最新の記事です。

2017年 7月 2日(日) 京都 京大西部講堂
「HOT MOTTO GUMBO 2017」
ドクロズ、Panoramix、玉響楽団、山川のりを、永山愛樹、長見順、吉田省念、ボガンボローザ

京都駅前から13時半過ぎのバスに乗り込み、百万遍へと向かう。京都のバスはあいかわらず混んでいる。おまけにだんだん雲行きが怪しくなってきた。百万遍のバス停に着くころには突然の雷雨。仕方がないので、しばらくバス停に待機。タクシーでやって来た人に西部講堂の場所を尋ねられ、その人の傘に入れて頂きようやく会場へ。憧れの地、西部講堂。「HOT HOT GUMBO」から25年の時を経て、ついにやって来た。14時20分過ぎに会場入り。ブルーのフロアは斜面になっていて、どこからでも観やすい感じ。みんな勝手に座ったりしているので、私も椅子を拝借してフロア中ほどのステージ上手に陣取る。

ほぼ予定通り、15時過ぎに開演。まずは“ドクロズ”のステージ。ドラム、ベース、ギター、ヴォーカル&ギターの四人編成のバンド。名前は前から知っていたけど、実際に聴くのは初めて。なかなか好みの音。ヴォーカルのアサコさんは、顔つきがどんとに似ている。こうして観ていると、なんだかヘンな感じ。途中からDr.kyOnがキーボードに加わると、フロアのボルテージがどっと上がる。“ドクロズ”はオリジナルナンバー数曲と、一番最後に「魚ごっこ」を演奏。ヴォーカルのアサコさんは顔を緑色に塗って、ますますどんとっぽく変貌。30分という短い時間だったけれど、とっても良かった。

空調がなく、巨大扇風機が何台か回っているだけのフロアはものすごい暑さ。配られたかち割り氷を首にあてたり、友達にもらった冷たいアイスを食べたりして暑さをしのぐ。そしてやっぱり冷たいビール。みんな同じ考えなのか、ビール売場は長蛇の列。そんな事をしているうちに、15時45分ごろから“panoramix”の演奏が始まる。ようやく観られる永井さんのニューバンド“panoramix”、何気に今日一番の楽しみだった。女性ダンサーの怪しげな踊りに続いて、永井さんは機材を操りながら唄い出す。ドラム、ベース、ギターというシンプルな編成だけど、シーケンサーなどで音に厚みをつける。そんなエレクトリカルな音づくりの中、永井さんはブルースハープを吹いたりしてちょっと面白い。そしてやはり永井さんのベースはFunkyでカッコ良く、ギターのシャープなカッティングと極上の絡み。次々とオリジナルナンバーを演奏する中、ライブ中盤で“BO GUMBOS”の「絶体絶命」を披露。歌詞が途中から「絶対ハッピー♪」になったりして、永井さんらしい演奏が素敵。35分ほどの演奏、初めての“panoramix”を存分に満喫することが出来た。

椅子に座りながら観ていたけど、ノリのいい曲はやっぱり自然と立ち上がって踊る。飲みかけのビールを床に置いておいたら、歩いている人に倒されてしまった。「仕方ないなぁ〜」と思っていたら、わざわざビールを買い直して持って来てくれた。なんだかホントに申し訳ない・・・だけどとっても嬉しかった。みんな思い思いに座ったり、食べたり飲んだり、ステージ前で踊ったり、なんかすご〜くいい感じ。誰もがみんな、すごく優しい顔。それはおそらく、ひとりひとりがどんとだったからかもしれない。どんとがイッパイ! そんなピースフルでフラワーな空間。

続いて16時35分ごろから、“玉響楽団”の演奏が始まる。Drums:小関純匡、Bass:笠原直樹、Keyboards:Dr.kyOn、Guitar:玉城宏志、Vocal:うつみようこ というなかなか強力なメンツのバンド。噂には聞いていたけど、観るのは今回が初めて。バンド名から勝手にアコースティックなサウンドを想像していたけど、かなりハードでダンサブルな演奏。だけど玉城さんとkyOnが一緒に演奏しているのは、ちょっと不思議な感じもする。オリジナルナンバーばかりの30分、どの曲もイイ感じでとっても楽しめた。

