最新の記事です。

2016年 4月 2日(土) 下北沢GARDEN
「三宅伸治presents 第7回 感謝の日」
NICE MIDDLE WITH NEW BLUE DAY HORNS

今日は清志郎の誕生日、すなわち「感謝の日」。というわけで、朝から清志郎のことを考えて過ごす。そして夜は下北沢GARDENへ、「三宅伸治presents 第7回 感謝の日」を観に行く。早いものでもう7回目になるのか・・・。なんとも言えない複雑な気持ち。開場時間の18時にあわせて、地下2階の待機スペースへ。各地から集まってきたたくさんの友達。その顔を見るだけでなんだか嬉しい。予定より遅れて、18時10分過ぎに開場。整理番号A033番で入場。ステージ真正面の二列目という最高のポジションをゲット。ステージにセッティングされた機材を眺めながら、ドキドキしながら開演を待つ。

予定より遅れて、19時10分ごろ開演。石やんの唄う「トランジスタ・ラジオ」が流れる中、“NICE MIDDLE WITH NEW BLUE DAY HORNS”のメンバーがステージに登場。Drums:江川ゲンタ、Bass:中村キタロー、Keyboards:厚見玲衣、Guitar:三宅伸治、Sax&Flute:梅津和時、TenorSax:片山広明、Trumpet:渡辺隆雄、そしてステージ中央に立てられたマイクスタンド、そこは間違いなく清志郎のポジション。オープニング「KINGのテーマ」が終わると、梅津さんがとってもブ熱い前口上。「君が作った唄は誰にも消せやしない。誰にも消させやしない」という言葉にいきなりジーン。「SHAKE」「涙のプリンセス」とお馴染みのナンバーが続いたあと、「たぶん武道館の「完全復活祭」以来かもしれません」という紹介で「NIGHT AND DAY」。それから梅津さんのヴォーカルで「春の嵐」。梅津さんの唄、どこか切なくてたまらない。イントロや間奏も“NEW BLUE DAY HORNS”の演奏で聴くと、それはまた感慨深いものがある。「ボスとよく自転車に乗りました」という紹介で「サイクリング・ブルース」、そして「わからず屋総本家」。曲の途中の寸劇みたいなの、清志郎は嬉しそうにやってたなぁ〜なんて思い出してしまった。エンディングでフルートを吹きまくる梅津さんに、清志郎の姿がオーバーラップしている。そのまま「明日なき世界」へと続き、第1部のラストは「いい事ばかりはありゃしない」。メンバー全員がヴォーカルをまわしていき、サビはお客さんもいっしょに大合唱。こうして第1部のステージは、20時05分過ぎに終了。

20時20分ごろ第2部がスタート。第2部はゲストが加わっての演奏。まずは“グループ魂”の暴動がヴォーカル&ギターで「MIDNIGHT BLUE」。暴動の荒々しいヴォーカルとギターが、曲をずいぶんとハードな感じにしてる。そして暴動はもう一曲「プライベート」。この曲を選ぶというのは、やっぱりサスガだ。次に間 慎太郎が登場して「デイ・ドリーム・ビリーバー」、そして「RUN寛平RUN」。ん?この曲という事は・・・というわけで、途中で間 寛平が合流。寛平ちゃんは「かいーの」「チャチャマンボ」「ナメナメクジクジ」といったギャグを披露。いやぁ〜ナマで見られるなんて思わなかった。これはイイもの見られた。寛平ちゃんは、清志郎と伸ちゃんが作った「ジャングルジム」を熱唱。続いて大西ユカリが登場して「Sweet Soul Music」。あいかわらずパワフルなヴォーカル。途中で持ち歌の「That Lucky Old Sun」をはさみ、再び「Sweet Soul Music」に戻る展開。そして「Baby何もかも」。この曲をここまで唄いこなすことが出来るのはこの人しかいないな。ここで伸ちゃんがサプライズゲストの“ゆず”をステージに呼び込む。清志郎と伸ちゃんが“黒ゆず”としてライブに参加したときの話をしてから「Imagine」。曲が進むにつれて、本日のゲスト全員がステージに登場して演奏に加わる。そして最後は「JUMP」で盛りあがって本編は終了。

