参加することにした。開場時間の17時30分にあわせて会場へ行くと、入場待ちの人であたりは溢れかえっている。チケットの種類:ゴールドA、シルバーB、プレミアムC、プレミアムDの順番で入場するのだが、開場時間になってもいっこうに列が前に進む気配が無い・・・。私のチケットはプレミアムD3、17時50分ぐらいになってようやく入場することが出来た。その後もお客さんの列は途切れることなく、開演予定時間18時をとっくに過ぎてしまった。

予定よりかなり遅れて、18時15分ごろ開演。バグパイプの音が鳴り響く中、ドラム、ベース、キーボード、ギターのバンドに続いて、アランとレスリーがステージに登場。二人ともあいかわらずスターのオーラ全開。お客さんは早くも総立ち。レスリーはにこやかな笑顔で歓声に応える。一曲目は「SUMMER LOVE SENSATION」。キラキラとしたメロディーが溢れ出す。ツアーの最終日とあって少しお疲れなのか、レスリーは喉の調子がいまひとつの様子。それでも「I ONLY WANT TO BE WITH YOU」「REMEMBER」「KEEP ON DANCING」と往年のヒット曲が続けば、そんなことは全く気にならず、ゴキゲンなサウンドにのめり込んでいく。

「BE MY BABY」が始まると、レスリーはステージ中央の階段を降りて客席へ。お客さんと握手をしたりハグをしたり、さかんにコミュニケーションを図ろうとしている。レスリーはすっかり味をしめたのか?ライブ中に何度も客席へ降りてくるのだけれど、どうしてもヴォーカルがおざなりになってしまうところがあって、ちょっとどうかなと思った。その後も「GIVE A LITTLE LOVE」「ROCK 'N' ROLL LOVE LETTER」といったヒット曲に加えて、レスリーのソロ曲「BEAUTIFUL」などを織り交ぜてライブは進行していく。ここでアランがヴォーカルをとって、アッパーチューンの「ROCK 'N' ROLL HONEYMOON」。ずっとおとなしくギターを弾いていたアランが、ここぞとばかりにキリッと唄う姿が印象的。「MY TEENAGE HEART」「SATURDAY NIGHT」と畳みかけ、「SHANG A LANG」で本編は終了。

アンコールは「BYE BYE BABY」。楽しい時間はあっという間に過ぎて行ってしまう。名残惜しそうに手を振るレスリーとアランの笑顔を、しっかりと瞼に刻み込むのであった。時間は19時30分・・・ちょっと時間が短かかったのが残念と言えば残念。

【Setlists】
M01. SUMMER LOVE SENSATION
M02. I ONLY WANT TO BE WITH YOU
M03. REMEMBER
M04. KEEP ON DANCING
M05. BE MY BABY / GIVE A LITTLE LOVE
M06. ROCK 'N' ROLL LOVE LETTER
M07. YOU'RE A WOMAN
M08. BEAUTIFUL
M09. ROCK 'N' ROLL HONEYMOON
M10. PLEASE STAY
M11. MY TEENAGE HEART
M12. SATURDAY NIGHT
M13. SHANG A LANG

Encore
EN1. BYE BYE BABY

2017年 3月 3日(金) 渋谷 CLUB QUATTRO
「JAPAN TOUR 2017」
THE DAMNED

今日は渋谷CLUB QUATTROへ、“THE DAMNED”のライブを観に行く。“THE DAMNED”はドキュメンタリー映画「地獄に堕ちた野郎ども」が昨年公開されて、まさにグッドタイミングとしか言いようがない今回の来日。前回の来日は2012年・・・もうそんなに前になるのか! 定時ダッシュで仕事を切り上げ、18時30分過ぎに会場入り。チケットはSOLDOUTということで超満員のフロア、ステージ下手の柱のあたりに陣取る。

予定通り、19時ちょうどに開演。Drums:Pinch、Bass:Stu West、Keyboards:Monty Oxy Moron、Guitar:Captain Sensible、そしてVocal:Dave Vanianがステージに登場。Captainは赤いベレー帽でオシャレに決め、Daveは黒いシャツに無精ヒゲでワイルドに決めている。演奏は「Melody Lee」からスタート。ステージ前はモッシュの嵐で、バンドの演奏に身をゆだねる。「Disco Man」「I Just Can't Be Happy Today」とゴキゲンなナンバーが続く中、前半でいきなり飛び出した「Love Song」。いやぁ〜この曲はやっぱりカッコいいわ。そして間髪を入れずに「Second Time Around」へ。早くも汗だくでサイコーに盛りあがる。

中盤はミディアムテンポのナンバーも交えながら、ライブは進行していく。この幅広い音楽性が“THE DAMNED”の真骨頂。紆余曲折を経てきたバンドにしか出せない音だ。Captainがヴォーカルをとったり、Montyのキーボードが強力にフィーチャーされたり、5人のメンバーそれぞれがその魅力を最大限に発揮している。それでもやはりメインはDave、ステージをしなやかに動き回り伸びのあるヴォーカルを聴かせる。最後に「New Rose」「Neat Neat Neat」というキラーチューン2連発で本編は終了。アンコールは「Life Goes On」に続いて、「Noise Noise Noise」からの「Smash It Up」。これでおしまいかと思いきや、まさかのセカンドアンコールで「Antipope」。Captainの「オネダンイジョウ、ニトリ!」という言葉を最後に、演奏は20時40分に終了。

【Setlists】
M01. Melody Lee
M02. Generals
M03. Disco Man
M04. I Just Can't Be Happy Today
M05. Alone Again Or
M06. Love Song
M07. Second Time Around
M08. Street Of Dreams
M09. Eloise
M10. Stranger On The Town
M11. Ignite
M12. Plan 9 Channel 7
M13. Wait For The Blackout
M14. History Of The World
M15. New Rose
M16. Neat Neat Neat

Encore1
EN1. Life Goes On
EN2. Noise Noise Noise
EN3. Smash It Up

Encore2
EN4. Antipope

2017年 3月 8日(水) 新宿 PIT INN
「プチ大仕事 2017」
梅津和時“KIKI with STRINGS”

今日は新宿 PIT INNへ、「梅津和時 プチ大仕事 2017 at 新宿ピットイン」を観に行く。3月4日から始まった今年の「プチ大仕事」、5日目の今夜は「ANOTHER KIKI WORLD」。“KIKI with STRINGS”として、“KIKI BAND”のナンバーを演奏するらしい。ということ以外なんの情報も無いけど、メンバーの名前を見るだけでそそられる。社会人にはありがたい19時30分開場、余裕で間に合って整理番号22番で入場。ステージ下手の3列目に座る。ほど良い感じでステージが見える、何気に好ポジション。

予定より少しだけ遅れて、20時ちょっと過ぎに開演。メンバーは、Bass:早川岳晴、Gutar:鬼怒無月、Sax&Clarinet:梅津和時、Cello:佐藤研二、Cello:四家卯大、Piano:清水一登、Violin:壷井彰久という顔ぶれ。梅津さんは、“KIKI BAND minus 1 plus STRINGS plus PIANO”と紹介してた。演奏されるのは、もちろん“KIKI BAND”のナンバーばかり。“KIKI BAND”といえばジョーのド迫力のドラムがポイントだけど、今夜はドラムレス。早川さんのベースを軸に、二本のチェロとピアノがリズムを刻んでいく。ドラムの決めフレーズは鬼怒さんの「ワン!ツー!」の掛け声でカバー。なんだかものすごいモノを観ているような気がしてきた。

演奏は第1部:55分、第2部:70分、プラスアンコールという構成。鬼怒さんはモスグリーンのストラトとガットギターを使用。あいかわらずの超絶変態プレイ。早川さんはアイバニーズのMC-924とコントラバス。指弾きと弓弾きを使い分けての演奏。梅津さんはサックスとクラリネット、そして一曲だけバスクラリネット。クラリネットを中心に吹く。以上のドラムレス“KIKI BAND”に加えて、ストリングスとピアノがサウンドに色を添える。サトケンさんと四家さんのチェロは、時にはメロディーを奏で時にはリズムを刻む。そして壷井さんのバイオリンが激しい旋律を奏でる中、清水さんが狂ったようにピアノを弾く。メンバー全員でリハーサルを一度もしたことが無いと言っていたけれど、そんなことをまったく感じさせない素晴らしい演奏の数々。第2部のラストは「SOU-SHUN」、メンバーは楽屋に戻らずそのままアンコールに突入。「MakeMake」を演奏して、22時30分にライブはすべて終了。

【セットリスト】
第1部
M01. GEL-COLLOID
M02. Rumba Del Acantilado
M03. IZUMOYA
M04. Crawler
第2部
M05. SANNOU
M06. (新曲)
M07. Afirah Majimn
M08. SOLA
M09. SOU-SHUN

アンコール
EN1. MakeMake

2017年 3月16日(木) 下北沢 GARDEN
「『アルバム・コンプリート・ボックス』発売記念 LIVE 〜そして、長い旅〜」
金子マリ & BUX BUNNY

今日は下北沢 GARDENへ、“金子マリ & BUX BUNNY”のライブを観に行く。先日発売されたばかりの「アルバム・コンプリート・ボックス」の発売記念ライブ。“金子マリ & BUX BUNNY”はいろいろな意味で思い入れが深いバンドなので、こうしてまたライブを観ることが出来るなんて夢のような幸せ。いつもよりちょっと遅い19時開場なので、定時退社で余裕で間に合うのが嬉しい。整理番号28番というかなり良い番号だったので、ステージ上手の最前列をゲット。昨日の追加公演は椅子席が有ったようだけど、今日はオールスタンディング。

予定より遅れて、19時40分ごろ開演。Drums:古田たかし、Bass:鳴瀬喜博、Keyboards:難波弘之、Guitar:永井充男、そしてVocal:金子マリというメンツ。顔ぶれは若干違うけど、充分に“BUX BUNNY”だなこりゃ。演奏は「そして、長い旅」から始まり、そして「うた」へと続いていく。いつもながらバカでかい音のナルチョのベース、それにつられてバンドの音も大きくなる。しかしそれに触発されたのか? マリちゃんはいつも以上に素晴らしい唄声を聴かせる。というよりも、こんなにまで本気モードのマリちゃんは、久しぶりに観るかもしれない。シャウトの張りといい、声の伸びといい、あの頃を彷彿させるマリちゃんの素晴らしいヴォーカル。

バンドの演奏もナルチョのベースを中心に、ものすごいグルーヴを聴かせる。ナルチョは全編フレットレスのプレベ。ワイアードでエフェクター多数。耳に付いたのはフランジャーぐらい。激しいチョッパーでなく、ねっとりとした感じのスラップと指弾き。ベースラインが生き生きと息づいている。ヴォーカルのバックでベースを弾くナルチョは、やっぱり一番なのかも? あれだけ音数が多くても、ヴォーカルの邪魔にならないっていうのはものすごい才能だと思う。ひょこ坊はモスグリーンのストラト。ストラトらしいクリアな音で、味のあるファンクを聴かせる。難波さんはいつも通りに堅実なプレイ。さまざまな音色が、爆音を刻むバンドの中でキラリと光る。特筆すべきは、古田さんのドラム。いつもよりタイトな感じのプレイで、スネアの音が心地良く響く。これはひょっとしてジョニーさんのドラムを意識しているんじゃないかなぁ〜?なんて思った。

演奏の合間にはナルチョの長い長ーいMC。こちらも昔とまったく変わらずで懐かしい。“BUX BUNNY”の歴史をたどって行くような内容で、それはそれで良かったけれども、本人いわく「しゃべっているうちに、何をしゃべっているのか忘れる」と言うように、いささかオチが見えなくなっていくところが昔のままと言えばそのままだ。そんなMCに爆笑しつつも、演奏はバッチリ決めるところが“BUX BUNNY”。インストの「韋駄天BUNNY」では、バンドメンバーによるソロまわし。ナルチョをはじめ、みんな凄腕のミュージシャンという雰囲気がたまらない。ライブ後半はマリちゃんのヴォーカルがいよいよすごいことになってきて、「それはスポット・ライトではない」「Honey」と続くと、もうたまらずに鳥肌が立った。“BUX BUNNY”バージョンの「Honey」はちょっとトゥーマッチな印象もあるのだけれど、今夜の演奏は本当に素敵だった。この曲を聴けただけでも、今夜来た甲斐があった。

