2017年

2017年 1月14日(土)
六本木 Billboard LIVE TOKYO
「Lay-Run 25th Anniversary LIVE 「愛があれば歳の差なんて」」
麗蘭

今日は六本木 Billboard LIVE TOKYOへ、麗蘭「愛があれば歳の差なんて」を観に行く。例年であれば12月に行われる“麗蘭”のビルボードライブ、今回は年明けの1月に行われる。ミッドタウンガーデンのクリスマス・イルミネーションが終わってしまったので、窓から見える夜景はちょっといまいちだけど、新年一発目のライブとしてはありかもしれない。今回もファーストステージ&セカンドステージの両方に参加。ファーストステージ開場時間の17時にあわせて会場へと向かう。整理番号4番で入場し、ステージ下手最前列のテーブルをゲット。25周年記念カクテルだという「太陽のシェリー」を呑むけど、味のほうはいまひとつ・・・。

予定通り、18時ちょうどに開演。花道を通ってステージにあがるメンバーとハイタッチ。こいつは春から縁起がイイわい。CHABOはおニューのライトブルーのシャツ。照明でキラキラと輝いている。オープニングはなんだか“T-REX”を思わせるイントロ・・・なんだろう?と思っていると、「とーしのーはーじめのーたーめーしーとて〜♪」と唄い出すCHABO。なんともお正月っぽいオープニングから「マニフェスト」。今年もカッコいいぞ! 続いて、“麗蘭”バージョンとしては初めてライブで聴く「しり切れトンボのブルース」。CHABOと公平のギターが、丁寧な感じでアンサンブルを組み立てている。そして早くも公平ヴォーカルの「太陽のシェリー」。キラキラとした光がフロアを包む。「雪がちょっと心配だけど」とCHABOは言い、ミディアムテンポの「夜風」を演奏。「初詣に行っておみくじを引いたら、二年連続で凶だった」と言う公平。Scotty Mooreに捧げる「Hey Mr. Scotty Moore」、Johnny Winterに捧げる「Go Johnny Go」、曲のタッチはそれぞれ違うけど、どちらもゴキゲンなトリビュート・ナンバー。ミラーボールの光がフロアを包む中で「紅」を演奏したあと、早くも最後の曲。「音楽を聴くと元気になったりするんだ」とCHABOは言い、救いの神様「ミュージック」。あっという間にフロアのお客さんは総立ちになり、大盛りあがりのうちに本編は終了。

アンコール、フロアサイドの階段を降りてメンバーがステージに登場。「ビルボード好きなんだけど、あそこから出てくるのだけ苦手なんだ」と、CHABOはいきなり言う。アンコール待ちの間にステージ背面のカーテンが開き、窓の外にはスケートリンクが見える。「こっちは仕事しているのに、遊びやがって〜!」と悪態をつくCHABOが可笑しい。再び公平がヴォーカルをとって「何はなくてもR&R」。短いライブの間に、公平ヴォーカルが二曲。“麗蘭”はCHABOと公平とがフィフティー・フィフティーの関係なんだというのが窺える。続いて「年始のうたを作ってきた」という紹介で新曲を披露。この曲は、磔磔で演奏された「年末SONG」のアンサーソングとも言える内容。「感謝してる〜今年もこうして歩き出せていること〜♪」と唄うCHABOに、思わずグッとくる。最後は「サフラン」を演奏して、ファーストステージは19時15分ごろ終了。

セカンドステージは21時から。ミッドタウン地下で腹ごしらえして時間調整。開演時間が近づいてきたので、再び4階の会場へと向かう。セカンドステージは、メンバーシート26b。ステージほぼ真正面のポジション。メンバー全員が正面から見渡せる感じで、この会場のベストポジションはここかも?

予定通り、21時ちょうどに開演。セットリストはファーストステージと同じ。ファーストステージは絶好調という感じのCHABOだったけれど、セカンドステージはちょっと喉がイガイガした感じで心配になった。演奏自体はセカンドステージのほうが良かったように思うのでちょっと残念。「しり切れトンボのブルース」を演奏中、CHABOのテレキャスの弦が切れる。CHABOのギターの弦が切れるのを見たことは、あまり記憶に無い。サムピックを使っているから切れやすいと思うのだけど、ピッキングの仕方が良いのか? メンテナンスが良いのか? 切れたところを見たことはほとんど無い。替わりのブラックストラトで演奏するかと思いきや、マチャミさんがあっという間に弦交換していた。「弦が切れて冷静さを失った」とCHABOも言っていたけど、危うく曲順を間違えるところだった。

アンコール、ステージ後方の窓の外を見るCHABO。スケートリンクの営業はもう終わってしまったらしく、ちょっと残念そう。持っているというハーフスピードの靴のことを、熱心に解説してくれる。「クルクル廻るの見てみたい」と突っ込む公平に、「第二の浅田真央!」と答えるCHABO。早川さんとJAH-RAHにも話を振り、「スケート流行らそう!」と嬉しそうにコメント。こうしてセカンドステージは、22時20分ごろ終了。

【セットリスト】
M01. 一月一日
M02. マニフェスト
M03. しり切れトンボのブルース
M04. 太陽のシェリー
M05. 夜風
M06. Hey Mr. Scotty Moore
M07. Go Johnny Go (J.Winterに捧ぐ)
M08. 紅
M09. ミュージック
アンコール
EN1. 何はなくてもR&R
EN2. 年始SONG (2017年)
EN3. サフラン

2017年 1月21日(土)
HMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
「麗蘭ライブDVD『愛があれば歳の差なんて』発売記念サイン会」
麗と蘭

今日は渋谷 HMV&BOOKS TOKYOで、麗蘭ライブDVD『愛があれば歳の差なんて』発売記念サイン会。憧れのCHABOと公平にサインをもらいながら話をする・・・夢のようなひととき。朝から手紙をしたため、準備万端整えて、バスに乗って渋谷へと向かう。サイン会は14時からなので、その前に「ムルギー」で腹ごしらえ。久しぶりに食べるタマゴ入りカレーは、昔と変わらず最高に美味しかった。「クロサワ楽器」とかに寄って時間調整して、13時過ぎには会場のイベントスペースへ。徐々に人が集まってきて、13時45分に整列開始、整理番号順に入場。私は整理番号58番だったので、それなりの位置にポジショニング。

予定通り14時に開始。まずはDVDの編集責任者として林 渉さんが挨拶。そしていよいよCHABOと公平が登場。いきなり「帰れ!帰れ!」と言うCHABO。挨拶はほんの一瞬で終わってしまい、いきなりサイン会が始まる。思っていた以上に列の進みが早く、あっという間に自分の番に・・・。かなり舞い上がってしまい、ほとんどろくに話をすることが出来ずじまい。日付を入れてもらうことも、持参した手紙を渡すことも出来ず、なんだかなぁ〜もう。だけど着ていたElvis PresleyのTシャツを見て、CHABOは「お前はわかってる!」と言ってくれた。14時40分過ぎ、サイン会はすべて終了。

2017年 2月 4日(土)
南青山 MANDALA
「仲井戸"CHABO"麗市 Official fun club GALLERY Presents ギャラリー新年会2017 “ことしもよろしく”」
仲井戸"CHABO"麗市

今日は南青山 MANDALAで、CHABOのファンクラブ「ギャラリー」の新年会。カレンダーは既に2月になってしまったけれど、これが無いと一年は始まらない。今年は昼の部・夜の部の二部制。私は14時開演の昼の部に参加。12時前には家を出て、表参道駅からブラブラと会場へと向かう。12時40分過ぎには会場に到着。いつもの仲間と合流する。13時に開場して、整理番号57番で入場。ステージ下手のスタンド席に座る。

予定通り、14時ちょうどに開演。水玉のシャツを着たCHABOがステージに登場、まずはミニライブが始まる。新年会にちなんで、まずは「一月一日」。もうとっくに正月は終わっているけれど。続いて、1月のビルボードでも演奏された「年始SONG」。この曲、けっこうグッとくる。抽選会では福袋が当たるという話から、「むかし買った福袋の中身があまりにも貧弱だったので、激情型の親父がデパートに怒鳴り込んだことがある」というエピソードを話すCHABO。“古井戸”の「落葉の上を」を唄ったあと、1月のサイン会でリクエストがあったという「逃亡者」。それから“ザ・タイガース”のカバーで「銀河のロマンス」。これはかなり意外な選曲。

今日のCHABOは、新曲をいくつも披露。ちょっと軽めのタッチの曲から、ハードなアッパーチューンまで。CHABOが「なんかリクエストある?」と訊くと、「月夜のハイウェイドライブ」と声があがる。歌詞やコードを思い出しつつ弾き語るCHABO、最後まで唄いきり満面の笑みを浮かべる。今日の雰囲気にすごくマッチしていて、なんだかとっても素敵なひとときだった。「今日は土曜日だから」ということで、久しぶりの「TAKE YOU TO THE MOVIES TONIGHT」。歌詞に盛り込まれた新宿ミラノ座は、残念ながらもう無くなってしまったけど・・・。最後に新曲の「PLACE」を唄って、ミニライブは70分ほどで終了。

休憩をはさんで、15時半ごろから抽選会が始まる。なんと私はアナログレコードが当選! 一気に舞い上がりまくりのテンパりまくり。CHABOがいろいろ話しかけてくれているのに、まったくリアクションをとることが出来ず。20枚ほどのレコードの中から、Otis Redding & Carla Thomasの「King & Queen」をセレクト。これは清志郎とCHABOが一緒に聴いていたはずの・・・想いがたくさん詰まっている一枚。大切にするというレベルじゃなく、一緒に生きていきます!という感じ。こうして個人的にこれ以上無い結果を残して、抽選会は16時過ぎに終了。

【セットリスト】
M01. 一月一日
M02. 年始SONG(2017年)
M03. 落葉の上を
M04. 逃亡者
M05. たわごと
M06. 銀河のロマンス
M07. ダーダーダー ドゥードゥードゥー
M08. 月夜のハイウェイドライブ
M09. TAKE YOU TO THE MOVIES TONIGHT
M10. PLACE

2017年 3月 4日(土)
長野 ネオンホール
「NEON HALL 25th Anniversary 麗と蘭ライブ -Sweet Home Nagano-」
麗と蘭

今夜は長野 ネオンホールへ、「麗と蘭 ライブ -Sweet Home Nagano-」を観に行く。ネオンホールは今年で25周年。そのお祝いに、昨年25周年を迎えた“麗蘭”がライブをする。そうは言っても、今回はCHABOと公平ふたりだけの“麗と蘭”。どんなライブになるのか楽しみ。昭和の匂いが漂う権堂商店街を散策しながら、ブラブラと会場へと向かう。会場の前には、東京からの遠征組もちらほら。みんな熱心だよなぁ〜。ほぼ予定通り、17時過ぎに開場。整理番号35番で入場。ステージ真正面の一段高い席に座る。ステージには、白地に金色の文字でペイントされた看板が掲げられている。

予定通り、18時ちょうどに開演。SE「波路はるかに」が流れる中、CHABOと公平がステージに登場。オープニングは「ミッドナイト・ブギ」。リズムボックスをバックに、ふたりのアコギがからみ合う。「Hey Hey It's Allright」「待ちわびるサンセット」といった懐かしめのナンバーに続いて、公平がヴォーカルをとっての「四ツ辻のBlues」。アコースティックでRobert Johnson・・・イカす。お客さんの盛り上がりぶりにCHABOは満面の笑顔で、「長野、仕事じゃなくて来たかった」と話す。公平も今夜はかなり饒舌。「“麗と蘭”、二人組になると『と』が付くんです。ヒデとロザンナ、ジュンとネネ・・・」。例えがいちいちちょっと古いところが笑える。それからニューアルバム「25」のナンバーを中心に、演奏は続いていく。「しり切れとんぼのブルース」「清掃の唄」「Mr. Blues Man」「夜風」、四人の“麗蘭”を二人で再現する。「二人でやってるんだよ〜!」というチャボは何度も言っていたけど、その言葉にも納得。ドラムのパートはリズムボックスに任せるとしても、ベースのパートが・・・。でも公平のギターとかでうまくカバーされていて、リズム隊不在をあまり感じさせない。

中でも特筆すべきは、久しぶりに演奏された「あこがれの Southern Man」。アコースティックギターの壮絶なバトルもカッコ良かったけど、ベースのパートを公平が見事にギターで再現していたのが印象的だった。「おいしい水」では、リズムボックスと演奏がズレてしまうハプニング。公平は途中で演奏を止めてやり直し。「中途半端はイヤなんです」という公平、さすがだ。今夜は公平がいつもに増してイイ。続いてはヴォーカル曲の「光るゼブラのブギー」。バックでCHABOが、GrecoのフルアコSW-2000Sをフィードバックさせまくる。“麗と蘭”は、二人が完全に対等で成り立っているユニットだという事を改めて認識。公平の12弦ギターが鳴り響く「SOSが鳴ってる」に続いて、「Blue Blue」でコール&レスポンス。ものすごい盛りあがりで、フロアのボルテージは上がりっ放し。熱い、暑い・・・。続いて「ソロアルバムに吹き込んだんだけど、公平が参加した時点で“麗蘭”だ」という紹介で「歩く」。そして最後は「ミュージック」。“麗と蘭”バージョンのゆったりとした演奏で幕。

アンコール、いつものようにTシャツに着替えて登場。と思いきや、公平は黒い麗蘭Tシャツの襟をカットして、その上に無地の白いシャツを羽織っている。カラフルな公平のイメージではないけれど、とってもカッコよくて目が釘付けになってしまった。演奏はそんな公平のヴォーカル曲からスタート。Jimi Hendrixのカバーで「Hey Joe」。「Hey Joe 拳銃持ってどこへ行く あのコを撃ちに行くところさ 知らない男といちゃついてる浮気女を」そんな感じの歌詞。公平の唄声と絶妙に合っていて、とっても印象に残った。続いて25年ぶりに演奏するという「ハーモニー(挽歌)」。心地良いハーモニーがフロアを包む。「簡単だ。愛が一番大事なんだ」とCHABOは言い、これまた久しぶりの「Love Love Love」。最後は「Get Back」をみんなで唄ってから、「サフラン」を演奏。SE「What A Wonderful World」が流れる中、20時25分にライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. ミッドナイト・ブギ
M02. Hey Hey It's Allright
M03. 待ちわびるサンセット
M04. 四ツ辻のBlues
M05. しり切れとんぼのブルース
M06. 清掃の唄
M07. Mr. Blues Man (B. B. KINGに捧ぐ)
M08. 夜風
M09. あこがれの Southern Man
M10. おいしい水
M11. 光るゼブラのブギー
M12. SOSが鳴ってる
M13. Blue Blue
M14. 歩く
M15. ミュージック

アンコール
EN1. Hey Joe
EN2. ハーモニー(挽歌)
EN3. Love Love Love
EN4. Get Back
EN5. サフラン

2017年 3月 5日(日)
長野 ネオンホール
「NEON HALL 25th Anniversary 麗と蘭ライブ -Sweet Home Nagano-」
麗と蘭

今日もまたネオンホールへ、「麗と蘭 ライブ -Sweet Home Nagano-」を観に行く。予定通り15時に開場して、整理番号38番で入場。今日はステージ下手の三列目に座る。何気にこの席は好きなポジション。実は正面より横から見るのが好き。手元はそのほうがよく見えるから。昨日よりちょっとだけスペースに余裕があるような気がする。ステージ上の看板には、既に二人のサインが入れられている。

予定通り、16時ちょうどに開演。セットリストは昨日と同じなので、気づいたところを書いていくことにする。お客さんのノリは、昨日のほうが上だった。もちろん今日も盛りあがっていたけど、昨日が凄すぎた。そのぶん演奏は今日のほうがリラックスした感じで、トータルでは良かったように思えた。昨日のCHABOは何度も長野を名古屋と言い間違えていたけど、今日はそんな事は無かったし。昨日も言っていたけれど、今回一番笑えたのは「B.B.キング、アルバート・キング、フレディ・キング、そして殿さまキングス〜4大キング!」というCHABOのコメント。苦笑いする公平も印象的。気になっていたCHABOの右手の絆創膏、今日は無くなっていた。傷も無かったようだから、アコギを弾きまくって擦れて痛かったんだろうなと想像。

演奏は、今日も「あこがれの Southern Man」が個人的にはハイライト。後半のソロ合戦では、ビートルズやクリーム、ジミヘンなどのフレーズを交互に繰り出す。今日はCHABOとよく目があった。この席、そういう角度らしい。指さされもして嬉しかったけど、「君の手を握りたいんだ〜♪」で目があったときは、さすがに照れてしまった。そして昨日は気づかなかった気づき。「ミュージック」でパーカッシブな音が入ってる部分、リズムボックスなのかな?と思っていたら、CHABOがギターのボディーを叩いていることが判明。そしてアンコール「Love Love Love」のエンディングでは、CHABOが「愛しあってるか〜い!」と何度も。このフレーズをCHABOが言うのは珍しいかも。思わず涙が溢れてしまった。ライブは18時25分ごろ終了。長さは昨日とほとんど同じということになる。

【セットリスト】
M01. ミッドナイト・ブギ
M02. Hey Hey It's Allright
M03. 待ちわびるサンセット
M04. 四ツ辻のBlues
M05. しり切れとんぼのブルース
M06. 清掃の唄
M07. Mr. Blues Man (B. B. KINGに捧ぐ)
M08. 夜風
M09. あこがれの Southern Man
M10. おいしい水
M11. 光るゼブラのブギー
M12. SOSが鳴ってる
M13. Blue Blue
M14. 歩く
M15. ミュージック

アンコール
EN1. Hey Joe
EN2. ハーモニー(挽歌)
EN3. Love Love Love
EN4. Get Back
EN5. サフラン

2017年 3月17日(金)
豊洲 PIT
「NO NUKES 2017」
Gotch、麗蘭、UA+坂本龍一、斉藤和義

今日は豊洲 PITへ、「NO NUKES 2017」を観に行く。お目当ては“麗蘭”。職場からほど近い距離の豊洲 PITへ、“麗蘭”がやって来るなんて幸せ。17時30分開場なので、気合入れて16時退社にしてしばらく時間をツブす。時間にかなり余裕があると思っていたけど、意外とすぐに開場時間が迫る。会場前で友達二人と落ち合い、整理番号B299番で入場。Aチケットが300人ぐらい居たので期待はしていなかったけれど、なんとかステージ下手の二列目にみんなで陣取ることが出来た。

予定通り、17時30分に開演。まずは渋谷陽一が登場して挨拶。そしてそれに坂本龍一も加わる。オープニングアクトはGotch。Gotchは“ASIAN KUNG-FU GENERATION”のヴォーカル&ギター。キーボードとアコースティックギター、そしてGotchという編成で演奏が始まる。延々と続くつかみどころのないセッション、それに続く淡々とした詩の朗読・・・。およそ30分間のステージ、私には理解することが出来なかった。

