1984年10月5日(金)
渋谷ライブイン
KAMINARI
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:山岸潤史、DRUMS:松本照夫

とにかく馬鹿でかい音でジミヘンの曲を演っていた。

セットリスト
「Sunk In The Funk」「Ain't No Fun To Me」「Little Wing」「Baby, Want You Wanna Be Do」「Twin Peaks」「Red House」「Foxy Lady」「Voodoo Chile」「Pink Punk Funk」「(I Want To Take You) Higher」「Purple Haze」「Goin' Down」「Baby, Don't You Want I Want」「Johnny-B-Goode」 ほか

1984年11月20日(火)
六本木ピットイン
RENQ BAND
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:北島健二、KEY:宮城純子、DRUMS:そうる透、VOCAL:人見元基

ゲストでGUITAR:山本恭司、GUITAR:山岸潤史、KEY:難波弘之も参加していた。ナルチョのオリジナルやBBAの曲を演っていた。

セットリスト
「Twin Peaks」「M4」「You never know」「BMW」「How's Your Mammy?」「King Size Slim」「Icecream Cake」「Situation」「Tonight I'll Be Staying Here With You」「Pink Punk Funk」「Got The Feeling」「Goin' Down」 ほか

1984年11月22日(木)
六本木ピットイン
CHAOS
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:斎藤英夫、KEY:ラッキー川崎、DRUMS:小野哲夫、PER:帆足哲昭、SAX:古村利彦

アルバムを発売しているバンドだから、当然曲もオリジナルが中心。
ただ最後は、BASS:チョップ丸本、BASS:坂口かおる、GUITAR:永井充男が乱入しての大盛り上がりとなった。

セットリスト
「Unfinished Business」「Here Comes The Rain」「Nite Lite」「Eyes」「Cpt.Chaos」「Hurricane Bassman」「HeavenSeat」「Physical Freeway」「Tiger-Rhythm」「Day-O Banana Boat」「Land Of Wild Guitars」「Pink Punk Funk」「This Is A Running On」「Johnny-B-Goode」 ほか

1984年12月25日(火)
渋谷ライブイン
BUXBUNNY
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:永井充男、KEY:ラッキー川崎、DRUMS:ジョニー吉永、VOCAL:金子マリ

なつかしのBUXBUNNYという感じの選曲。
クリスマスの日に「性なる夜と書いて性夜」を連発していたナルチョが印象的だった。

セットリスト
「I've Got A Feelin'」「もしも」「Cool Rainy Night」「カンパイ」「Lovin' You」「時代」「OK!! or n'OK」「Pink Punk Funk」「Got To Paradise」「人間爆弾」「Honey」「最後の本音」「I Need A Man To Love」 ほか

1985年 1月12日(土)
渋谷TAKE OFF7
GON GON
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:山岸潤史、DRUMS:樋口晶之、KEY:緒方ガタヲ、VOCAL:人見元基

ニワトリのトサカような髪型の人見元基を全面的にフィーチャーしたこともあって、50〜60年代のロック中心の選曲。
ちなみに開演前トイレに行ったところ、ナルチョと並んで用足しををするという幸運(?)に見舞われた。

セットリスト
「Romeo 20」「So Long」「Snappy Fingers」「深海魚」「ハレルヤ」「Move Over」「I Believe To My Soul」「Come On Everybody」「Communication Breakdown」「I Don't Need A Doctor」「Pink Punk Funk」「Goin' Down」「Johnny-B-Goode」「Twist & Shout」「Purple Haze」 ほか

1985年 1月26日(土)
下北沢T5
「T5 SESSION」
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:山岸潤史、DRUMS:そうる透

言うこと有りません。もう凄すぎる。ファンク・ロック・ブルースなんでも独自の解釈で演奏してしまうセンスには脱帽。
ちなみに開演数時間前から並んでいたら、山岸に「リハーサル見てれば」と声をかけられ、プロのリハーサルを観るというラッキーな体験もした。

セットリスト
「Sunk In The Funk」「Ain't No Fun To Me」「Little Wing」「Foxy Lady」「Voodoo Chile」「Twin Peaks」「(I Want To Take You) Higher」「Pink Punk Funk」「Purple Haze」 ほか

1985年 6月15日(土)
渋谷ライブイン
「初夏 戯〜やんちゃなセッションサタデーナイト〜」
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:山岸潤史、DRUMS:そうる透、KEY:佐山雅弘、SAX:本田俊之