ライブ終盤、Drums:金子ノブアキが加わって、ツイン・ドラムでの演奏になる。「Die Zeit〜時代」からの「熱帯夜」。ツイン・ドラムはド迫力だけど、若干バタバタした印象も。本編最後は「I Need A Man To Love」。大きくうねるようなファンク・グルーヴ、最高以外の何物でもない。ナルチョはフレッテッドのジャズベに持ち替えて、激しいチョッパーを決めまくっている。アンコールに突入して、ラストナンバーは「最後の本音」。やっぱりシメはこの曲でしょ。“BUX BUNNY”バージョンは「ワタシは決して〜悪い人間じゃない♪」と唄うのだけれど、今夜マリちゃんは「オレは決して〜悪い人間じゃない♪」と唄っていた。これはひょっとして来週行われる「砂川正和をおぼえているか」を意識しているかな?と思った。こうして22時ちょうど、素晴らしいライブは幕を閉じた。

【セットリスト】
M01. そして、長い旅
M02. うた
M03. 早く目を覚ませ
M04. 終りなき始まり
M05. セレナーデ
M06. 化石の街
M07. 夕焼けの詩(西岡良平に捧ぐ)
M08. 韋駄天BUNNY
M09. それはスポット・ライトではない
M10. 気まぐれ雨
M11. Honey
M12. あるとき
M13. Die Zeit〜時代
M14. 熱帯夜
M15. I Need A Man To Love

アンコール
EN1. 最後の本音

2017年 3月18日(土) 渋谷 HMV&BOOKS TOKYO
「ミニライブ & サイン会」
HARRY

今日は渋谷 HMV&BOOKS TOKYOへ、HARRYの「ミニライブ & サイン会」を観に行く。あのHARRYがインストアイベント! しかもサイン会! これは絶対行っておかないと!というわけで朝からソワソワ、ドキドキワクワクが止まらない。18時前には渋谷の街へ。しばらく時間調整して、18時半ごろ会場の7Fイベントスペースに到着。

18時40分から整列開始。整理番号123番なので、あまり良いポジションは取れず。そして予定通り、19時ちょうどにイベント開始。まずはミニライブから。HARRYはアコースティックギターをかき鳴らしながら、「ありったけのコイン」を唄う。いつものライブと同じように、MCは一切入れずに「嵐のあと」「Bun Bun」を続けて披露。ギターを置いて帰ろうとするHARRYを、お客さんの大きな歓声が引き留める。「アコースティックだから、スローなのしか出来ないぜ」とHARRYは言って「Angel Duster」。

20分ほどでミニライブは終了し、セッティングのあといよいよサイン会に突入。発売されたばかりのCDとDVDに、ひとりひとりサインを入れていく。HARRYは決して自分から話しかけたりしないけど、おだやかな笑顔で対応している。なんだか夢のような光景・・・司会者いわく「奇蹟のサイン会」と言うのもうなづける。そしていよいよ自分の番。今日という日を楽しみにしていた事と、ツアーの事などを話す。HARRYはじっと目を見つめてうなづき、「ありがとう」と言ってくれた。感激・・・。全員へのサインが終了したあと、司会者がHARRYにシメの一言を求める。どよめくお客さんを尻目に、HARRYは「今日はどうもありがとう」と挨拶。こうして「奇蹟のサイン会」は、20時20分ごろ終了。

【セットリスト】
M01. ありったけのコイン
M02. 嵐のあと
M03. Bun Bun
M04. Angel Duster


2017年 3月20日(月) 品川プリンス ステラボール
「Chiemi Hori 35th Anniversary Live 〜ちえみちゃん祭り2017〜」
堀ちえみ

今日は品川プリンス ステラボールへ、堀ちえみ「Chiemi Hori 35th Anniversary Live 〜ちえみちゃん祭り2017〜」を観に行く。ちえみちゃんが35周年を迎えるのかぁ〜。なんだかとっても感慨深い。前回のライブは2012年の30周年記念、月日の流れるのは早いものだ。17時開場というのでけっこう早めに行ったのだけれど、仕切りがいまいちで開場がかなり遅れ、私が入場したのは開演時間ギリギリの17時半。フロアの片隅にちえみちゃんの歴史をたどる展示コーナーが設けられ、写真パネルやステージ衣装、そしてたくさんのトロフィーやメダルが飾られている。今日の席は1階D列57番。ステージ上手端の席だけど、前の列が無いので観やすい。親衛隊のみなさんは2階席に陣取って、開演前から熱いコールを送る。

予定より遅れて、17時45分ごろ開演。ドラム、ベース、ギター、キーボード、ギター&キーボード、コーラスという編成のバンドをバックに、ちえみちゃんが白いワンピースで唄い出す。一曲目は「Wa・ショイ!」。いろいろと物議をかもしたこの曲だけれど、こうして聴くとなかなか楽しい。それからMCは少なめに、ヒット曲を次から次へと唄っていく。「東京Sugar Town」「青い夏のエピローグ」「潮風の少女」「メルシ・ボク」「真夏の少女」「夏色のダイアリー」、ミディアムテンポの心地良いナンバーが繰り広げられる。ちえみちゃんの唄は、どことなくほっこりとした感じで聴けるのがイイな。「青春の忘れ物」「夕暮れ気分」「待ちぼうけ」といったバラードも、それはそれでイイけど。

「素敵な休日」「風のサザン・カリフォルニア」「夢千秒」「Deadend Street Girl」「ジャックナイフの夏」といったちょっとレアなナンバーも、フルコーラスで披露。今日はシングル曲をとことん唄っていくという趣向のようだ。バンドだけのインスト演奏の間に、ちえみちゃんはパープルのワンピースに衣装チェンジ。ライブ終盤になると「愛を今信じていたい」「白いハンカチーフ」「とまどいの週末」「夏咲き娘」と、アッパーな曲が続いていく。ちえみちゃんはステージ中央にせり出した花道に出てきて熱唱。喉の調子はいまいちっぽいけど、こうして近くでちえみちゃんの唄声が聴けるだけで充分です。最後は「クレイジーラブ」「リ・ボ・ン」から「さよならの物語」を唄って本編は終了。

アンコール、ちえみちゃんはピンクのTシャツにジーンズ、スパンで輝くキャップをかぶって登場。「いろんな病気して、このステージ無理なんじゃないかと思った」とちえみちゃん。いやいや、またこうして元気でまた会いたいよね。きっと、必ず、絶対にね。ライブではお馴染みのキラーチューン「稲妻パラダイス」「愛のランナー」を披露したあと、「CHIEMI SQUALL」でコール&レスポンス。ちえみちゃんの唄声と、ファンの野太い声が交錯する。そして最後は「名前を呼んで」。この曲は名曲だなぁ〜。胸がジーンとする。こうして2時間15分におよぶゴキゲンなライブは幕を閉じた。

終演後は入場者全員を対象としたサイン会。700人のお客さん全員となると、けっこう時間がかかる。待っているうちにステージセットの撤去作業が始まったので、時間つぶしのため凝視。けっきょく私の順番がまわってきたのは21時ごろ。ちえみちゃんはちっちゃくて可愛くて、その手はとってもぷにぷにしていた。

【セットリスト】
M01. Wa・ショイ!
M02. 東京Sugar Town
M03. 青い夏のエピローグ
M04. 潮風の少女
M05. メルシ・ボク
M06. 真夏の少女
M07. 夏色のダイアリー
M08. 青春の忘れ物
M09. 夕暮れ気分
M10. 待ちぼうけ
M11. 素敵な休日
M12. 風のサザン・カリフォルニア
M13. 夢千秒
M14. Deadend Street Girl
M15. ジャックナイフの夏
M16. (Instrumental)
M17. 愛を今信じていたい
M18. 白いハンカチーフ
M19. とまどいの週末
M20. 夏咲き娘
M21. クレイジーラブ
M22. リ・ボ・ン
M23. さよならの物語

アンコール
EN1. 稲妻パラダイス
EN2. 愛のランナー
EN3. CHIEMI SQUALL
EN4. 名前を呼んで

2017年 3月23日(木) 下北沢 GARDEN
「砂川正和をおぼえているか FUNKY PEACE」


今日は下北沢 GARDENへ、「砂川正和をおぼえているか FUNKY PEACE」を観に行く。砂川正和は、“SOOO BAAD REVUE”と“THE VOICE & RHYTHM”のヴォーカリスト。おそろしくファンキーなヴォーカルが大好きだけど、残念ながら2004年に旅立ってしまった。そんな砂川正和のメモリアルイベント、大好きなあの曲やこの曲が聴けるかと朝からワクワク。16時退社にして下北沢へ。「disc union」で自分へのプレゼントをいくつか購入。予定通り18時30分開場。整理番号48番で入場して、ステージ上手最前列に座る。ステージ前にもジャンベがセッティングされていて、こちらまで緊張してしまう。ステージに掲げられたスクリーンには、在りし日の砂川さんの姿が映し出されている。

予定通り19時開演。スクリーンの砂川さんにかぶせるような感じでジャンベの演奏が始まる。“砂川正和メモリアルジンベオーケストラ”、ジャンベ×4、ベース、ギター、ヴォーカル×2の演奏。砂川さんの娘であるNayutaと柳田知子が、ド迫力のジャンベをバックにパワフルなヴォーカルを聴かせる。2曲演奏したところで、ステージには“金子ファミリーストーン”が登場。Drums:正木五朗、Keyboards:渡辺 悟、Guitar:西田忠彦、Drums:金子ノブアキ、Bass:金子賢輔、Vocal:金子マリというメンツ。いきなり「A Change Is Gonna Come」を唄い出すマリちゃん。この一声でもう〜やられた。今夜もマリちゃんは、驚くほど伸びやかな唄声を聴かせてくれる。続いて「HAPPY GHETTO SONG」。この曲をライブで聴けるとは思っていなかったので感激。もうちょっと聴きたかったけど2曲だけで終了し、入れ替わりに金森幸介がひとりステージへ。「砂川さんが今いたら唄って欲しい唄」ということで、アコースティックギターを手にブルース。とっても味のある唄声、まだまだ知らない素敵なブルースマンっているんだな。曲の途中で、北 京一とチャールズ清水がコーラスに加わる。

そしてステージには、Drums:正木五朗、Drums:ベーカー土居、Bass:永本 忠、Keyboards:チャールズ清水、Guitar:西田忠彦、Guitar:山岸潤史、Vocal:北 京一が勢ぞろい。ここからは“SOOO BAAD REVUE”のステージ。まずは軽快に「しょぼくれ あかんたれ」を演奏。続いて「青洟小僧」。ギターの西田さんは石やんのローディをやっていたという事もあり、ギターの弾き方から唄声から本当に石やんそっくり。ちょっとビックリしてしまった。次にチャールズが、レイ・チャールズばりに黒いサングラスをかけて「透明人間」。うーん、めちゃくちゃファンキーでグルーヴィー。これぞ“SOOO BAAD REVUE”という感じ。そしてマリちゃんとNayutaが加わって、「When Something Is Wrong With My Baby」を唄いあげる。次にNayutaと入れ替わる形で、三宅伸治がアコースティックギターを手に「何もなかった日」を唄う。先日の“金子さんと三宅くん”をちょっと思い出してしまった。

続いて演奏されたのが「ジプシーソング」。亀渕友香がヴォーカルでマリちゃんがコーラスという豪華版。再び“SOOO BAAD REVUE”のナンバーに戻って、グッとBluesyに「かたつむり」。北さんのアドリブが可笑しかったけど、ここはやっぱり山岸のギター。パリパリと乾いたテレキャスの音で、ねっとりといやらしいギターソロを弾きまくる。うーん、山岸のギターはやっぱり最高だわ。「まさにブルース!」っていう感じが好き。本編ラストはこれしかない「最後の本音」。今夜はマリちゃんと北さんのツインヴォーカル。「FUNKY」ってこういうことを指すのかなぁ〜なんて思ったりした。アンコールに突入して、ステージには出演者全員が勢ぞろい。ジャンベを中心に怒涛の演奏が繰り広げられる。こういう曲って、魂が揺さぶられる感じ。最後は砂川さんのソロ「FUNKY PEACE」をセッションして、21時10分ごろライブは終了。

2017年 3月24日(金) 新木場 STUDIO COAST
「JAPAN TOUR 2017」
THE SPECIALS

今日は新木場 STUDIO COASTへ、THE SPECIALS「JAPAN TOUR 2017」を観に行く。“THE SPECIALS”はたびたび来日しているようだけど、ライブを観るのは今回が初めて。2トーンスカの草分け的バンド、この機会に是非とも観ておきたいと思ってチケットを確保。新木場は職場の最寄り駅から二駅なので、18時過ぎに職場を出ても余裕で間に合う。18時40分過ぎに会場入り。フロアはほど良い感じで埋まっていて、とってもイイ雰囲気。ステージ正面のちょっと離れたところをキープ。今夜はなんとなくそんな気分。

予定通り19時ちょうどに開演。ドラム、ベース、キーボード、ギター×2、ヴォーカルという編成のバンドに、曲によってストリングス×2、ブラス×2が加わって彩りを添える。ヴォーカルのTerry Hallは、ほとんど直立不動でひたすら唄う。ギターのLynval Goldingは、ときどきヴォーカルをとりながらリズミカルにギターを操る。もう一人のギターであるSteve Craddockとのコントラストがハッキリしていておもしろい。それでもバンドのサウンドを引っ張っていたのは、なんと言ってもHorace Panterのベース。白いジャズベから繰り出される重厚なベースラインに、思わず踊り出したくなる。