続いて18時30分から、お目当ての“麗蘭”のステージ。SE「波路はるかに」に続いて、オープニングは「マニフェスト」。大きなステージで観る四人の演奏、なんだかとっても気分があがる。JAH-RAHと早川さんの強力なビートに公平とCHABOのギターが呼応し、とっても広いフロアのヴォルテージを上げて行く。なんだかめちゃめちゃ興奮する。「シャンペンで祝杯」という歌詞を「シャンペンで乾杯」と変えていたのは、何か意味があるのだろうか? 「NO NUKES」というテーマに合わせてか、二曲目は「SOSが鳴ってる」をセレクト。エンディングで「ノーニューーーークス!」と何度も叫ぶCHABOが印象的。公平がヴォーカルをとって「何はなくてもR&R」を演奏したあと、「今日にあわせて一生懸命選んできた」という紹介で「紅 く・れ・な・い」。そして最後は「Get Back」。問題提起から希望の唄へ・・・。35分ほどの演奏だけれど、今日の選曲は「NO NUKES」そのものであった。

【麗蘭:セットリスト】
M01. マニフェスト (we are the Lay-Run)
M02. SOSが鳴ってる
M03. 何はなくてもR&R
M04. 紅 く・れ・な・い
M05. Get Back


19時25分からは、UA+坂本龍一のステージ。坂本龍一のピアノをバックに、UAが唄うというスタイル。UAのヴォーカルはやっぱり上手い。ピンと筋が通っている感じ。そして教授のピアノ。正直言って、じっくり聴くのは初めてだけれどスゴイ。指のタッチはほぼ均一なのだけれど、曲に合わせて強弱をしっかりとつけている。知らない曲ばかりの中で、最後に演奏されたのは「戦場のメリークリスマス」。先日行ったDavid Bowie展をちょっと思い出したりして、なんだか感慨深いものがあった。

ここまでフロア前方で観ていたのだけれど、ドリンクを取りに行きつつフロア後方で観ることに。20時20分からは斉藤和義。ライダースジャケットを羽織ったせっちゃん、すらりとしてカッコいい。今夜はアコースティックギター一本での演奏。なんだか男を感じる。花粉症なのか?鼻を何度もティッシュでふきながら、「花粉とか放射能とか飛んでますけど・・・」とポツリ。「I LoveMe」「ウサギとカメ」から、出来たばかりの新曲だという「遺伝」。それから「やさしくなりたい」「歩いて帰ろう」と、キラーチューンを連発。30分にも満たない時間だったけれども、なんだかとっても満足。トリは21時15分から“ACIDMAN”ということだけれど、ここで会場をあとにする。

2017年 3月19日(日)
Motion Blue YOKOHAMA
「Happy? Together!!!」
麗と蘭

今日はMotion Blue YOKOHAMAへ、麗と蘭「Happy? Together!!!」を観に行く。CHABOと公平とのアコースティックデュオ“麗と蘭”、先々週の長野に続いて観られる幸せ。会場のMotion Blue YOKOHAMAは、“麗と蘭”としてはもちろん、CHABOとしても初めてのハコ。明治神宮前駅から延々と電車に揺られて、日本大通り駅に到着したのは13時過ぎ。天気も良いことだし、しばらく海を眺めてまったりしようと思ったけど、意外と時間が無くて焦る。赤レンガ倉庫は初めて来る場所。ものすごい人混みをくぐり抜けて会場へと向かう。予定通り14時に開場。と思いきや、ここで初めて受付が必要だということが判明。お客さんのほとんどが受付していない状態で、開場時間が大幅に遅れる。私は整理番号37番だったので、入場したのは結局14時45分ごろ。友達二人と一緒に、ステージ真正面のテーブル、前から5列目に座る。座席の配置がいまいちに見えたけど、思っていた以上に観やすくてホッとひと安心。

開演予定15時15分のところ、かなり遅れて15時25分過ぎに開演。SE「波路はるかに」が流れる中、客席の間を縫ってCHABOと公平がステージに登場。リズムボックスをバックにアコースティックギターで、まずは「ミッドナイト・ブギ」からスタート。今朝訃報が流れたChuck Berryを、「ふたりでChuck Berry〜」と唄いあげるCHABO。続いて「Hey Hey It's Allright」を演奏したあと、「二人のときは“麗と蘭”〜!」と挨拶。二人組だと名前に「と」がつくという例えで、“ジュンとネネ”はいいけど“トワエとモア”は違うわな。「しり切れとんぼのブルース」では、イントロをバックに「よこはま〜たそがれ〜♪」と唄うCHABO。そして公平がヴォーカルをとって「四ツ辻のBlues」。ザクザクとリズムを刻む公平のギターが心地良い。「一日二回公演のときは一回目に限る」とCHABOが言うと、「二回目は残り火でやります」と公平。

「清掃の唄」に続いて「おいしい水」。フロア横の窓から差し込む陽の光が、とってもイイ感じ。次は「あこがれの Southern Man」。CHABOの言葉ではないけれど、とても二人で演ってるとは思えない。いつもよりアドリブが少ないような気がしたけど、公平のフレーズがいつもと違っている。いつもは上から下へと下がっていくところを、オクターブ上にあがっていったりして。続く「Blue Blue」では、2コーラス目を飛ばして公平が「Yeah〜! Yeah〜! Yeah〜!」と始めるハプニング。間違いに気づくやいなや、笑顔でそれをリカバリーするところはさすが“麗蘭”バンドマスター。「王!長嶋!」のくだりから「大洋ホエールズ!」と叫ぶCHABOも、なんだか可笑しかった。そして早くも「ボクタチハモウ、イカナクチャナラナイ・・・」と言うCHABO。本編ラストは、ミディアムテンポの「ミュージック」でフィナーレ。

アンコールに突入し、白い“麗蘭”TシャツのCHABOと白いシャツを羽織った公平が再びステージに。CHABOがブラウスを着ようとしている間に公平がイントロを弾き始めてしまい、CHABOはTシャツ姿のまま公平ヴォーカルの「光るゼブラのブギー」がスタート。CHABOはGrecoのフルアコSW-2000Sでスライドを決め、間奏ではフィードバックさせまくり。エンディングでスライドバーを放り投げるCHABO、阿吽の呼吸でマチャミさんはナイスキャッチ。続いて「Love Love Love」。シンプルなラブソングだけど、なんだか今の気分にピッタリ。エンディングでCHABOは、「愛しあってるかい? いい事言ってたんだな、アイツ」とポツリ。そして最後は「Get Back」。ミディアムテンポのアレンジだけど、広がりが感じられて結構好き。こうして1st stageは、17時ちょっと前に終了。

【1st stage:セットリスト】
M01. ミッドナイト・ブギ
M02. Hey Hey It's Allright
M03. しり切れとんぼのブルース
M04. 四ツ辻のBlues
M05. 清掃の唄
M06. おいしい水
M07. あこがれの Southern Man
M08. Blue Blue
M09. ミュージック

アンコール
EN1. 光るゼブラのブギー
EN2. Love Love Love
EN3. Get Back

息つく間もなく、17時30分から2nd stageの入場が始まる。今回も整理番号は37番。ステージ下手のテーブル3列目に座る。CHABOのほぼ真正面、なかなかのベストポジションかもしれない。隣り合わせた友達と話をしながら、開演までの時を過ごす。

今回は予定通り、18時45分に開演。セットリストは1st stageとほぼ同じ。先々週の長野のセットリストをギュッと凝縮したような内容。「一回目は手を抜いておいた。二回目はバッチリやるぞ〜!」というのはCHABOのお得意のセリフだけど、今日はホントに二回目のほうがより良いステージだったような気がする。CHABOのMCは場所柄もあって、「お兄ちゃんが横浜に住んでた」とか、「ゴキゲンなバンドを観によく来ていた」とか、横浜ネタが多く出てきた。「よこはま〜たそがれ〜♪」とベタに唄っていたけれど、「ブルーライト・ヨコハマ〜♪」とも。なんでもCHABOはいしだあゆみにファンレターを書いて、返事をもらった事があるらしい。そのときCHABOは、何故だか私に訴えかけるかのように視線をバッチリと合わせてきて、私が初めて好きになった歌手がいしだあゆみということを知っているかのようだった。そして今日は早川さんの誕生日という話から、“憂歌団”の島田さんが同じ誕生日という話も。

2nd stageでは「清掃の唄」のあとに、1st stageでは演らなかった「夜風」が追加された。すっかり闇に包まれた窓の外の空気を感じつつ、二人で演奏する「夜風」を聴くのは格別。石やんに捧げられた「夜風」に続いて、石やんのギターで「おいしい水」を演奏するという展開。「あこがれの Southern Man」では、ビートルズやジミヘンのフレーズを交互に繰り出していく。決めのユニゾンのフレーズは、聴きようによればクリムゾンとかプログレの香りがする。今回は「Blue Blue」も順調に終わり、「ミュージック」を演奏して本編は終了。アンコールの「光るゼブラのブギー」、CHABOはGrecoのフルアコSW-2000Sでフィードバック。CHABOはギターのブリッジの間の弦をかき鳴らし、「シャキーン!」というアクセントをつけていた。エンディングではヘッドを床に打ち付ける。RCの頃よくやっていたアクション、久しぶりに観た。ラストの「Get Back」では、Tシャツの襟首をグリグリと引き伸ばすCHABO。なんかRCモード入っちゃったかな〜CHABO、カッコ良過ぎてたまらなかった。こうして20時20分ごろ、2nd stageの演奏は終了。

【2nd stage:セットリスト】
M01. ミッドナイト・ブギ
M02. Hey Hey It's Allright
M03. しり切れとんぼのブルース
M04. 四ツ辻のBlues
M05. 清掃の唄
M06. 夜風
M07. おいしい水
M08. あこがれの Southern Man
M09. Blue Blue
M10. ミュージック

アンコール
EN1. 光るゼブラのブギー
EN2. Love Love Love
EN3. Get Back

2017年 4月 1日(土)
南青山 MANDALA
「春に奏でるDuet。」
仲井戸"CHABO"麗市×新谷祥子

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸"CHABO"麗市×新谷祥子「春に奏でるDuet。」を観に行く。マリンバ奏者の新谷さんとCHABOとの共演は一年ぶり、とっても楽しみにしていた。いつものように表参道駅から会場へ向かって歩く。このひとときが好き。会場には16時45分過ぎに到着。予定通り17時に開場して、整理番号A-71で入場。遅い番号なので期待していなかったけれど、ステージ上手端の席が空いていたので、そこに座る。なんとなく座ったのだけれど、ステージがイイ感じで見渡せて、なかなか良い席。

開演予定の18時をちょっと過ぎたころ開演。グレーの帽子をかぶり、グレーのボーダーのカーディガンを羽織ったCHABOがステージに登場。「今日は4月1日だから、オレの言うことはすべて嘘だと思ってくれ」といきなりカマす。そして新谷さんをステージに呼び込み、ひとまずCHABOは退場。

新谷さんはシェイカー(のようなもの?)を振りながら、ステージに登場。ステージ上手のマリンバとパーカッションに囲まれた要塞にスタンバイ。まずはパーカッションを叩きながら「ハネキミアノキミ」。「ハネキミ」はポップコーンという意味らしい。それから「アランフェス協奏曲」と「スペイン」をフィーチャーした「カルメン」。前回もそうだったような気がするけど、今回もセットリストは初めて披露する新曲が中心。新谷さんは「頼まれているわけではありませんが」ち言いながら、CHABOの曲をカバー。「イントロを聴いてわかった人は曲名を言ってください」と、お客さんにリクエスト。うーん・・・何だろうなぁ〜?と思っていると、「魔法を信じるかい」と小さな声があがる。マリンバで弾き語る「魔法を信じるかい」、ちょっと不思議な雰囲気でまさに魔法という感じ。最後の曲は「ラストダンスは私に」。新谷さんの唄声が妙にハマっていて良かった。新谷さんのステージは45分ほどで終了し、15分間の休憩に入る。

【新谷祥子:セットリスト】
M01. ハネキミアノキミ
M02. アランフェス協奏曲〜スペイン〜カルメン
M03. 忘却〜月光
M04. 浅い月
M05. 魔法を信じるかい
M06. ラストダンスは私に

19時05分過ぎ、いよいよCHABOのステージが始まる。演奏は「四月になれば彼女は」からスタート。4月の始まりの今日にピッタリの選曲。言うまでもなく“サイモンとガーファンクル”の曲だけど、CHABOは何故か“ガイモンとサーファンクル”と。「お疲れ気味の皆さんに贈ります」という紹介で、ワールドミュージック路線の「キューバの唄」。いつもに増してコブシを廻しまくって唄うCHABOが、可笑しいような何やらかんやら。続いてCHABOは「花」を披露。「春のうららの隅田川〜♪」という唄い出しのあの歌。この選曲にはちょっとビックリ。季節的にはピッタリだけど、この曲を選んだ意図は如何に。次に“JUN SKY WALKER(S)”の宮田和弥から贈られたというマンドリンを手に取るCHABO。チョロチョロとつま弾いているうちに、「走れ〜走れ〜コウタロー♪」唄い出す。これには爆笑。マンドリンを弾きながら、新谷さんの「新しい友達」を朗読。マンドリンの繊細な音色がマッチしている。

ここでCHABOは新谷さんをステージに呼び込み、二人でいっしょに「祝祭」をプレイ。それから「春っぽい曲を選んできた」とCHABOは言い、“古井戸”のナンバーから「春たけなわ」。CHABOは新谷さんとのこれまでのステージをひとしきり振り返ったあと「ま、いずれにせよ」。リフはギターとマリンバとのユニゾン、間奏になると新谷さんはマリンバでソロを弾きまくる。ここで新谷さんはひとまず退場。「よく見ないで命中するね〜アタマおかしいんじゃないの」とCHABO。CHABOは幼い頃に通っていたクラシック・ギター教室の事をしばらく話し、「Danny Boy」をつま弾いてから「Tennessee Waltz」をしみじみと弾き語る。続いて、リズムボックスをバックに「プリテンダー」。この曲はどこか清々しくて大好き。ここで唐突に「今日は土曜日だから」と、土曜日ならではの「Take You To The Movies Tonight」。そして本編最後は、森山良子でお馴染みのナンバー「今日の日はさようなら」。これまた意表を突いた選曲だけど、意外とCHABOに合っているような気がした。

アンコールに突入して、まずはCHABOが登場し、間髪を入れずに新谷さんを呼び込む。そしてRC時代のナンバー「うぐいす」を演奏。季節的にもピッタリの選曲。続いて新谷さんのナンバーから「アトムが飛んだ空」「one day true love comes」。「新谷さんとはやっぱりコレを演らないとな〜」とCHABOは言い、すっかりお馴染みの「BLUE MOON」。序盤は静かにプレイしていたけれど、曲が進んでいくに連れて演奏は熱を帯びていく。CHABOのシャープなストロークに乗せて、新谷さんのマリンバが自由自在に動きまわる。最後の曲も、新谷さんのナンバー「鐘は鳴る」。音叉のような楽器の響きが印象的。SE「What A Wonderful World」が流れて、21時ごろ本日のライブはすべて終了。

【仲井戸"CHABO"麗市:セットリスト】
M01. 四月になれば彼女は
M02. キューバの唄
M03. 花
M04. 新しい友達
M05. 祝祭 [w.新谷祥子]
M06. 春たけなわ [w.新谷祥子]
M07. ま、いずれにせよ [w.新谷祥子]
M08. Danny Boy〜Tennessee Waltz
M09. プリテンダー
M10. Take You To The Movies Tonight
M11. 今日の日はさようなら

アンコール
EN1. うぐいす [w.新谷祥子]
EN2. アトムが飛んだ空 [w.新谷祥子]
EN3. one day true love comes [w.新谷祥子]
EN4. BLUE MOON [w.新谷祥子]
EN5. 鐘は鳴る [w.新谷祥子]

2017年 4月 2日(日)
南青山 MANDALA
「春に奏でるDuet。」
仲井戸"CHABO"麗市×新谷祥子

今日は清志郎の66回目の誕生日。感謝の日だ。いろいろな思いはあるけれど、あなたを好きになれて幸せです。おめでとう〜♪ そして、ありがとう〜! そして夜は南青山 MANDALAへ、仲井戸"CHABO"麗市×新谷祥子「春に奏でるDuet。」を観に行く。昨日今日の2DAYS、今日は奥三河で「感謝の日」のイベントがあるけど、究極の選択でこちらを選ぶ。いつものように表参道駅から会場へ向かって歩く。昨日よりも心もち人が多い。会場には14時45分過ぎに到着。予定通り15時に開場して、整理番号A-48で入場。CHABO前のテーブル三列目が空いていたので、そこに座る。こいつはラッキー。

16時ちょっと過ぎに開演。“The Velvet Underground”の「SUNDAY MORNING」が流れる中、グレーの帽子をかぶり、グレーのボーダーのカーディガンを羽織ったCHABOがステージに登場。新谷さんとは一年ぶりの共演という話をひとしきりしてから、CHABOは新谷さんをステージに呼び込む。昨日は言い忘れてしまったタイトルコールを、今日はステージから降りるときギリギリでクリア。

シェイカー(のようなもの?)を振りながら新谷さんが登場し、演奏が始まる。セットリストは昨日と同じ。パーカッションとマリンバを駆使した新谷さんのステージ。「私のファンの方がCHABOさんとの共演を心待ちにしていてくださったり、CHABOさんのファンの方が私のコンサートに来てくださったりして、とっても嬉しい。CHABOさんが出るまで、嫌がらないで私の唄を聴いてください」と、新谷さんは相変わらず謙虚。「月光」という曲を演奏した後だったか、「昨日とは唄い方を変えてみました。昨日は18時、今日は16時、それぞれに違った感情があります」とコメント。唄い方や時間の違いもあるのだろうけど、今日の演奏は昨日とはまったく違って聴こえる。意識的に変えている部分も含めて、演じる側の気持ちと聴く側の気持ちに左右されるのだろうな。「魔法を信じるかい」は昨日と同様に曲名当て。タイトルを言ってもらって、大喜びする新谷さん。最後の曲は「ラストダンスは私に」。今日もまた、新谷さんの唄声が妙にハマっていて良かった。新谷さんのステージは45分ほどで終了し、今日もまた15分間の休憩に入る。

【新谷祥子:セットリスト】
M01. ハネキミアノキミ
M02. アランフェス協奏曲〜スペイン〜カルメン
M03. 忘却〜月光
M04. 浅い月
M05. 魔法を信じるかい
M06. ラストダンスは私に