いつもに比べてややフュージョンよりの選曲。

セットリスト
「Sunk In The Funk」「The Modern」「What Sauce?!」「Beat Nattou」「Pink Punk Funk」「King Size Slim」 ほか

1986年 5月23日(金)
渋谷ライブイン
「刺激・過激・感激ライブ!!」
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:斎藤英夫、KEY:緒方泰男、DRUMS:北村ケンタ

二部構成で、第一部はインストもの、第二部は唄ものだった。
第二部ではGUITAR&VOCAL:CHAR、VOCAL:人見元基、VOCAL:高村亜留が参加し、BBAやツェッペリンの曲を演っていた。

セットリスト
第一部:「Snappy Fingers」「Romeo 20」「Jingle Jungle Jam」 ほか
第二部:「Saving On My Love」「In The Small Hours」「King Size Slim」「Apple Juice」「Hallelujah I Love Her So」「Sweet Sweet Surrender」「Gimme Some Lovin'」「Rock'n'Roll」「Communication Breakdown」「Under My Feet」「Come On Everybody」「Goin' Down」「Summertime Blues」 ほか

1986年10月11日(土)
渋谷ライブイン
うるさくてごめんねバンド
BASS:鳴瀬喜博、GUITAR:松本たかひろ、DRUMS:そうる透、VOCAL:カルメンマキ、VOCAL:山田信夫

ヴォーカリストからして、当然ハードロック系の選曲。
最後にOZの「午前1時のスケッチ」「私は風」をやってくれた時には、涙がでました。

セットリスト
「Snappy Fingers」「Age」「Take Five」「Spain」「Nuclear Attack」「Hot Legs」「Remember」「Armed And Ready」「Under My Feet」「Jamaican Get Away」「When A Man Loves A Woman」「午前1時のスケッチ」「私は風」「第3の男」「B.C.Street」「We Are Rock'n'Roll Children」 ほか

1987年 2月20日(金)
中野サンプラザホール
「突然卍固めLIVE」
アントニオドライバーズ

アントニオ猪木を好きなミュージシャンが、集合して行われたイベント。私のお気に入りのミュージシャンも数多く出演していた。もちろん、ナルチョも参加。スペシャルゲストとして、アントニオ猪木も登場した。

メンバー
渡辺香津美・向井滋春・包国 充・竹田和夫・竹中尚人・峰 厚介・金子マリ・古村利彦・正木五郎・宮本典子・上田正樹・鳴瀬喜博・石田長生・藤井 裕・斉藤英男・ペッカー・小川銀次・山岸潤史・中川五郎・原田真二・ジョニー吉長・ミッキー吉野・清水 興・遠藤ケロ ほか

2000年 6月 9日(金)
高円寺JIROKICHI
「NARUCHO BASS LIFE 30th ANNIVERSARY LIVE」
CHAOSU
VOCAL:HOMMA YUSUKE、VOCAL:水城ディサロ、VOCAL:加藤明美、GUITAR:斉藤英夫、BASS:鳴瀬喜博、
KEY:福田裕彦、DRUMS:小森啓資、SAX:包国 充、SAX:古村敏比古

ほ〜んとに久しぶりに観たナルチョのライブ。ベースライフ30周年記念ということで、CHAOSの復活。懐かしいアルバムからの曲を中心に、ファンキーな選曲。ゴキゲンなステージでした。メンバーも久しぶりにプレイする人が多いらしいけど、みんなパワフルに演奏していました。
必殺のソロまわし、客席乱入も当然あり。でも、予想に反して、ナルチョにしては時間は短めの2時間半。あと、狭いステージにメンバー9人ということで、いまひとつナルチョのプレイが良く見えなかったのが残念。でも、良かったぁ!