序盤はゆったり目のビートの曲が中心。それにあわせて、身体をゆらゆらと揺らす。音源で聴くにはちょっとカッタルイ感じの曲も、こうしてナマで聴くと心地良く響く。演奏は次第に熱を帯びてきて、だんだんとアップテンポのナンバーが繰り出される。フロア全体がいっせいに波打ち、ひたすらダンス、ダンス、ダンス。今日のところはおとなしく観ていようと思ったのに、こうなるとやはり踊らないわけにはいかない。「Gangsters」で怒涛の盛りあがりを見せ、「Monkey Man」「Too Much Too Young」と畳みかけ、最後に「Enjoy Yourself」を演奏して本編は終了。アンコールは3曲。「You're Wondering Now」を唄いながら、メンバーはステージから去って行った。演奏が終了したのは20時20分。短い時間だけど、大満足のライブであった。

【Members】
Vocal:Terry Hall
Bass:Horace Panter
RhythmGuitar&Vocal:Lynval Golding
Drums:Gary Powell [Libertines]
LeadGuitar:Steve Craddock [Ocean Colour Scene]
Keyboards:Nikolaj Thorp Larsen
Strings, Brass


【Setlists】
M01. Ghost Town
M02. Do Nothing
M03. Friday Night, Saturday Morning
M04. Stereotypes
M05. Man At C&A
M06. Blank Expression
M07. Rat Race
M08. Why?
M09. Redemption Song
M10. It Doesn't Make It Alright
M11. Nite Klub
M12. (Dawning Of A) New Era
M13. Do The Dog
M14. Gangsters
M15. Concrete Jungle
M16. A Message To You Rudy
M17. Monkey Man
M18. Little Bitch
M19. Too Much Too Young
M20. Enjoy Yourself

Encore
EN1. Guns Of Navarone
EN2. We Have All The Time In The World
EN3. You're Wondering Now

2017年 3月26日(日) 前橋 ベイシア文化ホール
「PERFORMANCE 2017」
山下達郎

ツアー終了後にアップします。

2017年 3月28日(火) 六本木 Billboard LIVE TOKYO

小坂 忠

今日は六本木 Billboard LIVE TOKYOへ、小坂 忠のライブを観に行く。小坂 忠はこれまでイベントで何回か観たことがあり、唄がうまい人だなぁ〜と思っていた。そんな小坂 忠のワンマンを観るチャンス、今回ようやくゲットした。18時半ごろまで残業して、大江戸線で六本木駅へと向かう。開場時間まではまだまだ時間があるので、東京ミッドタウン地下の「デリー」でカレーを食べる。ここのカレーはそれほど辛くはないのだけれど、後からジワジワと汗が噴き出してくる。21時に会場前へ集合して、整理番号42番で入場。ステージ下手最前のテーブルに座る。

予定通り21時30分開演。Drums:屋敷豪太、Bass:小原 礼、Guitar:鈴木 茂、Keyboards:Dr.kyOn、Sax:小林香織に続いて、ステージに登場したのはピーター・バラカン。真っ赤なワイシャツがイカしてる。バンドメンバーをひと通り紹介したあと、ピーターさんは小坂 忠をステージに呼び込む。スーツ姿の忠さん、カッコいいようなそうでもないような、なんとも言えない不思議な風貌。オープニングは「Knock On Wood」。ファンキーな演奏と、忠さんの圧倒的なヴォーカル。みんなそれぞれスゴイのだけれど、とりわけ小原 礼のベースプレイにしびれる。バイオリンベースなのにものすごくブリブリの音で、シンプルだけどゴキゲンなベースライン。小原さんのことはもちろん知っていたけど、こうしてナマでじっくりと聴くのは初めて。ナマで聴いた事がない人は、まだまだたくさん居るのだなと実感。

ライブ前半は忠さんのアルバム「COVERS」からの選曲が中心。「You've Really Got A Hold On Me」「From Me To You」「The Dock Of The Bay」と、ロックとリズム&ブルースのカバーが次々と繰り広げられていく。「自分の中で欠かせないのはゴスペル」と忠さんは言って「Amazing Grase」を唄う。忠さん、ホントに唄がうまいな・・・。ハスキーだけど、輪郭のハッキリとした声。ここでスペシャルゲスト“EGO-WRAPPIN'”の中納良恵が加わり、演奏に華を添える。Nina Simoneの「O-o-h Child」を二人でデュエットして、忠さんはひとまず退場。中納良恵がヴォーカルをとり、“EGO-WRAPPIN'”の「色彩のブルース」を披露する。

ライブ後半は、小坂 忠のオリジナルナンバーが中心。「Hot or cold」は、忠さんのヴォーカルと小林香織のフルートがユニゾンを奏でる。続いて「機関車」。この曲は何度かナマで聴いた事があるな。かなり強烈な歌詞。そして「ほうろう」。小坂 忠と言えばやっぱりこの曲。ファンキーでリズムが立ってる。本編はこれで終了し、アンコールに突入。ピーター・バラカンが、メンバーをステージに呼び込む。ソウルフルな「ゆうがたラブ」が始まると、お客さんは一斉に立ち上がり、大盛りあがりを迎える。そのまま「I believe in you」へとなだれ込み、忠さんはギターをかき鳴らしながら熱唱。これで終わりかと思いきや、忠さんがメンバーに合図を出して更におまけのもう一曲。「You Are So Beautiful」、大好きな曲。こいつは心に染みた・・・。こうして素晴らしいライブは、23時前に幕を閉じた。

終演後はサイン会。ちょっと迷ったけど、「COVERS」を買って忠さんにサインを入れて頂く。忠さんはとっても元気な感じで、「どうもありがとう!」と握手をしてくれた。とっても大満足な夜であった。

【セットリスト】
M01. (Instrumental)
M02. Knock On Wood
M03. You've Really Got A Hold On Me
M04. From Me To You
M05. The Dock Of The Bay
M06. Amazing Grase
M07. O-o-h Child
M08. 色彩のブルース
M09. Hot or cold
M10. 機関車
M11. ほうろう

アンコール
EN1. ゆうがたラブ
EN2. I believe in you
EN3. You Are So Beautiful

2017年 3月30日(木) 赤坂 BLITZ
「LITTLE SCARFACE FESTA 2017」
THE MODS×THE COLTS

今日は赤坂 BLITZへ、THE MODS×THE COLTS「LITTLE SCARFACE FESTA 2017」を観に行く。“THE MODS”の2017年初のツアーは、その弟分とも言える“THE COLTS”とのスプリットライブ。森ヤンの体調は依然として心配だけれど、こうしてまたライブが観られることが嬉しい。そして、なんと言っても今日は森ヤンの誕生日。記念すべき日を盛大に祝いたい。18時ごろ仕事を切り上げて、千代田線で赤坂駅へと向かう。18時30分から“LUV-ENDERS”というバンドがフロントアクトを務めるという事だけれど、なんとなくそれはスルーして、19時ちょうどに会場入り。フロアはお客さんでギッシリ。ひとまず後方の一段上のフロアに落ち着く。

予定より遅れて、19時10分ごろ開演。まずは“THE COLTS”のステージ。ドラム、ベース、ギター、ホーン×3という編成のバンド。名前はよく聞くけど初見。アッパーなロカビリーサウンドにホーンが加わって、なんだかちょっと懐かしさを感じる。曲によってキーボードを弾いたりして、サウンドに変化を持たせているところがイイ。40分ほどの短いステージだったけれども、立派にその役割を果たしていたと思う。セットチェンジの間に、ステージ前のエリアへ移動。モッシュピットぎりぎりの位置をキープ。

そして20時10分ごろから、いよいよ“THE MODS”の演奏が始まる。Drums:佐々木周、Bass:北里晃一、Guitar:苣木寛之、Vocal&Guitar:森山達也、絵になる四人。森ヤンはいつも以上に気合の入ったトサカヘアー、なんだか調子が良さそうでひと安心。「ONE MORE TRY」から始まり、続いて「ごめんだぜ」。たまらない二連発。フロアから沸き起こる「Happy Birthday To You〜♪」のメロディーに、「これまでで三本の指に入るヒドさやね・・・」と森ヤン。だけど目が笑っている。苣木ヴォーカルで「Work Hard & Little Pay」を演奏したあと「YOUNG GUNS」。そして森ヤンが「やりたくないコーナー」というジョーカータイム。赤いジャケットがイカす。北里が「Do You Wanna Dance〜Blitzkrieg Bop」を唄ったあとは、いよいよ最後の盛りあがり。「GANG ROCKER」でフロアの空気が一変し、ラストは「PRISONER(野獣を野に放て)」でフィナーレ。

アンコール、先日発売されたDVDのインフォメーションに続いて「STAY CRAZY」。そして“THE COLTS”の岩川浩二を交えて「SCARFACE A GO GO」。森ヤンはジョーカータイムのように、ハンドマイクでステージを左へ右へと動き回る。更に“THE COLTS”のホーンセクションを加えて「I WANT YOU BABY, TONIGHT」。この曲をナマで聴くことが出来るなんて、なんだかとっても得した気分。そして更に“THE COLTS”のリズム隊がステージへ。その結果、キーコはなんとキーボードを担当。森ヤンいわく、「何十年ぶりかのキーボード」なのだそうだ。こいつはレアな展開。「BLACK DICE」を全員でプレイして、21時20分ごろ演奏はすべて終了。

【セットリスト】
M01. ONE MORE TRY
M02. ごめんだぜ
M03. WAH WAH
M04. Work Hard & Little Pay
M05. YOUNG GUNS
M06. スカでぶっ飛ばせ
M07. クラレンス+アラバマ
M08. GOOD FELLOWS
M09. Do You Wanna Dance〜Blitzkrieg Bop
M10. GANG ROCKER
M11. PRISONER(野獣を野に放て)

アンコール
EN1. STAY CRAZY
EN2. SCARFACE A GO GO [w.岩川浩二]
EN3. I WANT YOU BABY, TONIGHT [w.THE COLTS]
EN4. BLACK DICE [w.THE COLTS]

2017年 4月 5日(水) 吉祥寺 Mojo Cafe
「三宅伸治 30th 回想録 東京編」
三宅伸治

今日は吉祥寺 Mojo Cafeへ、三宅伸治「30th 回想録 東京編」を観に行く。大好きな吉祥寺、大好きなMojo Cafeで、大好きな三宅伸治がライブをやるという。しかも大好きな友達のYちゃんが主催するというのだから、こいつはもうたまらない。16時に仕事を切り上げて、ワクワクドキドキしながら吉祥寺へと向かう。17時半から整理券を配布すると聞いていたけれど、ひとまず井の頭公園へ行く。思ったよりも桜の花が綺麗に咲いていて、なんだか気持ちがほっこりする。18時ごろいったん会場へ寄り、入場整理券を受け取る。番号は14番とまずまず。それから、3月末にコピスに出来たばかりの「HMV record shop」を覘いてみる。かなり好みのラインナップ、ボリューム満点で言う事ナシだけど、今日は時間が無くて残念。18時半になるころ再び会場へ。よく知った顔がたくさん集まっている。予定通りに開場して、壁際の一段高い椅子に座る。なかなかの好ポジション。開場してまだ間もないというのに、フロアはお客さんでイッパイに。

19時40分過ぎに開演。フロア後方から伸ちゃん登場。アコースティックギターを手に取り、演奏は「Got My Mojo Working」からスタート。続いて「It's Allright(いつもオーライ)」。アンプ脇に置いたワイングラスが、振動で倒れるハプニング。今夜のステージは、デビュー30周年を記念した三宅伸治の歴史を振り返る内容。伸ちゃんは小学六年のときに書いた譜面を見ながら、初めて作ったという「モグラの唄」を披露。この時はそれ以外にもたくさん曲を作ったそうで、ひとつひとつ譜面を見ながら解説していく。それからカバーのコーナーとなり、Lightnin' Hopkinsの「Mojo Hand」、加川 良の「教訓T」、古井戸の「何とかなれ」を演奏。カナヤンにも負けない、伸ちゃんのヴォーカルが良かった。“MOJO CLUB”を一躍有名にした「君が降りて来た夏」は一番だけだったのが残念。伸ちゃんとは関係ない“THE TIMERS”のナンバーからは「土木作業員ブルース」。伸ちゃんは譜面をめくりながら次の曲を選んでいたけど、何故か唐突に第一部はこれで終了。