17時10分からCHABOのステージ。CHABOは白地に黒水玉のシャツ。なんか久しぶり。「四月になれば彼女は」からスタートして、「くたびれている皆さんに捧げる」という「キューバの唄」。メロディーにあわせて口ずさんていたら、CHABOにバッチリと見つかってしまい、「一緒に唄ってるヤツがいたね。相当くたびれてるんだなぁ〜」と言われてしまった。だけど「一緒に頑張ろうぜ!」との御言葉を頂き、なんだかとっても勇気づけられた。続いて演奏した「花」では、昨日と同様に「みんな一緒に唄ってよ」とCHABO。「昨日は二番になったらみんな黙ってしまった」と言って、一番の歌詞を二回繰り返す。マンドリンを手に取って、新谷さんの「新しい友達」をポエトリーリーディング。曲が終わると、「昨日好評だったので、やっちゃおう!」と今夜も「走れコータロー」を唄う。

CHABOのステージ後半は、新谷さんと二人でプレイ。「祝祭」に続いて「春たけなわ」。パーカッションとマリンバを縦横無尽に操る新谷さんを見て、演奏中にもかかわらず「忙しそうだな・・・」と苦笑いするCHABOが可笑しい。今夜は新谷さんのこれまでの経歴を辿るようなMC。新谷さんはもともとドラムをやっていたそうな。話がかなりはずんで、「もう演奏はいいか。新谷祥子トークショーで!」とCHABO。「プリテンダー」を唄ったあと、「今日は4月2日だね。キヨシちゃんの誕生日だね」と唐突に話し出す。「すげえな〜66歳の清志郎、じいちゃんになった清志郎を見てみたかった」とCHABO。泉谷もおじいちゃんになったという話を交えておどけてしゃべるCHABOだけど、ちょっとだけ寂しそうな表情で、その気持ちを考えるとなんだかしんみりとしてしまった。その話のすぐ後に唄われたのが、森山良子のカバー「今日の日はさようなら」。「いつまでも絶えることなく、友達でいよう・・・」って、あまりにも泣けるフレーズ。

アンコールに突入して、めずらしくCHABOはTシャツ姿でプレイ。「新谷さんと一緒のときしか演らなくなった」という紹介で、RCのナンバー「うぐいす」。続いて新谷さんのナンバーから「アトムが飛んだ空」「one day true love comes」。新谷さんのヴォーカルを前面に出し、ギタリストに徹するCHABOがカッコいい。「新谷さんとはやっぱりコレを演らないとな〜」とCHABOは言い、お馴染みの「BLUE MOON」。昨日は石やんから譲り受けたアコギを使っていたけれど、今夜はいつものガットギターを使用。スタッフ紹介のとき、「今日は三浦麻旅子の誕生日」とCHABOは言い、みんなで「Happy Birthday」を唄う。MANDALAでの「Happy Birthday」というと、あの時を思い出してひとり感慨にふける。最後に演奏された曲も、新谷さんのナンバー「鐘は鳴る」。音叉のような楽器の響きが印象的。SE「What A Wonderful World」が流れて、19時05分過ぎに本日のライブはすべて終了。

【仲井戸"CHABO"麗市:セットリスト】
M01. 四月になれば彼女は
M02. キューバの唄
M03. 花
M04. 新しい友達
M05. 祝祭 [w.新谷祥子]
M06. 春たけなわ [w.新谷祥子]
M07. ま、いずれにせよ [w.新谷祥子]
M08. Danny Boy〜Tennessee Waltz
M09. プリテンダー
M10. 今日の日はさようなら

アンコール
EN1. うぐいす [w.新谷祥子]
EN2. アトムが飛んだ空 [w.新谷祥子]
EN3. one day true love comes [w.新谷祥子]
EN4. BLUE MOON [w.新谷祥子]
EN5. 鐘は鳴る [w.新谷祥子]

2017年 5月 5日(金)
横浜 THUMBS UP
「大人になっても、こどもの日だぜぃ。Yea〜h!」
バンバンバザール、仲井戸"CHABO"麗市 with 早川岳晴

今夜はTHUMBS UPへ、仲井戸"CHABO"麗市 with 早川岳晴「大人になっても、こどもの日だぜぃ。Yea〜h!」を観に行く。新横浜駅で新幹線を降りて、そのまま横浜線で横浜駅へと向かう。15時前には横浜に到着。開場時間の16時まではかなり時間があるので、あたりを散策。会場からほど近い「ダイエー」に「レコファン」を発見。記念に“ヴァージン・ヴィズ”のシングルを購入。そろそろ開場時間が近づいてきたので、再び会場のTHUMBS UPへと戻る。予定通り16時に開場して、整理番号A-070で入場。ステージ上手三列目の席をゲット。

17時ちょうどに開演。まずは“バンバンバザール”のステージ。Bass&Chorus:黒川 修、Vocal&Guitar:福島康之、そしてサポートのGuitar:高木 克。演奏は「君とコーヒー」でスタート。歌詞が“憂歌団”や加川良へのオマージュになっていた。軽快なトークを交えつつ、カントリータッチのほんわかとしたナンバーを繰り広げていく。いつも通りと言えばいつも通り、安定した演奏といえば安定した演奏というところ。高木さんがスチールギター、マンドリン、テレキャスを使い分けて、曲に色をつける。それでもやっぱりテレキャスがカッコいいな。高木さんは絵になるギタリストだと思う。途中、フロア後方で観ていたLeyonaがステージに呼び込まれ、「ボーイフレンド」をセッション。この曲は大好きな曲、それをLeyonaのヴォーカルで聴けるとはかなり得した気分。ちょうど1時間の演奏時間で、20時ちょうどに終了。

休憩時間をはさんで、18時20分からいよいよCHABOと早川さんのステージ。フロア後方の楽屋から客席の間を抜けて、ステージに向かうCHABOと早川さん。CHABOはサングラスをかけて登場、そのまま最後まではずすことなくプレイ。一曲目は「You Gotta Move」。CHABOと早川さんが交互にヴォーカルをとる。続いて「ブルース 2011」。早川さんの5弦のアップライトベースがブンブンと唸る。サムズアップ19周年ということで、「19回目の神経衰弱・・・」とつぶやくCHABO。そして「手拍子をするかどうかは曲調で判断しなさい」とCHABOに諭されながら「祝祭」。「いいなぁ〜ゴールデンウィーク。お前ら、帰りに渋滞に引っかかればイイ」と、CHABOはいつになく辛口。早川さんはウッドベースに持ち替えて「つぶやき」。CHABOはアムリタのアコギをメインで使用。ここでCHABOは、サムズアップ19周年を祝うマイナーブルースを披露。「よこはま〜たそがれ〜」の唄い出しから「サムズアップ19周年おめでとう〜♪」と唄ったものの、途中から「ゴールデンウィークなのに働いている〜この不条理!」となる思いもよらぬ展開。

「ま、いずれにせよ」で超絶的なプレイを二人で繰り広げた後、Bobby Charlesのカバーで「I Must Be In A Good Place Now」を演奏。CHABOは新宿出身のミュージシャンを集めて“新宿ブラザーズ”を結成したいと話し、「キーボードがいないと思ったら坂本龍一が新宿高校出身!」と・・・個人的に嬉しいです。それからChuck Berry、The Beatlesに捧げる「Rock And Roll Music」。エンディングでCHABOはちょっとだけダックウォーク。もうちょっと見たかった。それにしてもCHABOのカバーは、カバーという範疇を完全に超えている。自分が好きで影響を受けた曲を最高にカッコいいアレンジにして、単なる訳詞ではない自分の想いを込めた歌詞にして曲に乗せる。まさにこれこそ音楽への自分史の反映・・・。だから聴いていて心惹かれるんだな〜と思う。続いて「BLUE MOON」。CHABOのギターと早川さんのベースとのユニゾンがバッチリと決まる。「やせっぽちのブルース」では、早川さんのランニングベースがグイグイと曲を引っ張る。間奏では弓弾きでのベースソロ。Bass Godの超絶プレイ。これは初めて見たかもしれない。「BLUE MOON」のイントロでも弓で弾いていたし、今夜の早川さんは弓弾きが印象的。そんな早川さんの弓弾きから始まったのは、本編最後の曲「ホーボーズ・ララバイ」。CHABOのギターと早川さんのベース、ウッディーであたたかい響きがフロアを包み込む。

アンコールに突入し、“バンバンバザール”のメンバーに続いて早川さんとCHABOがステージに。福島さんの「CHABOさんの大好きな曲唄います〜」という紹介で「ティーンエイジャー」が始まる。CHABOがステージにLeyonaを呼び込み、ヴォーカルはもっぱらLeyonaに託す。立ち位置の定まらないLeyonaは福島さんのマイクを使って唄うのだが、ちょっと高い位置にセッティングされているため、背伸びしながら唄う様子がたまらなくイイ。福島さんは「僕たちが主催している『勝手にウッドストック』というイベント向けのリハーサルで、CHABOとムッシュが偶然顔を合わせた瞬間を見た」という話から、かまやつひろしの「どうにかなるさ」。このあたりの展開、福島さんは上手いなぁ〜と思う。今日一番、心にグッとくる場面だった。福島さんは「好きなホーボーソングのひとつ」というような言い方もしていたな。続いて「いい事ばかりはありゃしない」。出演者全員でヴォーカルまわし。高木さんがテレキャスでスライドを弾いているのが、なんだかとっても良かった。最後は“バンバンバザール”のナンバー、新宿のことを唄った「ロックンロール」。ほんわかとした盛りあがりの中、20時ちょうどに演奏はすべて終了。

【仲井戸"CHABO"麗市 with 早川岳晴:セットリスト】
M01. You Gotta Move
M02. ブルース 2011
M03. 祝祭
M04. つぶやき
M05. サムズアップ19周年を祝うブルース
M06. ま、いずれにせよ
M07. I Must Be In A Good Place Now
M08. Rock And Roll Music
M09. BLUE MOON
M10. やせっぽちのブルース
M11. ホーボーズ・ララバイ

アンコール
EN1. ティーンエイジャー
EN2. どうにかなるさ
EN3. いい事ばかりはありゃしない
EN4. ロックンロール

2017年 5月13日(土)
京都 磔磔
「Welcome Home to TAKUTAKU!! 百年の古都"蔵」
麗蘭、竹原ピストル、スリッカーズ

今夜は磔磔へ、「Welcome Home to TAKUTAKU!! 百年の古都"蔵」を観に行く。磔磔は今年で築100年ということで、昨日から4日間連続の記念イベント。2日目の今夜は、“麗蘭”と竹原ピストルと“スリッカーズ”との共演。17時ちょうどに開場して、整理番号A-178番で入場。順番的にはかなり後の方だ・・・。本日はオールスタンディング、転換に備えてステージ下手の花道にはフェンスが設置されている。そのフェンスにもたれるような位置にポジショニング。結果的になかなかの好位置。ステージではマチャミさんがチューニング・・・ということは“麗蘭”がトップということか!

予定通り、17時30分開演。SE「波路はるかに」が流れる中、花道を通って“麗蘭”のメンバーがステージに登場。このところ気になっているCHABOのサングラス、今夜もしっかりとかけられている。演奏は「ミッドナイト・ブギ」から始まり、久しぶりの「Hustle」へと続く。さすが磔磔の濃密な空間、音が洪水のようにこちらへ迫ってくる。CHABOが「磔磔100年、よくもったな〜」とお祝いの言葉を述べたあと、公平がヴォーカルの「クレージー・ホース」。唄い出しの歌詞が微妙に変化している。公平はギターを弾きながらステージ前方へにじり出る。いつも以上にノリノリでグイグイッと。築100年を祝って“The Beatles”の「Birthday」をさわりだけ演奏してから「Yes We Can」。早川さんのベースがブンブンとうなり、CHABOと公平のギターが華やかな彩りを添える。「今年の漢字・・・」の部分は、Chuck Berryに捧げるような歌詞に変えられている。

続いて、そのChuck Berryのカバーで「Come On」。日本語の歌詞がなかなかイカす。それから、Johnny Winterに捧げるハードなブギー「Go Johnny Go」。今夜のCHABOはいつものようにテレキャスでプレイしていたけれど、この曲と前半で演奏した「クレージー・ホース」のみGrecoのフルアコSW-2000Sを使用。再び公平のヴォーカルで「太陽のシェリー」を演奏したあと、「紅 く・れ・な・い」をじっくりと聴かせる。間奏では、CHABOと公平のギターががっちりとからみ合う。肩を寄せるようにしてギターを弾く二人が、たまらなく絵になる。そして磔磔はものすごく音がイイことを、ここで改めて実感。早くもラストナンバーの「Get Back」となり、大盛りあがりのままフィナーレを迎える。1時間ほどの短い演奏時間だったけれども、大満足のステージであった。

【麗蘭:セットリスト】
M01. ミッドナイト・ブギ
M02. Hustle
M03. クレージー・ホース
M04. Birthday
M05. Yes We Can
M06. Come On
M07. Go Johnny Go (J.Winterに捧ぐ)
M08. 太陽のシェリー
M09. 紅 く・れ・な・い
M10. Get Back

セットチェンジをはさんで、18時50分ごろ竹原ピストルがステージに登場。竹原ピストルのライブを観るのは二度目だったか? 決して嫌いなタイプではない。アコースティックギターをかき鳴らしながら、汗だくになってひたすら唄うスタイル。曲によって心に入ってくる曲とそうでない曲とがあるけれど、唄に対する言わば「誠意」を感じる。「黄色い声の声援が無いまま5曲目を迎えます」とか、「前の女性がオレの腕を凝視しているので、意味もなく余計に動かしてみました」とか、そんなところも正直でイイなぁ〜と思う。気がつくとほとんど聴いたことがある曲のような気がする。それだけにとっても楽しめた。最後に一編の詩を朗読して、50分ほどでステージは終了。

そして19時55分ごろ、本日のトリ“スリッカーズ”の演奏が始まる。磔磔の大将、水島さんがドラムを担当するバンド。個人的には初めて観る。ドラム、パーカッション、ベース、ギター、サックス、ヴォーカルという6人編成。ゆる〜い感じのブルース、なんだかとっても心地よく響いてくる。それでもベースはブリブリだし、サックスは強力だし、ヴォーカルはちょっと北京一みたい。この頃になるとフロアに若干の余裕が出来ていて、音に合わせて自由に身体を揺らす。なんだかとってもフリーダムな空間。磔磔の雰囲気と相まって、本当に最高!としか言いようがない。そしてライブ後半には、Bo Diddleyの「Crackin' Up」が飛び出す。ちょっと脳天気なサウンド、なんとなく“BO GUMBOS”を思い出してしまった。次に演奏された「Mona」のゲストでうつみようこが登場すると、その思いはますます加速。“BO GUMBOS”の磔磔ってこんな感じだったのかな?と、ひとり感傷にふけってしまった。

アンコールに突入し、ステージには“スリッカーズ”のメンバーが登場。本日の出演者をひとりひとり呼び込むということで、“麗蘭”のメンバー、竹原ピストル、うつみようこに加えて、近藤房之助と金子マリが登場。これにはビックリだけど、嬉しかった。そして「Iko Iko」をセッション。ますます“BO GUMBOS”っぽい展開に、たまらず踊りまくる。こうして20時30分過ぎ、本日のライブはすべて終了。

2017年 5月21日(日)
名古屋 TOKUZO
「HOBO CONNECTION 2017 〜Good Music Good Singing NAGOYA〜」
リクオ with HOBO HOUSE BAND/仲井戸"CHABO"麗市/竹原ピストル

今日は名古屋 TOKUZOへ、「HOBO CONNECTION 2017 〜Good Music Good Singing NAGOYA〜」を観に行く。リクオが主催するこのイベント、今年は全国で10公演が繰り広げられている。名古屋はCHABOと竹原ピストルという組み合わせ、いったいどんなライブになるのか楽しみ。東京駅12時50分発の新幹線に乗り込み、名古屋に到着したのは14時半ごろ。ものすごい暑さに一瞬たじろいだけど、とりあえず駅前の「BANANA RECORD」で発掘作業。その結果、“MARTHA & THE VANDELLAS”のファースト&セカンドアルバムの2in1CDを衝動買い。そして15時半ごろ、今夜泊まる「名古屋駅前モンブランホテル」へチェックイン。しばらく部屋で休んだあと、地下鉄東山線に乗って今池駅へと向かう。17時ごろ今池駅に到着。開場まで時間があるので、あたりを散策してから会場のTOKUZOへ。予定通り18時に開場。整理番号154番でどうしようかと思ったけど、ステージ下手の最前列を確保。だけどスピーカーの真ん前だから、キーボードとベースは完全に見切れている。それでもCHABOはバッチリと見えそうなので、今日はCHABOだけを凝視する作戦にする。

予定より遅れて、19時10分ごろ開演。まずはDrums:小宮山純平、Bass:寺岡信芳、PedalSteal:宮下広輔、そしてリクオがステージに登場。お馴染みの曲から新曲まで、まずは“HOBO HOUSE BAND”のみで4曲。リクオのニューオリンズっぽいピアノがイカす。ココからはほどんど見えないけど・・・。バンドもゴキゲンなグルーヴで、TOKUZOの濃密な空間を溢れんばかりに埋め尽くしていく。そしてリクオに呼び込まれて、竹原ピストルが登場。黄色いTシャツが似合ってる。バンドをバックに「Forever Young」を唄ったあと、竹原ピストルの弾き語りコーナー。「アメイジング・グレイス」をじっくりと聴かせ、「みんなやってるか」で盛り上げる。やっぱりこのあたりのステージ運びは、さすが百戦錬磨という感じで上手いな。再びバンドで「俺のアディダス」を演奏して、ピストルはひとまず退場。

そしてリクオの「俺たちのCHABO〜!」という紹介で、CHABOがステージに登場。このところCHABOはサングラスをかけてプレイしていたけれど、今夜は久しぶりの素顔。それだけで嬉しい。演奏は「オーイっ!」からスタート。ちょっと意外な選曲だけど、骨太のROCKという感じでイカす。CHABOは「リクオのおかげでいろんなミュージシャンに出会えた」と嬉しそうに話す。とりわけペダルスチールの宮下広輔がお気に入りの模様。「自分の息子みたい」とベタ惚れ。続いてオリジナルキーで「君が僕を知ってる」。ヴォーカルはキツそうだけど、この方が弦の鳴りが断然イイ。そしてChuck Berryの「Rock And Roll Music」、エンディングでCHABOはダックウォークを披露。ここでバンドは退場して、寺岡と広輔と一緒に「Harvest Moon」。ペダルスチールの音色がすごく効果的。TOKUZOの楽屋に入るところにNeil Youngのポスターが貼られているのを、CHABOは見たのだろうか? それからCHABOはピストルと二人で「浅草キッド」を演奏。マンドリンをつま弾くCHABO、古井戸みたい。「お姉さんが大のRCファンで、今日のことを褒めてくれるだろう」と話すピストル。

