最新の記事です。

2016年 8月27日(土)
鶯谷 東京キネマ倶楽部
「MY LIFE IS MY MESSAGE for 九州 POWER TO THE PEOPLE」
山口洋・仲井戸"CHABO"麗市・矢井田瞳 featuring:古市コータロー

今日は鶯谷 東京キネマ倶楽部へ、「MY LIFE IS MY MESSAGE for 九州 POWER TO THE PEOPLE」を観に行く。「MY LIFE IS MY MESSAGE」は2011年から始まった福島県相馬市応援プロジェクト。今年は4月に震災に遭った熊本への応援という意味を込めて、「for 九州」というタイトルがついている。山口 洋を中心に矢井田 瞳とCHABO、それに日替わりゲストが加わっての2daysが始まる。鶯谷は遠くはないけど乗り換えが面倒臭い。今日は総武線で秋葉原へ出て、京浜東北線で向かった。16時20分ごろ現地入りして、しばらくあたりを散策。呑み屋がたくさんあってイイ雰囲気。17時ちょうどに開場・整理番号119番で入場。ステージ下手の4列目に着席。まずまずのポジション。

予定通り、18時ちょうどに開演。まずは山口 洋がステージに登場して、本日のライブの趣旨を説明。それからアコースティックギターを弾きながら「トーキョーシティーヒエラルキー」を唄う。サンプリングディレイを駆使して、コードストロークにあわせてソロを弾くというスタイル。どっぷりと広がりのあるサウンドが、とっても幻想的で惹き込まれる。洋はもう一曲披露したあと、矢井田 瞳を呼び込んで“HEATWAVE”の「雨の後、路は輝く」をセッション。ヤイコのオリジナル「Ring my bell」を二人で演奏して、洋はステージをあとにする。それからヤイコは何曲か唄ったけど、一番印象に残ったのは「津軽海峡冬景色」のカバー。「上野が近いしね」と本人は言っていたけど、どうしてこの選曲にしたのかは謎。だけどこれがとっても良くて、ベタベタなコブシ廻しではないところがゴキゲンだった。

ヤイコと入れ替わりに登場したのは、本日のゲスト:古市コータロー。スレンダーな長身のコータローは、ステージに立っているだけで絵になる。弾き語りは初めて観るけど、ポップなナンバーをひたすら唄う姿は好感が持てる。会場の隣にある立ち食い蕎麦屋が相当旨いなんて話を織り交ぜたトークも絶妙。7曲ほど演奏したあと、「高校の頃ポスターを貼っていた人物」という紹介でCHABOを呼び込む。CHABOはグリーン地に白い水玉のシャツで登場、コータローを「池袋出身です」と紹介。そしてRCのナンバー「エネルギーohエネルギー」を二人でセッション。アコースティックではあるけれど、原曲に忠実な演奏がとっても良かった。コータローはCHABOのフレーズを良く覚えているので、忘れたら替わりをお願いしたいとCHABO。ここでコータローはステージを降り、ここからはCHABOのコーナー。「夏の思い出」から始まり、Stevie Wonderの「A Place In The Sun」と、今夜はカバー特集。極めつけはTom Waitsのカバー「Ol' 55」。なんでも有山じゅんじのリクエストで歌詞をつけたのだそうだ。エンディングで「石田長生に捧げます」とCHABOが言った時には、グッと熱いものがこみ上げてきた。CHABOは洋をステージに呼び込み、暗い二人のユニット“ザ・ダークネス”で「R&R Tonight」を演奏。洋が弾くリバーヴの深くかかったセミアコが、原曲の雰囲気そのままでとっても素敵だった。

本編はこれで終了し、アンコールに突入。ステージに本日の出演者が勢ぞろい。上手から、洋、ヤイコ、コータロー、CHABOの並び。アンコールセッションが始まり、まずはヤイコがヴォーカルで「My Sweet Darlin'」。こんなポップな曲を演奏しているCHABOを観られる機会はあまりないので思わず凝視。それからコータローがロックンロールナンバー「それだけ」を唄ったあと、CHABOがヴォーカルをとって「上を向いて歩こう」。フロアはイイ感じに盛りあがってる。そして最後はやはり「満月の夕」。洋のヴォーカルもいいけど、ヤイコのヴォーカルが最高。こうして素晴らしいライブは、20時40分ごろ終了。

【セットリスト】
M01. トーキョーシティーヒエラルキー [山口 洋]
M02. BLIND PILOT [山口 洋]
M03. 雨の後、路は輝く [矢井田 瞳+山口 洋]
M04. Ring my bell [矢井田 瞳+山口 洋]
M05. マワルソラ [矢井田 瞳]
M06. 津軽海峡冬景色 [矢井田 瞳]
M07. 地平線と君と僕 [矢井田 瞳]
M08. Circle [矢井田 瞳]
M09. いつかきっと [古市コータロー]
M10. モノクロームガール [古市コータロー]
M11. 青い風のバラード [古市コータロー]
M12. のらりくらり [古市コータロー]
M13. Baby Moon [古市コータロー]
M14. Heartbreaker [古市コータロー]
M15. Mountain Top [古市コータロー]
M16. エネルギーohエネルギー [仲井戸麗市+古市コータロー]
M17. 夏の思い出 [仲井戸麗市]
M18. A Place In The Sun [仲井戸麗市]
M19. Ol' 55 [仲井戸麗市]
M20. R&R Tonight [仲井戸麗市+山口 洋]

アンコール
EN1. My Sweet Darlin' [全員]
EN2. それだけ [全員]
EN3. 上を向いて歩こう [全員]
EN4. 満月の夕 [全員]