休憩をはさんで、21時から第二部が始まる。「ぼくらの事」から始まり、「プリズナー」「ナッシュヴィル・テネシー」「Bell」と続いていく。ハードな曲からメロウでスウィートなナンバーまで、ひとつひとつ丁寧に唄う伸ちゃん。バンドで演奏する伸ちゃんもイイけど、ソロで聴く伸ちゃんの唄声がとりわけ胸に染みる。「何もなかった日」をみんなで合唱したあと、「たたえる歌」で盛りあがって本編は終了。アンコールはデビュー曲の「ブギ・ナイト」から始まり、「Forever Young」へと続く。この曲はずっとソロで聴きたいと思っていて、昨夜リクエストしておいた曲。「無理だと思うこともやってみよう」と、今回のライブを実現したYちゃんへのリスペクトを込めて。「この企画をしてくれたYちゃん、どうもありがとう〜」という伸ちゃんの言葉が嬉しかった。そして最後の曲は「約束」。壁にディスプレイされた清志郎のレコードを眺めながら、演奏に聴き入る。こうして22時15分、思い入れたっぷりの素敵なひとときは幕を閉じた。

【セットリスト】
第1部
M01. Got My Mojo Working
M02. It's Allright(いつもオーライ)
M03. 春眠
M04. モグラの唄
M05. Mojo Hand
M06. 教訓T
M07. 何とかなれ
M08. とんずら
M09. 君が降りて来た夏(1番のみ)
M10. 土木作業員ブルース
第2部
M11. ぼくらの事
M12. プリズナー
M13. ナッシュヴィル・テネシー(ウェイン・モスへの手紙)
M14. Bell
M15. ブルースを連れて
M16. 何もなかった日
M17. たたえる歌

アンコール
EN1. ブギ・ナイト
EN2. Forever Young
EN3. 約束

2017年 4月 7日(金) アクトシティ浜松 大ホール
「PERFORMANCE 2017」
山下達郎

ツアー終了後にアップします。

2017年 4月14日(金) 新宿 LOFT
「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー 2017」
KERA SOLO UNIT、ケラ & ザ・シンセサイザーズ

今日は新宿LOFTへ、「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー 2017」を観に行く。「ミューヂック・アワー」を観るのは2014年12月以来、実に二年半ぶりとなる。あの時は“「有頂天」セッション”があって、それがそのまま“有頂天”の活動再開につながったんだな。そして今夜登場する“ケラ & ザ・シンセサイザーズ”、こちらもその時以来だから本当に久しぶりだ。整理番号9番という良番だけれど、会場売りチケットの後に入場ということを思い出したので、早あがりにはせず定時ダッシュにして、開演時間19時に間に合うよう新宿へと向かう。「MARS」で今夜ライブを行う予定だったIan McCullochがドタキャンしたというニュースを聞き、どうなっているか気になって寄ってみると、会場前は混沌とした状況になっていた。それはさておき、18時45分ごろ会場入り。スペースにはまだかなり余裕がある状態。ステージ上手のガードフェンスを確保することが出来たので、そこでのんびりと観ることにする。それでも開演時間が近づくころには、フロアはイイ感じに埋まっていた。

予定より遅れて、19時05分過ぎに開演。まずは“KERA SOLO UNIT”のステージ。Drums:川村成史、Bass:とっつぁん、Guitar:伏見 蛍、Keyboards:佐藤真也、Sax:ハラナツコという編成のバンドをバックに、KERAさんがゆっくりと唄い出す。今夜のソロはJAZZ路線でいく模様。「フォレスト・グリーン」から始まり、「Old Boys」「これでおあいこ」とJAZZアルバムの曲が続いていく。「“有頂天”の再結成以来、“有頂天”を見ておけばいいという風潮がある」とKERAさんはボヤきつつ、「そんな中を観に来てくださったみなさんの個人情報を知りたい」というのはちょっと本気なのかも。「ニューアルバムは小沢健二みたいにしようと思ったら、本人が活動再開した」という話から、「オザケンの新曲はどんなだっけ?」「オザケンならこんな感じで唄いそう♪」と適当な鼻歌をしばし。

それからJAZZのスタンダード「Cheek to Cheek」、以前ソロで演奏した「Golden Hours」「バラ色」、“シンセサイザーズ”のナンバーから「Long Goodbye」と、かなりバラエティに富んだ選曲。KERAさんのソロは何が出るのかわからないところがあるけど、今夜はコンセプトがハッキリとしている。“有頂天”も“シンセサイザーズ”も大好きだけど、ソロは一番KERAさんらしい感じがして好き。伏見さんの独特なタッチのギターが、KERAさんのソロにとってもよく似合っている。KERAさんは、硬軟取り混ぜた様々なトークを交えながらステージを進めていく。シニカルで毒があるけど、どこかユーモラスでウィットに富んだ話に思わず惹き込まれる。

ライブ中盤には、ゲストの鈴木慶一が加わっての演奏。慶一さんもかなり独特な雰囲気。慶一さんのソロアルバムの曲や“No Lie-Sense”のナンバーを三曲演奏して、慶一さんは退場。「地図と領土」から“有頂天”の「ニーチェズ・ムーン」を続けて演奏したあと、KERAさんが「ツーマンのときの1バンド目はアンコールをやっていいのかな?」と言うと、お客さんからアンコールの拍手が沸き起こる。さすがによくわかっているお客さん。そして始まったのは「見上げてごらん夜の星を」。これがまた最高に良かった・・・。演奏はアバンギャルドなテイストがありつつも、KERAさんの唄声が胸にグッと迫ってくる。KERAさんのヴォーカルはこういった昭和歌謡みたいな唄に合っているのだろうな。20時30分ごろ“KERA SOLO UNIT”のステージは終了し、セットチェンジに突入。

【KERA SOLO UNIT:セットリスト】
M01. フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)
M02. Old Boys (SWING)
M03. これでおあいこ
M04. Cheek to Cheek
M05. Golden Hours
M06. Long Goodbye
M07. バラ色
M08. Love, Come Back to Me
M09. あたしの故郷は流木なの [w.鈴木慶一]
M10. ミュータント集団就職 [w.鈴木慶一]
M11. 男は黙って・・・ [w.鈴木慶一]
M12. 地図と領土
M13. ニーチェズ・ムーン
M14. 見上げてごらん夜の星を

そして20時50分過ぎから、“ケラ & ザ・シンセサイザーズ”の演奏が始まる。Keyboards:杉山圭一、Bass:RIU、サポートメンバーのGuitar:田渕ひさ子、Guitar:なるけしんご、Drums:Reikoはご懐妊ということでパーカッションを担当するというドラムレス編成のバンド。久しぶりに演奏するという「Drive to TOKIO」から始まり、「ポピーズ」「真夜中のギター」へと続く。ドラムレスってどうなんだろう?と思っていたけど、これが予想以上にイイ感じ。無機質にも思えるドラムパッドの音が、意外と抑揚があって心地良く響いてくる。ギターは田淵さんを中心としたアンサンブルで、なるけさんはバックに徹している雰囲気。MCはReikoご懐妊の話が中心。「今日はパーカッションのようなモノを叩いているけど、杉山が妊娠したらキーボードらしきモノを、RIUが妊娠したらベースらしきモノを弾いてもらう」と。

ライブ中盤から、ドラムに“有頂天”のジンが加わっての演奏。なんでもReikoが「どうしても叩いて欲しい」と要望して、今回の参加が実現したのだそうだ。ジンならではのスネアの「コーン!」という音が聞こえるだけで、なんだか気分がアガる。「今はミイラ」「LIVES」に続いて、ちょっとレアな「メアリー・パンプキン・ヘッド」。KERAさんは「若者は音楽にお金を使わな過ぎ」と、お金を払って観に来た大人に説教(笑)。「終わったあとに『行けば良かった〜』とツイートするんだよね」というのには笑えた。アッパーな「ロケット・ソング」のあと、「BROKEN FLOWERS」をじっくりと演奏して本編は終了。アンコール、まずはReikoが慎重に叩く鉄琴が印象的な「Dear God Waltz」。そしてお馴染みの「神様とその他の変種」。ヴォーカルの前半はReikoが唄うオリジナル仕様。いつも思うけど、この曲はKERAさんの想いがイッパイ詰まっているような感じがして好き。こうして今回の「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー」は、22時ちょうどに終了。

【セットリスト】
【ケラ & ザ・シンセサイザーズ:セットリスト】
M01. Drive to TOKIO
M02. ポピーズ
M03. 真夜中のギター
M04. リスト
M05. ニセモノ
M06. 今はミイラ
M07. LIVES
M08. メアリー・パンプキン・ヘッド
M09. 大発見(休息と抵抗)
M10. ネズミは沈みかかった船を見捨てる
M11. ロケット・ソング
M12. BROKEN FLOWERS

アンコール
EN1. Dear God Waltz
EN2. 神様とその他の変種

2017年 4月15日(土) 大阪フェスティバルホール
「PERFORMANCE 2017」
山下達郎

ツアー終了後にアップします。

2017年 4月20日(木) 六本木 Billboard LIVE TOKYO

VINTAGE TROUBLE

今日は六本木 Billboard LIVE TOKYOへ、“VINTAGE TROUBLE”のライブを観に行く。“VINTAGE TROUBLE”を知ったのは最近だけれど、この手の音楽を好きであれば絶対にハマるバンド。とてもじゃないけど仕事なんてやっていられず、15時退社にして六本木へと向かう。予定通り17時30分に開場。整理番号7番で入場。ステージやや下手の二列目に座る。ステージがメチャメチャ近い〜。ホントに至近距離。こいつはかなりアガる! 後方の窓には“VINTAGE TROUBLE”のロゴ入りフラッグ、そして何故だか桜の花。

予定通り、19時に開演。イントロデュースのアナウンスが流れて、ステージにメンバーが登場。Drums:Richard Danielson、Bass:Rick Barrio Dill、Guitar:Nalle Colt、Vocal:Ty Taylor、そしてサポートのキーボード。みんなスーツでビシッと決めて、そこに居るだけで絵になる。ステージ中央でメンバー同士ガッチリと握手してから演奏が始まる。のっけからTyのソウルフルなシャウトに、お客さんは大歓声で応える。一曲目の「TOTAL STRANGERS」から、もちろんフロアは総立ちで大盛りあがり。前半はアッパーなナンバーを中心に、グイグイと演奏が進んでいく。これといって特別な事をするのではないけど、なんともツボを押さえた演奏に身体が反応する。古き良き時代のリズム&ブルース・ソウルのステージは、こんな感じだったのかなと想像。

Tyはいきなりテーブルに飛び乗り、そのまま二階席や三階席を練り歩いて唄い、ステージではクルクルと回転するわ、ドロップキックするわ、マイクのシールドを振り回すわ、いったい次は何をやらかすんだろう〜?と、観ているだけで楽しくなる。ギターはレスポールとグレッチを4〜5本使い分けていたかな。なかなかシブいチョイス。ベースはジャズベの4弦と5弦。ショートスケールに見えたけど、単にガタイがでかいからかも。ドラムはグレッチのワンタムで、シンバルが全て低位置に水平にセッティングされている。ハイハットにはタンバリンも装着されていて、そのこだわりようがカッコいい。「BLUES HAND ME DOWN」にメチャメチャ興奮して踊りまくりながらも、スローなナンバーで聴かせるソウルフルなヴォーカルに心を揺さぶられる。

アンコールは二曲。ラストナンバーは「A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS」。ステージ後方のカーテンが開いて、目の前に六本木の夜景が広がる中、じっくりとゆったりと演奏が続いていく。ものすごく壮大で、とてつもない広がりを感じる。その中をTyのヴォーカルが縦横無尽に駆け回る。この曲が個人的にはハイライト。最後はステージ上手にハケて、フロアを練り歩きながら退場するという演出。ホントにとことん楽しませてくれるパフォーマンス。20時15分ごろ終了。

【Setlists】
M01. TOTAL STRANGERS
M02. STRIKE YOUR LIGHT
M03. BATTLE'S END
M04. SORRY
M05. DOIN' WHAT YOU WERE DOIN'
M06. BLUES HAND ME DOWN
M07. NOT ALRIGHT BY ME
M08. LOVE SONG
M09. RUN LIKE THE RIVER
M10. KNOCK ME OUT

Encore
EN1. PELVIS
EN2. A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS

2017年 4月23日(土) 代々木公園 野外ステージ
「Earth Day Tokyo 2017」
渋さ知らズ

今日は代々木公園で行われている「Earth Day Tokyo 2017」へ行く。全然予定していなかったのだけれど、“渋さ知らズ”が出演するとネットで知り、天気がいいので散歩がてら行ってみることにしたのだ。13時過ぎに家を出て、ブラブラと歩いて20分ほどで会場に到着。とりあえずビールを買い込み、野外ステージへと向かう。