2002年 5月 2日(木)
渋谷公会堂
「ROCK LEGENDS 四人囃子 VS スモーキーメディスソ」
スモーキーメディスソ
VOCAL:金子マリ、GUITAR:竹中尚人、BASS:鳴瀬喜博、DRUMS:藤井章司

昨年夏に復活したスモーキーメディスソを、ようやく生で観ることが出来た。しかも、四人囃子とジョイント。19時開演だったけど、17時半に会社を出て、18時45分頃に余裕で会場へ到着。4月27日の新宿厚生年金でのライブがソールドアウトになり、今日はその追加公演ということで、苦労してチケットをゲットしたわけだが、当日券は出てるわ空席はけっこうあるわで、なんだか拍子抜けした。自分の席は、2階15列52番といういまいちな席だったけれども、意外とステージも近くてよく見えた。でもやっぱり2階席って、どこか醒めた感じがあって、“ライブに参加している”って感じは薄かったけど。

さて、19時ちょうどに四人囃子のステージが始まる。森園勝敏ひきいる伝説のプログレバンド。ひたすら馬鹿テクで、難解な曲を演奏する。思わずうなりたくなるような曲の連続でしたが、個人的にはあんまりピンとこなかったかな? 照明がすごく凝ってたような気がするけど・・・。アンコール含めて、1時間20分ほどのステージでした。

休憩をはさみ、20時半をまわったところで、いよいよスモーキーメディスソの登場。キーボードの佐藤 準がいないからスモーキーメディスンでなくスモーキーメディスソなのだそうだ。ライブは、「DON'T CRY ME BABY」「STREET INFORMATION」という懐かしい曲から始まる。メンバーみんな70年代を意識したようなファッションで、かなり若く見える。音のほうは全体的に小さく、特にマリちゃんの声がちょっと出ていないような気がする・・・。そんなちょっとしたぎこちなさもありつつ、演奏は続いていく。CHARが渋谷にまつわる昔話を少ししたあと、ジェフ・ベックなどのカバーをする。

そして、「GET TO PARADISE」「STRANGE SPACE」とオリジナル曲が始まると、演奏のほうも俄然キマリ出す。ん〜やっぱりスゴい!いい!いい! サイコーです。ロックしてます。「SHOW WHAT YOU’VE GOT INSIDE OF YOU」では、ぶりぶりファンキーな演奏とマリちゃんのボーカルがひとつになって、ものすごいウネリをかもし出す。途中での客席といっしょになってのリフレインもカッコいい。そして、「最後に僕達のオリジナルを聴いてください」というMCからスリードックナイトの「JOY TO THE WORLD」。はっきり言って、やられましたね。ゴキゲンです。

アンコールは、CHARのアコギとナルチョのフレットレスに乗せて、「IMAGINE」。歌詞は、清志郎訳日本語バージョンで、鳥肌モノに感動しました。2曲目は、CHARのギター一本で「HONEY」。これがまた・・・。ん〜たまらない。ステージ上でみんなで集まってしばしミーティングした後、ラストは「APPLE JUICE」。この曲も懐かしいです。カッコいいです。バッチリきまってました。約1時間20分のステージ。22時前に終了。“伝説”にしておくのは勿体無い、大満足のライブでした。

2002年 9月21日(土)
目黒ブルースアレイジャパン
「CD『Roc's Egg』 Celebrate」
URUGOME
VOCAL:NoB、VOCAL:MISUMI、GUITAR:杉原ヒロシ、KEYBOARD&GUITAR:河野陽吾、BASS:鳴瀬喜博、DRUMS:そうる透

今日はかなり二日酔いで、体調もあまり良くなかったんだけど、18時過ぎに出かける。目黒ブルースアレイジャパンで、URUGOMEのライブがあるからだ。19時半開演で、席も予約してあるからと余裕こいてたら、開演10分前に駆け込むことになってしまった。会場は、食事をしながらライブを観れるという感じで、テーブル席が中心だったが、ステージ前に2列ほどかぶりつきの席が並べられていて、その2列目に座った。めちゃくちゃステージに近かったんだけど、ナルチョとは逆側だったのが、いまいち残念だった。

予定より10分遅れて、19時40分開演。26日に発売になるアルバムの曲が中心だったので、いまひとつ戸惑いがちであったが、迫力のあるボーカルと強力な演奏とで、なかなか充実したライブでありました。ラスト3曲で立ち上がる人も出だして、アンコールでのナルチョの客席乱入ベースソロ、「UNFINISHED BUSINESS」「UNDER MY FEET」は、やっぱりサイコーなのでありました。結局、終了したのは22時過ぎ。久々に観たナルチョは、あいかわらずハードでファンキーでした。

2011年11月12日(土)
目黒 BLUES ALLEY JAPAN
「続々宴暦 早めくり」
Bass:鳴瀬喜博、Drums:岡井大二、Guitar:森園勝敏、Keyboards&Organ:厚見玲衣、Vocal:人見元基、Vocal:金子マリ