それから「主犯格・リクオとやらせてくれ!」とCHABOは言い、リクオをステージに呼び込む。リクオは「ここからはあの世とも繋がって行きたいと思います」と言って、「胸が痛いよ」を唄う。続いて、再びバンドで「Little Wing」。この流れは、もちろんあの人へ捧げる演奏。「Little Wing」では、CHABOはテレキャスを弾きまくり、後半はペダルワウを駆使してのプレイ。CHABOの鬼気迫るギタープレイに思わず固まる。それぐらい魂の込められた演奏。リクオは「僕は今年51歳。17歳×3で三回目の思春期を迎えています」と話したあと、自身のナンバー「永遠のロックンロール」と「ブルーハーツが聴こえる」をプレイ。あの頃の自分と現在の自分・・・両方のことを思いながら、ノスタルジーでない何かを感じる。そんなリクオの唄を、ギタリストに徹してサポートするCHABO。これがまた最高にイイ。ここで更にピストルが加わって「明日なき世界」。ピアノから始まるアレンジが斬新。ピストルのヴォーカルで「よー、そこの若いの」を演奏したあと、“THE BLUE HEARTS”の「青空」。まさかCHABOがブルーハーツを弾くとはねぇ〜。ちょっとビックリしたけど、ゴキゲンなフィナーレ。

アンコールに突入して、リクオはちょっと長めのMC。いろいろな想いが込みあげて来たのか、いつにも増して饒舌に感謝の言葉を述べる。そして始まったのはリクオが唄う「アイノウタ」。ここでもギタリストに徹するCHABOがイイ。更にピストルが加わって、最後の曲は「いい事ばかりはありゃしない」。まずはCHABOがヴォーカルをとり、途中からピストルとリクオがヴォーカルをまわす。すごくBLUESなフィーリングに溢れた演奏、とっても心に染みた。こうして21時10分ごろ、演奏はすべて終了。

【セットリスト】
M01. (曲名不明)
M02. ランブリンマン
M03. 希望のテンダネス
M04. グラデーションワールド
M05. Forever Young
M06. アメイジング・グレイス
M07. みんなやってるか
M08. 俺のアディダス
M09. オーイっ!
M10. 君が僕を知ってる
M11. Rock And Roll Music
M12. Harvest Moon
M13. 浅草キッド
M14. 胸が痛いよ
M15. Little Wing
M16. 永遠のロックンロール
M17. オマージュ - ブルーハーツが聴こえる
M18. よー、そこの若いの
M19. 明日なき世界
M20. 青空

アンコール
EN1. アイノウタ
EN2. いい事ばかりはありゃしない

2017年 5月25日(木)
下北沢GARDEN
「HOBO CONNECTION 2017 〜HOBO SPECIAL〜」
リクオ with HOBO HOUSE BAND/仲井戸"CHABO"麗市/大槻ケンヂ

今日は下北沢GARDENへ、「HOBO CONNECTION 2017 〜HOBO SPECIAL〜」を観に行く。リクオが主催するこのイベント、今年は全国で10公演が繰り広げられてきたけど本日が最終日。CHABOと大槻ケンヂという異色の組み合わせ、RCとナゴムと両方好きな俺にとっては最高のラインナップ。16時過ぎに仕事を切り上げて、下北沢駅には17時過ぎに到着。意外と時間に余裕が無いのに気づく。「GENERAL RECORD STORE」へ寄って発掘作業をしているうちに、あっという間に開場時間が近づく。今日は1階に並んで入場するというパターン。既にたくさんのお客さんが並んでいる。予定通り18時に開場。整理番号18番で入場して、二列目のステージほぼ正面の席に座る。BGMはリクオの選曲ということで、ミチロウやらRCやら清志郎やら・・・とってもゴキゲンな選曲。

予定通り19時ちょうどに開演。まずはDrums:小宮山純平、Bass:寺岡信芳、PedalSteal:宮下広輔、そしてリクオがステージに登場。「今日は何の気兼ねもなく、ステージとお客さんと思いっきり共謀していきましょう!」と挨拶。「ランブリンマン」から始まって、まずは“HOBO HOUSE BAND”のみで4曲。寺岡のプレシジョンベースが、オープニングからブリブリとすごくイイ音を出してる。プレベはどうしても音がこもりがちになるのに、あそこまで鳴らせるといいなぁ〜。そしてペダルスチールの広輔! 様々な音色で曲を彩り、今回の隠れた主役と言える。リクオに呼び込まれてオーケンが登場。ひび割れメイク無しの素顔で、黒い帽子をかぶっている。いきなりの「オンリー・ユー」。密かに演ってくれないかな?と思ってたから嬉しい。「君が好きだ!」のセリフのくだりは、リクオとの掛け合いになっているのが笑える。続いてアコースティックギターを弾きながら「あのさぁ」。なんだか今の気分にピッタリの選曲。それから西岡 恭蔵の「プカプカ」。オーケンのこうした唄は初めて聴くけど、けっこう上手いんだな。“筋肉少女帯”のナンバー「踊るダメ人間」では、お客さんに振り付け(?)をリクエスト。前と隣の席の人がオーケンファンで、見よう見まねで「ダーメダメダメダメ人間〜♪」と踊る。楽しい。「中途半端なリアクションをありがとうございます。やるならやる!やらないならやらない!」と、どこかで聞いたことのあるような言葉を発するオーケン。

ここでオーケンと入れ替わりに、CHABOがステージに登場。大歓声に包まれるフロア。「オーイっ!」からスタート。ちょっと意外な選曲だけど、メチャメチャROCKしている。そしてオリジナルキーの「君が僕を知ってる」。この方が弦の鳴りはやっぱりイイなぁ〜。さすがにヴォーカルはキツそうだけど、これからもバンドの時はオリジナルキーでお願いしたい。それから名古屋では演奏されなかった「たとえばこんなラヴ・ソング」。レコードと同じアレンジでの演奏。チャボが唄うのは、ソロではどこかで聴いた事あるけど、バンドでは初めてかもしれない。そしてバンドがはけて、寺岡と広輔と一緒に「Harvest Moon」。ペダルスチールの音がすごく良くて感涙。曲の途中で「中秋の名月・・・五月だけど」とCHABOがポツリと言ったのが妙に可笑しかった。それからリクオと二人で「胸が痛いよ」、再びバンドで「Little Wing」。この流れには悶絶。もちろんあの人を想っての演奏。「Little Wing」では、CHABOはテレキャスを弾きまくり、後半はペダルワウを駆使してのプレイ。ギタリストCHABOを存分に堪能。その空間の濃さから名古屋の方がより凄かったけど、今夜の演奏も凄まじかった。続いてリクオのナンバーで「永遠のロックンロール」と「ブルーハーツが聴こえる」。途中から歌詞がRCになってるのが良かったな。ギタリストに徹するCHABOもまたイイ。これは何度も言っているけど、そういうCHABOをそもそも好きになったのだもの。

ここで曲順を間違えて、リクオがオーケンを呼び込むというハプニング。すかさず間違いを指摘するCHABO、しかも得意満面な表情で。これっていつもどこかで見るシーンじゃないかなぁ〜? まぁ、深く突っ込むのはやめておこう。という事で正解はChuck Berryの「Rock And Roll Music」。ものすごくスウィングした演奏。今日は残念ながらダックウォークは出ず・・・。名古屋では出たのにな。そして改めてオーケン登場。「俺らの世代は必ず『俺とRC』みたいに語り出してウザいと思うけど」と前置きしながらも、「これは恒例という事で」と言ってRCの思い出を語り出す。「『ヘンタイよいこ集会』を観に行ったけれど、あまりに大人なので怖くなって途中で帰った」と告白。その途端、オーケンに向かって左手の中指を突き立てるCHABO! こんなの初めて見た。オーケンはさらに清志郎との想い出、一緒にテレビのコントに出たときのエピソードを話す。監督にツッコミを入れるジョニー大倉を見て、清志郎がオーケンをこっそりとつついて、「ジョニー大倉って怖いね・・・」と言ったのが唯一の会話だと。なんとも清志郎らしいエピソードに、CHABOも「あいつ弱っちいから〜」とかぶせる。そして“JAGATARA”の「もうがまんできない」。大好きなこの曲をCHABOのギターで聴くとは! 現在と過去、オーバーグラウンドとアンダーグラウンド、いろいろと入り混じった展開。続いて「明日なき世界」。このあたりはちょっと複雑な気持ちで聴く。やっぱり自分の中では消化しきれていない・・・あの頃の気持ちを。ラストは「雨あがりの夜空に」。CHABOファン・オーケンファン関わらず、総立ちで盛り上がる。今夜の流れとしては、最高のエンディングだったかな。

アンコールに突入して、リクオは「アイノウタ」を唄う。ここでもギタリストに徹するCHABO。そして更にオーケンが加わって「不滅の男」。まさかエンケンナンバーが披露されるとは! みんな自分史を炸裂し過ぎ! 淡々とギターを弾くCHABOは、何を思っていたのだろう? 今夜のライブは、リクオ、オーケン、CHABOの思い入れソングの祭典という趣き。それぞれがそれぞれに思い入れのある曲を、いろんな形で演奏してくれた。筋少では普段エンディングのキメを一切まかされていないというオーケン。リクオから今夜は全てをやるように指示されていて、指示通りエンディングをキメる。最初はぎこちなかったけど、段々サマになってきたような気がする。そんなオーケンに、CHABOが何度もエンディングを繰り返す攻撃! これは可笑しかった。そして最後は「いい事ばかりはありゃしない」。歌詞に中野と下北沢が織り込まれるのは想定通り。こうして演奏はすべて終了し、出演者全員がステージ中央に並んでお辞儀。その瞬間、隣の席のオーケンファンに手を握られてドッキリ! 演者と同様に、客席側もカーテンコールをするという魂胆らしい。ということで一緒にカーテンコールして、2時間30分を超えるライブは終了。

【セットリスト】
M01. ランブリンマン
M02. 僕らのパレード
M03. 希望のテンダネス
M04. グラデーションワールド
M05. オンリー・ユー
M06. あのさぁ
M07. プカプカ
M08. 踊るダメ人間
M09. オーイっ!
M10. 君が僕を知ってる
M11. たとえばこんなラヴ・ソング
M12. Harvest Moon
M13. 胸が痛いよ
M14. Little Wing
M15. 永遠のロックンロール
M16. オマージュ - ブルーハーツが聴こえる
M17. Rock And Roll Music
M18. もうがまんできない
M19. 明日なき世界
M20. 雨あがりの夜空に

アンコール
EN1. アイノウタ
EN2. 不滅の男
EN3. いい事ばかりはありゃしない

2017年 6月 4日(日)
HMV record shop コピス吉祥寺
「麗蘭サイン会」
麗と蘭

今日は吉祥寺の「HMV record shop」で“麗と蘭”のサイン会。今回はCHABOに手紙を渡すかどうか迷ったけど、この期に及んで書きたい事が降ってきて、午前中にどうにか書き終えることが出来た。まったくいつもながらのドタバタぶり。サイン会は14時開始ということで、30分ぐらい前にお店へ。“麗蘭”のパネル展を眺めつつ時間調整。整理番号は32番で、けっこう前のほう。

予定より数分遅れて、CHABOと公平が登場。まずはマイクを手に取って挨拶。「天気のイイ日曜日に公園へ行かずにサイン会に来てくれた君たちはセンスがいい」と公平。そしてCHABOは「万引きすんなよー。オレはやめたぞ」と、例によっていつものコメント。「チャボ〜!」と声掛けすると、「なんだよ!」とのお言葉を頂く。店の片隅に設けられたスペースに、100人ぐらいのお客さん。かなりゆる〜い感じ。CHABOも公平もリラックスした感じで、とってもイイ雰囲気が漂っている。CHABOはサングラスしているけど、これは昼間用という感じなのかな? 公平に名前を入れて頂き、CHABOに日付を入れて頂き、めでたくミッションコンプリート。全員のサインが終わったあと、展示されていたパネルが5人に当たる抽選会。パネルは残念ながら当たらなかったけど、とってもいい雰囲気のサイン会で大満足。帰り際に握手してもらおうとしたら、CHABOに肩をポンポンと叩かれるオマケ付き。こうしてサイン会は、40分ほどで終了。

2017年 6月15日(木)
南青山 MANDALA
「MY LIFE IS MY MESSAGE. LIVE 2017」
仲井戸"CHABO"麗市×山口洋 with 細海魚

16時に仕事を切り上げて表参道へ。今日は南青山MANDALAへ、「MY LIFE IS MY MESSAGE. LIVE 2017」を観に行く。いまや山口 洋の代名詞とも言えるこのイベント、今年は五日間に渡る開催。中日の今日は、仲井戸"CHABO"麗市×山口洋 with 細海魚 というナインナップ。もちろんCHABO目当てではあるけれど、どんなパフォーマンスが観られるのか楽しみ。17時前には表参道に到着したので、開場時間の18時までしばらくあたりを散策。青山という超オシャレな土地だけど、あちこちに昭和の香りを感じる。開場時間にあわせて会場へ行き、ガチャに挑戦するもCHABOのバッヂは当たらず。予定通り18時に開場、整理番号40番で入場。ステージ上手の三列目に座る。洋サイドではあるけれど、ステージが近くてなかなかの好ポジション。ステージ下手のスクリーンには、南相馬の美しい風景が映し出されている。

予定通り、19時に開演。まずは山口 洋がひとり登場して、「MY LIFE IS MY MESSAGE.」の趣旨説明。震災があった時の話と原発の話、福島県の相馬に寄せる想いと自身が熊本で被災した時の話。その話を聞きながら、おととい観たミチロウの映画「羊歯明神」の事を思い出していた。ミチロウの話もそうだったけど、やらなきゃいけないのではなく、やりたいからやるという感覚。ミチロウは志田名、洋は相馬。場所はちょっと違えど、福島への思いは同じ。

そして洋はステージに細海 魚を呼び込み、二人の演奏が始まる。「トーキョーシティーヒエラルキー」から始まって、「Blind Pilot」と聴き覚えのある曲が続く。なんだかんだで、洋は何度も観ているからな。一方の魚さんは、観た事はあるけど意識して観るのは初めて。両手を叩きつけるように弾く“ネコ奏法”もすごかったけど、音がとってもイイなと思った。「Hotel Existence」「プレシャス」ではエレピ、「荒野の風」ではアコーディオンを演奏。「明日のために靴を磨こう」ではハモンドオルガンをプレイ。レズリースピーカーから流れる音が最高。それまで洋はアコースティックギターを弾いていたのだけれど、この曲ではグレッチをプレイ。これがまたものすごい爆音・・・自分の席が洋の真ん前だからなのかもしれないけど、音のバランスはもうちょっとなんとかならなかったのかな? せっかくのハモンドがよく聴こえなかった。こうして1時間ほどで洋の演奏は終了。

【山口 洋:セットリスト】
M01. トーキョーシティーヒエラルキー
M02. Blind Pilot
M03. Hotel Existence
M04. プレシャス
M05. 荒野の風
M06. 明日のために靴を磨こう

5分ほどの休憩をはさんで、20時05分過ぎからいよいよCHABOのステージ。波の音が流れる中、無言のままステージに登場して「会いたかった人」を演奏。最初は何故だか新曲と思ってしまったけど、歌詞の内容がものすごくクリアに自分の中に入ってきた。続いて「サンドウィッチ」、なんとなく初夏を思わせる演奏。ここまでCHABOは一言も話さず。ひょっとして今夜はノーMCなのかと思ったけど、ここでCHABOはいつも通りに話し出す。「洋は今回五日間やっていて、今日は中日だから大変なはず」と洋への気遣いを見せるCHABO。それからChuck Berryのカバーで「COME ON」。譜面台に置かれたファイルにはChuck Berryの写真。なんでもギターマガジンの切り抜きらしく、おおくぼさんが撮影したと言って「よく出来た奥さん」と自慢。「THE DAY OF R&B」で共演した時のエピソードもたくさん話してくれた。あのライブは私にとっても印象的。

CHABOは魚さんのプレイをとても気に入っているみたいで、魚さんのエピソードもたくさん話す。だけど途中から「さかなくん」とか言うもんだから、私のアタマの中は「ギョギョ〜ッ!」と・・・。そして魚さんが“PENTANGLE”が好きだという話から「ペンタングル」。久しぶりに聴くナンバー。曲の後半で「LIVE FOR TODAY」や「MY GENERATION」の歌詞が散りばめられている。「LIVE FOR TODAY」というと、私は“THE LORDS OF THE NEW CHURCH”を思い出すけど、オリジナルは“THE GRASS ROOTS”というバンドらしい。なるほど、CHABOが好きそう。それからCHABOは、魚さんのインスト曲「HOPE」をバックにポエトリー。これがものすごく良かった。曲も詩も共に良かったけど、最後にCHABOがつま弾いたギターがとっても優しく聴こえた。そして「LULLABY」から「夏に続く午後」。内省的というのとはちょっと違う、ましてやブルースでもない。今夜のステージは、全体的に優しい空気が流れてる。それが今夜のCHABOの想い。ラジオの話をしたのは「夏に続く午後」の前だったか。「久しぶりに聴いてるFEN〜♪」だもんな。「マジカルMUSICツアー」が今月で最終回だから、ハガキで組織票を出してくれ!と言っていた。確かにCHABOの番組なんだから、ハガキを受け付けて欲しかったな。山下達郎の「サンソン」みたいに。続いてCHABOは「プレゼント」を演奏。優しいステージにぴったりの曲、今年の夏に想いを馳せつつ。この曲は優しさが溢れていて大好き。歌いまわしをちょっと変えていたのが気になったけど・・・うるさいファン。

これでCHABOのパートは終わりかと思いきや、洋と魚さんが加わってのセッションが始まる。まずは「アメリカンフットボール」。魚さんのプレイはDr.kyOnやたつのすけとはまた違う良さがあるな。ハモンドオルガンをバックにギターをかき鳴らすCHABOにゾクゾク。このすごくカッコいい。だけどここでも洋のグレッチの音が大きく入り込んできて、細かいプレイがよく聴こえなかったのが残念。続いて洋の曲で「MR. SONGWRITER」。JAZZYな雰囲気がとても素敵で、魚さんのエレピが際立つ。本編最後は「SEASON」。CHABOが積極的に「この曲をやりたい」と言ったとか。確かに今日の流れに合ってる。洋が望んだ「みんなが希望を持てるような風景が浮かぶ演奏」、まさにそんな選曲でフィナーレ。