2016年 8月28日(日)
鶯谷 東京キネマ倶楽部
「MY LIFE IS MY MESSAGE for 九州 POWER TO THE PEOPLE」
山口洋・仲井戸"CHABO"麗市・矢井田瞳 featuring:TOSHI-LOW

今日は鶯谷 東京キネマ倶楽部へ、「MY LIFE IS MY MESSAGE for 九州 POWER TO THE PEOPLE」を観に行く。昨日と今日の2days、二日目の今日は“BRAHMAN”のTOSHI-LOWがゲストだ。今日は昨日より1時間早いスタートなので、15時20分ごろ現地入りしてしばらくあたりを散策。16時ちょうどに開場し、整理番号は90番で入場。ちょうどいい具合に空席があり、CHABO前3列目をゲット。

予定通り、17時ちょうどに開演。まずは山口 洋がステージに登場して、本日のライブの趣旨を説明。それからアコースティックギターを弾きながら「トーキョーシティーヒエラルキー」を唄う。ここまでは昨日とまったく同じ展開だけど、二曲目は昨日とは違う曲を演奏。それから矢井田 瞳を呼び込んで、「雨の後、路は輝く」「It's Time」をセッション。ここからはヤイコのコーナー、カバー曲を交えながら次々と唄を披露していく。ヤイコのヴォーカルはちょっと鼻にかかった感じで、ミックスヴォイスを器用に使いこなすスタイル。音楽に対してとても素直に向き合ってる感じがして、なかなかイイなぁ〜と思う。ヤイコは何曲か唄ったあと、TOSHI-LOWをステージに呼び込む。TOSHI-LOWはステージ下手の豪華な登場口を使いたいと言い、仕切り直して再登場。そして二人で“ザ・フォーク・クルセダーズ”の「悲しくてやりきれない」を披露。TOSHI-LOWは「こういうのカッコ悪いと思ってパンクをやっているのに」と言っていたけど最高だった。

そしてここからはTOSHI-LOWのコーナーとなるのだが、ずっと喋っていて曲を始める気配がない。「昨日は夏フェスで10代のお客さんだったけど、今日はPTAだから迷うなぁ〜」と言って、譜面をパラパラとめくりながら曲を選ぶのだけれど、なかなか決まらずにトークだけが進んでいく。「「満月の夕」を唄いたいけどアンコールが台無しになっちゃう」と言って、中川と洋の物真似まで披露。そんな中でようやく唄い出したのは、吉幾三のカバーで「出逢いの唄」。ちょっと意外な選曲だけど、これがまぁ〜良かった。なんだかグッと心に染みた。マチャミさんのリクエストということで「鼎の問」を唄ったあと、TOSHI-LOWは洋をステージに呼び込む。そして“THE ROOSTERS”の「ガールフレンド」をセッション。これまた意外な選曲だけど最高だった。洋と入れ替わる形で、ステージにCHABOが登場。今日もまたグリーン地に白い水玉のシャツ。TOSHI-LOWが清志郎の書いた詩を読み上げたあと、二人で「明日なき世界」をセッション。ここからCHABOのコーナーとなり、昨夜やろうと決めたという「遥かな手紙(ニジェールから)」を唄う。リオ・オリンピックにニジェールが出場していた事も話していたけど、ここでこの曲を唄うとは意外。続いて、James Taylorのカバー「You’ve Got A Friend」。ここでちょっとしたハプニングがあったけど詳細は割愛。CHABOは洋をステージに呼び込み、昨日と同様に「R&R Tonight」をセッションして本編は終了。ちなみにこの演奏は、昨日よりも今日の方が良かったように思う。

アンコールに突入して、出演者全員がステージに登場。ステージ上手から、洋、ヤイコ、TOSHI-LOW、CHABOの並びでアンコールセッションが始まる。まずはアイコがヴォーカルで「My Sweet Darlin'」。これは昨日と同じ展開。続いてTOSHI-LOWが、“OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND”のナンバー「朝焼けの歌」を唄う。そしてアイコが「OK! CHABO!!」と叫ぶと、CHABOがオモチャのギターで「雨あがりの夜空に」を弾き出す。ここでお客さんは総立ちになり、みんなでいっしょにコブシを振り上げながら大盛りあがり。エンディングでCHABOが、最前列に居た子供にギターを差し出して弾かせていたのが印象的。最後に「満月の夕」を演奏して、ライブは19時55分ごろフィナーレを迎えた。

【セットリスト】
M01. トーキョーシティーヒエラルキー [山口 洋]
M02. 自由の花フリージア [山口 洋]
M03. 雨の後、路は輝く [矢井田 瞳+山口 洋]
M04. It's Time [矢井田 瞳+山口 洋]
M05. 安らぎはまだ先に [矢井田 瞳]
M06. I'm here saying nothing [矢井田 瞳]
M07. Circle [矢井田 瞳]
M08. 悲しくてやりきれない [矢井田 瞳+TOSHI-LOW]
M09. 出逢いの唄 [TOSHI-LOW]
M10. 鼎の問 [TOSHI-LOW]
M11. ガールフレンド [TOSHI-LOW+山口 洋]
M12. 明日なき世界 [TOSHI-LOW]
M13. 遥かな手紙(ニジェールから) [仲井戸麗市]
M14. You’ve Got A Friend [仲井戸麗市]
M15. R&R Tonight [仲井戸麗市+山口 洋]

アンコール
EN1. My Sweet Darlin' [全員]
EN2. 朝焼けの歌 [全員]
EN3. 雨あがりの夜空に [全員]
EN4. 満月の夕 [全員]