最新の記事です。

2017年 7月25日(火)
HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース
「『MUSIC LIFE サージェント・ペパー・エディション』発売記念 星加ルミ子トークショー&サイン会」
星加ルミ子×仲井戸"CHABO"麗市

今日は渋谷HMV&BOOKS TOKYOへ、「星加ルミ子トークショー&サイン会」を観に行く。星加ルミ子さんは、音楽誌「MUSIC LIFE」の元編集長。日本で初めてビートルズに単独取材した女性。そんな彼女と大好きなCHABOが、対談形式のトークショーを行うというのだからもう行くしかない。ちょっとだけ残業してから渋谷へ向かい、19時半ごろ会場に到着。三列目中央の席に座って、今か今かと始まるのを待つ。

予定通り、20時開始。「Ob-La-Di, Ob-La-Da」が流れる中、星加ルミ子さん登場。星加さんはとっても小さくて可愛らしい女性。けれどもどこかキリッとした感じがまたイイ。そしてステージにCHABOが呼び込まれ、テーブルをはさんで二人のトークショーが始まる。星加さんが音楽を好きになった頃の話から始まり、「MUSIC LIFE」の編集者になった頃の話、ビートルズがきっかけとなって「MUSIC LIFE」が売れ始め、初めてインタビューすることになった時の話。話題はもちろんビートルズ中心なのだけれど、アイデアとバイタリティーでいろいろな事を実現してきた星加さんの生きざまのようなものが感じられて、グイグイと話に惹き込まれていく。

一方のCHABOは、星加さんの話をうまいこと引き出しながら、イイ感じでトークを進めていく。星加さんがジャーナリストの立場でビートルズを語るのに対して、CHABOは完全にファン目線。CHABOが武道館公演に行った時の話を聞いて、「ファンの側からの話が聞けて嬉しい」と星加さん。トークが中盤に差し掛かったころ、CHABOは「ザ・ビートルズ日本公演」を朗読。いつもよりちょっと早口になったり、星加さんとの会話を織り交ぜたりしながらも、キッチリとよどみなく読みあげるCHABOのリーディングにちょっと感動した。CHABOは残念ながらその時のチケットを失くしてしまったそうだが、ひさこさんがスクラップしたというチケットを持ってきて見せてくれた。最後にCHABOのリクエストで「I Want To Hold Your Hand」が流され、約1時間のトークショーは終了。どんなきっかけかは知らないけれど、星加さんとCHABOの話がうまくかみ合った素敵なひとときであった。