アンコールに突入して、まずは洋が一人でステージに登場。洋はCHABOから「自分の事より先に相手を思いやる」ことを教わったと話す。そしてCHABOと魚さんをステージに呼び込んで「やせっぽちのブルース」。とってもスウィングした演奏。三人の奏でる音が、まるで生き物のようにステージ上を駆け巡る。続いてCHABOと洋が二人とも好きだというHank Williamsのカバーで「LOST HIGHWAY」。カントリータッチのナンバー、魚さんのアコーディオンがとってもいい感じ。そして「川」。これまた優しい演奏・・・。今夜のCHABOの選曲は一貫して、優しさと思いやりに包まれている。最後はもちろん「満月の夕」。CHABOが入れるちょっとしたオブリガードが、曲をさらに豊かにしてる。こうしてほんわかと優しいライブは、22時ちょっと前に終了。

【仲井戸"CHABO"麗市:セットリスト】
M01. 会いたかった人
M02. サンドウィッチ
M03. COME ON
M04. ペンタングル
M05. Poetry:HOPE
M06. LULLABY
M07. 夏に続く午後
M08. プレゼント
M09. アメリカンフットボール
M10. MR. SONGWRITER
M11. SEASON

アンコール
EN1. やせっぽちのブルース
EN2. LOST HIGHWAY
EN3. 川
EN4. 満月の夕

2017年 6月21日(水)
赤坂BLITZ
「One of Love プロジェクトGIG vol.8 『途上国の子供たちに未来の仕事を贈るプロジェクト』」
川畑 要、ichiro、TOSHI-LOW、仲井戸"CHABO"麗市、泉谷しげる、夏木マリ、フラワーカンパニーズ、One of Love Special Band

今日は赤坂BLITZへ、「One of Love プロジェクトGIG vol.8」を観に行く。夏木マリと斉藤ノヴが主催するこのイベント、今年で早くも8回目を迎える。このイベントは例年なかなかバラエティーに富んだメンツが集まるのだけれど、今年は自分の好きなアーティストが多く出演するので、いつも以上に楽しみ。定時ダッシュで職場を離脱したので、赤坂駅には18時過ぎに到着。開演時間までは余裕があるので、会場隣のTBSを見学して時間調整。客入れがかなり遅れているみたいだったから、のんびりと19時ごろ会場入り。今日の席は1階B列6番。B列だからと油断していたら、なんと一列目でビックリ。

予定より遅れて、19時10分ごろ開演。ステージ上のスクリーンに映像が映し出される中、“One of Love Special Band”がステージに登場。Drums:山内陽一朗、Bass:石田 純、Keyboards:白井アキト、Guitar:末松一人、Percussion:斉藤ノヴというメンツ、まずはインストで一曲。これがなんともゆるい感じの演奏・・・まぁ嫌いじゃないけど。今夜は“One of Love Special Band”をバックに、ゲストが入れ替わり立ち替わりヴォーカルをとるというスタイル。まずは“CHEMISTRY”の川畑 要。個人的にはまったく興味がないジャンル、フラットな気分で聴く。なかなか唄がうまいと思ったけど、「みんな立って盛りあがりましょう!」というノリにはついていけず。二曲唄ったあと、ギターにichiroが加わってもう一曲。今回はコラボレーションが見どころらしい。そのままichiroのステージとなり、かなりシブめでBluesyなナンバーを二曲披露。ichiroのストラトの音と白井さんのデジタルハモンドの音が、絶妙なアンサンブルを聴かせてくれる。もうちょっとハードなナンバーも聴きたかったけど、じっくりとichiroのプレイを堪能する事が出来た。

続いて、TOSHI-LOWがステージに登場。大雨のため新幹線に三時間閉じ込められたという話からスタート。そして斉藤ノヴのカホンをバックに“憂歌団”の「胸が痛い」を唄う。なかなか素敵な唄声。「あなたのいない世界で」を弾き語ったあと、CHABOが加わって「朝焼けの歌」をセッション。「ただの乱暴者かと思ったけど、この唄の言葉にビックリした」というCHABOの言葉通りの名曲。TOSHI-LOWが唄う歌詞を、リーディングで追いかけるCHABOがまた良かった。そのままCHABOのステージになるのかと思いきや、二人揃ってバックステージへ。入れ替わりに登場したのは泉谷しげる。荒々しくギターをかき鳴らしながら「春夏秋冬」を唄う。泉谷はあいかわらずお客さんに悪態をつきながらの演奏だけど、ギターがものすごくイイ音で感動。そして夏木マリが加わって「ヨイトマケの唄」。魂のこもったブルースという感じ。だけどこの唄の本当のところは、俺達なんかには理解出来ないんだろうな・・・とも思った。

「One of Love プロジェクト」の活動報告が上映されたあと、“フラワーカンパニーズ”の演奏。「はぐれ者讃歌」と「ロックンロール」、シンプルなRockナンバーに自然と立ち上がって盛りあがる。グレートマエカワのベースラインがものすごく動きまわっているけど、グルーヴ感は損なわれずにちゃんとバンドのアンサンブルが成り立ってるところがスゴい。鈴木圭介の切々とした感じのヴォーカルもイイ。ナマで観るのは三度目ぐらいだけど好きだな。そして夏木マリが加わって、「深夜高速」をコラボ。これがもぅ〜たまらなく素敵で感涙。そのまま夏木マリのステージとなり、Funkyなナンバー「そら」に自然と身体が反応する。更にCHABOとichiroが加わって「紅のプロローグ」。強力なツインギターを堪能。

そしていよいよCHABOのステージ。CHABOは「分割で出るのが疲れた。おまけに泉谷と同じ楽屋」とボヤく。「マリが作ってくれた鶏飯のおにぎりを家に持って帰って奥さんと食べるのが楽しみなのに、俺の分を泉谷に食べられてしまった」とも。まったく泉谷ときたら。。。演奏はバンドをバックに、Chuck Berryのカバー「Rock And Roll Music」でスタート。ダックウォークは今日も曲が終わったあと・・・出来れば間奏でやって欲しいところ。続いて、斉藤ノヴのパーカッションをバックに「夏に続く午後」。これは6月にしか聴けない曲。15日のMANDALAよりも声が出ていて、とっても良かった。ここまでの流れもあって、スタンディングでこの曲を聴くという珍しい体験。それから再びバンドをバックに、TOSHI-LOWといっしょに「Hungry Heart」。そしてステージに全員が登場して、いつものようにイベントのテーマ曲「One of Love」。ここでも「俺よりウケるな」「Tシャツを着替えるな」とTOSHI-LOWへグダグダと言う泉谷に、CHABOは「器が小さいヤツ!」と言いながら、右手の中指でFuckin'サイン。泉谷は好きだけど、確かに今日はハナにつく感じだったからな・・・CHABOのおかげでスッキリ。こうして22時ごろ、イベントはすべて終了。

【セットリスト】
M01. (Instrumental)
M02. かまわない
M03. My Treasure
M04. Pump It Up
M05. Life Time
M06. TENDERNESS
M07. 胸が痛い
M08. あなたのいない世界で
M09. 朝焼けの歌
M10. 春夏秋冬
M11. ヨイトマケの唄
M12. はぐれ者讃歌
M13. ロックンロール
M14. 深夜高速
M15. そら
M16. 紅のプロローグ
M17. Rock And Roll Music
M18. 夏に続く午後
M19. Hungry Heart
M20. One of Love

2017年 7月 6日(木)
南青山 MANDALA
「Boys,be ambitious」
仲井戸"CHABO"麗市×藤井一彦

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸"CHABO"麗市×藤井一彦「Boys,be ambitious」を観に行く。CHABOは今月MANDALAで三回ライブをやるのだけれど、今夜はその一回目。藤井一彦との組み合わせは、CHABOのハードな面を引き出してくれそうで楽しみ。16時に仕事を切り上げ、表参道あたりで時間調整しながら会場へ向かう。会場前で開場を待っていたら、藤井一彦がぶらりと現れてビックリ。その後の話によると、入り時間を間違えて遅刻したのだとか・・・。予定より少し遅れて、18時過ぎ開場。整理番号100番で入場。番号が悪いので椅子に座るのはあきらめ、カウンター前で立見することを決意。

予定時間の19時をちょっと過ぎたころ開演。まずはCHABOがステージに登場し、これまでの一彦とのいきさつを話す。「一彦はPaul McCartneyと誕生日が同じ」と言うところがCHABOらしい。そしてCHABOに呼び込まれて、藤井一彦がステージに登場。アコースティックギターをかき鳴らしながら、オリジナルナンバーを次々と披露する。ブルースハープを吹いたりもして、こういうスタイルで聴くのはなんだか新鮮。一彦はオリジナルナンバーに加えて、カバーも何曲か演奏。RCのカバーは「ハイウェイのお月様」。一彦のRC愛が感じられて、とってもイイ。“Rolling Stones”のカバーは「Get Off Of My Cloud」。お客さんとのコール&レスポンスもバッチリ。一彦は激しくギターをかき鳴らし、あっという間に1時間ほどのステージは終了。

そして20時10分過ぎ、“THE BEATLES”の「THIS BOY」が流れる中をCHABOがステージに登場。オープニングは「Good Day」。てれっとした感じが素敵な曲だけど、今夜はちょっとだけテンポアップ。戸惑う客席に、「手拍子するならする!しないならしない!はっきりしろ!」とCHABOはお叱り。続いて、Ron Woodのカバーで「I Can Feel The Fire」。CHABOの日本語意訳がイカしている。一彦が“Rolling Stones”をカバーしたからというわけではないだろうけど、今夜にぴったりの選曲。CHABOは先月行われた一彦のBirthday Liveの事に触れ、「メンツが濃すぎて楽屋に居たくなかった」と。佐野元春が一度も楽屋入りしなかったのを見て、上には上が居ると感心する事しきり。「つぶやき」を唄ったあと、CHABOは一枚のフライヤーを取り出す。「あゝ新宿 アングラ×ストリート×ジャズ展」という、新宿に関する資料の展示会。CHABOはおおくぼさんと一緒に観に行って、たいへん感銘を受けたらしい。そんな流れから、「ライナーノーツ「絵」」をリーディング。途中に「ティーンエイジャー」が挿入される。続いて「エピローグ」。CHABOが想う新宿の風景が、ステージへ鮮やかに映し出される。ここで一彦が加わり、二人で「特別な夏」を演奏。この曲は久しぶりに聴くけど、今の季節にぴったり。そして「俺よりRCを知ってる一彦が選んでくれた」という紹介で、RCのナンバーから「Johnny Blue」。一彦が清志郎ばりのヴォーカルを聴かせ、激しいギターストロークでフロアをわかせる。次に一彦のナンバーで「美しき人」。一彦とCHABOが、交互にヴォーカルをとる。ここで一彦は退場し、本編最後は「My R&R」。この曲も久しぶりに聴く。今夜は一彦に贈るナンバーだな・・・同年代の自分としては心が揺れる。

アンコールに突入し、CHABOは一彦をステージに呼び込む。「アンコールじゃない、第三部だ!」とCHABOが煽って、RCのナンバーから「あの娘のレター」。RCの中でも、なかなかレアな選曲。ここでも一彦が、イイ感じでヴォーカルをとる。続く「夜のピクニック」は、「Honky Tonk Women」っぽいイントロからスタート。それから「気の持ちようさ」「遥かなる」と、一彦ナンバーを二曲連続でプレイ。ギタリストCHABO出現。いつもならCHABOだけを凝視するんだけど、今夜は何故か一彦に目がいく。なんだろう〜なぁ〜この感じ。一彦へちょっと思い入れしているのかもしれない。そして「GIBSON」。二人のギターのからみが、これまたやたらとカッコ良くて悶絶。今夜はアコースティックギターONLYで、二人ともGIBSONではなかったけれど。CHABOが「麗蘭解散!これからは麗藤!」と言うと、「解散しないで〜!」という声があがる。次の「君が僕を知ってる」は、オリジナルKEYで一彦が主にヴォーカルをとる。間奏のギターソロは、まずは一彦が弾いて、次にCHABOが弾くというダブルソロ。一彦のプレイが完璧過ぎて驚いたけど、CHABOのトーンを聴いてやっぱりコレだなぁ〜と再認識。そして最後は、一彦のナンバー「HELLO LAZY FELLOW」でフィナーレ。 ロックンロールな夜。「What A Wonderful World」が流れる中、22時20分ごろ終了。

【仲井戸麗市:セットリスト】
M01. Good Day
M02. I Can Feel The Fire
M03. つぶやき
M04. Poetry:ライナーノーツ「絵」〜ティーンエイジャー
M05. エピローグ
M06. 特別な夏 [w.藤井一彦]
M07. Johnny Blue [w.藤井一彦]
M08. 美しき人 [w.藤井一彦]
M09. My R&R
アンコール
EN1. あの娘のレター
EN2. 夜のピクニック
EN3. 気の持ちようさ
EN4. 遥かなる
EN5. GIBSON (CHABO'S BLUES)
EN6. 君が僕を知ってる
EN7. HELLO LAZY FELLOW

2017年 7月13日(木)
南青山 MANDALA
「Boys,be ambitious」
仲井戸"CHABO"麗市×ワタナベイビー

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸"CHABO"麗市×ワタナベイビー「Boys,be ambitious」を観に行く。CHABOは今月MANDALAで三回ライブをやるのだけれど、今夜はその二回目。ワタナベイビーとの組み合わせということは、選曲はやはりRC中心になるのかな? そんなことを思いつつ、今日は「プレミアム早帰りデー」ということにして15時には退社。開場までかなり時間があるので、渋谷へ寄り道して「HMV record shop」や「disc union」を覗く。CHABOのフライヤーをもらいにQUATTROへ行ったら、知らないバンドの先行物販をやっていて焦る。QUATTROには残念ながら無かったけど、duo MUSIC EXCHANGEで無事にゲットすることが出来た。それから半蔵門線で表参道駅へと移動、開場時間の18時ちょっと前に会場へ到着。予定通り開場して、整理番号A-036で入場。CHABO前のテーブルに座ることが出来た。

ほぼ予定通り、19時過ぎに開演。“Percy Faith Orchestra”の「夏の日の恋」が流れる中、まずはCHABOがひとり登場して挨拶。出会いからこれまでのエピソードをざっと紹介して、ワタナベイビーをステージに呼び込む。ワタナベイビーは、ステッカーがたくさん貼られたアコースティックギターを抱えて唄い出す。“ニセ清志郎”としてお馴染みになってしまったから、素顔で唄うワタナベイビーがちょっと新鮮。オリジナルナンバーを何曲か演奏したあと、清志郎のカバーで「い・け・な・い ルージュマジック」。このあたりの選曲はワタナベイビーらしくてイイな。手拍子がどうにも音頭っぽいのが気になったけど。「今年のピークが今。15年に一度のうれしさ」とワタナベイビーは言い、CHABOと初めて会った時の事を話す。そして竹中直人に提供した「日曜日の食事」、清志郎と共作した「坂道」を唄う。ワタナベイビーの独特な声はあまり自分好みではないのだけれど、曲はものすごくイイと感じる。だけどフラメンコ調の「二人でナポリタンを」は唄声がちょっと違っていて、個人的にはかなりツボ。演奏時間を守るために仕掛けた携帯のアラームが、この曲の途中で鳴り出したのも可笑しかった。「今の曲で終わるのもちょっと」ということで、清志郎と共作した「ユーモア」を唄う。ちょうど1時間ほどでワタナベイビーの演奏は終了して、セットチェンジに突入。

【ワタナベイビー:セットリスト】
M01. 遠距離恋愛は続く
M02. サガラミドリさん
M03. キミのカオ
M04. い・け・な・い ルージュマジック
M05. 日曜日の食事
M06. 坂道
M07. 電話をするよ
M08. 二人でナポリタンを
M09. ユーモア

そして20時15分ごろ、CHABOのステージが始まる。Cliff Richardの「Summer Holiday」にあわせてギターをつま弾き、そのまま「Holiday」が始まる。エンディングにConnie Francisの「Vacation」が挿入されたり、休日気分満載のアレンジ。時期的に今夜も夏向けの選曲、次は“古井戸”の「Whisky Romance」が飛び出す。リズムボックスをバックに「男もつらいよ(but don't give up !)」を唄ったあと、夏にまつわる想い出をいくつか話して、CHABOはBluesyなインストを弾き倒す。続いて、「あれ以来、夏によく唄うようになった」という紹介で「忙しすぎたから」。蝉の声が鳴り響く中、CHABOは一編の詩を朗読。曲とポエトリーの融合、最近このパターンが多い。そしてそのまま「「僕等のBIG PINK」で...」が始まる。曲と曲が絶対的な関係性を持って続いていく感じ。

ここでCHABOはワタナベイビーをステージに呼び込み、二人のセッションが始まる。CHABOがワタナベイビーに清志郎を紹介したときの話をモチーフにした曲を少しだけ演奏したあと、二人で交互にヴォーカルをとりながら「魔法を信じるかい?」。お客さんもコーラスで参加。続いてRCのナンバーから「モーニング・コールをよろしく」。ワタナベイビーの唄声が、妙に曲に合ってる。“ホフディラン”の「ふさわしい人」を演奏して、ワタナベイビーはひとまず退場。CHABOは「更に古いのを引っ張り出して来た」と言い、“古井戸”の「ラブソング」を披露。この唄も暑い夏を思わせる曲。CHABOの夏の唄は、なんとも情緒があって素敵な雰囲気。そして最後は「DREAMS TO REMEMBER」。大好きなOtis Reddingの曲からタイトルをもらったナンバー。久しぶりに聴くこの曲、とっぷりと染み入ってきて思わず胸が熱くなった。

アンコール、CHABOはステージにワタナベイビーを呼び込む。ワタナベイビーは「ここからが本番です」と言い、アコースティックで「Sweet Soul Music」を演奏。アコギでの演奏なんだけど、CHABOの弾くフレーズがRCそのままで、かなり嬉しいアレンジ。ワタナベイビーのアルバム「BPLP」に限定10枚でCHABOがサインをしたという話から、そのアルバムに収録されている「育児研究中」を演奏。この曲を演奏するCHABOがちょっと不思議な感じ。“古井戸”のアルバム「ぽえじー」を新宿の中古レコード屋で一万円で買ったというワタナベイビーに、「その頃知っていたら八千円で売ってあげたのに。二千円得したのに」と返すCHABO。そしてワタナベイビーの要望で、「ぽえじー」の中から「つらい恋です」を演奏。なんでも40年ぶりに演奏するとのこと・・・。客席にいた初代マネージャー伊藤明夫さんも証言。サプライズはそれだけで終わらない。1988年のRC武道館をワタナベイビーが隠し録りしたという話から、その時の記憶を頼りにリハーサルしたという未発表曲「吉報」をセッション。続いてRCの「SUMMER TOUR」を、アコースティックアレンジでプレイ。CHABOが弾くアルペジオがオリジナルそのままで、「指が痛い」と言うCHABOに妙に納得。そして最後は、“ホフディラン”のナンバーから「スマイル」。ワタナベイビーとの共演だから清志郎色が濃いかと思いきや、“古井戸”や二人のソロ、いろいろな要素が織り交ぜられたとっても素敵なライブだった。「What A Wonderful World」に続いて「Vacation」が流れる中、22時20分過ぎに終了。