この頃になるとようやく雨がやみ、会場の外へ出て深呼吸。雨あがりで心なしか空気が爽やかで気持ちイイ。するとフロアからギターを弾きながら唄う声・・・山川のりをが「ギターマン」を演奏している。のりをさんのイメージにピッタリとマッチして、なんだかとってもイイ演奏。続いて永山愛樹とうつみようこが加わり、「トンネルぬけて」。これもまた良かった。そして更にkyOnが加わってアコーディオンを弾き出すと、「なまずでポルカ」が始まる。この曲が演奏されるとは! 個人的に大好きな曲だけにとっても嬉しい。最後に「夜のドライブ」をハードに演奏して、ひとまず全員退場。次にステージに登場したのは長見 順。岡地曙裕のドラムとのデュオ。キーボードを弾きながらゆらゆらとした曲を演奏したあと、入れ替わりに吉田省念が登場。「カーニバル」をギターで弾き語り。透き通ったヴォーカルがなかなかイカす。そこに“ドクロズ”のBass:おやびんが加わって「眠る君の足もとで」。時間は17時50分過ぎ、ここで30分間の休憩となる。その間に友達と合流して、ステージ上手二列目まで進み出る。

そして18時30分過ぎ、いよいよ“ボガンボローザ”の演奏が始まる。Drums:岡地曙裕、Drums:笠原直樹、Bass:小関純匡、Keyboards:Dr.kyOn、Guitar:玉城宏志、Vocal&Bass:永井利充、Vocal:うつみようこ というオールスターキャストが久しぶりに勢ぞろい。まずは永井さんがヴォーカルをとって「ポケットの中」。ストロベリーな感じがとってもイイ。続いて、うつみようこが大好きな曲ということで「かべ」。ROSAのナンバー、なかなかシブい選曲。次に玉城さんが「だけどジュリー」を唄い始めると、ギターの弦が切れるハプニング。「湿度が高いと弦が切れる」というのはホント? だけどそんなハプニングもなんだか楽しいから不思議。それからゲストヴォーカルが入れ替わりで加わり、山川のりをが「シビーシビー」、長見 順が「見返り不美人」。みんなとりたてて「どんと万歳!」という感じではなく、単に唄だけに集中している感じがイイ。kyOnが「メリーゴーランド」を唄ったあと、永山愛樹が「ゆ〜らゆら祭りの国へ」、永井さんが「夢の中」、吉田省念が「橋の下」を唄う。泣かせるナンバーの連続に、思わず目がしらが熱くなる。この気持ちはなんなんだろう? どんとがココに居ないから? いやむしろ、どんとをすごく感じるから。岡地さんがホイッスルを口にくわえると、もちろん「泥んこ道を二人」が始まる。ようこさんのヴォーカルが冴えわたり、ただでさえ熱いフロアは更に盛り上がりを見せる。続いて永井さんが「助けて!フラワーマン」を唄い、盛りあがりに拍車をかける。最後は赤い髪で登場した井垣宏章が、「ダイナマイトに火をつけろ」を唄って本編は終了。怒涛の最強ナンバーの連続に身震いしながら、演奏はアンコールに突入。出演者全員で「Road Runner」をセッションしたあと、「少女の夢」でフィナーレ。すべてナイスキャッチ! なんかホント、みんなにありがとう〜♪って感じで、20時05分過ぎに終了。

【ボガンボローザ:セットリスト】
M01. ポケットの中
M02. かべ
M03. だけどジュリー
M04. シビーシビー
M05. 見返り不美人
M07. メリーゴーランド
M06. ゆ〜らゆら祭りの国へ
M08. 夢の中
M09. 橋の下
M10. 泥んこ道を二人
M11. 助けて!フラワーマン
M12. ダイナマイトに火をつけろ

アンコール
EN1. Road Runner
EN2. 少女の夢