最新の記事です。

2018年 6月29日(金)
下北沢 GARDEN
「MY LIFE IS MY MESSAGE 2018 You've Got A Friend」
矢井田瞳×大宮エリー/山口洋×仲井戸"CHABO"麗市

今日は下北沢GARDENへ、「MY LIFE IS MY MESSAGE 2018 You've Got A Friend」を観に行く。仕事をなんとか上手いこと遣り繰りして、定時ダッシュで下北沢へと向かう。電車の遅れにヤキモキしつつも、なんとか開場時間の18時半に会場へ到着。今日は指定席と立見席という変則的な構成。指定席の人が入場してから立見席の人が入場。私は立見の入場整理番号024なので、けっきょく18時40分過ぎに入場。ステージ前のフロアは椅子席、後方の一段上のフロアが立見席、その正面二列目をキープ。ステージまではちょっと遠いけど、視界を遮るものが何もないので観やすい。

予定より遅れて、19時05分過ぎにスタート。まずはステージを覆い隠すように張られているスクリーンに、洋からのメッセージが映し出される。そのスクリーンが上がると、ステージには四本のマイクが並んでいる。そして矢井田瞳×大宮エリーがステージに登場し、中央の二本のマイクにスタンバイ。いきなり二人のトークが始まる。大宮エリーのボケにヤイコが突っ込むという感じのノリ。演奏はヤイコがヴォーカルとアコースティックギター、大宮エリーがリーディングとバイオリンを担当。大宮エリーは全く予備知識がなかったけど、バイオリンを弾くとは思わなかった。そしてなかなか素敵。そしていつも思うけど、ヤイコは唄が上手いな。私が好きな『凜としてる』人だと思った。唄った曲は全てヤイコのオリジナルなのかな? わりとしっとりとした感じのナンバーが中心の選曲。ラストに唄われた「友達ってなんだろう?」というリーディング中心の曲が印象に残った。演奏時間は50分ぐらい。ここでインターバルに入る。

20時を少しまわった頃、いよいよ山口洋×仲井戸麗市のステージが始まる。CHABOはステージ下手端のマイク、洋は上手端のマイクに向かう。ステージ中央がぽっかりと空いている。まずは「MY LIFE IS MY MESSAGE」のテーマ曲のような短い曲を演奏。洋はいきなり「CHABOさん、今日はビートルズが来日した記念日なんですよ」と語りかける。そして始まったのは「サイクリング」。CHABO曰く「数少ない爽やかなナンバー」、久しぶりに聴くような気がする。マチャミさんが鳴らす自転車のベルもバッチリとフィーチャーされて、大好きだなぁ〜この曲。続く「TOMORROW」は“HEATWAVE”のナンバー。個人的にはすごく“HEATWAVE”っぽく感じる曲。今夜の二人はアコースティックギターを弾いているけど、そのアンサンブルがものすごく良かった。いつもはちょっとトゥーマッチな感じがしてしまう(失礼!)洋が、今夜はとってもいい感じ。MCもCHABOが中心に喋り、洋はCHABOを立てながら自分の色をうまく出しているように感じた。

Bob Dylanのカバー「Going, Going, Gone」ではCHABOがザクザクとリズムを刻み、洋がディストーションを効かせたギターソロを繰り広げる。続いて洋がTruman Capoteにインスパイアされたという「遠い声」、CHABOはマンドリンをプレイ。洋のヴォーカルとギターもイイけど、CHABOがつま弾くマンドリンは繊細でたまらない響き。CHABOは「梅雨はあけたけど強引に演るよ」と言い、CCRの「Who'll Stop The Rain」をカバー。そして本編最後は“HEATWAVE”のナンバーから「明日のために靴を磨こう」。このところCHABOは早川さんと演る事が多いから、ギターだけだとちょっと物足りないかな?なんて思っていたけど、当たり前ながらそんな事は全くなかった。二本のギターでザクザクとリズムを刻み、ソロをとり合うスリリングな展開。サビの部分をCHABOがハモるところもメチャメチャ素敵で、もぅ〜大満足のステージ。

アンコール、大宮エリーがデザインしたというTシャツに着替えて四人が再びステージに。ステージ上手から、洋、ヤイコ、大宮エリー、CHABOという並びでセッションが始まる。まずはヤイコのヒット曲「My Sweet Darlin」から。ヤイコの「ダーリンダーリン〜♪」に萌え。その横でギターを弾くCHABO。コードチェンジが激しくて忙しそうだけど、なんだかとっても嬉しそう。続いてCHABOがオモチャのエレキギターに持ち替えると、「雨あがりの夜空に」が始まる。大宮エリーが中心にヴォーカルをとるけど、ちょっと怪しい部分が多いので、お客さんみんなでカバー。そして「満月の夕」。CHABOと洋がギター、大宮エリーがバイオリンを弾き、洋とヤイコがヴォーカルをとる。二人の唄声はいつも通りに素晴らしく、それにバイオリンの音色が重なって、風景が目に浮かぶような演奏。その感動に打ち震える中、最後の曲は本日のライブタイトルでもある「You've Got A Friend」。大宮エリーは「水臭いじゃないか。友達じゃないか。かけて欲しいな、迷惑」と語り、CHABOは「友達。ダチ。FRIEND。本当の友達の理由。本当の友達の資格」と語り、演奏が始まる。洋とCHABOが交互にヴォーカルをとり、ヤイコが唄声を重ねる。ここでもバイオリンが優しく響く。演奏が終わると四人はステージから去り、ステージにはライトに照らされた四本のスタンドマイク。BGMが流れてステージにはもう誰も居ないのに、お客さん全員がずっと拍手している。普通なら早々に席をたつ人とか、スマホをいじり出す人とか居るのに、本当にお客さん全員がずっと。まさにお客さんを含めてライブが出来上がった瞬間。今夜のライブで一番印象に残った瞬間。ライブを観に行ったのに、ステージに誰も居ない瞬間が一番印象に残るとはね・・・。このシーン、一生忘れないと思う。洋は楽屋から見ていてくれたのであろうか? 時間は21時30分過ぎ、これにてすべて終了。

【山口洋×仲井戸麗市:セットリスト】
M01. テーマ
M02. サイクリング
M03. TOMORROW
M04. Going, Going, Gone
M05. 遠い声
M06. Who'll Stop The Rain
M07. 明日のために靴を磨こう
アンコール
EN1. My Sweet Darlin
EN2. 雨あがりの夜空に
EN3. 満月の夕
EN4. You've Got A Friend