【仲井戸麗市:セットリスト】
M01. Holiday
M02. Whisky Romance
M03. 男もつらいよ(but don't give up !)
M04. (Instrumental)
M05. 忙しすぎたから
M06. 「僕等のBIG PINK」で...
M07. 魔法を信じるかい? [w.ワタナベイビー]
M08. モーニング・コールをよろしく [w.ワタナベイビー]
M09. ふさわしい人 [w.ワタナベイビー]
M10. ラブソング
M11. DREAMS TO REMEMBER
アンコール
EN1. Sweet Soul Music [w.ワタナベイビー]
EN2. 育児研究中 [w.ワタナベイビー]
EN3. つらい恋です [w.ワタナベイビー]
EN4. 吉報 [w.ワタナベイビー]
EN5. SUMMER TOUR [w.ワタナベイビー]
EN6. スマイル [w.ワタナベイビー]

2017年 7月21日(金)
南青山 MANDALA
「Boys,be ambitious」
仲井戸"CHABO"麗市×岡本定義

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸"CHABO"麗市×岡本定義「Boys,be ambitious」を観に行く。CHABOは今月MANDALAで三回ライブをやるのだけれど、今夜はその三回目にして最終回。岡本定義との組み合わせはまったく予想がつかず、いったいどんな展開になるのか? 16時に退社して、半蔵門線で表参道駅へ。開場までは時間があるので、表参道ヒルズへ寄り道。しばらくあれこれ見て廻ったあと、ブラブラと歩いて会場へ。開場時間の18時ちょっと前に到着。予定通り開場して、整理番号A-060で入場。ステージ下手のスタンド席に座ることが出来た。

予定より遅れて、19時05分過ぎに開演。“Percy Faith Orchestra”の「夏の日の恋」が流れる中、まずはCHABOがひとり登場して挨拶。CHABOはMANDALAとの出会いから岡本定義とのエピソードを紹介して、ステージにサダを呼び込む。サダの演奏は、ナチュラルフィニッシュのフライングVを使って弾き語りするスタイル。「フライングVといえばMichael Schenkerの「Armed And Ready」ですよね」と言いながら、CHABOのナンバーから「月夜のハイウェイドライブ」を弾き出すサダ。ちょっと微妙なお客さんの反応・・・あとでCHABOに「ちゃんと反応しろよ!」と注意されてしまった。フライングVでの弾き語りというのは正直どうなの?と思ったけど、柔らかいトーンがなかなかハマってる。だけど岡本定義のナンバーはかなりダウナーな感じが多くて、ずっと聴いているのはなかなか・・・。本人も高中正義やカシオペアが好きと言っているのに、どこでこういう路線になったのかな? こうして岡本定義のステージは、20時10分ごろ終了。

セットチェンジをはさんで、20時15分からCHABOのステージ。Brian Jonesの「JAJOUKA」が流れる中、「幻想の旅人の唄」から演奏はスタート。ギター無しで唄ったり、ギターの弦をパーカッシブに叩いたり、いつもとはちょっと違ったプレイ。続いて「BLUE MOON」。いささか唐突な感じ。お客さんの手拍子がいまいち不揃いで、ちょっと気持ち悪い。CHABOは岡本定義との出会いを話して、二人の共通点は「グジュッとしてる」という結論に。「犬派なのか?猫派なのか?」という話から、久しぶりに「何かいい事ないかな? 子猫ちゃん」を演奏。そして岡本定義の「微炭酸」という詩を朗読したあと、夏らしい選曲で「カルピス」。マチャミさんがグラスの氷をかき混ぜる効果音。本物の氷を使っているのを初めて知った。「サフラン」はソロで聴くのは初めて。エンディングには再び「JAJOUKA」が流れる。

「唄うと暑いから」とCHABOは言い、「STONE」「デザインスクール」をポエトリーリーディング。予定では「STONE」の後に演奏されるようだった「Come On」を、二編とも読み終わってから演奏。そんな事もあって、今夜のステージは少しとっ散らかった印象。あくまでも個人的な感想だけど。「Oh My Love」をギターでつま弾いたあと、“古井戸”の「夕立ち」。ここで“古井戸”が飛び出すとは。エンディングでRCの「イエスタディを歌って」と“The Beatles”の「Yesterday」が挿入され、そのまま「The Long And Winding Road」に突入し、「Rock And Roll Music」へと続く。個人的な思いとしては、このあたりはカバーでなくCHABOのオリジナルが聴きたかったな。4月の新谷さんとのライブ、6月の洋とのMLIMM、7月の「Boys,be ambitious」と、春から夏へと続く季節の移り変わりを感じていたので、もうちょっと夏のナンバーを聴きたかった。サンバ調のあの曲とか、漆黒のブルースとか・・・もっといろいろあるような気がする。そんな思いが届いたのか? CHABOのステージ最後の曲は「夏の色調」。うんうん、そうこなくちゃ・・・。最後の最後でちょっとホッとした感じ。

アンコール、CHABOは登場するとすぐにステージへ岡本定義を呼び込む。CHABOはサダが飼っている猫の名前を、「コロッケからメンチカツに変えなさい」と一言。そして二人で「打破」を演奏したあと、岡本定義のナンバーから「あ・い・す・ま・せ・ん」。CHABOが「サダは夏がキライだと思ってたけど、誕生日が7月なんだってな」とふると、サダは「夏の前後が好きなんですよね」と返す。なるほど、それはなんとなくわかるな。それからCHABOのレパートリーから「ホームタウン」。こいつは良かった。サダはアンコールでもフライングVを弾いており、二人のギターの音色がすごくマッチしている。続いて「ミュージック」。聴き慣れたイントロを弾き始めるサダ・・・えっ!まさかの?と思っていると、「うまく弾けない」と言って中断して岡本定義のナンバーから「ミュージック」。CHABOは「もう一曲やるよ〜!」と言いながら、「いい事ばかりはありゃしない」をセッション。ここ最近夏になると唄っているという「夏の思い出」を演奏したあと、最後の曲は岡本定義の曲「コーダ」。SE「What A Wonderful World」が「Summer Holiday」に変わり、22時15分過ぎに終了。

【仲井戸麗市:セットリスト】
M01. 幻想の旅人の唄
M02. BLUE MOON
M03. 何かいい事ないかな? 子猫ちゃん
M04. Poetry:微炭酸
M05. カルピス
M06. サフラン
M07. Poetry:STONE
M08. Poetry:デザインスクール
M09. Come On
M10. Oh My Love
M11. 夕立ち
M12. The Long And Winding Road
M13. Rock And Roll Music
M14. 夏の色調

アンコール
EN1. 打破 [w.岡本定義]
EN2. あ・い・す・ま・せ・ん [w.岡本定義]
EN3. ホームタウン [w.岡本定義]
EN4. ミュージック [w.岡本定義]
EN5. いい事ばかりはありゃしない [w.岡本定義]
EN6. 夏の思い出 [w.岡本定義]
EN7. コーダ [w.岡本定義]

2017年 7月25日(火)
HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース
「『MUSIC LIFE サージェント・ペパー・エディション』発売記念 星加ルミ子トークショー&サイン会」
星加ルミ子×仲井戸"CHABO"麗市

今日は渋谷HMV&BOOKS TOKYOへ、「星加ルミ子トークショー&サイン会」を観に行く。星加ルミ子さんは、音楽誌「MUSIC LIFE」の元編集長。日本で初めてビートルズに単独取材した女性。そんな彼女と大好きなCHABOが、対談形式のトークショーを行うというのだからもう行くしかない。ちょっとだけ残業してから渋谷へ向かい、19時半ごろ会場に到着。三列目中央の席に座って、今か今かと始まるのを待つ。

予定通り、20時開始。「Ob-La-Di, Ob-La-Da」が流れる中、星加ルミ子さん登場。星加さんはとっても小さくて可愛らしい女性。けれどもどこかキリッとした感じがまたイイ。そしてステージにCHABOが呼び込まれ、テーブルをはさんで二人のトークショーが始まる。星加さんが音楽を好きになった頃の話から始まり、「MUSIC LIFE」の編集者になった頃の話、ビートルズがきっかけとなって「MUSIC LIFE」が売れ始め、初めてインタビューすることになった時の話。話題はもちろんビートルズ中心なのだけれど、アイデアとバイタリティーでいろいろな事を実現してきた星加さんの生きざまのようなものが感じられて、グイグイと話に惹き込まれていく。

一方のCHABOは、星加さんの話をうまいこと引き出しながら、イイ感じでトークを進めていく。星加さんがジャーナリストの立場でビートルズを語るのに対して、CHABOは完全にファン目線。CHABOが武道館公演に行った時の話を聞いて、「ファンの側からの話が聞けて嬉しい」と星加さん。トークが中盤に差し掛かったころ、CHABOは「ザ・ビートルズ日本公演」を朗読。いつもよりちょっと早口になったり、星加さんとの会話を織り交ぜたりしながらも、キッチリとよどみなく読みあげるCHABOのリーディングにちょっと感動した。CHABOは残念ながらその時のチケットを失くしてしまったそうだが、ひさこさんがスクラップしたというチケットを持ってきて見せてくれた。最後にCHABOのリクエストで「I Want To Hold Your Hand」が流され、約1時間のトークショーは終了。どんなきっかけかは知らないけれど、星加さんとCHABOの話がうまくかみ合った素敵なひとときであった。

2017年10月 9日(月)
日比谷野外大音楽堂
「雨あがりの夜空に★2017」
CHABO BAND

今日は日比谷野外大音楽堂へ、CHABO BAND「雨あがりの夜空に★2017」を観に行く。CHABOの67回目の誕生日である本日、想い出深い日比谷野音でCHABOのライブが行われる。個人的にはCHABOを初めて観たのは野音、RCを初めて体験したのも野音なのだ。何日も前から指折り数えて待ち続け、ワクワクドキドキしながら今日という日を迎えた。だから居ても立っても居られずに、17時開演のところ13時前には会場に到着。何人かの友達と落ち合い、グッズの先行販売の列に並ぶ。見事に一番ノリ! 予定通り14時ちょうどにオープンして、お目当てのサイン入りポスターとレコードを購入。それからいつものメンツ、久しぶりに会う友達、初めてお会いする方々、いろいろな人とお話をさせて頂きながら、開場するのをひたすら待つ。会場からはリハーサルの音が聴こえてくる。完全にネタバレ・・・でもまぁイイか。16時15分開場。ソッコーでガチャの列に並んで、今日のミッションコンプリート。今日の席はB7列12番。ステージ下手寄りだけど、野音なのでステージはよく見える。

予定通り17時ちょうどに開演。SE「MY NAME IS CHABO」が流れる中をメンバーが登場・・・と思いきや、CHABOバージョンの「雨あがりの夜空に」が大音量で流れ出す。今日のライブの重要なテーマではあるけれど、フルコーラスで流れたのは驚き。改めてイカしたリズム&ブルースのSEが流れ、いよいよメンバーがステージに登場。Drums:河村“カースケ”智康、Bass:早川岳晴、Keyboards:Dr.kyOn、そしてVocal&Guitar:仲井戸"CHABO"麗市。この顔ぶれが揃っているのを観るのは久しぶり。「Happy Birthday To Me〜♪」と、今日の日を自ら祝うような歌詞の曲で演奏はスタート。続いて「プリテンダー」。CHABOのお馴染みのテレキャスが、ものすごくイイ音を奏でている。

「天気になったよ〜晴れ男なんだ」とCHABOは言い、「GREEN ONION」をセッション。その中をAltoSax:梅津和時、TenorSax:片山広明が、サックスを吹きながらステージへ。曲はそのまま「よォーこそ」へと変わり、更に「Born in 新宿」へと続いていく。“CHABO BAND + BLUE DAY HORNS”という豪華な編成、ソウルフルでパワフルな演奏。そしていきなりの「君が僕を知ってる」。オリジナルKEYでサックスが加わるたまらない展開。CHABOは「日比谷野外音楽堂、久しぶりの来日です!」と言ってからメンバー紹介。そして最新アルバム「CHABO」から、「QUESTION」「雨!」「ま、いずれにせよ」を披露。ソロでは何度か聴いているものの、こうして“CHABO BAND”の演奏で聴くのは初めて。おまけに梅津さんと片山さんのサックスまで入って、曲に広がりが出ているように感じる。「歩く」はニューアレンジでの演奏。アルバムバージョンよりテンポアップしたRockなアレンジ。

「ちょっと気分を変えるぜ」とCHABOは言い、カースケはアコースティックギター、早川さんはアップライトベース、kyOnはマンドリン、梅津さんはソプラノサックス、CHABOはアコースティックギターという編成でインスト曲の「インターミッション」が始まる。「片山は楽屋で酒を呑んでる」というフリで、途中からステージに出てきて演奏に加わる。「これは実際に野音で起こった出来事を再現した」と、演奏後にCHABOはタネ明かし。ここで梅津さんと片山さんは退場し、ここからは“CHABO BAND”四人での演奏。早川さんがアップライトベースを弓で弾き、「遥かな手紙(ニジェールから)」が始まる。この頃になると陽はとっぷりと暮れていて、会場のまわりから虫の声が鳴り響き、その中をゆったりとしたメロディーが流れていく。とっても幻想的な世界。そして「いろんな人生があるけど、俺は狭い世界で生きてきました」という紹介で「エピローグ」。

再び梅津さんと片山さんが加わり、Chuck Berryのカバーで「ROCK AND ROLL MUSIC」。エンディングでCHABOはダックウォークを披露。CHABOはやっぱり野音のステージが似合う。「清志郎と一緒に演りたかったけど、“CHABO BAND”で演らせてくれよ」とCHABOは言い、清志郎との最後の共作「毎日がブランニューデイ」。幻に終わったあの夏の日を、いま取り戻す。そして演奏は「LITTLE WING」へ。CHABOの渾身のギターソロとヴォーカルが、夜空高くへ溶けていく。続いて「やせっぽちのブルース」。バンドになっても早川さんのベースは、ブリブリと演奏を引っ張る。“CHABO BAND”というとライブ中盤のサイケデリックな演奏が個人的には好きなんだけど、今日はサイケデリックな要素は無く、このあたりの演奏が一番“CHABO BAND”っぽいと思った。「HUNGRY HEART」で一気に盛りあがったあと、ここでいきなり新曲の「AFTERMATH」を披露。“ROLLING STONES”のアルバムタイトルではあるけれど、それとは直接関係ないと言うCHABO。「裁判官」「執行猶予」「遠い少年の叫びを聞け」「HELP ME!」・・・歌詞が断片的に胸に突き刺さる。「ロックンロールがあったから俺たちここで出会えたんだよね!」とCHABOは言い、本編最後は「My R&R」。CHABOはチェットアトキンスを使ってのプレイ。スライドギターを聴きたい気もしたけど、これが現在の“CHABO BAND”なのかもしれない。

アンコールに突入し、ステージにはCHABOと梅津さん。始まったのは「NOW I'm 67」。CHABOのアコースティックギターに寄り添うような梅津さんのサックス。「心配しなくてもイイよ。60歳過ぎても悲しいことなんかないぜ!」というCHABOの言葉が妙にリアル。CHABOがメンバーをステージに呼び込んだところで、kyOnが「Happy Birthday」のメロディーを弾き始める。マチャミさんが運び込んだケーキにシャブちゃんと蔦岡さんが火をつけ、それをCHABOが一気に吹き消す。そしてRCのナンバーから「お墓」。ちょっとゆっくり目のテンポだけど、この曲が聴けるとは思わなかった。kyOnがつま弾くキーボードをバックにCHABOは少し話したあと「THE LONG AND WINDING ROAD」。アレンジが“The Beatles”そのままで感動してしまった。CHABOの意訳した歌詞が胸に染みる。

CHABOは黒のストラトを手に取り、「激しい雨」のサビをちょっとだけプレイ。そして清志郎の「オーケー!チャボ!」という声が響き渡って「雨あがりの夜空に」。もう何度も何度も聴いているこの曲、今夜こうして聴ける事がとても意味のある事に思える。失意の中で涙ながらに唄ったあの時、もう二度とこの曲を聴くことは出来ないと思ったけど、CHABOの強い意志によってこうして聴くことが出来ているのだ。「俺のクロスロードには、ビートルズと清志郎とおおくぼひさこが居たんだ」とCHABOは言い、CHABOの話によく出てくる「お世話になった大家のおばさん」が先日亡くなったと話す。「とても静かな気分でそれを聞けたんだ・・・」というCHABOの言葉が胸を熱くする。

そして「ガルシアの風」をリーディング。ここでリーディングが入るとは驚いたけど、CHABOらしい。漆黒の夜空に吸い込まれていくCHABOの声。なんだかとても神聖なものを見ているような気がした。「これで終わるの寂しいからよ」と、CHABOはメンバーを再びステージに呼び込み「家路」。ほんわかとした雰囲気のこの曲、みんなで「家〜イエ〜♪」と唄っていると、家に帰りたい気分になる。SE「WHAT A WONDERFUL WORLD」が流れる中、メンバーとCHABOはステージを去って行った。そのあと「ALL YOU NEED IS LOVE」に続いて、「雨あがりの夜空に」が再び流れる。お客さんはほとんど退場してしまったけど、名残惜しくてここまで聴き入ってしまった。こうして本日のライブは、20時30分にすべて終了。

【セットリスト】
OSE. MY NAME IS CHABO
OSE. 雨あがりの夜空に
M01. オープニング(新曲)
M02. プリテンダー
M03. GREEN ONION〜よォーこそ〜Born in 新宿
M04. 君が僕を知ってる
M05. QUESTION
M06. 雨!
M07. ま、いずれにせよ
M08. 歩く
M09. インターミッション
M10. 遥かな手紙(ニジェールから)
M11. エピローグ
M12. ROCK AND ROLL MUSIC
M13. 毎日がブランニューデイ
M14. LITTLE WING
M15. やせっぽちのブルース
M16. HUNGRY HEART
M17. AFTERMATH
M18. My R&R

アンコール
EN1. NOW I'm 67
EN2. お墓
EN3. THE LONG AND WINDING ROAD
EN4. 激しい雨
EN5. 雨あがりの夜空に
EN6. Poetry:ガルシアの風
EN7. 家路
ESE. WHAT A WONDERFUL WORLD
ESE. ALL YOU NEED IS LOVE
ESE. 雨あがりの夜空に

2017年10月22日(土)
渋谷 HMV&BOOKS
「「ON THE ROCK」刊行記念サイン会」
仲井戸"CHABO"麗市

台風が近づいて来て、今日は朝からすごい雨。だけど今日は昼からサイン会、夜はライブ。台風なんかぶっ飛ばせ!という感じ。衆議院選挙の期日前投票は既に済ませたし、準備は万端というところか。