13時40分過ぎ、不破さんがPAスタッフに「一個一個チェックする?」と尋ねると「NO」という返事。それを聞いて「じゃあ適当にやっちゃうわ」と言い放ち、メンバーに開始の指示を出す不破さんがイカす。今日の編成は、ドラム、ベース、キーボード、ギター×2、ホーン×7、女性ヴォーカル、そしてダンサーのすがことあすか。指揮はもちろん不破さん。澄み切った声の女性ヴォーカルが、ゆったりとした演奏をバックに唄い出す。それに合わせて踊るダンサー。いつもながらの“渋さ知らズ”の世界。演奏が次第に熱を帯び、曲調がアップテンポに変わって「ナーダム」が始まる。踊り出すお客さん・・・もちろん自分も。カラリと晴れた野外で聴く演奏は最高。最後は「平和に生きる権利」を切々と唄いあげ、50分ほどのステージは終了。ちょっと短い時間だったけど、存分に堪能することが出来た。目的は達成出来たので、公園内でちょっとだけクールダウンして帰宅。

2017年 4月28日(金) 神奈川県民ホール 大ホール
「PERFORMANCE 2017」
山下達郎

ツアー終了後にアップします。

2017年 5月 4日(木) 京都 磔磔
「三宅伸治 デビュー30周年記念!」
MOJO CLUB

連休二日目、京都へと向かう。11時50分の新幹線に乗り込み、深川めしを食べながら14時過ぎに京都駅に到着。京都タワーがすっかりリニューアルしているのに驚きつつ、東本願寺にちょっとだけ寄り、そのまま歩いて佛光寺へ。ここは京都で一番好きな場所。こうしてまた来られた事に感謝。そんなことをしている間に15時半になったので、今夜泊まる「コープ・イン・京都」へチェックイン。ここはかなり昔に泊まったことがある、可もなく不可もなくといった感じのホテル。しばらくホテルで休んだあと、16時半過ぎに再び出かける。

今夜は磔磔へ、“MOJO CLUB”のライブを観に行く。“MOJO CLUB”は、昨日の名古屋から明日の大阪へと続く3daysツアー中。今日は大阪の「祝・春一番」とどちらへ行くか迷ったけど、結局こちらを選択。会場前でいつもの仲間と落ち合い、開場時間17時と同時に整理番号29番で入場。ステージ前方がスタンディングエリアになっていて、それを取り囲むようにテーブルが置かれている。とりあえずステージ下手のテーブル席を確保。ビールを呑みながら、まったりと開演を待つ。

予定より少し遅れて、18時05分ごろ開演。二階の楽屋から、Drums:杉山章二丸、Bass:谷崎浩章、Vocal&Guitar:三宅伸治、そしてサポートのSax:片山広明、Harmonica:KOTEZがステージに登場。それとともに私もステージ前へ。ノリまくり踊りまくる準備はバッチリだ。オープニングの「愛をさがして」から、畳みかけるかのようなぶっ飛ばしぶり。正直言ってすべてを知ってるわけではないけど、そのハードなブギーに惹き込まれていく。“MOJO CLUB”は自分の中ではROCKバンドと思っていたけど、ノリは完全にFUNK。ドラムが割とシンプルにビートを刻んでいく中で、ベースがファンキーなうねりを生み出す。その強力なビートに乗せて、伸ちゃんのハードなギターと伸びやかな唄声が冴える。さらに片山さんのサックスとKOTEZさんのハーモニカ、これぞまさに“MOJO CLUB SPECIAL”だ。

4月のソロではさわりしか聴けなかった「君が降りてきた夏」、Chuck Berryのカバーで「キャロル」、加川良のレパートリーの「こんばんわお月さん」、心に染みる「SAD SONG」、デビュー曲の「ブギ・ナイト」、いろいろと盛りだくさんの選曲。そして後半の盛りあがり、「ストーン」からの「ガマン」「シュー」、この流れには参った。聴きたい曲満載、大好きな曲満載の演奏に、汗だくになってノリまくってしまった。「シュー」で伸ちゃんはフロアを練り歩き、大盛りあがりのうちに本編は終了。アンコールでは「BACKしよう」、この曲がナマで聴けるとは思わなかった。それから、「(I'm A) Power」「くさっちまうぜ」をブチかましてフィナーレ。これで終わりかと思いきや、アンコールの声に応えて「びんぼうワルツ」。大盛りあがりの後のしっとりとした幕切れが、またなんか良かったんだよなぁ〜。こうしてライブは、20時10分過ぎにすべて終了。

終演後、メンバーがTシャツにサインをしているのを眺めつつ、今夜のライブの余韻に浸る。いつもはすぐに追い出されてしまうので、この空間にこうして居られるのが嬉しい。それからいつものように打ち上げ。計12人、いろいろな話で盛りあがり、美味しい料理とお酒を堪能。大阪方面へ帰る人が多いので、23時にはおひらきにしてホテルへ戻る。

【セットリスト】
OSE. モジョ・ブギー
M01. 愛をさがして
M02. とんづら
M03. Jump! (mellow down easy)
M04. パラダイス
M05. 君が降りてきた夏
M06. SAD SONG
M07. この世はブギだ
M08. キャロル
M09. こんばんわお月さん
M10. ブギ・ナイト
M11. NIGHT TIME
M12. 刺激 (Kick Me Baby)
M13. ボトム・オブ・ザ・シー
M14. グレイハウンド・バス
M15. ストーン
M16. ガマン
M17. シュー

アンコール1
EN1. BACKしよう
EN2. (I'm A) Power
EN3. くさっちまうぜ

アンコール2
EN4. びんぼうワルツ

2017年 5月 7日(日) 六本木 Billboard LIVE TOKYO
「〜Last Dance〜」
萩原健一

今日は六本木 Billboard LIVE TOKYOへ、萩原健一「〜Last Dance〜」を観に行く。ショーケンのライブを観るのは2013年6月以来だから、実に4年ぶりになるのか。今回は東京と大阪とをまわるミニツアー、東京は今日と明日の2daysとなる。今日は1st stageにしたので、15時30分開場。あまりにも早い時間で、ちょっと面喰らう。整理番号5番で入場。ステージ真正面のテーブル二列目をゲット。ショーケンの足元の位置。こんな時間にもかかわらず、たくさんのお客さん。期待感の高さがうかがえる。

予定通り、16時30分に開演。いつものように雷鳴が轟き、ステージ下手の階段を降りて、メンバーがステージに登場。ドラム、ベース、ギター、パーカッション&ギター、キーボード、サックスという編成のバンドに、黒いパンツに黒いシャツ、白いベストと白いジャケットでキメたショーケン。オーラが半端ない。オープニングは「God Bless You」、ショーケンは黒のシンラインをかき鳴らしながら唄う。喉の調子は決して万全とは言えないのかもしれないけど、“ROCKER”ショーケンは相変わらずイカす。それから「Ah! Ha!」「ラストダンスは私に」と、お馴染みのナンバーが続いていく。ショーケンはテーブルの上に置かれたワインクーラーの水に、ブルースハープをとっぷりと浸す。音にどんな影響があるのかわからないけれど、そんな仕草さえカッコ良く見えてしまう。ミラーボールが輝く中、「大阪で生まれた女」をお客さんとともに唄い、間奏ではハープを吹きまくる。

ショーケンは今年でデビュー50周年、書斎を整理したら出てきたという「もう一度抱いて」を披露。なんでもステージでは初演奏とのこと、レゲエ・ソングは当時としてはあまりにも早過ぎたか。続いてお馴染みの「54日間待ちぼうけ」、サックスがとってもイイ感じにからみつく。「ハローマイジェラシー」では、途中にJohn Lennonの「イマジン」が挿入されるアレンジ。この曲でもサックスが大活躍。残念ながら名前は知らないけれど、このサックスとってもイイな。これまた未発表だという「セクシーロンリーナイト」を演奏したあと、「ぐでんぐでん」「神様お願い」で盛りあがって本編はあっという間に終了。アンコールに突入し、ショーケンは白いロングTシャツに黒い革ベストに着替えて登場。白いストラトをKeith Richards風に操りながら、「ショーケントレイン」をブチかます。そして最後は「さよなら」。この瞬間にピッタリのバラード。心にグッとくる。メンバーが退場したあと、ステージ上空から降りてきたスクリーンに、これまでのショーケンの活動を総括するような写真が映し出される。こうして17時40分過ぎ、本日のライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. God Bless You 去年の暮れ-予感
M02. Ah! Ha!
M03. ラストダンスは私に
M04. 大阪で生まれた女
M05. もう一度抱いて
M06. 54日間待ちぼうけ
M07. ハローマイジェラシー
M08. セクシーロンリーナイト
M09. ぐでんぐでん
M10. 神様お願い

アンコール
EN1. ショーケントレイン
EN2. さよなら

2017年 5月 8日(月) 六本木 Billboard LIVE TOKYO
「〜Last Dance〜」
萩原健一

今日も六本木 Billboard LIVE TOKYOへ、萩原健一「〜Last Dance〜」を観に行く。昨日と今日の東京2days、今日は2nd stageにしたので、開演時間までにはかなり余裕がある。ミッドタウン地下の「デリー」でカレーを食べようとしたら、なんと閉店していた・・・。仕方がないので、行きつけの「東京食品」で軽く呑み喰いして時間調整。21時10分ごろ会場入り。今回はメンバーズシート19b。ステージ下手、前から二番目のテーブル。昨日に比べるとちょっと遠いけど、ポジション的には充分満足できる。

予定通り、21時30分に開演。いつものように雷鳴が轟き、ステージ下手の階段を降りて、メンバーがステージに登場。ショーケンは黒いパンツに黒いシャツ、白いベストと白いジャケット。昨日と同じ衣装。オープニングは「God Bless You」、今夜は黒のリッケンバッカーをかき鳴らしながら唄う。それから「Ah! Ha!」「ラストダンスは私に」「大阪で生まれた女」、セットリストは昨日と同じ。ショーケンは今年でデビュー50周年、「本来ならば孫がいてもいい頃」なんて言葉を漏らす。書斎を整理したら出てきたという「もう一度抱いて」、法治国家ゆえ歌詞の内容はちょっと変えているらしい。お馴染みの「54日間待ちぼうけ」に続いて、切ないバラード「ハローマイジェラシー」。途中にJohn Lennonの「イマジン」が挿入されるアレンジで、今夜もサックスが大活躍。

これまた未発表だという「セクシーロンリーナイト」を演奏したあと、「ぐでんぐでん」「神様お願い」で盛りあがって本編はあっという間に終了。アンコールに突入し、ショーケンは白いロングTシャツに黒い革ベストに着替えて登場。白いストラトをKeith Richards風に操りながら、「ショーケントレイン」をブチかます。ここでお客さんは総立ちとなり、大盛りあがりの中をショーケンはノリノリでパフォーマンス。昨日と比べて今日のほうが、声がよく出ていてのびのびとしているような気がする。最後に「さよなら」を演奏してメンバーは退場。ショーケンと握手することが出来た。ステージ上空から降りてきたスクリーンに、これまでのショーケンの活動を総括するような写真が映し出され、22時45分過ぎに本日のライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. God Bless You 去年の暮れ-予感
M02. Ah! Ha!
M03. ラストダンスは私に
M04. 大阪で生まれた女
M05. もう一度抱いて
M06. 54日間待ちぼうけ
M07. ハローマイジェラシー
M08. セクシーロンリーナイト
M09. ぐでんぐでん
M10. 神様お願い

アンコール
EN1. ショーケントレイン
EN2. さよなら

2017年 5月12日(金) 大阪 オリックス劇場
「僕らのポプコンエイジ2017 〜Forever Friends, Forever Cocky Pop〜」
八神純子、Chage、石川優子、森川美穂、世良公則、谷山浩子、三浦和人

今日は休みをとって、大阪〜京都をめぐる旅に出かける。12時10分発の新幹線に乗り込み、新大阪駅に到着したのは14時40分。そのまま御堂筋線でなんばへ。とりあえず道頓堀あたりを散策。そして16時前には、今夜泊まる「ル・ボテジュールナンバ」へチェックイン。このホテルは何度も泊まっているけど、便利でそれなりの感じが気に入ってる。しばらく部屋で休んだあと、アメリカ村を通って今夜のライブ会場へ。

今夜はオリックス劇場で「僕らのポプコンエイジ2017 〜Forever Friends, Forever Cocky Pop〜」。昨年に続いての開催、お目当てはもちろん石川優子だけれども、それ以外のアーティストも楽しみ。会場のオリックス劇場は初めて来たけど、こじんまりとした歴史を感じさせるホール。旧・大阪厚生年金会館。椅子が小さいからちょっと窮屈だけれども、昔ながらのホールだけに仕方がない。18時40分ごろ会場入り。今日の席は1階9列38番。ステージ真正面の好ポジション。大阪では初の開催ということもあり、客席はびっしりと埋め尽くされている。