今日は目黒 BLUES ALLEY JAPANへ、鳴瀬喜博「続々宴暦 早めくり」を観に行く。ナルチョのライブを観るのは、実に9年ぶりになるのか。“カシオペア”に加入したナルチョはいまいち興味が持てなかったので仕方ないかな。入れ替え制2ステージの1部ということで、16時開場17時30分開演。整理番号96番はちょっと厳しいかなと思っていたけど、ステージ正面の前から3番目のテーブルという好ポジションをキープ。ジントニックを飲みながら、期待に胸を膨らませつつ開演を待つ。

ほぼ予定どおり、17時30分過ぎにライブはスタート。今日のメンツは、Bass:鳴瀬喜博、Drums:岡井大二、Guitar:森園勝敏、Keyboards&Organ:厚見玲衣、Vocal:人見元基、Vocal:金子マリ。フライヤーに書かれたナルチョの説明文を見ると、「人見元基&厚見玲衣の“VOW WOW”、森園勝敏&岡井大二の“四人囃子”、金子マリとオイラの“SMOKY MEDICINE・BUX BUNNY”♪ ニッポンのロック史に残るバンドから二人づつの登場っす」と書かれている。なるほどねー、こりゃあもの凄い豪華メンバー。兎にも角にも、元基とマリちゃんのツインヴォーカルっていうのが最高だ。

ステージに登場するなりドリンクを注文する元基、このノリは昔と変わらない。だけど演奏が始まると、強力なバンドをバックに凄いヴォーカルを聴かせる。一方のマリちゃんのヴォーカルもまた強力。Heartfulな唄声に心揺さぶられる。ナルチョは珍しくプレシジョンベースをブリブリと弾きまくる。もちろんMCも絶好調。次から次へと言葉があふれ出してくる。厚見さんはいつものように、キーボードとオルガンをダイナミックに弾く。岡井さんのタイトなリズム、森園さんの繊細なギター、完璧な演奏が繰り広げられる。

演奏はまず元基とマリちゃんが交互にヴォーカルをとり、Jeff Beckのナンバーなど3曲。いったんヴォーカル二人は退場して、しばらくはバンドだけでの演奏。曲は厚見さんが所属していた“タキオン”、森園さん&岡井さんの“四人囃子”からの選曲。どっぷりとプログレッシブな展開、それも難なく弾きこなすナルチョはさすが。そして客席の間を通って、元基とマリちゃんが再びステージに登場。「Try A Little Tenderness」「Hallelujah, I Love You So」「Move Over」、Rock&Soulの名曲を元基とマリちゃんが交互に唄いあげシャウトする。「Move Over」は元基がほとんど唄い、マリちゃんの唄が聴けなかったのがちょっと残念。曲のエンディングがすべて“DEEP PURPLE”風になっているところが泣かせる。「Joy To The World」で盛り上がり、最後は「Shotgun」でひとまず終了。

アンコールとなり、ナルチョと厚見さんは楽屋へ戻るが、他のメンバーはステージに居残り。マリちゃんが「もっと演れ!もっと演れ!」と言いながら、ステージを飛び跳ねる姿が可笑しい。そのままアンコールに突入し、スローなBluesが始まる。そしてマリちゃんが「彼女の笑顔」を唄い出す。言うまでもなく清志郎の曲・・・ 唄声がじーんと胸に入ってきて、思わず涙が出そうになる。考えてみれば今日のメンツ、マリちゃんと厚見さんとで“RCサクセション”という見方も出来るな。途中からヴォーカルが元基に替わり、「Stomy Monday」につながるという凝った演出。ここで明日11月13日が誕生日というナルチョに、バースデイケーキが贈られるサプライズ。ローソクの灯を消そうとするナルチョにかまわず、厚見さんが「Going Down」のイントロを弾き出し、ナルチョは慌ててローソクの灯を吹き消してから、そのまま演奏に突入。こうしてゴキゲンなライブは、19時15分ごろ幕を閉じた。

【セットリスト】
M01. Harf Moon
M02. Situation
M03. Tonight I'll Be Staying Here With You
M04. 中近東幻想
M05. 空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ
M06. Try A Little Tenderness
M07. Hallelujah, I Love You So
M08. Move Over
M09. Joy To The World
M10. Shotgun

アンコール
EN1. Slow Blues
EN2. Going Down