早めにお昼御飯を済ませて、大雨の中を出かける。まずは渋谷「HMV&BOOKS」で、仲井戸"CHABO"麗市「ON THE ROCK」刊行記念サイン会。14時開始なので、13時半ごろ会場の6階イベントフロアへ。会場入りするCHABOから、「雨の中ありがとう〜オレも来たくなかった」と声をかけられる。整理番号順に整列して、14時ちょうどに開始。私の整理番号は47番。パーティションで仕切られたスペースで、一人一人ゆっくりと話せるゴキゲンな進行。そしていよいよ自分の番、CHABOから「いつも来てくれるねぇ〜」と声を掛けられる。本の表紙にサインを入れて頂きながら、野音ライブの感想と去年の今日もサイン会だったという話。「事務所も知らない情報〜」と言うCHABOに、エミ社長も大ウケで盛りあがった。パーティションで区切られているため様子は見えないけれど、その場を離れられずに待機。最後は写真撮影のあと、終わって帰ろうとするCHABOに沸き起こる拍手。CHABOは陳列されていた本をふところにしまい込むフリ。もうやめたんじゃなかったのか〜! 御茶目なCHABOにほっこりした雰囲気の中、サイン会は15時10分過ぎに終了。

2017年11月10日(金)
南青山 MANDALA
「Boys,be ambitious」
仲井戸"CHABO"麗市×おおはた雄一

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸"CHABO"麗市×おおはた雄一「Boys,be ambitious」を観に行く。「Boys,be ambitious」シリーズ、7月の藤井一彦、ワタナベイビー、岡本定義に続いて四度目の開催。個人的には前回が不完全燃焼だったので、今回はどうなるのか?期待と不安が入り交じった気持ち。今日もバタバタした一日だったけれども、15時には仕事を終わらせ晴れて自由の身。まずは中目黒へ行って「waltz」へ寄り道。あいかわらず落ち着く空間、やっぱりイイな。じっくりとレコードとカセットを見て廻ったあと、“BLUES BROTHERS”のカセットを購入。開場までけっこう時間があるので、ブラブラと歩いて南青山まで行くことにした。ちょっと寄り道したり、道に迷ったりしていたら、けっきょく1時間ぐらいかかってしまった。それでも開場時間の18時30分には充分間に合って、整理番号A-067で入場。ステージ下手のスタンド席、後列のソファーに座る。まずまずといったところか。

予定時間の19時30分を少し過ぎたころ開演。まずは司会のCHABOがステージに登場し、今年のMANDALAでのライブを振り返る。そして2004年に出会ったときのエピソードを話してから、おおはた雄一をステージに呼び込む。おおはた雄一はアコースティックギターを弾きながら、ポツリポツリという感じで唄うスタイル。かなり弾き込んでいると思われるギターが、ほどよく枯れた音色でとってもイイ感じ。だけど曲とヴォーカルはなんだかとってもメロウで、そのギャップがなんとも言えず。ソファー席に座っていたこともあり、ついつい気絶しそうになってしまう場面もちらほら。そんな中、ムッシュのカバー「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」はテンション高くて良かった。55分ほどのステージが終了し、セットチェンジに入る。

20時40分過ぎ、いよいよCHABOのステージが始まる。オープニングは「祝祭」。いつものようにお客さんの掛け声が入り、軽快なすべり出し。続いて「糧」。二曲目からちょっと重たい感じだけど、この両極端なところがCHABOなんだろう。『糧』という字を辞書で調べたという話から、むかしカンニングしていたら先生に見つかってしまい、「しまった!見つかった!」と思ったら「土足で上がるんじゃない!」と注意されたというエピソードを披露。今夜のお客さんはおとなし目。かまわず「チャボー!」と叫んだら、「なに?」と応えるCHABO。そのハッとしたような表情がなんとも言えない表情で、個人的には本日のハイライト。久しぶりに「荒野で」を唄ったあと、Elton Johnのカバーで「Your Song」。この曲でCHABOが唄いかける「君」は、CHABOの御両親だということを知って涙・・・。

ジョイントライブでは恒例となっている、共演者のレパートリーをカバーするコーナーは「待ちぼうけ」。おおはた雄一の「待ちぼうけ」を朗読したあと、“古井戸”ナンバーの「待ちぼうけ」を唄う。続いて“古井戸”ナンバーをもう一曲、リズムボックスをバックに「四季の詩」。テレビドラマで檀ふみがこの歌詞を書いたという設定で、「この詞は甘いわ」というセリフがあり、「オレが書いた詞なのにふざけんな!」と思ったという話をするCHABO。「Blues Is Alright」でお客さんとコール&レスポンスしてから、Asa[asha]の「Eye Adaba」をリーディング。Stevie Wonderのカバーで「太陽の当たる場所」を唄ったあと、「プレゼント」でほんわかと本編は終了。本日のセトリはオリジナルとカバーとポエトリーがほどよくミックスされていて、とっても良かった。

アンコールに突入し、「勿体ぶらない」とCHABOは言い、おおはた雄一をステージに呼び込む。二人のユニット名は“ザ・優柔不断”とのこと。そして二人とも部屋が汚いと・・・。「Going Down」でシブいソロまわしを聴かせたあと、軽いタッチで「Coffee break」。二人のギターがほどよくからみ合って、なかなかイイ感じのコンビネーション。おおはた雄一のナンバーから「いつものコーヒー」をセッションしたあと、Pete Seegerの「The Water Is Wide」をおおはた雄一のギターをバックにCHABOがリーディング。MANDALAのステージに濃厚な時間が流れていく。なんだかとてもスゴイものを観ている。Sam Cookeのカバー「You Send Me」のあと、おおはた雄一の「時間の星の上で」を演奏。アコースティックギターでバッキングに徹するCHABOもまた良かった。SE「What A Wonderful World」が流れる中、22時40分ごろライブはすべて終了。

【仲井戸麗市:セットリスト】
M01. 祝祭
M02. 糧
M03. 荒野で
M04. Your Song
M05. Poetry:待ちぼうけ
M06. 待ちぼうけ
M07. 四季の詩
M08. Blues Is Alright
M09. Poetry:Eye Adaba
M10. 太陽の当たる場所
M11. プレゼント
アンコール
EN1. Going Down
EN2. Coffee break
EN3. いつものコーヒー
EN4. Poetry:The Water Is Wide
EN5. You Send Me
EN6. 時間の星の上で

2017年11月22日(水)
南青山 MANDALA
「Boys,be ambitious」
仲井戸"CHABO"麗市×湯川トーベン

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸"CHABO"麗市×湯川トーベン「Boys,be ambitious」を観に行く。「Boys,be ambitious」シリーズ、7月の藤井一彦、ワタナベイビー、岡本定義、そして11月10日のおおはた雄一に続いて五度目となる今夜がひとまず最終回。昔からつながりの深い“子供ばんど”湯川トーベンとのライブ、これは絶対に見逃せない。16時過ぎに仕事を切り上げて、表参道駅に到着したのは17時ごろ。イルミネーションはまだ始まっていなかったので、表参道ヒルズをブラブラして時間調整。開場時間の18時30分に合わせて会場へ。予定通り開場して、整理番号A-093で入場。いまいちな番号だったので、今夜は立ち見とすることを決意。好ポジションをキープ。

予定通り19時30分開演。まずは司会の高橋圭三(笑)が登場して、これまでのMANDALAでのライブを振り返ってから、湯川トーベンをステージに呼び込む。トーベンはBrian JonesのTシャツを着て登場。アコースティックギターを弾きながら唄う。こういうトーベンを観るのは初めて。どっぷり濃いBluesでもなく、かと言ってFolkでもなく、ほど良いサウンドが心地良い。二年前に渋谷公会堂で共演したことを、CHABOが覚えていないとボヤくトーベン。2015年5月2日の「ロックンロール・ショー」での共演、CHABOもエミ社長も忘れているらしい。「今日のステージも終わったと思って帰るかも? これからはそういう事も起こるから」とコメント。トーベンの声は伸びやかで、とてもイイ感じに響く。けっこう好きなタイプ・・・こんな風に唄うとはね。自嘲的なMCとは裏腹に、とても素敵な唄を聴かせてくれた約50分間のステージ。

セットチェンジをはさんで、20時30分ごろからCHABOのステージが始まる。オープニングは「MANDALAのテーマ」的な唄から「You Gotta Move」。そしてRon Woodの「I Can Feel The Fire」、“Lovin' Spoonful”の「Daydream」とカバー曲が続く。カバー曲が続いてちょっとどうかな?という感じがしたけど、今夜はどれもイイ感じに響いてくる。二曲目からCHABOはサングラスを装着。黒のレイバンではなくて、薄い色の丸メガネっぽいヤツ。サングラスをかけるのは、「眩しさを防ぐため」か「他人と視線を合わせないようにするため」か「単なるカッコつけ」かだと思うけど、今夜のは一番目の理由なような気がする・・・なんとなく。CHABOの今夜の話題の中心は、いま世間で話題になっている横綱の暴力問題。最前列のテーブルに置いてあったビール瓶を手に取って「危うく殴りそうになった」と言い、「サイダー瓶でならやったことあるけど」ってホントなのかなぁ〜?

ライブ中盤、「スケッチN.Y.'98」が久しぶりに演奏される。この曲は大好きな曲。ニューヨークの風景(それも昼間の風景)が目の前に浮かんでくる。ナイロン弦のギターでなくスチール弦のギターでプレイ、どことなく曲の耳障りが違う。ここでCHABOは小川銀次のレパートリー「潮風でうたた寝」をバックに、トーベンの「パナヌファ」「空」「坂道」をポエトリーリーディング。CHABO、銀次、トーベンが昔組んでいたバンド“イージーズ”の再現。CHABOは「お月様の唄をやろうかな」と言って「夜の散歩をしないかね」をつまびく。てっきり「BLUE MOON」を演るのかな?と思ったので、意表を突かれてドキッとした。続いて「真冬の熱帯夜」。昨日・今日とずっとCHABOの音源を聴いていて、「あぁ〜久しぶりにこの曲聴きたいな」と思っていただけにとても嬉しい。そのまま「エネルギー Oh エネルギー」へと続き、大盛りあがり大会。スタンディングで好き勝手にノリまくっていたら、暖房のせいもあって汗だくになってしまった。「You've Got A Friend」をしっとりと唄ったあと、最後の曲は「いつか笑える日」。この曲も久しぶりに聴く。その歌詞に心を撃ち抜かれる。

アンコールに突入して、CHABOはトーベンをステージに呼び込む。ここからはCHABOとトーベンの二人で、アコースティックギターでセッション。アコギとはいえ「Route66」「Locomotion」と、ノリはすっかりロックンロール。CHABOはトーベンがやっている『声を出さずに「ありがとうございます」と言う』のを真似る。上手く出来ているようで出来ていない様子が、可笑しくてたまらない。トーベンはCHABOより三つ年下みたいだけど、完全にタメ口で話している。だけど全然イヤな感じがしないのは、そんなコトを超越した間柄だからなんだろう。

ここでトーベンはギターをベースに持ち替えて、Donald "duck" Dunnのようなベースラインを弾き始める。始まったのは「スーダラ節」。トーベンらしいトンチの効いた選曲、これがまた素晴らしい出来。このときCHABOはストローハットをかぶって白いドット柄のシャツを着ていたのだけれど、それが植木 等のカンカン帽とダボシャツに見えた。これは立派な褒め言葉。CHABOがトーベンに送ったデモテープは「スイスイスーダラダッタ♪」の部分が小声になっていたとの事。「家で録音してたからよ〜おおくぼさん寝てるの起こさないようにさ」と言い訳するCHABOが可笑しい。続いて「 歌ってよジョニ」。トーベンのベースがメロディアスに鳴り響いて痺れた。早川さんのIbanez MC924も鳴りまくるけど、トーベンのフェンダープレベもすごい鳴り。トーベンは指のタッチがすごく軽いのに、腹にズンズンとくるのがスゴイな。

トーベンは再びアコースティックギターを手に取り、遠藤賢司の「不滅の男」を唄う。エンケンのバックでベースを弾いていたトーベン、どんな気持ちで唄っているのだろう? CHABOは今年になって、「不滅の男」を三回ステージで演奏したことになる。5月に京都と下北沢でリクオとオーケンと一緒に、そして今回トーベンとともに。どちらも素晴らしい演奏だと思うけど、両者にはひとつだけ大きな違い。それはエンケンが今はもう居ないということ・・・その違いは曲の聴こえ方を大きく左右する。続いて「銀次が楽しそうに弾いていた」というCHABOの紹介で「ティーンエイジャー」。そして最後はトーベンが唄う「天国行きのバス」でフィナーレ。SE「What A Wonderful World」が流れる中、22時半過ぎにライブはすべて終了。

【仲井戸麗市:セットリスト】
M01. You Gotta Move
M02. I Can Feel The Fire
M03. Daydream
M04. スケッチN.Y.'98
M05. Poetry:潮風でうたた寝
M06. 夜の散歩をしないかね
M07. 真冬の熱帯夜
M08. エネルギー Oh エネルギー
M09. You've Got A Friend
M10. いつか笑える日
アンコール
EN1. Route66
EN2. Locomotion
EN3. スーダラ節
EN4. 歌ってよジョニ(ジョニ・ミッチェルに捧ぐ)
EN5. 不滅の男
EN6. ティーンエイジャー
EN7. 天国行きのバス

2017年12月15日(金)
南青山 MANDALA
「CHABO・アナログレコードで DJ Night!!」
仲井戸"CHABO"麗市

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸麗市「CHABO・アナログレコードで DJ Night!!」を観に行く。年末恒例となっているCHABOのDJナイト、ミュージシャンCHABOの違う一面が見られる楽しみなイベント。プレミアムなんとかで15時退社にして、ひとまず家に帰って体制を立て直し、表参道駅から会場へ向かう。予定通り18時30分に開場、整理番号047で入場。狙い通りステージ下手のスタンド席へ。今日はいつもよりちょっと余裕のあるフロア。いつもこうだとイイのにね・・・と友達と話す。ステージ中央には赤い布のかかったテーブルと椅子。テーブルにはレコードプレイヤー。ステージ下手にはプレイ中のレコードを置くための譜面台、その横にはサンタクロースのお人形。

珍しく10分遅れで、19時30分開演。カーディガンを羽織ってストローハットをかぶり、黒縁のメガネをかけたCHABOがステージに登場。ステージ上手のテーブルに山積みされたレコードを一枚づつ手に取り、ターンテーブルに乗せて針を落とし、ノートになにやらメモをして、次のレコードに目をやる。そして聴き終わったレコードはステージ下手のテーブルへ。ひたすらその繰り返し。熱中している様子が、普段のCHABOを見ているようで楽しい。選曲はお馴染みのものがけっこう多いけど、それを大音量でレコードで聴く贅沢・・・音がすごくイイ。ずっと聴いていると、やっぱりギタリストらしい好みだというのがわかる。ジャンルも曲調も全く違うのに、ギターという共通点がCHABOの感性を揺さぶるのかな。清志郎との好みの違いを話す場面もあったけど、ヴォーカリストとの嗜好の違いがなんとなくわかる。「いつもは喋り過ぎちゃうので、今夜はひたすら曲をかける」とCHABOは言っていたけど、それでもかからなかった曲がたくさんあった。個人的には“THE DOORS”のシングルが聴きたかった。それにしてもCHABOはものすごく大胆なレコードさばき。レコードマニアが見たら、ヒヤヒヤするだろうな。

というわけで、以下はDJナイト恒例のメモをたよりに書き起こし。
OpeningSE. Hey Mr. DJ [Van Morrison] ⇒伊藤エミ社長の暴挙により、今年はレコードをかけてDJナイトをやる。自分のレコードはけっこう処分してしまったので、たくさん持っている“ROCK少女”エミちゃんに借りた。このプレイヤーはマチャミくんの機材だけど、つまみが多くて操作が難しいので番号をつけてもらった。アナログはアタマ出しが難しかったり、ブチブチいったりするけど、気にしないでくれ!
M01. Come On [The Rolling Stones] ⇒最新アルバム「ON AIR」のジャケットは、CHABOが初めて見たストーンズの写真という話。
M02. Crosseyed Heart〜Heartstopper [Keith Richards] ⇒ストーンズ流れでKeithのソロ。コメント原稿を書くのは嫌だけど、サンプル盤がもらえるのであれば。
M03. Soul Man [Sam & Dave] ⇒10月の野音でかけた曲は1967年の曲ばかりだけど、今夜も1967年のコンピレーションからかける。
M04. Late For The Sky [Jackson Browne] ⇒ソングライティングを始めた頃によく聴いていた。20歳代の気持ちに戻らせてくれる曲。
M05. Sweet Baby James [James Taylor] ⇒初めて日本公演に来たときはミュージシャンが集まり過ぎて凄かった。加藤和彦がGibsonのギターを見せてくれたけど、本当にいいギターは良い音だと思った。
M06. Boomer's Story [Ry Cooder] ⇒おおくぼさんと付き合い出した頃に、よく聴いていた曲。今日目指しているのは、なるべく余計なこと喋らずにたくさん曲をかけること。曲の中にいいギターが鳴っていると、そのレコードを好きになるな。
M07. Ol' 55 [Tom Waits] ⇒1970年代に一番衝撃を受けたのがTom Waits。ソングライティングに影響を受けた。
M08. Queen Of Hearts [Gregg Allman] ⇒独身時代にCHABOが住んでいた「はちや荘」というアパートで毎日聴いていたアルバム。
M09. Far East Man [Ron Wood] ⇒今夜はかける予定ではなかったけど、お客さんのリクエストに応えて急遽プレイ。
M10. Good Times [Phoebe Snow] ⇒おおくぼさんと暮らし始めて、初めてクーラーがついたときの思い出の曲。
M11. Sultans Of Swing [Dire Straits] ⇒アメリカンROCKに一時期ハマっていたけど、久しぶりに出会ったイギリスのバンド。
M12. The Weight [The Band] ⇒1970年代特集の最後は、“The Band”のシングル盤。針飛びするのでピュッと手でやる。
M13. I Feel Fine [The Beatles] ⇒新宿の「コタニ」で店員さんに何度かけてもらっても、A面の「She's A Woman」がかかる。変だと思ったら、A面・B面が逆にプリントされていた。手放しちゃったけど、今ならマニアに100万で売る。
M14. Shake Yours [B.B.King] ⇒今年の誕生日、JAH-RAHにもらったB.B.Kingの豪華ボックスセット。公平と俺は二人とも家庭を大事にするから、高くて買えないと思っていたらJAH-RAHがくれた。
M15. Scratch! And You'll Find It [The Red Caps] ⇒もらったもの特集の最後。“バンバンバザール”の福島くんからもらったアルバム。借りっぱなしレコード特集をやろうと思ったけど、今日は時間がないのでかけない。清志郎から借りっぱなしなのはLowell Fulson、俺がいくときに持って行って返そうかな・・・。
M16. All Your Love [John Mayall & The Bluesbreakers & Eric Clapton] ⇒ここからは“変わったレコード特集”と題して、三枚のアルバムを紹介。2枚組アルバムの4面に評論家による座談会されていて、司会が渋谷陽一という珍しいアルバム。
M17. 空に星があるように [荒木一郎] ⇒CHABOが中学生のころ聴いていたというラジオ番組「星に唄おう」のサントラ盤。
M18. 海は友だち [石坂浩二] ⇒CHABOの実家の写植屋に働きに来ていていたお姉さんがずっと聴いていた石坂浩二の朗読アルバム。
M19. Queen Bee [Taj Mahal] ⇒Tajは陽射しの人だけど、オレは日陰の人。
M20. California Stars [Billy Bragg and Wilco] ⇒マチャミさんの選曲。Woody Guthrieの曲をBilly BraggとWilcoがプレイ。
M21. マテリアル [the day] ⇒自身のバンド“the day”を大音量で聴いてみたいということで。
M22. Take You To The Movies Tonight [Grin] ⇒CHABOが土曜日のライブのときに唄う曲。いっしょに口ずさみながら。
M23. Love What You're Doing Child [Great Speckled Bird] ⇒秋葉原の電気屋のバーゲンで8000円で買ったというアルバム。おおくぼさんには内緒らしい。
M24. スーダラ節 [ハナ肇とクレイジーキャッツ] ⇒漆黒の時代だったCHABOへ清志郎がくれたというアルバム。「仲井戸くんへ」という清志郎のメッセージ入り。
M25. Little Wing [Jimi Hendrix] ⇒CHABOの中でたったひとり音楽の範疇ではないアーティストだというジミヘン。
M26. Santa Claus Is Coming To Town [Willie Nelson] ⇒クリスマスはソウルが聴きたくなるということで、Willie Nelsonのクリスマス・アルバム。
M27. Hard Day's Night [The Beatles] ⇒右利きでギターを、左利きでベースを弾くふりをするCHABO。細かいところに愛を感じる。
EndingSE. White Christmas [Otis Redding] ⇒たっぷり3時間の今夜のDJナイトは、22時40分過ぎに終了。