アンコール、まずは伸ちゃんがステージに登場。伸ちゃんはこみ上げる想いを言葉にしようとするけど、なかなか言葉が出てこない。その想いは痛いほどわかるし、ここに居るみんなが同じ気持ちだから大丈夫。そして伸ちゃんはステージに“ゆず”を呼び込み、しっとりと「約束」を唄う。「約束はしないけど、また今度あいたいね・・・」 あぁ〜もうホントにそんな感じ。ここで再びステージにメンバーとゲスト全員が登場して、清志郎へ「Happy Birthday♪」。そして「スローバラード」が始まる。いつものようにヴォーカルはお客さん。清志郎に届くように、心をこめて唄う・・・。きっときっと、聴きに来てくれていたはず。最後は「雨あがりの夜空に」で盛りあがってフィナーレ。出演者が去ったステージ、降りてきたスクリーンに映し出されたのは清志郎の姿。ピアノで「雑踏」を弾き語る清志郎・・・ 逢いたい人がいるんだ、どうしようもなく。これにはちょっときた。いや、かなりきた。押さえていた感情があふれ出す。伸ちゃんの唄う「ボスのSOUL」が流れる中、21時55分過ぎにすべて終了。

【セットリスト】
第1部
M01. KINGのテーマ
M02. SHAKE
M03. 涙のプリンセス
M04. NIGHT AND DAY
M05. 春の嵐 [vo.梅津和時]
M06. サイクリング・ブルース
M07. わからず屋総本家
M08. 明日なき世界
M09. いい事ばかりはありゃしない

第2部
M10. MIDNIGHT BLUE [vo.暴動]
M11. プライベート [vo.暴動]
M12. デイ・ドリーム・ビリーバー [vo.間慎太郎]
M13. RUN寛平RUN [vo.間慎太郎]
M14. ジャングルジム [vo.間慎太郎+間寛平]
M15. Sweet Soul Music〜That Lucky Old Sun
 [vo.大西ユカリ]
M16. Baby何もかも [vo.大西ユカリ]
M17. Imagine [vo.ゆず+ゲスト全員]
M18. JUMP [vo.ゆず+ゲスト全員]

アンコール
EN1. 約束 [ゆず+三宅伸治]
EN2. スローバラード [全員]
EN3. 雨あがりの夜空に [全員]
EN4. 雑踏 [忌野清志郎]

2016年 5月 7日(土) 日比谷野外大音楽堂
「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂 Love & Peace 2016年5月7日」
忌野清志郎、黒猫チェルシー、サニーデイ・サービス、JUN SKY WALKER(S)、TOSHI-LOW、仲井戸"CHABO"麗市

今日は日比谷野外大音楽堂へ、「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」を観に行く。これまでは5月2日に行われてきたこのイベント、今年は日にちを変更して日比谷野音での開催。野音といえば、個人的に初めてRCを観た会場。それだけに今回の開催はとっても嬉しい。心配された天気もすっかり晴マークに変わっていて、このうえ無いほど絶好の野音日和。物販の開始が13時30分だというので、ちょっと時間をずらして14時30分ごろ会場へ到着。Tシャツとグラスとトートバックを購入。しめて5,000円ポッキリのお買い物。それから会場入口前に集まっている仲間のところへ行き、ビールやら何やらを御馳走になる。初めて会う人も何人か居て、そういう出会いがあるというのも清志郎のおかげ。富山、名古屋、大阪・・・全国各地から集まってきて、なんだかとてもワクワクする。開演時間16時30分の10分前ぐらいに会場入り。今日の席はBブロック4列43番。ステージ真正面の申し分ないポジション。こいつはかなりアガるなぁ〜♪