予定どおり19時ちょうどに開演。まずは八神純子が登場して、「みずいろの雨」を唄う。ドラム、ベース、ギター、キーボード、ピアノという編成のバンドをバックに、ブルーの衣装を着た純子さんがあいかわらずのハイトーンを聴かせる。恐ろしいほどの安定感、この人はホントに変わらないな・・・。「黙っていれば友達になれない。叫ばなければ消え去ってしまう」という「COCKY POP」のオープニングフレーズを言ったあと、純子さんは「明日の風」を披露。今回も1アーティスト2曲づつを唄うという展開、進行役はChageと三浦和人。Chageはそのまま三浦さんといっしょに、“チャゲ&飛鳥”の「ひとり咲き」を演奏。この曲はかなり思い入れがある曲なので、ナマで聴けたのは嬉しかった。Chageは新曲の「たった一度の人生ならば」を唄い終わると、「次の方は27年ぶりにステージに帰って来てくれました」と紹介。

ということは・・・いきなりのユッコ登場に、会場が一気に爆発する。白のトップスに黒のパンツルックというユッコらしい衣装で「シンデレラ・サマー」を唄う。澄み切ったクリスタルボイスは、今年もまた健在。嬉しくて涙が出そうになる。「私が興奮してどうする・・・」と言いながら、息を整えるユッコ。そんなところは昔のまま。大阪はユッコの地元ということもあり、そんな事を話しながら次の曲は「Lonely Symphony」。この曲は、東芝EMI時代のアルバム「月曜日のシャンプー」に収録されている曲。個人的にはあまり思い入れはないけど、伸びやかな唄声に思わず聴き惚れる。続いてユッコは、Chageをステージに呼び込む。「27年ぶり〜」と言うChageに、「ゆうこりん星にしばらく行っていた」と応えるユッコ。さすが阿吽の呼吸の二人。そして「二人の愛ランド」が始まると、お客さんは総立ちになって盛りあがる。あっという間のひとときだったけれども、一気に完全燃焼した。。。

次に登場したのは森川美穂。伸びやかなヴォーカルで「Blue Water」を唄う。「楽屋が女子全員だったので緊張した」と言いつつ、お客さんを一気に巻き込むトークがいい。「Life is Beautiful」をしっとりと唄いあげたあと、Chageと三浦和人とともにバンドメンバー紹介。ここでひとまず全員退場して、ステージには世良公則が登場。ピアノを弾くのは“TWIST”の神本宗幸。それにバイオリンが加わって、アコースティックセットで「あんたのバラード」を唄う。昔と同じような、どこかちょっと違うような、なんとなくヘンな感じがするのは何故だろう。世良さんは「アイノウタ」を熱唱して、一気に会場を自分のモノにする。続いて登場したのは谷山浩子。あいかわらず小気味良いトークを繰り広げる。だけど今日の照明はお客さんの顔を照らし出そうという演出なのか、客席に向かってライトが強烈にあてられていて、まぶしいったらありゃしない。それはさておき「おはようございますの帽子屋さん」「カントリーガール」と、好きな曲が聴けて良かった。トリは三浦和人。“雅夢”の「愛はかげろう」と、最近のナンバーから「夜明け前」を演奏。最後に八神純子を除く出演者全員がステージに登場して、スタンダードナンバーの「出発の歌」。この曲はポプコンソングではないけれど、とっても好きな曲なので嬉しかった。アンコールの拍手が鳴りやまない中、21時過ぎにライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. みずいろの雨 [八神純子]
M02. 明日の風 [八神純子]
M03. ひとり咲き [Chage+三浦和人]
M04. たった一度の人生ならば [Chage]
M05. シンデレラ・サマー [石川優子]
M06. Lonely Symphony [石川優子]
M07. ふたりの愛ランド [石川優子とチャゲ]
M08. Blue Water [森川美穂]
M09. Life Is Beautiful [森川美穂]
M10. あんたのバラード [世良公則]
M11. アイノウタ [世良公則]
M12. おはようございますの帽子屋さん [谷山浩子]
M13. カントリーガール [谷山浩子]
M14. 愛はかげろう [三浦和人]
M15. 夜明け前 [三浦和人]
M16. 出発の歌 [全員]

2017年 5月14日(日) よこすか芸術劇場
「僕らのポプコンエイジ2017 〜Forever Friends, Forever Cocky Pop〜」
八神純子、Chage、石川優子、杉山清貴、相曽晴日、鈴木康博、辛島美登里、三浦和人

今日はよこすか芸術劇場へ、「僕らのポプコンエイジ2017 〜Forever Friends, Forever Cocky Pop〜」を観に行く。新横浜駅で新幹線を降り、横浜線で横浜駅へ。そこから更に横須賀線に乗り換える。横須賀は横浜の隣ぐらいの感覚でいたのに、逗子や鎌倉よりも遠いとはビックリした。京都へ行く以上に「旅行している感覚」を満喫。それでもなんとか16時ごろ横須賀駅に到着。横須賀へ来るのは生まれて初めて? 港の景色がなんとも言えない雰囲気を醸し出している。公園の薔薇の花に見とれつつ、ようやく今夜の会場「よこすか芸術劇場」に到着。しばらく時間調整して、16時45分ごろ会場入り。今日の席は、1階J列24番。ややステージ上手寄りだけど、ステージが近くてなかなかの好ポジション。この会場は5階まで席があり、まるでオペラハウスみたいな雰囲気。

予定どおり17時ちょうどに開演。まずは八神純子が登場して、「みずいろの雨」を唄う。ドラム、ベース、ギター、キーボード、ピアノという編成のバンドをバックに、ブルーの衣装を着た純子さんがあいかわらずのハイトーンを聴かせる。「黙っていれば友達になれない。叫ばなければ消え去ってしまう」という「Cocky Pop」のオープニングフレーズを言ったあと、純子さんは「明日の風」を披露。進行役のChageと三浦和人が登場し、さらにステージへ杉山清貴を呼び込む。そして三人で“チャゲ&飛鳥”の「ひとり咲き」を演奏。ちょっとボリューミィだけど、なかなか良かった。Chageは新曲の「たった一度の人生ならば」を唄い終わると、「次の方はとても素敵な女性です。名前は控えます」と紹介。

登場したのは、もちろんユッコ。白のトップスに白のパンツルック、スパンコールのアクセント。澄み切ったクリスタルボイスで「シンデレラ・サマー」を唄う。客席はいきなりハイテンション。水を飲んで息を整えながら、「いま唄った「シンデレラ・サマー」は36年前に発売された」と話す。それでも「唄のタイムマシン・パワーを感じる」と言いながら、バラード「Lonely Symphony」を唄いあげる。そしてユッコは「やっぱりココでこの人を呼ばなくては!」と、Chageをステージに呼び込む。「ゆうこりん星にしばらく行っていた」というのは、すっかり定番のギャグになってしまったな。テレビ収録があるからということで、Chageは半分の長さのスタンドマイクを手に取る。そして「二人の愛ランド」が始まると、お客さんは総立ちになって大盛りあがり。あっという間のひとときだったけれども、一気に完全燃焼した。。。

次に登場したのは杉山清貴。三浦和人と相曽晴日をコーラスに迎えて「GOSPELの夜」を唄う。この人も良い意味でも悪い意味でも変わらない。そしてキラーチューンの「さよならのオーシャン」。続いて相曽晴日が登場して、ピアノを弾きながら「トワイライト」「プラネタリウムの丘」を唄う。あいかわらず伸びやかで素敵な唄声、集中してうっとりと聴き惚れる。そのまま相曽晴日は、Chageと三浦和人とともにバンドメンバー紹介。ここでひとまず全員退場して、ステージには鈴木康博がギターを抱えて登場。“オフコース”のデビュー曲「群衆の中で」を唄う。いい曲だけど、確かに暗い・・・。次に唄った「一億の夜を越えて」は、アップテンポでなかなかゴキゲンな曲だったけれども。続いて辛島美登里が登場して、「雨の日」をピアノで弾き語り。あいかわらず独特な世界観。それから「冬の曲だけど、夏が来てまた冬が来るという事で」と言い「サイレント・イヴ」。トリは三浦和人。“雅夢”の「愛はかげろう」と、最近のナンバーから「夜明け前」を演奏。最後に八神純子を除く出演者全員がステージに登場して、中島みゆきの「時代」を唄う。ポプコンが生んだ名曲中の名曲、思わず胸にグッときてしまった。アンコールの拍手が鳴りやまない中、19時10分過ぎにライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. みずいろの雨 [八神純子]
M02. 明日の風 [八神純子]
M03. ひとり咲き [Chage+三浦和人+杉山清貴]
M04. たった一度の人生ならば [Chage]
M05. シンデレラ・サマー [石川優子]
M06. Lonely Symphony [石川優子]
M07. ふたりの愛ランド [石川優子とチャゲ]
M08. GOSPELの夜 [杉山清貴]
M09. さよならのオーシャン [杉山清貴]
M10. トワイライト [相曽晴日]
M11. プラネタリウムの丘 [相曽晴日]
M12. 群衆の中で [鈴木康博]
M13. 一億の夜を越えて [鈴木康博]
M14. 雨の日 [辛島美登里]
M15. サイレント・イヴ [辛島美登里]
M16. 愛はかげろう [三浦和人]
M17. 夜明け前 [三浦和人]
M18. 時代 [全員]

2017年 5月20日(土) 市川市文化会館 大ホール
「僕らのポプコンエイジ2017 〜Forever Friends, Forever Cocky Pop〜」
八神純子、Chage、石川優子、スリーハンサムズ、因幡 晃、谷山浩子、三浦和人

今日は市川市文化会館へ、「僕らのポプコンエイジ2017 〜Forever Friends, Forever Cocky Pop〜」を観に行く。府中から始まった「僕らのポプコンエイジ2017」も、いよいよ今日が最終日。ユッコに会えるのも今年はこれで最後かと思うと、ちょっとだけ寂しい。そんな想いを抱きつつ、都営新宿線に乗って本八幡駅へと向かう。時間はけっこうかかるけど、地元駅から電車一本で行けるというのは嬉しい。駅前をしばらく散策したあと、16時40分ごろ会場入り。石川優子部の皆さんと贈ったスタンドフラワーをチェック。今日もロビーを綺麗に彩っている。今日の席は、1階9列28番。ステージ真正面、ステージが近くて最高のポジション。こじんまりとした会場だけれど、それだけにギュッと濃縮された雰囲気がイイ。

予定どおり17時ちょうどに開演。まずは八神純子が登場して、「みずいろの雨」を唄う。ドラム、ベース、ギター、キーボード、ピアノという編成のバンドをバックに、ブルーの衣装を着た純子さんがあいかわらずのハイトーンを聴かせる。これまで観た二回とまったく同じオープニング。だけど何回観ても素敵。純子さんは「黙っていれば友達になれない」と言って、お客さんに次のフレーズを促すが、思うようなリアクションが得られず、自分で「叫ばなければ消え去ってしまう」と継ぎ足す。純子さんはこれまでより若干多くおしゃべりしたあと、最近のナンバーから「明日の風」を披露。進行役のChageと三浦和人が登場し、二人で“チャゲ&飛鳥”の「ひとり咲き」を演奏。Chageは新曲の「たった一度の人生ならば」を唄い終わると、「次は素敵な女性がお待ちしています。市川・・・石川優子さんです!」とベタな紹介。

ユッコは白のトップスに黒のパンツルック、スパンコールのアクセントという衣装で登場。一斉に沸き起こるユッココールの中、澄み切ったクリスタルボイスで「シンデレラ・サマー」を唄う。ユッコは「こんばんは! 市川・・・石川優子です」と挨拶。こういう機転が利くところ好きだわ。水を飲んで息を整えてから、ポプコンとの出会いや出演するまでのいきさつを話す。続いて「Lonely Symphony」を唄いあげたあと、ファンのみんなに感謝の言葉を述べる。そしてユッコは「それではココでこの人を呼ばなくては!」と、Chageをステージに呼び込む。半分の長さのスタンドマイクを手にしたChage、「そろそろライブやればいいじゃん」とポツリ。大歓声に包まれるフロア・・・ユッコは言葉を濁していたけれど、是非ともお願いしたいものだ。そして「ふたりの愛ランド」が始まると、お客さんは総立ちになって大盛りあがり。ひとまずこれで最後だけれども、完全燃焼する事が出来たので大満足。