2017年12月25日(月)
EX THEATER ROPPONGI
「仲井戸麗市ソロステージ「唄う・奏でる・読む」」
仲井戸"CHABO"麗市

今日はEX THEATER ROPPONGIへ、「仲井戸麗市ソロステージ「唄う・奏でる・読む」」を観に行く。ファンであればみんな麗蘭モードになっている年の瀬のこの時期に、突然発表されたソロステージ。しかも会場はSHIBUYA-AXや赤坂BLITZよりも大きいキャパということで、戸惑いは正直隠せない。だけどクリスマスのこの日にライブをやる意味、それを確かめるべく六本木へと足を運んだ。せっかくなのでけやき坂のイルミネーションを見てから、会場のEX THEATER ROPPONGIへ。あいかわらずド派手なゲートには「仲井戸麗市」の文字・・・違和感バリバリだけど、ちょっと嬉しい。既に開場していたので、そのまま会場入り。今日の席は、B3アリーナF列17番。2階席がB1・1階席後方がB2となっているので、B3アリーナはステージ前。そのうち前から6列目中央の席。ステージには草のオブジェが三つほど置かれ、それ以外はアンプのみというシンプルなセット。

予定より遅れて、19時35分過ぎに開演。暗転したフロアに「SEASON」を朗読するCHABOの声が流れたあと、ステージにCHABOが登場。一曲目は「Merry X'mas Baby」。今日という日にピッタリな選曲、今年も聴くことが出来て良かった。続いて「冬の日」を唄ったところでMC。ひょっとして今日はBOXXのライブみたいな感じになるのかな?と思ってドキドキしたけれど、いつも通りの雰囲気でホッとしたようなガッカリしたような。リラックスした感じで「Good Day」を演奏したあと、“The Beatles”のカバーで「A Hard Day's Night」。続いてGregg Allmanを偲んで「These Days」を唄い、“麗蘭”の「サフラン」をひとりでプレイ。このあたりはCHABOのこれまでの歴史を振り返りつつ、それにちなんだ曲を演奏するという展開。いつもよりかなり広いステージのため、ライティングがクッキリと映えてとっても効果的。音もすごく良くて、私の席からはライブというより美しい映像を観ている感じだった。悪い意味ではなく。

「タイトルを「唄う・奏でる・読む」とつけられちゃったんで、頑張って読むよ〜」と言いながら、Joni Mitchellの「River」を朗読したあと、Joni Mitchellに捧げる曲「歌ってよジョニ」を演奏。CHABOが大切にしていたレコードを好きな女のコに貸したらグニャグニャになって返ってきたという哀しい思い出を綴ったエッセイ「Soul Christmas」を朗読し、浜崎貴司と共作した「ぼくらのX'mas-Song」。それから「ダーリン・ミシン」「「僕らのBIG PINK」で...」を、清志郎との想い出話を交えながら唄う。新宿の雑踏の音が流れる中、CHABOの故郷である新宿に思いを馳せた「新宿を語る 冬」を唄い、子供の頃ラジオから流れてきたという「Tennessee Waltz」を唄う。このあたりはかなり内省的な内容。そんな感じを吹き飛ばすかのように、「ヒッピー・ヒッピー・シェイク」「アイ・アイ・アイ」を続けて演奏。どちらもオリジナルよりテンポアップして、よりRockっぽいアレンジがカッコいい。そしてそのまま「真冬の熱帯夜」へとなだれ込む。アコースティックギターだけでも充分にRockだ。

ここでCHABOはガットギターを手に取り、映画「太陽がいっぱい」のフレーズをつま弾く。CHABOはギター教室に入った時の事を話しつつ、John Lennonの曲をいくつかインストで演奏。そしてLucinda Williamsのカバー「Are You Alright」。アコギ一本での弾き語りは珍しいかも。続いて10月9日の日比谷野音で披露した新曲「アフターマス」。バンドよりも言葉がより心に突き刺さる。「大切な手紙」を朗読したあと、Chuck Berryを意識して作ったという新曲「GO!GO!放課後」。この年末に来て新曲を披露するとは驚き。唄いたいことがあふれて来ているのだろうな。最後に「灰とダイヤモンド」の一節を借りた詩を朗読し、「歩く」を唄い始める。お客さんのコーラスもバッチリとキマって、ほのぼのとした雰囲気で本編は終了。「唄う・奏でる・読む・くたびれる」とCHABOは言い残して、ステージを去って行った。

アンコール、「唄う・奏でる・読む・くたびれる・よみがえる」と言いながら、CHABOがステージに登場。「しゃかりきになって生きちゃダメだよ〜」とCHABOは言い、「Coffee break」を軽いタッチで演奏。身体を前後に動かして、「来年の動きがつかめた。流行らせてくれ〜CHABOダンス!」と得意気。それから「予定になかったの演っちゃおう〜!」と、「Blues Is Alright」でお客さんと掛け合い。続いて、“RCサクセション”のナンバーから「エネルギー Oh エネルギー」。演奏の途中でマチャミさんが怪訝な顔をしてステージへ。アンプをいじったり、シールドをさばいたり。演奏中なのにらしくない動きだな〜と思っていたら、マイクに近づき「イェーイェーイェー♪」のコーラス。スタジオで一生懸命練習したらしい。「みんなびっくりした? 久しぶりに嬉しい!」とCHABOはしてやったり。そして新宿の雑踏の音が流れる中、始まったのは「年の瀬」。この曲を今日聴けるとは思わなかった。ここでCHABOは今年一年を総括するような話をしたあと、「ま、いずれにせよ」「ガルシアの風」をリーディング。それからおまけで「Hello Good-bye」。年末の磔磔でしか聴けないこの曲、ソロで聴けるとは意外だった。最後はギターのボディーを叩きながら「ハレルヨ」を唄って、演奏はすべて終了。John Lennonの「Happy Christmas」が流れる中、23時ちょうどにフィナーレ。3時間半という長さを感じさせないライブ。歌う・奏でる・読む・・・まさに文字通りの内容。

【セットリスト】
M01. Poetry:SEASON
M02. Merry X'mas Baby
M03. 冬の日
M04. Good Day
M05. A Hard Day's Night
M06. These Days
M07. サフラン
M08. Poetry:River〜歌ってよジョニ
M09. Poetry:Soul Christmas〜ぼくらのX'mas-Song
M10. ダーリン・ミシン
M11. 「僕らのBIG PINK」で...
M12. 新宿を語る 冬
M13. Tennessee Waltz
M14. ヒッピー・ヒッピー・シェイク
M15. アイ・アイ・アイ
M16. 真冬の熱帯夜
M17. Poetry:1985年師走〜In My Life〜Girl〜Oh My Love
M18. Are You Alright
M19. アフターマス
M20. Poetry:大切な手紙〜GO!GO!放課後
M21. Poetry:灰とダイヤモンド〜歩く

アンコール
EN1. Coffee break
EN2. Blues Is Alright
EN3. エネルギー Oh エネルギー
EN4. 年の瀬
EN5. Poetry:ま、いずれにせよ〜ガルシアの風
EN6. Hello Good-bye
EN7. ハレルヨ

2017年12月28日(木)
京都 磔磔
「磔磔 Vol.25 「Come on! Let's go!」」
麗蘭

今夜は磔磔へ、麗蘭「磔磔 Vol.25 「Come on! Let's go!」」を観に行く。年末恒例の麗蘭・磔磔、今年は28日・30日という飛び石スケジュールでの開催。私はどうにか両日参加することが出来るので、ラッキーとしか言いようがない。17時過ぎに会場着。クロークに荷物を預けようとしたら、開場時間の17時15分からとはこれ如何に? それでも大きな混乱は無く、17時15分に開場して整理番号108番で入場。

予定より遅れて、18時05分ごろ開演。フロア後方の階段を降りて、Drums:JAH-RAH、Bass:早川岳晴、Vocal&Guitar:土屋公平、そしてVocal&Guitar:仲井戸"CHABO"麗市がステージに登場。演奏は「Come on! Let's go!」というツアータイトルそのままの曲でスタート。そしてこのところ年末恒例となっている「年末SONG」へと続く。CHABOは「あけましておめでとう!」と言うお約束から、いきなりまさかの「Get Back」。それから「二年前に発売したニューアルバムから」という紹介で「夜風」。続いて公平がヴォーカルをとって「何はなくてもR&R」。公平のヴォーカル、やっぱりイイな。ここからは、残念ながら今年旅立った偉大なバンドマンに捧げるナンバーが続く。Chuck Berryのカバーで「Come On」、Fats Dominoに捧げる「Walking to New Orleans」、Tom Pettyに捧げる「Candy」、どの曲も最大のリスペクトを感じるけど気持ちとしてはちょっと複雑。今夜のCHABOはいつも通りAmritaのテレキャスとGibsonチェックアトキンスを使っていたけど、「Walking to New Orleans」ではGrecoの仲井戸麗市モデルを使用。スライドギターが気持ち良かった。

ここで再び公平がヴォーカルをとり、今年発売したソロアルバムにも収録した「GIBSON」を披露。公平が唄ってCHABOがギターとコーラスを重ねる「GIBSON」、ずっしりと重たい腰のある演奏。ソロツアーのときは公平が弾くSGジュニアの音がいまいちと感じたけど、今回はすごく良く響いていた。「俺たちは真面目なバンドだから新曲を書いてきた。みんなの前で練習するぜ」とCHABOは言い、今日のために書きおろした新曲の「しっくり」「安らぎCafe」を続けて披露。「しっくり」は特に言っていなかったけど、完全に“CHIC”へのオマージュだと思うけどどうだろう? 歌詞が「シック、シック、しっくり〜♪」だし、公平のギターカッティングがNile Rodgersそのままだったし。「安らぎCafe」はタイトル通り、ミディアムテンポのほんわかとしたナンバー。“Grateful Dead”みたい。アメリカの大統領はオバマではなくなってしまったけれど、「Yes We Can」は2017年バージョンを演奏。今年一年を振り返るCHABOの思いが込められたナンバー、今年は必ずしも良い年では無かったな。「真冬の熱帯夜」で熱く熱く盛りあがったあと、「歩く」をみんなで大合唱。そして麗蘭のライブには欠かせないキラーチューン「ミュージック」で本編は終了。

アンコール、ツアーTシャツに着替えてメンバーがステージに登場。すかさず「CHABOさん、いいTシャツを着ていますね」というお約束から、公平が「Do Me Baby」を唄う。今回の公平ヴォーカルは例年通りに三曲だけど、いつもとはちょっと違うセレクト。個人的にはミラーボールがグルグル回転するキラキラソングが聴きたかった。ここで再び新曲コーナー。先日のEX THEATERで初めて披露した「GO!GO!放課後」、そして公平がイッパツで気に入ったというタイトルの「陽気にやろうぜ」。これで今回披露された新曲は合計4曲・・・こいつはかなり意外だった。全体を通じて去年はかなりRockin'な印象だったけど、今年はRockin'でもなくBluesyでもない新しい感じ。そして早川さんが縦ベースを弓で弾いて、Lucinda Williamsのカバーで「Are You Alright」。内容的には年末の曲ではないけれど、内省的な歌詞がなんとなく今の気分にピッタリ。来年の干支についてのやり取りのあと、「ゆく歳くる歳」から「Hello Good-bye」。ココはやはりいつもの麗蘭、一年の終わりを感じさせる演奏。やっぱりこれが聴きたくて磔磔に来るのだ。ここでCHABOがステージを降りようとすると、公平がいつものようにCHABOへ耳打ち。「タクシーがまだ来ていない」ということで、メンバー紹介を兼ねた「ミステリー」。SE「What A Wonderful World」が流れる中、ステージ後方の壁に掲げられた看板を指差すCHABO。道を歩いて行く二匹の猫、前を歩くのが公平で、後からついていくのがCHABOなのだそうだ。花道を歩いて行くCHABOに、今年も「一年間ありがとう!」と声を掛けることが出来た。「Come On」が大音量で流れる中、20時30分過ぎにライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. Come on! Let's go!
M02. 年末SONG
M03. Get Back
M04. 夜風
M05. 何はなくてもR&R
M06. Come On
M07. Walking to New Orleans
M08. Candy
M09. GIBSON
M10. しっくり
M11. 安らぎCafe
M12. Yes We Can 2017
M13. 真冬の熱帯夜
M14. 歩く
M15. ミュージック

アンコール
EN1. Do Me Baby
EN2. GO!GO!放課後
EN3. 陽気にやろうぜ
EN4. Are You Alright
EN5. ゆく歳くる歳
EN6. Hello Good-bye
EN7. ミステリー

2017年12月30日(土)
京都 磔磔
「磔磔 Vol.25 「Come on! Let's go!」」
麗蘭

今夜も磔磔へ、麗蘭「磔磔 Vol.25 「Come on! Let's go!」」を観に行く。16時40分ごろ会場に到着。一昨日よりも明らかにお客さんの数が多い。16時45分に開場して、整理番号289番で入場したのは17時をまわった頃。ステージ下手の花道沿いは既にビッシリだったので、ステージほぼ正面に陣取る。フロアは身動きが取れないぐらいの大混雑。始まる前から熱気でムンムンする。

開演予定時間の17時を過ぎたころ開演。フロア後方の階段から、JAH-RAH、公平、早川さん、CHABOの順でステージに登場。演奏は「Come on! Let's go!」からスタートして「年末SONG」、そして早くも「Get Back」が飛び出す。セットリストは28日と同じ。ニューアルバムから「夜風」に続いて、公平ヴォーカルの「何はなくてもR&R」。残念ながら今年旅立った偉大なバンドマンに捧げるナンバーは、Chuck Berryのカバーで「Come On」、Fats Dominoに捧げる「Walking to New Orleans」、Tom Pettyに捧げる「Candy」の三曲。ここでCHABOのレパートリーである「GIBSON」を、公平がSGジュニアを弾きながら唄う。「調子はどうなんだい?」とお客さんを煽る公平、今年のツアーで進化したような気がする。新曲の「しっくり」「安らぎCafe」も今夜で二度目ということで、28日よりも耳に心地よく馴染む。続く「Yes We Can 2017」では、早川さんのMC-924がいつも以上にブリブリの音を出す。28日は終始リラックスしたムードだったけど、今日はストイックな緊張感がステージにみなぎる。そのためかわからないけど、28日の方がCHABOは饒舌で客へのリアクションも多かった。そして「真冬の熱帯夜」で熱く熱く盛りあがったあと、「歩く」をみんなで大合唱。本編最後は、麗蘭のライブには欠かせないナンバー「ミュージック」でフィナーレ。

アンコール、ツアーTシャツに着替えてメンバーがステージに登場。そして公平が「麗蘭でやらして」と熱望したという「Do Me Baby」を、公平のヴォーカルで演奏。早川さんはこの曲を今夜は縦ベースでプレイしたけど、途中で弦が切れたのでヒヤヒヤ。けれどもさすがマチャミさん、速攻で張り替え。今更だけど早川さんの縦ベースは五弦というのに気づく。ここで再び新曲の「GO!GO!放課後」「陽気にやろうぜ」を二曲続けて演奏。そして早川さんが縦ベースを弓で弾いて、Lucinda Williamsのカバーで「Are You Alright」。去りゆく2017年を惜しみつつ「ゆく歳くる歳」を唄ったあと、年末に欠かせないナンバー「Hello Good-bye」。この曲を聴くと、本当に今年が終わるなぁ〜と実感する。一年なんて、あっという間だ。そして磔磔最終日にしか唄わない「年の瀬」。「今年はエレファントカシマシが『紅白歌合戦』に出場するので、マチャミが磔磔の看板を持って駆け抜けるのはどうだろう?」とCHABOが言うとフロア内は大ウケ。「サウンドクリエーターの車がまだ来ていないのでもう一曲とバンマスから指示があった」とCHABOは言い、メンバー紹介を兼ねた「ミステリー」。公平、JAH-RAH、早川さん、CHABOの順でソロまわし。そしてSE「What A Wonderful World」が流れて、20時20分ごろライブは終了。

【セットリスト】
M01. Come on! Let's go!
M02. 年末SONG
M03. Get Back
M04. 夜風
M05. 何はなくてもR&R
M06. Come On
M07. Walking to New Orleans
M08. Candy
M09. GIBSON
M10. しっくり
M11. 安らぎCafe
M12. Yes We Can 2017
M13. 真冬の熱帯夜
M14. 歩く
M15. ミュージック

アンコール
EN1. Do Me Baby
EN2. GO!GO!放課後
EN3. 陽気にやろうぜ
EN4. Are You Alright
EN5. ゆく歳くる歳
EN6. Hello Good-bye
EN7. 年の瀬
EN8. ミステリー