予定より早い16時25分ごろ、スクリーンに清志郎の姿が映し出される。そして「ロックン・ロール・ショー」が流れる中、自転車に乗った清志郎が日比谷野音に到着。清志郎が勢いよくステージに飛び出すと、ゴキゲンな「ロックン・ロール・ショー」のはじまりだ。ステージには“黒猫チェルシー”のメンバーがスタンバイ。オープニングは「ガラクタ」。なかなかマニアックな選曲。だけどとってもイイ感じの演奏で、気持ちを一気に持って行かれる。それから「わかってもらえるさ」「ぼくの好きな先生」と、ツボを押さえた選曲が続いていく。ヴォーカルの渡辺大知は「清志郎とセッションしたいと思って東京へ出てきたのが2009年4月、それなのに清志郎は5月に亡くなってしまった」という切ないエピソードを話す。「君を呼んだのに」も「多摩蘭坂」も、清志郎への想いがとっても感じられる素敵な演奏だった。演奏は25分ぐらいで終わってセットチェンジ。サウンドチェックもやるので、けっこう時間がかかる。だけど気持ちが良い5月の夕暮れ、その様子を眺めながらのんびりと待つのもイイかな。

そして17時05分ごろから、“サニーデイ・サービス”の演奏が始まる。ヴォーカルの曽我部恵一を中心にしたトリオ。バンドとしては初めて観るような気がする。「ファンから贈り物」「大きな春子ちゃん」と、「シングルマン」からの選曲が続く。そして始まったのは「ヒッピーに捧ぐ」。う〜ん、この曲をやっちゃいますか・・・。朗々と唄いあげる様子はちょっとトゥーマッチな感じがして、俺はいまいち入り込めなかった。「うわの空」を唄ったあと、曽我部恵一は「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ」をひとりで弾き語り。こちらも25分ぐらいで演奏は終了。

17時45分過ぎ、“JUN SKY WALKER(S)”がステージに登場。予想通りという感じで、オープニングは「ロックン・ロール・ショー」。続いて「キモちE」。今日のイベントにジュンスカはどうかな?と思っていたけど意外とイイ。そしてエマーソン北村のキーボード加わって「スローバラード」。なんだかやたらさっぱりした印象。ヴォーカルの宮田和弥は野音の金網を乗り越えてリハーサルを観たことがあるそうで、そんな自分がジュンスカを結成して野音のステージに立っているとしみじみ話す。そして「トランジスタ・ラジオ」「上を向いて歩こう」と、キラーチューンを立て続けに演奏。サックスのかわりにブルースハープを吹いていたけど、それ以外はまったくのコピーという感じ。だけどそこにRCへの想いが感じられたりして、予想していた以上にゴキゲンな30分間だった。

陽が沈みかけてイイ雰囲気になってきた18時30分ごろ、“シアターブルック”の演奏が始まる。「甲州街道は秋なのさ」をしっとりと演奏したあと、タイジが梅津さんと片山さんをステージに呼び込む。タイジはお客さんを煽って「ドカドカうるさいR&Rバンド」。客席は一気にヒートアップする。そしてTOSHI-LOWがステージに登場し、「地震の後には戦争がやって来る」という清志郎の詩を朗読。そのまま「明日なき世界」を唄ったあと、続いて「アイ・シャル・ビー・リリースト」が始まる。演奏をバックにTOSHI-LOWは、通産省に「メルトダウンしてますよね?」という電話をかけたエピソードを話す。TOSHI-LOWらしい話の持って行き方だけど、この場で話すことなのかな?という気がちょっとした。

そしていよいよ本日のクライマックス、テレキャスを抱えたCHABOがステージに登場。「激しい雨」をサビだけ演奏してから、「あきれて物もいえない」をディープに演奏。この選曲はいったい・・・? CHABOが本当に思うところは何だったんだろう? CHABOは「清志郎のメッセージの本質」について語ったインタビューの一節を読み上げたあと、初めて唄うという「もっとおちついて」を披露。暗くなった野音で唄われるこの曲にはグッときた。次に始まったのは「よォーこそ」。この会場で初めて観たRC、最初に演奏された曲だ。今にも清志郎が飛び出してくるんじゃないかと思っていたら、清志郎スタイルのTOSHI-LOWが出てきた。本人曰く「おかまのプロレスラー」、CHABOから手紙でやってくれと頼まれたのだそうだ。確かにちょっとグロい感じはあるけれど、とっても良かったな〜TOSHI-LOW。