次に登場したのは“スリーハンサムズ”。元“ふきのとう”の細坪基佳、“NSP”の中村貴之・平賀和人から成るユニット。“NSP”の「汗」から始まり、“ふきのとう”の「風来坊」へと演奏は続いていく。それからしばらく封印していたという“NSP”の「さようなら」を披露。ヴォーカルとコーラスと楽器が一体となって、なんとも言えない壮大な空間を創り上げる。“NSP”はもともとハードROCKバンドだったらしいけど、まさにプログレみたいで感動的であった。バンドメンバー紹介をはさんで登場したのは因幡 晃。バンドをバックにアコースティックギターを弾きながら、「わかって下さい」を唄う。この唄をナマで聴く日が来るとは・・・そしてこの人、メチャメチャ唄がうまいじゃないの。長髪にサングラスという怪しげな風貌、唄うときとはうって変わって明るいMC、ツッコミどころは満載だけど、観たことのない素晴らしいアーティストってまだまだたくさん居るんだな。ハンドマイクで「別涙」を唄ったあと、入れ替わりに谷山浩子がステージに登場。お馴染みのナンバー「カントリーガール」と、11年前に出た新しい曲という紹介で「テルーの唄」を披露。トリは三浦和人。“雅夢”の「愛はかげろう」と、最近のナンバーから「夜明け前」を演奏。最後に八神純子を除く出演者全員がステージに登場して、中島みゆきの「時代」を唄う。今年の「僕らのポプコンエイジ」コンサートもこれでおしまい・・・。一抹の寂しさと名残惜しさを感じつつ、19時10分過ぎにライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. みずいろの雨 [八神純子]
M02. 明日の風 [八神純子]
M03. ひとり咲き [Chage+三浦和人]
M04. たった一度の人生ならば [Chage]
M05. シンデレラ・サマー [石川優子]
M06. Lonely Symphony [石川優子]
M07. ふたりの愛ランド [石川優子とチャゲ]
M08. 汗 [スリーハンサムズ]
M09. 風来坊 [スリーハンサムズ]
M10. さようなら[スリーハンサムズ]
M11. わかって下さい [因幡 晃]
M12. 別涙 [因幡 晃]
M13. カントリーガール [谷山浩子]
M14. テルーの唄 [谷山浩子]
M15. 愛はかげろう [三浦和人]
M16. 夜明け前 [三浦和人]
M17. 時代 [全員]

2017年 5月23日(火) 青山 Blue Note Tokyo

STANLEY CLARKE

今日は青山 Blue Note Tokyoへ、Stanley Clarkeのライブを観に行く。Stanley Clarkeのライブを観るのは、2011年9月の“RETURN TO FOREVER”以来。今回は至近距離で憧れのベーシストのプレイが観られるということでチケットを確保した。なんだかんだで職場を出るのが18時半過ぎになってしまい、表参道駅に到着したのは19時過ぎ。とりあえず会場に行ってチェックインを済ませ、近所のつけ麺屋「でんまる」で腹ごしらえ。開場時間の20時20分に合わせて再び会場へ。整理番号18番で入場。番号はそれほど良くなかったけど、ラッキーな事にステージ正面のテーブル二列目に座ることが出来た。なんとなく空いているのかな?と思いきや、開演が近づくにつれて座席はビッシリと埋まっていた。

予定より少し遅れて、21時05分ごろ開演。Drums:Michael Mitchell、Piano&Keyboards:Ruslan Sirota、Keyboards:Caleb McCampbellという変則的な編成のバンドを引き連れ、Bass:Stanley Clarkeがステージに登場。ブルージーンズに白いポロシャツというラフなスタイルがちょっと意外な印象。まずはアレンビックのベースを手に取り、ジャムセッション開始。重厚なリズムを刻みつつ、超絶的な指弾きを披露。やっぱりスゴイなぁ〜。それに呼応するように、ドラム、キーボード、ピアノも超絶的なプレイを見せる。それをただじっと凝視する・・・なんともスリリングで楽しい。

今夜はセットリストらしいセットリストは無い模様。延々とジャムセッションが続く。Stanleyはベースをコントラバスに持ち替え、これまた超絶的なインプロビゼーションを繰り広げる。指弾き、弓弾き、スラップ、ありとあらゆるテクニックを駆使して、徹底的なプレイを聴かせる。曲や歌詞に思い入れたっぷりで聴くのもいいけど、こうしてひたすら演奏に集中するのもイイ。ドラムはものすごくパワフルだし、ピアノは超絶的な指さばきだし、キーボードはカラフルな音作りだし、それぞれ良かったけど、やっぱりベース中心に観てしまう。70分ぐらいの演奏でアンコールに突入。再びアレンビックを手に取るStanley。軽い感じでセッションすると、アレンビックを手にさっさとステージを降りていってしまった。ちょっと拍子抜けしたエンディングだけど、演奏には大満足。22時20分ごろ終了。

【Members】
Bass:Stanley Clarke
Drums:Michael Mitchell
Piano&Keyboards:Ruslan Sirota
Keyboards:Caleb McCampbell


2017年 6月 4日(日) 中野サンプラザ
「PERSONZ 20170604 NAKANO SUNPLAZA [NO MORE TEARS RELOAD]」
PERSONZ

今日は中野サンプラザへ、PERSONZ「NO MORE TEARS RELOAD」を観に行く。1989年の「WONDERFUL MEMORIES」ツアーのファイナル2DAYSが行われた中野サンプラザで、このライブを再度RELOADするという「NO MORE TEARS」完全再現ライブ。友達が取ってくれたプレミアムシートは、1階2列21番という神席。ステージが近いのなんの、おまけにほぼ正面で申し分のないプレミアム感。

予定より遅れて、17時05分過ぎにスタート。Drums:藤田 勉、Bass:渡邉 貢、Guitar:本田 毅、Vocal:JILLがステージに登場。オープニングは「BIG COUNTRY」。「28年ぶりの中野サンプラザです!」とJILLは挨拶。「MARQUEE MOONを聞きながら」「SPECIAL SPARKLING' HEARTS」をはさんで、三枚目のアルバム「NO MORE TEARS」からのナンバーが次々と演奏されていく。このアルバムは『青春』と言うには遅すぎるけど、確かにあの頃の自分がそこにいる。「ROCK MY HEART」「PIECE OF TEARS」「TO THE 1999 : XANADU」を続けて演奏したあと、最初からずっとスタンディング状態だったお客さんを座らせるJILL。「座るとまた違う世界が見えるかもしれないよ」という言葉がなんだかイカしている。そして「BELIEVE」「DEAREST BOY」「WONDERFUL MEMORIES」をじっくりと聴かせる。

本田くんのギターは、あいかわらず色鮮やか。“PERSONZ”のサウンドの要はやっぱりこの人。渡邉さんのベースは、ズシリとぶっとい音。激しいダウンピッキングにはちょっと感動。藤田さんのドラムは、シンプルかつタイト。クリアなスネアの音が自分好み。そしてJILL。伸びやかでパワフルなヴォーカル。改めて唄が上手いなと感じた。JILLの「Stand Up! Please!!」の掛け声とともに再び総立ちになり、いよいよ終盤の盛りあがり。「Sleeping Beauty」「BE HAPPY」といったお馴染みのナンバーに続いて「TOKIO'S GLORIOUS」。JILLは「オズの魔法使い」の一節を引用してから、「7 COLORS (Over The Rainbow)」。やっぱりこのあたりの曲はいいなぁ〜アガるなぁ〜と思っていると、早々に本編は終了。

アンコールに突入して、JILLはひとりひとりメンバーを呼び込んで紹介。そして今日のために書きおろしてきたという新曲「NO MORE TEARS - SPIN A STORY」を披露。今夜のライブは、単に懐かしさを追求するのではなく、今とこれからを感じさせるステージ。過去の作品を現在の形でリロードして、そして今日のための新曲まで披露するという。メンバーそれぞれの音楽に対する真剣な思いが、痛いほどに伝わってくる。「Dreamers」「MIGHTY BOYS-MIGHTY GIRLS」で盛りあがって、一回目のアンコールは終了。二回目のアンコールが始まり、「THE SHOW MUST GO ON」でちょっとしたハプニング。だけどまさに「どんなことがあっても、SHOWは続けよう!」という感じでライブは進行。そして最後はもちろん「DEAR FRIENDS」。いやぁ〜やっぱりこの曲はたまらない。いろいろな思いが駆け巡る中、19時30分ごろライブは終了。

【セットリスト】
M01. BIG COUNTRY
M02. MARQUEE MOONを聞きながら
M03. SPECIAL SPARKLING' HEARTS
M04. ROCK MY HEART
M05. PIECE OF TEARS
M06. TO THE 1999 : XANADU
M07. BELIEVE
M08. DEAREST BOY
M09. WONDERFUL MEMORIES
M10. Sleeping Beauty
M11. BE HAPPY
M12. TOKIO'S GLORIOUS
M13. 7 COLORS (Over The Rainbow)

アンコール1
EN1. NO MORE TEARS - SPIN A STORY
EN2. Dreamers
EN3. MIGHTY BOYS-MIGHTY GIRLS

アンコール2
EN4. THE SHOW MUST GO ON
EN5. DEAR FRIENDS

2017年 6月 6日(火) 青山 Blue Note Tokyo

The Original BLUES BROTHERS BAND

今日は青山 Blue Note Tokyoへ、“The Original BLUES BROTHERS BAND”のライブを観に行く。“BLUES BROTHERS BAND”は一年ぶりの来日、今回は6月2日から今日まで4日間の公演。2nd stageを予約したので、18時過ぎまで仕事して、晩ごはんを食べてから会場入り。予定通り20時20分に開場して、整理番号16番で入場。ちょうどいい具合に席が空いていて、ステージ真正面二列目の席をゲット。ドラムセットを左右から取り囲むようにギターアンプがセッティングされていてカッコいい。

予定より遅れて、21時05分ごろ開演。フロア後方から、Drums:Lee "Funkytime" Finkelstein、Bass:James Haggerty、Keyboards:Leon "The Lion" Pendarvis、Guitar:Steve "The Colonel" Cropperがステージに登場。聴き慣れたイントロから「GREEN ONIONS」が始まる。Cropperさんのギターはあいかわらずイイ音。曲の途中で、Guitar:John "Smokin" Tropea、Sax:Lou "Blue Lou" Marini、Trumpet:Steve "Catfish" Howard、Trombone:Larry "Trombonius Maximus" Farrellが加わる。Cropperさんのギターの音も大きいけど、Tropeaさんのギターの音がまた大きい。私の席からは、向かって左にCropperさん、右にTropeaさんが見える。なんという贅沢。Cropperさんは決して難しいことやっていないんだけど、存在感があり過ぎ。対するTropeaさんは、さすがにテクニシャンという感じ。指使いとかすごくキレイ。Cropperさんは左手の親指を駆使するのに対して、Tropeaさんは全く使わず。そのままインストで、「PETER GUNN THEME」「SOUL FINGER」で演奏。

そしてVocal:Tommy "Pipes" McDonnell、Rob "The Honeydripper" Paparozziが加わって「GOING BACK TO MIAMI」。激しい二人のパフォーマンスにつられて、フロアもヒートアップ。映画でお馴染みのオープニングシーンを再現しながら「SHE CAUGHT THE KATY」を唄い、そのまま「MESSIN’ WITH THE KID」へと、演奏は流れるように続いていく。それにしても楽しい。終始ニコニコして見入ってしまう。ステージのミュージシャンも楽しそう。音楽って本当に楽しいんだなぁ〜という事を、改めて認識する。毎度のことだけれども。Robの吹くBlues Harpがとってもイカす。とっても上手くて、ちょっと感動。ここでBobby "Sweet Soul" Hardenがステージに呼び込まれて「FLIP FLOP FLY」。マイクのボリュームが小さいのか? ヴォーカルが聴こえずらくて残念。「SHOTGUN BLUES」でCropperさんとTropeaさんがねちっこいソロ合戦を繰り広げたあと、白い燕尾服に着替えたBobbyが「MINNIE THE MOOCHER」を唄う。映画のようなワンシーン。続く「SWEET HOME CHICAGO」から、お客さんは総立ちで踊りまくる。三人のヴォーカルが、入れ替わり立ち替わり唄いまくる姿は圧巻。だけど黒づくめの三人が固まって唄うシーンは、ちょっと暑苦しく感じた(笑)。そして最後はキラーチューンの「SOUL MAN」。Cropperさんが弾くイントロに悶絶。この手のハコでは珍しく爆音で、若干音が回ってる気もしたけど、とにかく気持ち良くてゴキゲン。ただ、私は二回マイクを向けられたけど、音が回りまくって自分の声が聞こえなかった。

アンコールに突入し、まずはLouさんがひとりステージに登場。メンバーをひとりひとり紹介し、スタッフに感謝の意を述べる。Louさんはお客さんに語り掛けるように話していて、私ともずっと目を合わせてくれた。しかしLouさんのTシャツの胸には、「FUNKY 納豆」の文字が! お客さんは思わず爆笑。ドラムのLeeさんの胸元には「霊気」と書いてあるし、なんだかなぁ〜。Tシャツはお茶目でも演奏はもちろん最高。「WHO'S MAKIN LOVE」「FUNKY NASSAU」と演奏して、最後の曲は「EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE」。もう言うことナシ。本当に心から楽しめたライブ、22時35分ごろすべて終了。