ここでアンコールとなり、CHABOと梅津さんが二人でステージに登場。CHABOは清志郎にまつわる野音の想い出をいくつか話してから「夜の散歩をしないかね」。CHABOのアコースティックギターに優しく寄り添う梅津さんのサックス、「清志郎、きっと喜んでるよ!」という言葉に思わず熱いものがこみ上げる。そして佐藤タイジが再びステージに登場。「選挙に行きましょう」って、これまた場違いかな? ステージに出演者全員が勢ぞろいして、最後の曲はもちろん「雨あがりの夜空に」。野音のステージ中央でイントロを弾くCHABOは、最高にカッコ良かった。

出演者はここで退場して、スクリーンでは「忌野清志郎 ダイナミック・ライブ」が始まる。ここはやはり野音特集ということらしく、野音での映像が次々に流れていく。“Nice Middle with New Blue Day Horns”で「ラプソディー」「多摩蘭坂」、“RCサクセション”で「ヒッピーに捧ぐ」「I LIKE YOU」。清志郎が唄う「ヒッピーに捧ぐ」はやはり格別。“LOVE JETS”の「POP PEOPLE POP」は、インタビューシーンのおまけ付き。このときの雨の野音、なんだかとっても印象に残っているので嬉しかった。「JUMP」が流れたあと、エンディングロールはいつものように「毎日がブランニューデイ」。こうして約4時間、20時25分ごろライブはすべて終了。

【セットリスト】
M01. ガラクタ [黒猫チェルシー]
M02. わかってもらえるさ [黒猫チェルシー]
M03. ぼくの好きな先生 [黒猫チェルシー]
M04. 君を呼んだのに [黒猫チェルシー]
M05. 多摩蘭坂 [黒猫チェルシー]
M06. ファンから贈り物 [サニーデイ・サービス]
M07. 大きな春子ちゃん [サニーデイ・サービス]
M08. ヒッピーに捧ぐ [サニーデイ・サービス]
M09. うわの空 [サニーデイ・サービス]
M10. ぼくの自転車のうしろに乗りなよ
 [サニーデイ・サービス]
M11. ロックン・ロール・ショー [JUN SKY WALKER(S)]
M12. キモちE [JUN SKY WALKER(S)]
M13. スローバラード [JUN SKY WALKER(S)]
M14. トランジスタ・ラジオ [JUN SKY WALKER(S)]
M15. 上を向いて歩こう [JUN SKY WALKER(S)]
M16. 甲州街道は秋なのさ [シアターブルック]
M17. ドカドカうるさいR&Rバンド [シアターブルック]
M18. 明日なき世界 [シアターブルック with TOSHI-LOW]
M19. アイ・シャル・ビー・リリースト
 [シアターブルック with TOSHI-LOW]
M20. 激しい雨 [シアターブルック with 仲井戸麗市]
M21. あきれて物もいえない
 [シアターブルック with 仲井戸麗市]
M22. もっとおちついて [シアターブルック with 仲井戸麗市]
M23. よォーこそ [シアターブルック with 仲井戸麗市・TOSHI-LOW]
M24. 夜の散歩をしないかね [仲井戸麗市・梅津和時]
M25. 雨あがりの夜空に [全員]
M26. ラプソディー [忌野清志郎]
M27. ヒッピーに捧ぐ [忌野清志郎]
M28. I LIKE YOU [忌野清志郎]
M29. POP PEOPLE POP [忌野清志郎]
M30. 多摩蘭坂 [忌野清志郎]
M31. JUMP [忌野清志郎]
END. 毎日がブランニューデイ