【Members】
Drums:Lee "Funkytime" Finkelstein
Bass:James Haggerty
Guitar:Steve "The Colonel" Cropper
Guitar:John "Smokin" Tropea
Keyboards:Leon "The Lion" Pendarvis
Sax:Lou "Blue Lou" Marini
Trumpet:Steve "Catfish" Howard
Trombone:Larry "Trombonius Maximus" Farrell
Vocal:Rob "The Honeydripper" Paparozzi
Vocal:Tommy "Pipes" McDonnell
Vocal:Bobby "Sweet Soul" Harden

【Setlists】
M01. GREEN ONIONS
M02. PETER GUNN THEME
M03. SOUL FINGER
M04. GOING BACK TO MIAMI
M05. SHE CAUGHT THE KATY
M06. MESSIN’ WITH THE KID
M07. FLIP FLOP FLY
M08. SHOTGUN BLUES
M09. MINNIE THE MOOCHER
M10. SWEET HOME CHICAGO
M11. SOUL MAN

Encore
EN1. WHO'S MAKIN LOVE
EN2. FUNKY NASSAU
EN3. EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE

2017年 6月10日(土) 中野サンプラザホール
「PERFORMANCE 2017」
山下達郎

ツアー終了後にアップします。

2017年 6月17日(土) 代々木公園 野外ステージ
「第6回 ワールドグルメ&ミュージック フェスタ in 代々木公園 2017」
麻美ゆま

午後になって出かける。ブラブラと歩いて代々木公園へ。今日は「第6回 ワールドグルメ&ミュージック フェスタ in 代々木公園 2017」が開催されている。お目当ては麻美ゆま。14時50分ごろ野外ステージに着くと、ファンと思わしき人がたくさん。それでもなんとか三列目を陣取り、演奏が始まるのを今か今かと待ちかまえる。ステージ上ではセッティングの真っ最中。なかなかゆるい感じで音出しをしている。

予定より遅れて、15時05分過ぎに演奏スタート。ドラム、ベース、キーボード、パーカッション、サックス、コーラス×2という大所帯のバンド、そしてヴォーカルの麻美ゆま。白いトップスに赤いスカートという衣装がとっても可愛い。ゆまチンは赤のストラトキャスターをかき鳴らしながら、ハツラツとしたヴォーカルを聴かせる。ゆまチンの唄は初めて聴いたけど、めちゃめちゃ上手いんだね〜ちょっと感動した。ストラトは一曲目だけプレイして、あとは白いハンドマイクでステージを動きまわりながら唄う。前半はオリジナルを三曲ほど。どの曲も元気ハツラツという感じで、観ているだけで楽しくなる。続いて洋楽メドレー。「ABC」「Can't Take My Eyes Off You」「Hot Stuff」というナイスな選曲。それから夏にちなんでということで「タッチ」。どういう繋がりかは知らないけど、これまた嬉しいチョイス。オリジナルの「Let it Roll」で盛りあげた後、「『ラ・ラ・ランド』のあの曲!」という紹介で「Another Day Of Sun」。今日のバンドは急造メンバーみたいだけど、凄腕ぞろいでなかなかゴキゲンな演奏。それに負けずとも劣らないゆまチンのヴォーカル。はっきり言ってスゴイわ。そして最後はアコースティックギターを弾きながら、「Re Start〜明日へ〜」でフィナーレ。45分ほどの演奏時間だったけれど、とっても大満足のステージであった。

ライブ終了後、せっかくなのでフェスを満喫。マンゴービールとやらを飲みながら、ちょっぴり辛いタイ料理を食べる。ステージでは次のバンドの演奏が始まっている。なかなか上手い演奏。いろいろと見て廻りたいと思ったけど、何がどうなってるかわからず仕舞い。仕方がないので、再びブラブラと歩いて17時ごろ帰宅。

【セットリスト】
M01. Don't Look Back
M02. うらはら Love!
M03. ギリ☆ギリ My Way
M04. 洋楽メドレー
M05. タッチ
M06. Let it Roll
M07. Another Day Of Sun
M08. Re Start〜明日へ〜

2017年 6月18日(日) 新宿 LOFT
「有頂天ワンマンライブ 2017・初夏〜35年目の神経衰弱〜」
有頂天

今日は新宿LOFTへ、有頂天「ワンマンライブ 2017・初夏〜35年目の神経衰弱〜」を観に行く。下北沢GARDENで行われる「藤井一彦 生誕半世紀大感謝祭」とどちらへ行くか悩んだけれど、“有頂天”のワンマンは今年最後だと聞き、最終的にこちらへ行くことにした。18時半開場のところ、5分遅れぐらいで会場に到着。まだ入場の真っ最中。整理番号は44番だけど、今日はどうやら全チケット並列入場の模様。ステージ下手の五列目ぐらいにポジショニング。それでもステージはけっこう観やすい。

予定より遅れて、19時05分すぎにスタート。無機質な電子音が鳴る中、ステージを覆っていた幕があがるとお馴染みの衣装を着たメンバー。Drums:ジン、Bass:クボブリュ、Keyboards:シウ、Guitar:コウ、そして金髪トロージャンのVocal:KERA。「フィニッシュ・ソング」から始まり「スリーパー」「100年」「壺」と、ミディアムテンポながら“有頂天”らしい曲が続く。「壺」の歌詞をもじって「クボ、クボ、世の中をなんとかしてくれ〜クボッ!」と唄いながら、「共謀罪が強行採決されたこのタイミングでライブはどうなの?」と相変わらずシニカルなKERA。そして「君はガンなのだ」。この曲を最初に聴いたときは驚いたけど、いま聴くといろいろな想いが駆け巡る。今日のライブは結成35周年記念ではあるけれど、選曲は再結成後のアルバムのナンバーが中心。「墓石と黴菌」「嘘つきマーキュリー」「世界」「コレカラノヒト」「幽霊たち」、いまの“有頂天”を堪能。「世界」はライブでは初演奏だし、「幽霊たち」ではコウが12弦ギターで曲に表情をつける。

KERAは「有頂天は35年前に新宿JAMでデビューライブをした」という話から、それからのメンバーの変遷や、今や伝説となっている鹿鳴館での動員ZEROライブの話をする。そんな話の流れから「おすもうさんの唄」。KERAはステージサイドにはけて、クボブリュがヴォーカルをとる。次の「もっとサティスファイド」といい、やっぱりこの時代の曲は今でも大好きだなぁ〜。KERAは先週あたり「風邪ひいた」とつぶやいていたので心配していたけど、大丈夫そうでなにより。曲の途中でこれ見よがしにハナかんだりはしていたけど。まぁ、それもパフォーマンスのひとつということで。再び最近のアルバムから「懐かしさの行方」「ルール」をプレイしたあと、「最後のブロックです。わぁ〜っ!となってください」とKERAはお客さんを煽る。「B.C.」「千の病を持つ男」「Happy Sleep」が続けて披露され、文字通り「わぁ〜っ!」となるフロア。そして最後は「アローン・アゲイン」を演奏して、本編は終了。

アンコール、「カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ」のTシャツに着替えてメンバーがステージに登場。クボブリュがマイクに向かって演説を始め、「monkey's report (ある学会報告)」がスタート。続いて「ニーチェズ・ムーン」。スイスイと泳ぐように唄うKERAは植木 等そっくり。「カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ」からの二曲を演奏して、一回目のアンコールは終了。二回目のアンコール、「椅子のあるところでもやりたいんですけどね〜」とKERA。「立っていてもすごく楽ならいいのか? 気持ちよくなる薬を配るとか」と言うところばブラック。演奏されたのは「カイカイデー」。これはまた懐かしくてたまらない選曲。続いて「Sの終わり」を演奏して、二回目のアンコールは終了。KERAは演奏が終わると、スッと我に返って楽屋へ引き上げる。その姿がカッコいい。そしてここからはまさかの展開、とうとう三回目のアンコールに突入。ライブ前半で「アンコールは心がこもっていれば、10回でも20回でもやります」と言ったとはいえ、「何回でもやると言ったけど、言葉の綾だ。これで勘弁ね。これが∞(無限大)ということで」とKERA。「四ツ足坂」から「べにくじら」というちょっと意外な選曲で、21時15分ごろライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. フィニッシュ・ソング
M02. スリーパー
M03. 100年
M04. 壺
M05. 君はガンなのだ
M06. 墓石と黴菌
M07. 嘘つきマーキュリー
M08. 世界
M09. ダンス
M10. コレカラノヒト
M11. 幽霊たち
M12. おすもうさんの唄
M13. もっとサティスファイド
M14. 懐かしさの行方
M15. ルール
M16. B.C.
M17. 千の病を持つ男
M18. Happy Sleep
M19. アローン・アゲイン

アンコール1
EN1. monkey's report (ある学会報告)
EN2. ニーチェズ・ムーン

アンコール2
EN3. カイカイデー
EN4. Sの終わり

アンコール3
EN5. 四ツ足坂
EN6. べにくじら

2017年 6月24日(土) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
「太田裕美コンサート2017」
太田裕美

今日は渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールへ、「太田裕美コンサート2017」を観に行く。裕美さんのコンサートを観るのは、去年の2月以来だからかなり久しぶりとなる。そのせいかは知らないけど、チケットはソールドアウト。これは期待するしかない。会場のさくらホールは昔ながらのコンサート会場という感じだけど、けっこう好きなホール。今日の席は1階14列28番。ちょっと後だけど、フロアの段差が大きいので観やすい。

予定より少し遅れて、17時35分ごろスタート。まずはインストの「雨だれ」が流れて、その中をメンバーがステージに登場。キーボード、エレキギター&ベース、アコースティックギターという編成のバンドをバックに、ステージ中央のグランドピアノの前に裕美さんがスタンバイ。白い衣装がいかにもという感じ。梅雨の季節にちなんでか、「雨の予感」「青い傘」「雨だれ」を続けて演奏。裕美さんは演奏した曲を、一曲一曲丁寧に紹介しながらステージを進行していく。そんなところにも唄に対する誠意を感じて、なんとも言えず素敵なんだな。裕美さんはアコースティックギターを抱えて、「オレンジの口紅」「河口にて」「掌の夏」「エアポート'78」。いい曲ばかりなんだけど、ちょっぴりマニアックでディープなのかなぁ〜。さすがに知らないや。

裕美さんはNHKの名盤ドキュメントで「心が風邪をひいた日」が特集されたという話をして、アルバムの中から「袋小路」「水車」「青春のしおり」をピアノで弾き語り。ご自身の言葉ではないけど、「20歳の少女が書いた曲」が唯一無二の存在を感じさせる。そして「自分の心に残る本」というテーマで話を振りながら、ちょっと長めのメンバー紹介。裕美さんはスタンドマイクを手に、「真夏の出来事」「南風」「ドール」「木綿のハンカチーフ」を披露。モノトーンだったステージバックが鮮やかに彩られる中、裕美さんはハツラツとした唄声を聴かせる。やっぱりよく知ってる曲が唄われると嬉しい。特に「南風」はあまりナマで聴いた事が無かったので。すっかり終わりのような雰囲気になってしまったけど、ステージはまだまだ続いていく。ピアノ弾き語りで「七つの願いごと」「青空の翳り」。とうとうナマで聴くことが出来た「青空の翳り」。この曲は、裕美さんのレパートリーの中でも大好きなナンバー。グッと胸に染み込んでくる。そして本編最後は「金平糖」。伸びやかに唄いあげ、なんとも裕美さんらしいフィナーレ。

アンコールに突入し、ギタリスト二人はスタンディングでスタンバイ。「さらばシベリア鉄道」が始まると同時に、お客さんも一斉にスタンディング。ノリノリの演奏で良かったのだけれど、私の眼は超絶的なキーボードのプレイに釘づけ。最後は「葉桜のハイウェイ」。なんともハジけた曲だと思ったら、アルバム「I do, You do」の曲なのね。裕美さんが方向性を見失ってぶっ飛んでた・・・なんて見方をする人もいるけど、今にしてみると大好き。みんなで楽しく盛りあがって、19時35分ごろ演奏は終了。

【セットリスト】
M01. 雨の予感
M02. 青い傘
M03. 雨だれ
M04. オレンジの口紅
M05. 河口にて
M06. 掌の夏
M07. エアポート'78
M08. 袋小路
M09. 水車
M10. 青春のしおり
M11. 真夏の出来事
M12. 南風
M13. ドール
M14. 木綿のハンカチーフ
M15. 七つの願いごと
M16. 青空の翳り
M17. 金平糖

アンコール
EN1. さらばシベリア鉄道
EN2. 葉桜のハイウェイ